エントリー

カテゴリー「カメラに関する濃いはなし」の検索結果は以下のとおりです。

ES-2でネガを取りこんでみる

 長期にわたる発売延期の末,さる3月末にようやく発売になったニコンのES-2。名前だけ聞いて「あああれか」と思う人とはじっくり呑みたいと思うのですが,多数の知らない方々のために少し説明をすると,D850のオプションとして用意された,フィルムのデジタイザです。

 デジタイザというからにはフィルムをデジタルデータ化するものなのですが,大げさなものではなく,マイクロニッコールでフィルムを等倍で撮影するための,フィルムを保持したりする小物群の総称です。

 これを使えばかつて高価だったフィルムスキャナと同じことが出来る(というよりもっと簡単にできる)わけですが,そもそもまともなフィルムスキャナが新品で手に入らない現状では,とてもありがたい製品です。

 仕組みはなにも大げさなものではなく,フィルムをマクロレンズを使って等倍で撮影するための,補助用具です。

 とはいえ,マクロレンズで等倍の複写を行うのって,やってみればわかるのですがなかなか難しいものです。平面を維持すること,均一でムラのない光源を用意すること,カラーなら演色性の高い光源が必要な事など,理屈は簡単でもなかなかうまくいかないものです。

 しかも今回はフィルムという小さなものが相手です。平面を維持して固定するだけでもなかなか大変ですし,フィルムは光を透過させて撮影しますから,面光源でなくてはなりません。

 そこでES-2は,フィルムを挟み込むホルダー,そのホルダーをマクロレンズと平行に固定する本体で構成されています。本体の後ろ側はすりガラスのような拡散板がついていて,面光源を作る役割を担っています。

 本体とマクロレンズの先端にねじ込むアダプタはある範囲で動くようになっていて,マクロレンズと平行を保ったまま,距離を固定することができます。

 こうした小物がいくつかで構成されたES-2で,確かにフィルムを「撮影」してデジタルデータ化することは出来るでしょう。しかしそれだけでは実用的ではなく,ミソはD850に内蔵されたネガポジ変換機能です。

 いや,単なるネガポジ変換などPCのソフトでどうにでもなるだろう,というなかれ。ネガフィルムはネガポジ変換(補色への置き換え)だけでは綺麗な色は出ません。これは,フィルムのベースがオレンジ色をしているからで,このオレンジかぶりを補正しないといけません。

 このネガポジ変換機能を本体の機能として組み込んでおくことで,手軽にカラーネガをデジタルデータに出来るというわけです。

 この手のものは昔からあるにはあって,ニコンもES-1という安価な製品を出しています。他社カメラのユーザーも買っている隠れた人気商品ですが,実のところデジタルカメラ本体の性能も良くないといけませんし,画像処理の手間を考えると,お遊びのレベルを超えてなかったように思います。

 フィルムスキャナが優れていたのはオレンジかぶりの補正もそうですが,カラーネガは適正露出から外れるとカラーバランスが崩れてくるので,露出の補正は明るさと色の補正を必要とし,これをきちんとやってくれることにもあります。

 さらに高級機(というより実用機)は赤外線を使ったゴミ取り機能も持っているので,手作業で行うゴミ消しのレタッチをしなくて済むという,大量の写真を処理する時には,そのありがたみを実感したものです。

 また,カラーネガにもポジにも言えますが,画像処理を細かく調整し,フィルムや撮影画像の個性をうまく引き出すような設定も可能になっています。

 D850とES-2の組み合わせで実現するフィルムのデジタイズは,カラーバランスの補正もゴミ消しもやってくれません。画像処理の設定も触れないので,基本的にはフィルムをセットしてシャッターボタンを押すだけの作業です。

 ところが,たったこれだけのことで,とてもうまくデジタル化が出来るのです。

 ところで,なんで「スキャナ」じゃないのか,と言う話ですが,フィルムスキャナは1次元のラインセンサを使い,1ラインずつフィルムを取りこんでいったのでスキャナ,一方でD850は2次元のイメージセンサを使い,一発で画像を取りこみます。

 だからスキャンはやっておらず,そこは生真面目なニコンのこと,スキャナではなくデジタイザなんですね。

 話を戻すと,ES-2はその品物を見ると,2万円は高価だと思います。先に言ってしまうと,得られる価値は2万円を優に超えると思いますが,これなら数千円で買えるES-1を使おうと思う人がいるのも無理はありません。

 しかしそのES-2,待たされた&高価なだけに,細かいところに気が利いて,とても良く出来ています。

 対応レンズはマイクロニッコールの60mm(AF-SとAIAFの両方)と,40mmの3本に正式対応です。とはいえ,レンズと連動する機構があるわけではなく,本体がES-2を認識して設定が自動的に切り替わったり,特殊な機能が発動したりといったギミックはありません。

 余談ですが,そういうギミックがあることを喜んだり,逆にギミックがないことを残念がったりするのが自然な発想のように思うものですが,見方を変えるとそうしたギミックがなくてもちゃんと便利に使えるものならそれが一番いい訳で,まずはそうしたシンプルで機能的に十分なものを考えていく必要があると私は思います。

 光源は各自で準備しないといけませんが,窓際で太陽光を使ってもいいくらいです。しかし,蛍光灯やLED電球の演色性の低いものを使ったり,最初から色味が付いている光源を使うと,発色が悪かったり,色が転んだりしますので注意が必要ですし,いくら拡散板があるとはいっても,やはり点光源だと明るさにムラが出てしまいますので,できるだけ面光源を確保したいところです。

 私の場合,昔買ったライトボックスを使いました。今はもう見る事のない冷陰極管を使ったもので,今どきのLEDのものに比べて見劣りしますが,実は冷陰極管は演色性が高い(ものを作れる)ので,このライトボックスはこういう用途には好ましいです。

 これをES-2と平行に置いて,平行光にします。

 フィルムホルダーにネガを挟み込み,本体に差し込みます。D850をライブビューにしてES-2本体を前後に動かしたり回転させたりして,ちょうどいい大きさで,まっすぐ取り込めるように位置を調整して,固定用のネジで動かないようにします。

 D850の設定から,ライブビューのネガの取り込みを選ぶと,さっとネガがポジに変化します。これはなかなか見事です。

 あとはオートフォーカスでフィルム面にフォーカスを合わせて,どんどん撮影していきましょう。1コマ撮影したら1コマずらして,あっという間に6コマ終わります。これは早いし楽です。

 F8まで絞り込まれるのでシャッター速度は1秒近くになり,手ぶれが心配になる課も知れませんが,カメラと一緒にフィルムも動くので,手ぶれはありません。とはいえ,手ぶれなどの振動でフィルムだけ別の動きをしたり,風があったりしたらぶれるので,出来るだけ早い方がいいのは確かです。光源が明るい方がノイズも少なくて好都合ですし。

