エントリー

RaspberryPiでハイレゾネットワークオーディオ

  • 2019/05/29 14:42
  • カテゴリー:make:

 アナログレコードの音の良さを再発見し,これを96KHz/24bitで録音することで,その時の空気感までほぼ記録出来るとわかったとき,手軽さとその嫋やかな音質を妥協なく両立して再生出来る方法にたどり着き,私はオーディオとの付き合い方が新しいフェイズに入ったことを実感しました。

 かなり大げさですが,96KHz/24bitという器にきちんと収めたアナログレコードは,その再現性においてかなり高いものがあります。以前は44.1kHz/16bitのリニアPCMはおろか,MP3でアナログレコードを録音していたくらいだったのですが,結局その録音は二度と再生されることがありませんでした。

 個人的には,アナログレコードは20kHzから上をカットしていない代わりに,20kHz以上には音楽に関係のない成分がほとんどだという事実があっても,それでも96kHzでの録音には意味があると思っています。

 ちょっと脱線しますが,ちょっとノイズが入っていた方が滑らかに聞こえるのも事実です。明らかに耳障りなノイズになるとダメですが,原音をマスクしてしまうことのない高い周波数や小さなレベルのノイズは,私は有益な場合もあると考えています。

 96kHz/24bitが心地よいのは,ひょっとしたらこのあたりの事情が支配的なんじゃないかと思っていますが,理由や理屈はともかく,48kHz/16bitの3倍の情報量を持つ96kHz/24bitとの違いは聴感上ももう明白であり,ストレージ容量やネットワーク帯域が大きくなった現在は,96kHz/24bitにしない理由はもうなにもないとさえ思います。

 閑話休題。

 DR-100mk3の96kHz/24bit録音は非常にクオリティが高くて,なにも妥協を強いられません。音質の変化はもちろんですが,位相の変化もなく,定位感もオリジナルをそのまま丸ごと残してくれます。

 てなわけで,私はここしばらく,アナログレコードをせっせと96kHz/24bitで録音し,FLACでライブラリ化しています。(SACDもアナログで96kHz/24bit録音していましたが,これは先日手持ちのSACDがすべて完了しました)

 デジタル録音やリッピングと違い,アナログレコードをアナログで録音するわけですから,録音には実時間がかかりますし,モニターをずっと続けておかないと失敗に気が付きません。

 確かに1枚あたり50分ほど拘束されますが,逃げられない時間だとあきらめて音を聞き込む機会にしてみると,ますますアナログレコードの面白さに気が付くというサイクルに入っています。

 さて,大きな満足感を得て録音を終わると(録音を終えたときの満ち足りた幸福感というのは一体なんなのでしょうね・・・時間も手間もかかるのに録音をやめられないのは,きっと中毒性があるからなんでしょう),今度はそれをもう一度聞いてみたくなるものです。

 しかし,日々忙しい身としては,同じ時間を使って聞くという贅沢を許されはせず,そこはもう料理や家事をしながらの「ながら聴き」にならざるを得ません。

 うちはNASでFLACを管理しているので,スマートフォンやタブレットがあれば再生出来るのですが,これらは特殊なものでないと96kHz/24bitをきちんと再生出来ません。

 そこで,96kHz/24bitに対応したネットワークプレイヤーが欲しくなるのですが,大きいし価格もそれなりにします。手軽に楽しむ方法はないものかといろいろ考えてくと,答えが見つかりました。

 そう,ラズパイです。

 ハイレゾ対応のネットワークオーディオプレイヤーというのは,主なラズパイの使い道の1つになっているくらいですが,私は試したことがありません。

 少し調べてみると,volumioなるオーディオ専用のディストリビューションが存在し,そのイメージファイルをSDカードに書き込むだけで完成という簡単さです。

 そこでさっさとRaspberryPi ZeroWHと,pHAT DACを注文しました。2つあわせても3000円ちょっとですからね,安いものです。

 これに手持ちの8GBのmicroSDを用意し,部品は揃いました。

 pHAT DACにヘッダーをハンダ付けし,RaspberryPi ZeroWHに取り付けます。ここまで30分。イメージを書き込むのに10分で,1時間以内に作業完了です。

 電源を入れてvolumioの起動画面にアクセスします。アクセスポイントになっているvolumioへWiFiを接続し,WEBブラウザで画面を開きます。ここまでは順調です。

 次に,volumioを固定アドレスで運用し,普段使っているアクセスポイントからアクセス出来るようにするのですが,ここではまってしまいます。ルーターにMACアドレスを登録する必要があるのですが,MACアドレスがわかりません。

 試行錯誤をしましたが,結局MacOSにarpコマンドをインストールして,解決しました。

 ここまででようやくネットワークに繋がるようになりました。あとは音楽再生用の設定です。SAMBAでNASに繋いでもいいんですが,サクサク動かないということとアルバムアートが出ないと言う問題があって,DLNAで繋ぐことにしました。これなら他のネットワークプレイヤーと同じような感覚で操作できますし,意外にもサクサクと動いてストレスフリーです。

 とまあ,作業そのものは1時間ちょっと。このお金費用と時間でハイレゾ環境が整います。RaspberryPi Zeroなので消費電力も低く,おそらく1W程度でしょう。

 私が数年前に買ったパイオニアのN-30よりもずっと良いものが手に入りました。音質についても思った以上に悪くなく,ハイレゾらしく再生してくれます。

 本体にLCDやスイッチなどのUIが全くなく,すべてブラウザからネットワーク越しに行うというのも案外便利で,次のステップで小さいLCDとスイッチくらいは増設しようかと思っていましたが,急にやる気が失せました。

 これであと必要なものは,手軽な電源のON/OFFですね。今でもUSBを差し込めば電源ON,ブラウザから電源OFFが出来るので問題ないといえばないんですが,もう少し待ち時間が減って欲しいということと,出来ればサスペンドかスリープに入る仕組みがあればいいなあと思いました。

 ということで,Volumioを使ったラズパイのハイレゾネットワークオーディオ,簡単でいいですよ。ここから先の高音質化とかになると,もう修羅の道です。私は近寄りません。

 

ページ移動

ユーティリティ

2019年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

過去ログ

Feed