 そんなわけで,1コマ1秒くらいで撮影出来るので,ネガの交換の手間を考えても,36枚撮りのフィルム1本を数分で処理できます。

 取りこんだ画像はなかなかよく,考えてみたら高性能なマクロレンズと4500万画素の高級機を使うのですから,かなりお金のかかったスキャナということが言えるわけで,この結果は当たり前といってもいいでしょう。

 実際,銀の粒子がきちんと描画されており,すでにネガフィルムの解像度をD850は越えていることが伺えます。

 期待していたのは,ネガフィルムの画質が今風になっていることだったのですが,そこはやっぱりネガフィルムらしさを残しているので,昔のネガフィルムを現代に甦られるというような使い方には厳しいと思います。

 ちなみに,フィルムのデジタイズ機能にはネガポジ反転を行うカラーネガフィルムだけではなく,そのままを取りこむポジや,モノクロネガを反転させるモノクロネガフィルムにも対応します。

 このうちポジの取り込みは通常の撮影と同じということもあり,RAWでも残せるし,ホワイトバランスも調整可能なのですが,カラーネガについてはネガポジ反転の処理をやる関係か,JPEGのみの出力です。これはちょっと残念です。

 とまあ,全部で8本のカラーネガを取りこんでみました。

・良い点

(1)スタンドアロンでカラーネガが取りこめる

 これは結構重要です。後述しますが,ディスコン前に意を決して購入したフィルムスキャナCoolScanVは,本体はまだまだ元気なのにPCのソフトが更新されず,現行のMacでは全く使うことが出来ません。

 Windowsでも裏技を使い自己責任で動くようにするのがやっとで,やはりPCを使うことが前提になると,案外早くに使えなくなってしまうものです。

 トータルの性能はPCの処理能力にも引っ張られますし,PCのメンテを怠るとサ行が止まることもしばしばですから,スタンドアロンで動くのであればそれが一番いいです。


(2)高速

 なんといっても,シャッターボタンを押すだけで取りこみ完了ですから,早いです。フィルムスキャナでは1コマに数分かかります。


(3)高画質

 素晴らしい解像度,素晴らしい発色,そして素晴らしい画質で,これがフィルムかと思うほどの高画質で取りこめます。安価なフィルムスキャナには,高速でも画質がビデオ並みというのもありますから,これはD850とマクロレンズの高性能が生かされた例だと思います。


(4)テレビに映してみんなで見られる

 そして,その高画質をHDMIでみんなでテレビで見られます。これもこれまで,出来そうで出来なかったことで,昔の写真をワイワイみんなで見るという楽しい使い方が出来ると思います。


(5)なかなかうまくネガポジ反転しているので色もいい

 オレンジベースのネガフィルムは単純な反転ではダメで,ちゃんと画像の処理をしないといけません。そこはやはり,かつてフィルムスキャナをやっていたニコンだけに,ノウハウが伝承されていると期待したいです。


(6)作業スペースが少なくていい

 小さい作業スペースがあれば十分で,これがフィルムスキャナにPCだと大ごとになっていました。電池で動くことも重要で,これでフィルムの取り込みが身近なものになったことは間違いないでしょう。


・悪い点

 大きく重くPCが不可欠で取り込みに時間がかかるフィルムスキャナとの比較でES-2と比較してみると,案外ES-2の欠点が見えてきます。

(1)ゴミ,ホコリ,キズに全く無力

 CoolScanVには,DigitalICEという赤外線を使って取りこんだ画像からゴミ,ホコリやキズを消す機能が備わっています。

 赤外線を使えばこうしたゴミやキズだけをスキャンできるので,これを元にゴミやキズの場所を特定し,消したりぼやかしたり出来るという機能です。

 ES-2を使って取りこむと,当然こうした機能の恩恵にあずかれません。キズもそうですし,案外面倒なのはホコリで,ポンポンとテンポ良く撮影して取りこんでも,あとで見返すと大きなゴミでやり直しになることが多く,うんざりします。

 それでもホコリはやり直せますが,キズはもうどうにもなりません。


(2)ホルダーが使いにくくて6コマごとのネガの交換に時間がかかる

 ES-1とは違って,ES-2では6コマのスリーブを連続して扱えるホルダーが使えるようになりましたが,このホルダーが案外くせ者で,なかなかうまくネガを挟めません。無理に挟むと傷を付けたりしますし,油断すると斜めになります。

 それに,古いカメラでは案外コマ間がばらつくので,結局1コマごとにいちいち確認して位置を合わせる必要があったりします。

 だから,取り込みそのものは1秒までで終わるのですが,フィルム1本を終わるのにかかる時間は案外多くて,30分ほどかかってしまいます。実は,これだとCoolScanVでかかる時間とそんなにかわりません。


(3)RAWで残せない

 これも問題です。私としては,ネガの画像もじっくり仕上げたいと思っていて,それは現像と言うよりもプリントという作業工程だと考えていました。ですが,ES-2ではJPEGしか出力出来ませんので,そこからの加工にほとんど自由度がありません。

 CoolScanVもRAWで残せない(残せるのだが現像ソフトで扱えず,しかもその実態はTIFFらしい)ので期待したのですが,その期待は裏切られてしまいました。

 ホワイトバランスや色の調整,トーンカーブの修正もしたいし,ノイズの除去,退色の補正は必要でしょう。ホコリやキズを自動で消せないなら,せめて手動で消すためにも,JPEGではなくRAWで残せるようにしてほしいと思いました。


(4)色の調整が出来ないので退色したネガには無力

 JPEGでの出力でも構わないのですが,なにせわずかな明るさの変更くらいしか調整がほとんど出来ないので,ネガを作品として仕上げるのはあきらめた方がいいかもしれません。

 D850はホワイトバランスが優秀なのでつい忘れがちですが,フィルムのホワイトバランスは太陽光で固定です。蛍光灯では緑にかぶりますし,適正露出から外れると色が転びます。さらに,経年変化でも色が変わっていきます。

 デジタルは,こうした色の修正などは得意技なのだから,取りこんだネガもある程度の自由度があると信じていましたが,ほとんど変更出来ません。JPEGでいじるとあっという間に破綻しますので実質無理だと割り切るしかなく,つまるところES-2はフィルムの写真を作品に仕上げるというより,手軽に見るのを楽しむものだというコンセプトだと,思い知らされました。


(5)電池の消耗が激しい

 ライブビューで長時間動かすわけですから,かなり電気を消費します。おかげで,フル充電の電池も2本ほどスキャンすればもう電池は半分以下になっています。


(6)光源の確保が難しい

 前述しましたが,演色性の高い面光源で,かつ長時間駆動が可能な光源って,ありそうでないものです。


 とまあこんな感じで,個人的にはES-2にはすごく期待したのですよ。もしかしたら家にあるたくさんのネガとポジを,これで全部取り込み直さないといけないかもと思うくらいの覚悟をしていたのです。

 しかし,結果は良く出来ているけどもう一歩で,作品として作り込むことも出来なければ,作品の素材としての素性も良くないので,結局ネガがテレビで鑑賞できてよかった,でおしまいになってしまいそうな感じです。

 この機能の搭載はまだまだ始まったばかりですし,今後さらに良くなっていくだろうと思いますが,現段階ではこの機能でどこまでをカバーしようとしているのか,今ひとつ見えないと思いました。

 大げさな準備もいらないし,場所も必要なく,簡単な作業で高画質が得られるので,今後も出番はあると思います。しかし,素材として取りこむとか,作品に仕上げるという場合にはこれではやはり物足りません。

 今回,ES-2を使った結果,CoolScanVも引っ張り出すことになってしまいました。Macではもう動かないのでWindows8.1で動かしてみましたが,最初は手間取ったものの案外簡単に動き出し,傷もホコリも消えて,おかしなクセもない,さすがフィルムスキャナという素材性の高い画像が得られました。

 今回は退色していないネガばかりだったのですが,CoolScanVには退色の補正機能も備わっていますから,やっぱり今の段階では,専用機が一番だなと見直しました。

 CoolScanVは時間のかかるスキャナですが,6コマのスリーブなら自動で給装してくれますし,その場に張り付いていないといけないわけではないので,案外負荷は軽いです。

 もちろん,そのCoolScanVはすでに入手出来なくなっています。安価なフィルムスキャナは論外として,今まともなフィルムの取り込み手段はこのES-2くらいしかありません。

 だから,それなりの高画質でフィルムをデジタルにすることが出来るものとして。このES-2には大きな価値があると思います。

 だからといって,フィルムスキャナがもうゴミになるかといえばそうではないということです。

 フィルムの面白さを支えるのは,フィルムスキャナです。まだまだCoolScanVには頑張ってもらうことになりそうです。

 

GR1のLCDを修理した

 

20180503101308.jpg

 子供の入学式が先月あり,節目には銀塩で写真を撮ろうと思っていた私は,久々にフィルムを買って,防湿庫から銀塩でしか楽しめないカメラを引っ張り出しました。

 1つ目はCLEとコシナのレンズ。NOKTON Classic40mmF1.4MCと,ColorSkopar28mmF3.5です。このカメラは,自分で電気回路をほぼスクラッチしたもので,娘の生まれたばかりの姿を残してくれたものであって実に思い出深いカメラですが,それゆえにちゃんと動くかどうかが心配でした。

 少し動かしたところ問題なく動いたようで,早速1本通したのですが,もう胸が高鳴ってたまりません。レンジファインダーのカメラはいいですねえ。撮る側も撮られる側も,心地よい緊張感があります。

 もう1つはPENTAXのSuperAとFA43mmF1.9ltd。K-1を買わなかった私はこのお気に入りのレンズをフルサイズで使うことが出来ないため,銀塩専用レンズと考えています。

 APS-Cで使うと43mmという絶妙な画角が変わってしまいますし,銀塩の解像度,銀塩の発色でこそこのレンズの収差が生きる,と感じているので,無理にデジタルで使わないことに決めたのです。

 そうなるとボディをどうするかですが,やはりこれはうちで比較的まともなKマウントのMFボディであるSuperAでしょう。ちょっと挙動がおかしかったのですが,これもフィルムを通してみれば全く問題なし。

 どちらのカメラで撮影したフィルムも,綺麗に現像されて戻ってきました。

 で,このフィルムを3月下旬に発売になったES-2とD850を使ってデジタイズしたのですが,その話は後日。今回はそうしてちょっとした銀塩ブームである私が,これまた久々にGR1を手に取り,修理にあたった話です。

 GR1は言わずと知れたリコーの高級コンパクトで,とにかく良く写るGRレンズ28mmF2.8に,マグネシウム合金製の軽くて丈夫な筐体を持ち,パトローネの大きさが全体の大きさを決めたという小型パッケージングで,今なお人気のカメラです。

 私が持っているのは1996年に発売になった初代で,カメラ雑誌で見た花畑の広告にやられて,旅行用に妥協しない画質のカメラとして新宿のカメラのドイで買いました。懐かしいなあ。コンパクトのくせにF2.8で,絞り優先AEが使えるのが決め手でした。

 その後,私と嫁さんの二人がなにかと言えば持ち出すカメラだったのでそれなりに活躍してくれたのですが,私は私でどうも使いこなせず,AFの中抜けや動作音の軽さに興ざめしてしまい,ちょっと疎遠になっていました。

 話が飛びますが,このちょっと使えてないなあ,という感覚はデジタルのGRになっても感じていて,それであまりGRを使っていません。

 GR1はなんといってもレンズです。とにかく良く写るレンズで,階調も豊かです。

 TC-1や28Tiのように偉そうな面構えでなく,軽快なスナップに向いていることもあり,最終形のGR1vなどは中古でも6万円以上,初代のGR1でも3万円の値段が付きます。もともと10万円のカメラだったとは言え,この値段はちょっとすごいです。

 機構がシンプルで,R1というカメラでこなれていることもあってか,メカが原因の故障は少なく,比較的丈夫なカメラなのですが,それでもやっぱり持病はあり,特に有名なのはLCDのセグメント欠けです。

 GR1のLCDは小さく,セグメントなので大した情報は出てこないんですが,それでもないと不便なのは事実で,残り枚数を示す数字が見えなかったり,各種モードが表示されないことで悲しみに暮れるオーナーは世界中にいます。

 私のGR1は数年前に見たところ,セグメント欠けはなかったのですが,先日確かめてみると見事に欠けていました。いよいよダメになってしまいましたか・・・

 それ以外にも,ファインダー部分の塗装が剥げて黒い地の色がたくさん出てしまってみっともないし,モルトはボロボロになっているしで,これはちゃんと修理しないといけないなあと,意を決して分解を始めました。

 メーカーが修理をやってくれれば潔く修理に出すのですが,もう部品が払底したらしく,LCDについては断られるんだそうです。ただ,数年前まで修理を受け付けていたそうなので,LCDの修理を自分でやった例は検索しても出てきませんでした。

 さて,軍艦部を外してみると,マイコンと操作系をマウントしたフレキが折りたたまれて入っているのですが,ここにLCDも取り付けられています。LCDはハンダ付けではなく,カーボンにょる導電性の印刷がなされたフレキを熱で溶ける接着剤で接着してあります。ああ,この実装方法は安価なLCD製品にはよくあるものです。

 これ,数年間は大丈夫なんですが,10年もすると確実に剥がれてしまい,セグメントの欠けがおこります。

 根本的な修理はフレキの交換で,GR1の場合はLCDごと交換していたんでしょう。調べてみると基板側のフレキが剥がれていて,ここを押さえると欠けがおさまります。

 最初はクリップか何かで押さえつけようと思いましたが,そんなスペースもないし,きっとうまくいかないように思ったので,なにかいい方法がないかと考えていました。

 ふと思い出したのは,この手のフレキの剥がれは,最後熱溶着すれば治るという話を思い出しました。具体的な温度は忘れましたが,フレキが溶けない程度の温度(つまりハンダゴテはNG)で押さえつけてやれば,また導電性を保ったままくっつくという話です。

 事実,私はこの方法で時計を何度か修理しています。コツは,熱のかけ方です。ドライヤーでは範囲が広すぎますし,温度の管理も難しいです。そこで,フローリングの床を補修するキットに含まれていた,電熱のコテを使いました。これは補修剤を熱で溶かす温度にはなりますが,ハンダやフレキを溶かしてしまうような高温にはなりません。

 先端が広がっているのも好都合で,これで数秒間熱を加えて押しつけます。それでもうまくいくことは少ないのですが,ちょっとずつ熱を加えて何度もやり直すより,思い切って熱をたっぷりかけて一発で修理した方が好成績だったりします。

 今回もその方法で試します。

 まず,LCDフレキn接着面を表に出すため,ハンダ付けを外して折りたたまれたフレキを広げます。LCDフレキが出てきたらここに補修用のコテを数秒間当てて,綺麗にくっつけます。

 くっついたら電源をいれて,セグメントの欠けを確認します。

 私の場合,とても簡単に復活しました。その後も不具合は出ていません。もしかすると私は,GR1の持病を治した世界でも稀少な人になったのではないでしょうか。

 ファインダー部分の塗装は,剥げた部分のタッチアップだけと思っていたのですが,あまりに範囲が広いので全部剥がして塗り直すことにしました。数年ぶりにエアブラシを取り出し,似たような色を作って塗装です。これも1時間ほどかかりましたが,まずまずの仕上がりです。

 実はこのファインダー部分のプラスチックは割れがあるのと,一部爪が折れてしまっているので,うまく本体に固定できませんでした。そこでABSの板を細く切って爪を作り,割れた部分もアクリサンデー先着剤で溶着して,ようやく本体に取り付けできるようになりました。

 そして最後に,ボロボロになったモルトを全部交換して完成です。

 こうなるとやっぱりうれしいわけで,フィルムを詰めて外に出ました。いいですね,軽快です。デジカメのようにいちいちLCDで確認しなくてもぱっぱと撮影出来ますし,小さく軽いのはとても楽ちんです。

 ただ,いちいち現像に出し,出来上がったらそれをデジタルにする作業が必要で,写真として仕上がるのに時間がかかることを考えると,残念ながら銀塩が主流になることはもうないだろうなと思いました。

 銀塩には銀塩に良さがあるのでしょうが,今となっては銀塩はあまりに非日常です。以前のようにインフラが整っていたころならまだしも,今のように写真屋さんを探して中1日かかる現像に680円かけるというのも,なんだかもったいない気がします。

 だから私にとっての銀塩は,やっぱりデジタルでは使う事の出来ないレンズを味わう行為なんだと思います。同じ写真とはいえ,もはや気構えも全然違って来ているものです。

 

拡大率1.0倍のDK-17Mを作ってみる

 ニコンの純正オプションに,DK-17Mというマグニファイヤーアイピースがあります。拡大率は1.2倍で,やや小さい倍率のファインダーを大きく見せるためのものとして非常に有効です。

 同種のものはニコンにも他社にもありますが,このDK-17Mは高級機にしか用意されない丸窓専用品で,価格は5000円近くもします。

 安いルーペ並みのお値段なので気軽に買えるような物ではないのですが,使ってみた印象は価格に応じたもので,歪みも少なく,非常に見やすくなります。

 欠点は素通しのアイピースに比べて厚みがある事で,当然アイポイントも遠くになります。厚みがあるのはその画質のために,結構分厚いガラスレンズを2枚も使っているからなのですが,この厚みがあるおかげで,鼻が背面に当たらなくなり,LCDが汚れないという点が私にはとてもうれしいのです。

 このアイポイントの違いというのは,些細なことではありながら,顔という敏感な部分にどこが触れるかという大きな違いを生むことになります。このことはDK-17Mを使っていたD800から,使わなくなったD850に移行して気が付いた事です。

 DK-17Mの厚みを持つアイピースがあればなあ,と思ってここまできたのですが,先日D300のアイピースをあれこれいじっているうちに,作っちゃえばいいんじゃないのか,と思い至りました。

 考えたことはとても簡単で,DK-17Mを分解し,レンズを抜き取って,通常のアイピースのガラスをはめ込むだけです。

 とはいえ,高価で使い道のあるDK-17Mを分解してしまうのももったいないし,通常のアイピースも壊してしまうわけですから,なかなかお金がかかります。それに,うまくいくとは限りませんしね。

 ですが,D300で使おうと思っていたDK-17Mが,もともとのファインダー倍率が高いことで使えなくなり,1つ余ってしまったことから,改造にチャレンジしてみました。

・必要なもの
 DK-17M
 DK-17F

 DK-17Mは鏡筒とレンズを固定する枠を使い,レンズは使いません。ですが,いつでも復活出来るように,順番と裏表が分かるように保管しておくことをおすすめします。

 DK-17Fは素通しのアイピースで,フッ素コーティングがされている高級品です。D850の付属品で,私はこの付属品を使ってみました。

 アンチフォグのDK-17Aはガラスではなくプラスチックらしく,ゴシゴシ擦るとコーティングが剥げてしまい,キズも付いてしまうらしいです。今回のような改造ではどうしても汚れたり傷が付いたりしますので,これは避けた方が無難です。

 ノーマルで一番安いDK-17でもいいように思うのですが,肝心なことはこのガラスが簡単に外れるようになっていることで,DK-17がガラスをどうやって固定しているかがわからないため,おすすめしません。

 というか,D850に使うんですから,本体標準以下の性能になったらだめでしょう。


・改造手順

(1)まず,DK-17Mを分解します。レンズの分解によく使うカニ目外しや分解コンパスを使って,表面の内側にある枠を左に回します。もし回りにくかったらアルコールを垂らしてしばらく放置して下さい。

(2)枠が回って外れたら,鏡筒からレンズを取り出します。上から凹レンズ,スペーサー,凸レンズという順番です。

(3)DK-17Aからガラスを取り出します。DK-17Aは枠にはめ込んだスプリングでガラスを押さえつけています。このスプリングは爪楊枝でちょっと内側に押すだけで簡単に外れます。

 なお,ガラスには裏表があり,フッ素コーティングは片面にしかついていませんので,これが外側に来るようにしてください。

(4)ガラスをDK-17Mにはめ込みます。ここが一番心配していたところで,もしガラスがレンズと同じ直径なら奥まで沈んでしまうので固定できません。

 ですが,幸いなことに,ガラスの直径は僅かにレンズよりも大きく,固定枠と同じ大きさでした。まるで最初から想定したかのように,このサイズのガラスをきちんと固定する仕組みが用意されているので,なにも工夫は必要ありません。

(5)DK-17Mに枠をねじ込みます。


 これで完成です。早速DK-19を取り付け,D850に装着です。おお,見慣れたD800のシルエットが甦ります。

 構えてみると,確かに鼻があたらなくなります。まあ,10mmほど離れただけでぶつからない鼻ってどんだけ低いねんと思う訳ですが,私はむしろ邪魔なので外してしまいたいくらいですから気にしません。

 しかし,鼻で呼吸すればLCDは曇るわけで,汚れなくなっても曇ってしまえば一緒です。生きるってつくづく面倒なものです。

 ただ,どうやら私は鼻がぶつかるのを避けるために,無意識のうちにD850を斜めに構えていたらしく,今回自然に水平に構えることが出来たことから,いつも少し上向きになっていたような感じです。

 肝心の見やすさについては,なにも変わっていません。D850はもともと見やすいファインダーですが,これを損なってはいません。アイポイントが少し遠くなったことでややケラれる傾向がありますが,メガネをしていない私には許容範囲です。視度補正も再調整する必要はありませんでした。

 とまあいうことで,アイポイントを1cmほど遠ざけるだけの,普通の人には存在意味が不明なアイピースが完成しました。費用対効果も最悪で,わざわざ拡大率を1.0倍にするなんて理解されないと思いますが,カメラのボディを顔にきっちり押し当てることが出来るメリットは大きいですし,使って見た感じは上々でした。

 他の機種でDK-17Mを常用している人にとっては共通した使い勝手になりますし,これでD850がもっと気分よく使えると思います。

 そうそう,D300ですが,DM-17Mを使わず普通のアイピースを使うことにしました。もともとNEPS1が分厚いので通常のアイピースでも鼻はぶつかりません。見やすさもこっちの方が上です。

 しかし,アイカップにどうも違和感が・・・よく見るとDK-3と書いてあるじゃありませんか。

 よく似ているのでDK-19だと思っていましたが,こりゃまたF3時代の古いものが出てきたものです。てなわけでDK-19を注文しました。

 

D300を丸窓に

 D300のファインダーを丸窓にするという計画は,私が初めて手にしたF3以降,ずっと使い慣れてきたファインダーに合わせるためで,人との界面は出来るだけ同じ物であって欲しいという基本的な方針から発したものです。

 F3と手に入れた理由の1つに丸窓への憧れがあったこともあり,その見やすさは汎用性から丸窓にこだわりたい気持ちは,なかなか強いものになってきました。他社のカメラに移行しないのも,これが理由の1つかも知れません。

 残念なのは,ニコンも丸窓を採用するカメラを高級機に限定していることです。丸窓は高級機の証だというメッセージも分からなくはありませんが,本当に良いものであるなら,可能な限り多くの機種に展開すべきものであるはずで,サイズは小さいですがかつての中級機種であるFEやFE2,FMやFM2もちゃんと丸窓でした。

 丸窓の最大のメリットは,目をすっぽり覆うアイカップ(ニコンでは接眼目当て)があることです。かつて,PENTAXのSPを使っていたころ,純正のアイカップSを使ったところ,目がすっぽりと覆われて周囲から光が入らなくなって,格段にファインダーに集中することが出来るようになりました。

 また,ゴムの変形をあてにして顔にカメラを押し当てることが出来るようになって,安定感も増しました。以後ずっとこのスタイルですが,目を覆わないアイカップのカメラは今も使いにくくて仕方がないと感じて,撮影に集中出来ません。

 そして悪いことに,D300は丸窓ではありません。D300SもD200もそうです。D500になってようやく丸窓になり,フラッグシップに昇格した感もあるわけですが,D300をちゃんと使っていこうと考えて,この丸窓の問題をどうするか,ちょっと考えていました。

 以前はあれこれと工夫して丸窓にしていたのですが,昨日書いたように,おととしあたりからニコンの純正で,角窓を丸窓にする部品が手に入るようになっています。NEPS1という部品がそれですが,これ,ニコンダイレクトからしか購入出来ません。

 まあ,数が揃わないとか,もともと別の目的で用意されたオプションでファインダーを丸窓にするアダプタとしては性能や強度がニコンの社内基準を満たさないからとか,そういう理由なんだと思いますが,ニコンのいい所はこういう細かいオプションが揃っていて,入手しやすく安価なことにもあると思うので,ぜひ量販店で買えるようにして欲しいです。

 D750では定番化している部品なので,私も早速1つ買ってみました。これに余っているマグニファイヤーアイピースDK-17Mと,接眼目当てDK-19を組み合わせれば,見やすく少々飛び出したファインダーが手に入るでしょう。

 昨日届いたので試してみました。

 サイズが合わないとか,なにかと干渉したりとか,そういうトラブルは全くなく,思惑通り取付が出来ました。好都合だったのは,DK-19の根っこに付けるハズレ防止の金属のリングをなくしていて,これなしでDK-17Mに付けていたのですが,NEPS1がDK-19の根っこをしっかり押さえつけてくれるくらい隙間がなく,ハズレ防止も兼ねてくれそうなことでした。もし金属のリングが手元にあっても,結局外さざるを得なかったのではないかと思います。

 DK-17Mの厚みのせいで,かなり背面から飛び出してしまいますが,LCDに鼻がぶつかって汚れるのを嫌う私にはありがたいことで,実際とても快適にホールドできます。

 しかし,あいにくとファインダーの見やすさは良くありません。

 まず,DM-17Mを使うとかなり周囲がケラれます。D2Hでもケラれますが,こんなにひどくなかったので意外でした。どうもD300はファインダー倍率がもともと高いらしく(D300は0.94倍,D2Hは0.86倍と小さい),そのせいで見にくくなっているように思います。

 また,よく見るとファインダーの窓が元々小さいんですね。丸窓にしても結局ここが大きくなるわけではないので,DK-17Mを使ってもあまり良い結果は得られないのでしょう。

 さらにいうと,DM-17MとD300の相性は悪いです。まるでフレアでも出たかのような白っぽい画像になりますし,ギラギラとしたものも見えるようになります。また,どういう訳だかD300の視度補正は私には今ひとつあわず,すっきりと見えないのですが,DK-17Mではそのぼやけた画像が拡大されるためか,どうも違和感が強く出ます。

 D850に持ち替えてファインダーを見てみましたが,いやはや,別次元の見やすさです。こんなに見やすいものとは思っておらず,改めてD850がファインダーに力を入れたカメラであるとい話を思い出しました。

 総じてD300は,フラッグシップといいながらも,コストやデザイン,大きさの制約からファインダーは今ひとつなものになっているという印象を持ちました。

 ということで,さらに工夫が必要です。

 NEPS1そのものについては,さすが純正で違和感なく取り付けできますが,プラスチックのテカリ具合が安物っぽく,D300には後付け感がかなり出ます。

 ネジの精度などは問題ないのですが,ニコンにしては作りが雑というか,細かいところに気を遣っていないというか,やや期待外れな所もありました。安い(といっても750円ですが)ので仕方がないところもありますが,送料が500円かかるので実質1200円以上の部品で,このクオリティは万人にお勧め出来ないと思います。

 さて,話は飛ぶのですが,今更ながらに大変なことに気が付いてしまいました。

 D300とD850で,露出補正のユーザーインターフェースが違うのです。

 D300で露出補正をする時は,ダイアルを左に回します。D850では右に回すので反対です。

 これ,私はあまり露出補正を使わない人だったので問題にしてこなかったのですが,ニコンの伝統で,露出補正は左に回すとプラス補正レベルメータも左がプラスなのです。

 右に回すと増えるが一般的で,プラス補正をすると明るくなるわけですし,メーターも右側がマイナスというのもおかしく,ここは昔から議論の的になっていたそうです。

 で,この問題はD4やD800の世代で,露出補正は右に回すとプラス補正,レベルメータも右がプラスがデフォルトに変更されたようです。ニコンとしてはダイヤルの回転方向を露出補正だけで変更出来るようにしたことで,過去機種のユーザーからの回避することにしたらしく,この問題は沙汰止みとなっています。

 私はD800から本格的にニコンの新しいUIに触れた人なので,実は昔のUIにはほとんど馴染みがありません。(D2HではAEロックを使っていました)

 ところが,D300ではまだこの問題に決着がついておらず,ダイヤルを左に回すとプラス補正,レベルメータも左がプラスで全く逆です。

 ならばと,左右を入れ替えて見ようと試みたのですが,レベルメータは左右を逆に出来ても,ダイヤルの回転方向の変更は露出補正以外でも変わってしまうので,絞りやシャッタースピードも逆になるのです。

 これらは私も日常的に使うものなので,変わってもらっては困ります。露出補正だけ入れ替える機能はD300にはまだ搭載されておらず,どうにもならないことがわかりました。

 今のところ,露出補正は慣れるしかないという結論になり,左回転でプラス補正で使うことにしました。レベルメータは左がプラスは許せないので,ダイヤルの回転方向と逆になりますが,我慢して右をプラスにします。

 D850の露出補正を左回転でプラス補正にすることはちょっと躊躇しているのでそのままです。どうも2台の常用機で回転方向が違うのは気持ちが悪いのですが,私の露出補正の重要度の低さを考えると,あまりここにこだわるのは得策ではないように思います。

 まあ,D850では露出補正の必要性がほとんどないほど,AEの精度が上がっているので,ここで回転方向を変えたとしてもそんなに問題はないと思うのですが・・・だからこそいざというときに失敗しないことも必要ですしね。

 ニコンは,回転方向もそうだし名称もそうなのですが,他社や慣例にならうことをせず,独自の道を突き進むことがあります。ニコンが面白いのは,そうした多勢に迎合しないことに,いちいちもっともらしい理屈をこねくり回すことにあって,そうした根拠に納得したり憧れたりする輩が,ニコンのロイヤルカスタマーになっている感があります。(納得出来ない人はさっさと他社に移行しますので,ますますその純度があがるわけですね)

 こうした,一般の人にはなかなか理解されないクセのある集団が「ニコ爺」と揶揄されていて,ともすれば一般の人達に立ちはだかる壁として機能し,閉鎖性の一端になっていると私などは思う訳ですが,そこはさすがに商売ですし,世界中の人を相手にする以上は,あまり高飛車な態度をとり続ける訳にもいかないでしょう。

 だから,ここに来て露出補正のUIを真逆に変えるという荒技をやることになったのだと思います。かなり内部で議論があったんじゃないかと思いますが,最終的に使いやすくなること,説明書を見なくても使える事,そして失敗を防ぎ機会損失を減らす事が最終的な目的である以上,変なこだわりは捨てて,多くの人が自然に使えるものを作って欲しいと思います。

 え,私?

 私は丸窓原理主義者のニコ爺ですよ。

 

結局大三元揃えてしまいました

 昨年秋から未解決のままだった超広角レンズ導入ですが,結局純正のAF-S14-24mmF2.8Gに買い換えました。

 タムロンのSP15-30mmF2.8で問題となっていた測距点によるAFズレは,やはり純正ではほとんど見られず,これまで散々悩んで辛抱してきたことがなんだったのかと思うほど,簡単に解決してしまいました。

 ここで単純に「やっぱ純正だよなあ」と言ってしまうと簡単すぎるので,もうちょっと書きたいと思います。

 このAF-S14-24mmF2.8Gは,中古品です。新品の最安値が現時点で約20万円のところ,中古の美品で168000円ですから,実は3万円出せば新品が買えるのです。

 でもあえて中古を選んだというのは,それなりに程度の良さそうな中古品が出たことと,ここで買うとSP15-30mmF2.8を結構な値段で買い取ってもらえるからでした。

 下取りという形を取ると,買い取り価格がさらに5500円ほど上がります。1000円の割引クーポンを併用すると差額は36000円まで広がりますが,これを安いと見るか高いとみるか・・・AT-X16-28mmF2.8を3万円で売却した私としては,これをなかったことにしてしまうほどの価格差は,ちょっと厳しいなあと言う気分でした。

 新品だって使った瞬間に中古になりますし,中古でも丁寧に使われていて,しかも極端に安いものでなければ,かえって安心な面もあります。新品の方が無難だろうと思っていましたが,新品には結構な確率で初期不良がありますし,メーカーとのやりとりに疲れてしまったところでもあり,すでに動いていて,目利きの人が「大丈夫」といってそれなりのプライスタグを付けているものなら,そんなに危ないものでもないだろう,と考えたのです。

 それにしても高い買い物です。恐ろしいです。

 お金の話が続くので先に経緯をまとめておくと,最初のAT-X16-28mmF2.8は71118円で購入し,キャッシュバックの1万円を差し引いて61118円で手に入れたものを,一度初期不良交換したのち,AF調整と絞りの故障で2度修理に出してからマップカメラで3万円で売却しました。

 次のSP15-30mmF2.8は77157円で購入し,2度の調整に出した後マップカメラで61050円で売却しました。

 そして今回AF-S14-24mmF2.8Gを167000円で購入したということになります。

 購入に支払った金額の合計から,売却で得たお金を差し引くと,214225円になります。ここに,昔購入してがどうもしっくりこず購入資金を作るのに売却したAF-S18-35mmで得た38000円を差し引くと176225円となります。

 これが私がAF-S14-24mmF2.8Gを手に入れるために,最終的に支払った金額となります。

 いやー,なんだか高い授業料を払ってしまいました。特にAT-X16-28mmF2.8の差額が3万円以上出たことが大きいです。このレンズは,他の店ならさらに1万円安く買えたので,差額は2万円までに圧縮できたのですが,甘かったです。

 一方のSP15-30mmF2.8は差額が16000円ほどと小さく,なかなかいい値段で買い取ってもらったと思います。助かりました。

 ということで,見方を変えると,トキナーとタムロンの超広角ズームを長期レンタルし,その結果純正のたどり着いたがおかげで新品を買うことが出来なくなってしまいました,という言い方も出来そうです。半年のレンタルが5万円近いというのもどうなんだと思いますが,その分純正は中古で我慢というのも,自分に貸したペナルティだと思っています。

 お金の話はこのくらいにして,早速揃った大三元ですから気を取り直してレビューです。

(1)大きさ,持ちやすさ,扱いやすさ

 大きいこと,フィルターが付かないこと,デメキンレンズで気を遣うことを真っ先に上げる人が多いのですが,大きいとは言え24-70と同じ程度ですし,見た感じの印象は華奢な感じがするというものでした。

 SP15-30mmに比べると一回り小さいですし,持ちやすさも構えやすさも純正の圧勝です。

 特に,ズームリングが細く,左手の親指と人差し指でつまんで回せることが私にとっては大きなアドバンテージで,いかにSP15-30mmが使いにくいかを思い知りました。

 これはAT-X16-28mmにもあるアドバンテージで,私がこれを売却して後悔したことの1つでもありました。

 
(2)画質

 さすが神レンズと呼ばれたAF-S14-24mmで,どの焦点虚位でも,どの被写体との距離でも,そしてどの絞りでも破綻のない画像を出してくれます。この信頼感は特にSP15-30mmではあり得ないことで,これがプロの選ぶ道具であると痛感しました。

 ただ,その画質のピーク性能はSP15-30mmよりも劣っていると思います。被写体を中央においてジャスピンで撮影すると,SP15-30mmの画像にはキラキラとしてまぶしささえ感じられますが,AF-S14-24mmには凡庸な画像しか出てきません。

 超広角ズームで凡庸というのはもはや褒め言葉なわけですが,SP15-30mmはそれをもしのぐ,高い解像度を持っています。純正のしのぐというのはウソではないと甘受いました。

 しかし,どの条件でも「凡庸」であることのすごさは特筆すべきで,私はSP15-30mmは使う人を選ぶと感じました。それだけ難しいレンズだということですし,ゆえに私は使いこなせなかったということでもあります。

 逆光については,特に難しい条件でなければほとんど気にならないレベルです。SP15-30mmも逆光には強かったと思うのですが,これと比べて優劣は付かないと思います。


(3)まとめ

 どんな条件でも均一な高画質の画像が得られ,得意も不得意もなく,すべての科目で平均点の高いレンズがAF-S14-24mmです。この手堅さ,この信頼性の高さこそプロの道具に求められるものであり,私が求めていたものはこれであったと,手に入れて確信しました。

 AF-S14-24は登場から10年以上が経過する,最近のレンズとしては設計の古いレンズです。今や当たり前となった手ぶれ補正もありませんし,さらに高解像度,さらに収差を取り除いた新しいレンズも存在します。

 実際,AF-S14-24mmの四隅の画質低下は有名ですし,SP15-30mmの輝くような画像は,AF-14-24mmの画像との比較をすればその差がはっきりします。

 SP15-30mmがこの画質を純正の1/3の値段でやってしまうことに腰を抜かしそうになるわけですが,そんなにすごいならAF-S14-24mmの価格が暴落し,みんなSP15-30mmに流れてしまってもいいはずです。

 しかしそうはなっていません。特定の条件で高画質であることも大事ですが,やはり平均して高画質である事に,この値段の価値があると多くの人が考えていると言うことだと思います。


(3)AT-X16-28mm,SP15-30mm,そしてAF-S14-24mmを使って思うこと

 高いお金をかけてこの3本を納得いくまで使う機会を手に入れた訳ですから,そのあたりを振り返ってみたいと思います。

 AF-S14-24mmF2.8Gは純正というプレミアム以外に,14mmスタートという独自の個性に加えて,何度も書いていますがどんな条件でも水準以上の画像を確実に出してくれるという手堅さがあります。

 この信頼性の高さと安心感こそが,この価格によって手に入る価値です。

 AT-X16-28mmF2.8は,純正と同じように手に馴染む鏡筒を持つことから,純正の背中を追いかけていることははっきり伝わって来ます。その上で,性能的な割り切りを全方位に行って,大幅に価格を下げることを狙ったレンズです。

 こう言ってはなんですが,AT-X16-28mmの開発では,AF-S14-24mmF2.8Gからどこをどれだけスペックダウンすれば値段が下がるか,を散々検討したのではないかと思います。

 大きさを変えないことを前提に,ワイド端を14mmから16mmにし,その代わりテレ端を28mmまで延ばします。AFもSWMではなく通常のモーターを使い,AF/MF切り替えもクラッチを使ってコストダウンしています。

 性能面でも対逆光性能には目を瞑り,色収差などの収差もある程度で割り切って,解像度もコントラストも全体的に落として決着させているように思います。

 こう書くと悪いレンズのように思いますが,このあたりの割り切りを上手にバランス良く行っているのがAT-X16-28mmで,出来上がったレンズは常用域において破綻のない画質を出してくれます。AF-S14-24mmの画質を平均的に下げた感じです。

 撮影者に強い制約を課すことなく,どんな条件でも整った画質を確実に出してくれることについては純正のそれに思想的に近いと思いました。

 ですから,AT-X16-28mmがAF-S14-24mmに勝る点は何一つありません。しかし,あらゆる条件で手堅くまとめてくる信頼感はAF-S14-24mm共通するものがあります。その点で,プアマンズ14-24といえるのではないでしょうか。

 一方のSP15-30mmですが,これはもうAF-S14-24mmをライバルとしてさえ見ておらず,独自路線で突っ走っているように感じています。特にAF-S14-24mmに指をくわえてみているだけのニコン以外のユーザーに対する唯一無二の存在感を前面に押し出し,比較されるなんてまっぴらだという,若者らしい元気の良さを見ました。

 キレキレの解像度の高さ,コントラストの高さ,そして色の鮮やかさはさすがに設計の新しいレンズでAF-S14-24mmを越えていると思います。手ぶれ補正も使ってみるととても気が楽ですし,何度もこれで救われていることを考えると,とても有用です。

 しかし,サードパーティのレンズの宿命である低コストという呪縛からは逃れることができません。最適化によるコストダウンには限界もあり,やはりなにかを犠牲にしないといけないわけで,SP15-30mmではその高いピーク性能をどの条件でも出せるようにすることを,割り切ってしまったようです。

 私の個体では,像面湾曲が大きく周辺と中央でのピント位置のズレが大きかったことと,周辺部でのAF精度がとても悪く使い物になりませんでした。

 像面湾挙が大きいことで周辺部のピントがズレてしまい,解像度が大きく低下し,さらに画像の流れも大きくなって,中央部と周辺部の画質さが大きいのも目立ちました。

 また,ズームによる焦点距離の変動による収差や性能の変化も大きく,それらを押さえ込んで平均化するには結局F5.6くらいまで絞らないとダメだったりします。

 15mmまでというワイド端と30mmまで伸びたテレ端,そして余りの個性的な太い鏡筒はAF-S14-24とあまりに親和性がなく,全くの別物としての覚悟を使用者に強いますし,やはり製造時のバラツキも大きいようで,こうしたところでのコストダウンも目立ちます。

 AF-S14-24mmに比べて価格を下げること,たくさん作ること(AF-S14-24mmの量産性ではコストは下がりません)を実現するために,AT-X16-28mmはAF-S14-24mmを平均的に性能ダウンしたのに対し,SP15-30mmはピーク性能の向上に重点的にコストを配分し,AF-S14-24mmを大きく下回る部分があってもそれは良しとするという「集中透過型」の思想です。

 従って,SP15-30mmには極端な得手不得手があり,このレンズが苦手とするところを使いたい私のような人に取ってはがっかりですし,得意なところではAF-S14-24mmを越える性能を発揮して絶賛されるのでしょう。

 AT-X16-28mmは特に苦手なところはなくても純正を越えるような目立ち方はしないので全体的に評価は低いのだと思いますが,実は万能選手であり,とても使いやすいレンズと言えます。

 そして,高性能をすべてのシーンで発揮出来るのがAF-S14-24mmです。得手不得手が少なく,安定して性能を発揮出来る代わりにとても高価です。

 逆に言えば,使い方が決まっている人で,それがSP15-30mmでカバー出来るなら,AF-S14-24mmは余計な部分にお金のかかったもったいないレンズという事になるわけで,そこにこそSP15-30mmの存在意義があります。

 もしも,タムロンが20万円の実売価格で超広角ズームを作ってくれたら,すべての点で軽くAF-S14-24mmを越えたレンズを作った事でしょう。そんなレンズを見てみたい気がしますが,そこも含めて純正かサードパーティーかの差なのだと思った次第です。

 今回,トキナーとタムロン,そして純正という3つのレンズを使い,メーカーとのやりとりを含め様々な経験をさせてもらいました。

 性能の差,バラツキの差というよく言われること以上に,設計思想,あるいはコストの配分に対するこだわりにこれほどの違いがあるとは思っておらず,純正との価格差は純正というプレミアムの有無と,製造時のバラツキくらいだろうと思っていた私には,もっと積極的に真面目にレンズ選びをしないといけないことを突きつけました。

 純正至上主義ということではなく,自分の欲しい性能はなにか,どういう使い方をするのかをよく考えて,レンズを選ばないといけない事が,この高い授業料で得た教訓です。

 しかし,ペンタックスの超広角はSP15-30mmのOEMだと言われているのですが,こんなに尖ったレンズで純正を謳って大丈夫なんですかね?すべての条件で確実なレンズを純正で用意出来ないとまずいんじゃないかと,ペンタックスが大好きな私などは心配になってしまいます。(ついでにいうとペンタックスの15-30mmの高価な事!)

 ついでに,AF-S18-35mmについてです。

 このレンズ,AF-S14-24mmに匹敵すると言われるほどの高性能ぶりと,小型軽量,フィルターも使える利便性を持ちつつ,純正のくせに価格も安いためベストセラーになっているレンズです。

 私もこれで広角域を埋めようと思ったのですが,何度使ってもしっくりこないし,面白くないのです。性能面では問題ないはずなのに,どうも期待している画像が出てこないので,自然に防湿庫の肥やしになっていました。

 原因はいろいろあり,ワイド端が18mmというのが物足りないからか,35mmまで伸びたテレ端のせいで結局28mmから35mm程度の「使いやすい焦点距離」に逃げてしまい出来上がりの普通っぽさに幻滅するせいかのか,あるいはそもそも暗いレンズなのでファインダーを見た時にがっかりするからなのか,絞りを開けられないからボケも少なく主題をうまく整理出来ず,構図だけで勝負するには自身の力不足が露呈するせいなのか,シャッター速度も上げられないので被写体ブレも増え,その上感度も上がりがちで画質も下がってしまうからなのか,思い当たることはたくさんあります。

 他にも気が付かない理由があるのでしょうが,いずれにしても,そのポテンシャルを発揮させることが出来なかった私には,使いこなせなかったということでしょう。

 
 さて,長々と書きましたが,結局数年かかって大三元が揃いました。1つ20万として60万円。ボディまで入れると100万円です。あああ,恐ろしい。

 売れば半分くらいは戻ってきますので50万円くらいの負担だとはいえ,カメラにこれだけのお金をかけることが怖いですし,最近のカメラとレンズは高くなった物だなあと,つくづく思いました。

 気が付くと,14mmから200mmまでと300mm,そしてマクロ撮影は純正で揃えていました。一方で常用しているのはシグマの35mmF1.4ARTです。これで思ったのは,まずはあらゆる条件で平均以上の結果を残すことが出来る純正で一本筋を通しておき,どんなシーンにも対応出来る準備をした上で,それ以外のレンズでは個性を味わうことをしないとダメなんだなあという事でした。

 ということで,うちは,

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
AI AF-S TELECONVERTER TC-14E II

 で大半の撮影域をカバーしました。このラインアップでは,解像度やコントラスト,色合いなども統一されており,最高画質とも言える高画質が幅広い撮影域でカバーされます。

 EレンズではなくGレンズなのは,買い換える必要性をあまり感じないことと,D2HやF100でも使えるようにしておきたかったこともあります。

 ここからさらに個性が欲しいところでは,

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art 開放からキレキレの今風の写真
AI Nikkor 45mm F2.8P 1970年から80年代の週刊誌のグラビアっぽさ
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 小型軽量で取り回し抜群
Ai Micro-Nikkor 55mm f3.5 解像度を重視したカチカチの写真
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF いわゆるガウス型を堪能,絞りによる画質の変化を楽しむ

 といったところを選んで使います。自然によく使うレンズとそうでないレンズに別れるわけで,今のところ私は取り回しと画質が気に入ってSIGMAの35mmF1.4が付けっぱなしになっています。

 欲を言えば,FA43mmF1.9Ltdもここに加えたいくらいですがそうもいきません。望遠域を400mmくらいまで伸ばせれば安心というのもありますが,それはそれで難しい投資です。(今気が付きましたが,300mmF4にテレコンで420mmF5.6,これをD2Hで使えば35mm換算で630mmになるんですね,こいつはすごい)

 まあとにかく,ここから先のレンズへの投資は必要性が下がり,趣味性が強くなっていきます。お金をかける前に使いこなしていこうと思います。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed