エントリー

カテゴリー「カメラに関する濃いはなし」の検索結果は以下のとおりです。

D800以降に買ったレンズ

 D800という,現在でもこれ以上を望む必要がないと思う,完成度の高いデジタル一眼レフを手に入れてから,銀塩のカメラに安いレンズの組み合わせで頑張っていた事が,無理をしていたことだと理解出来るようになりました。

 これは悪い意味ではないんですけど,D800というカメラが現在の最先端を走っていて,使いこなすごとにそのポテンシャルの高さを感じるようになったことが大きいということだと思います。

 写真の基本はいつも変わりません。しかし,画質はもちろん,撮影時に楽をする仕組み,今まで撮影出来なかったものが撮影出来る進歩など,技術の進歩は確実にカメラを進化させています。

 D800を手に入れて,これほど進歩しているのかと思った事,そしてその進歩を「時運が少し手間をかければカバー出来る」と思っていたことが誤りだったと知る事で,やはりレンズも新しいもの,もっといえば世代が異なるものを使わねばならないと思ったのです。

 D800以降に買ったレンズは,総じて高画質,高レスポンス,高機能です。それは,私の目から見ると,明らかに過去のレンズとは「非連続」な進歩です。

 カメラは高額商品で,一生ものの代表格だったわけですが,デジタルの時代になってからは,陳腐化が進んで使い物にならなくなるから買い換えると言うより,技術の進歩がすごすぎて,つい先頭についていきたくなるという感じでしょう。

 そんなわけで,D800以降に買ったレンズをちょっとまとめてみようと思います。D800の性能にふさわしく,今どきの画像を作るこれらのレンズは,低画質を「味」を言い訳することなく,ただ素晴らしいと賞賛することが可能なものばかりです。


・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED(2007年11月)

 FXフォーマット,F2.8通しの標準ズームで,いわゆる大三元の1つです。私は並行輸入品を買いました。15万円くらいだったと思います。

 24mmという一昔前なら超広角から70mmという中望遠域までをF2.8でズームできる高画質レンズですが,重量は約900g,長さ133mmということなのですが,ズームで全長が変化するので,数字以上に長いという印象があります。

 このレンズ,改めて調べてみるとD3とほぼ同時発売なんですね。D3のカタログ写真に出てこないので,D3より後だろうと思っていたのですが,違っていました。

D3は今でも通用するカメラだと思いますが,すでに歴史に埋もれた感もあり,わざわざD3を選ぶ人が少ないのに対し,このレンズは今でも積極的に選ばれると言うのですから,やっぱりレンズは長生きなんだなあと思います。

 それまで私は,単焦点レンズを中心に使っていました。構図は自分が動いて決めれば良く,ズームレンズは焦点距離が変わるというメリット以上に,大きい,重い,高い,暗い,画質が悪い,というデメリットが満載で,とても使う気にはならなかったのです。

 しかし,ある友人がD800Eの導入と同時にこのレンズを買ったことで,ちょっと興味が出てしまったのがきっかけで,よく調べてみたのです。すると,数あるデメリットのうち暗いことと画質が悪いことは,解消されていることがわかったのです。

 しかも自分で動けば済む程度のズーム域(例えば35mm-70mmとか)からぐっと広がり,広角側が24mmまで広がっていることは,驚きでした。単焦点レンズをゴロゴロと持ち歩く必要がなくなるのであれば,大きい,重い,とは言えなくなります。

 ですので,AiAF24mmF2.8の代わりに,という気持ちくらいで購入したこのレンズは,完全にD800の標準レンズの座に落ち着くことになりました。

 実際に購入し,使ってみると,確かに良く写ります。これは標準ズームにふさわしいバランスを持ち合わせています。解像感も高く,あっさり目とは言え色のりもよく,収差の出方もボケも,水準以上のものがあると思います。

 しかし,このレンズの評価は,思ったほど高くありません。むしろ,1/5程の値段で買えてしまうタムロンの28-75mmの方が「好きだ」という人がいるくらいです。買う前には不思議だなと思っていたのですが,買って使ってみると,なるほどと思うようになりました。

 確かに高画質で,高い次元でバランスした素晴らしいレンズなのですが,意地悪な言い方をするとそれだけなのです。個性がないというか,際立った特徴がないというか,個性がないというか。

 これでなければならない写真が撮れるというわけではないし,これが写し取る画が心の響くわけでもない。本当に綺麗にスッキリ写るんですが,それだけだということなんです。

 考えてみれば,他のレンズは高いものも安いものも,ちゃんと「こういうレンズです」と他の人に説明が出来ます。でも,このレンズは他の人に説明するのが難しいです。

 実売で20万円のレンズなんですから,よく写って当たり前です。光学性能が劣っているのは,論外です。しかしそこから先が,物足りないんだと思います。普通の写真を確実に撮影する,これがこのレンズの最大の特徴なんだと思います。

 私の稼働率ですが,正直言うと低いです。外に出ない引きこもりだからというのもありますが,後述するシグマの35mmF1.4が常用レンズになってしまいました。


・35mm F1.4 DG HSM(2013年1月)

 シグマのラインナップが一新され,特に高画質を高めたラインに与えられるArtラインの第一号です。

 35mmという画角で,F1.4という明るさを実現するのはそれなりに難しく,大きく重く,高価なものになりがちです。それで手に入るのは,明るいという特徴だけなわけですから,一昔前は特殊なレンズでした。

 しかし,このレンズは本当に素晴らしいものでした。カミソリのようにキレキレの解像度に,F1.4開放から躊躇なく使える画質,良く補正された収差に,シグマらしいあっさり目だがしっかりした色のりと,もう撮影領域が拡大したと言って良いくらい,素晴らしいレンズです。

 純正と違い,カメラでの補正は出来ませんが,RAW現像なら問題なし。そもそもそんな補正だってなくても構いません。

 この手の大口径レンズは,開放だと甘く,結局1段か2段くらい絞らないと実用になりません。絞ること前提で,そこでの画質が高まることを狙っているというのも,この手のレンズの存在理由だったりしました。

 しかし,このレンズは違います。本当にF1.4から撮影出来ます。F2.8まで絞れば,もう信じられないくらいの切れ味です。

 そして大事な事は,案外デザインだったりします。かつてのシグマのレンズは,本当に格好が悪く,持っているのも恥ずかしいくらいひどいものだったと思います。

 しかし,これが新しいラインナップになってから,本当に格好良くなりました。どんなメーカーのカメラにもマッチし,どんな人にも使いやすいユニバーサルなデザインであり,曲線1つ1つにも理由がちゃんとある,シンプルで美しい鏡筒のデザインは,大きな前玉によく馴染んで,形が高画質を主張しています。

 持った感じもしっとりと手に収まり,ゴムのローレットも適度な引っかかりがあって,これは純正を越えているでしょう。

 純正に比べるとやや遅いと言われるAF速度ですが,純正が高速すぎるのであって,35mmという画角を考えれば,これ以上は必要ないと思います。静かですし,とても上品なAFです。

 最後に,これが純正の半額で買えるという事がすごいです。画質は純正に並ぶか越えたものを持ち,それが半分の値段で買えることは,どれほどありがたいことかわかりません。

 ただし,このレンズに関して言えば,もう値段なんてどうでもいいところまで来ていると思います。このレンズでないと駄目なシーン,このレンズ前提でカメラを構えている状況がこれほど増えてくると,低価格である事など忘れてしまいます。

 もし,この水準を「Art」というラインナップで保証するなら,私はもうシグマのレンズを積極的に買うことになるでしょう。だから,Artで大三元とか,Artでマクロレンズとか,そういう展開を期待したいと思っています。

 話が逸れますが,ここ最近のシグマは本当にすごいです。レンズメーカーとしての実力の高さもそうですし,メーカーとしての姿勢も大変素晴らしいです。なにより,社長さんの顔がちゃんと見えていて,彼のメッセージがちゃんと末端のユーザーに届いています。私はこのメーカーの製品のユーザーで,良かったなあと思っています。

 私の稼働率ですが,常用です。ボディマウントキャップの代わりにD800に常についているレンズです。

 F1.4から撮影出来るとは言え,最低でもF2までは絞って使いますが,それでも室内で妥協なく撮影出来ます。だから,試しに他のレンズに交換してみると非常にストレスが溜まり,結局このレンズに戻してしまうのです。

 もともと,私は35mmは苦手な画角でした。ですが,AiAF35mmF2を使ってみて,室内撮影にぴったりと分かってから,これを常用するようになりました。そこから買い換えたのが,このレンズです。

 外に持ち出すことが少ないのは,豊かな太陽光でF1.4の単焦点の個性を発揮させるのは難しく,それよりは焦点距離を自由に調整出来るズームの方が役に立つからなんですが,機会があれば外に持ち出してみたい思う一方で,室内専用レンズとして個性を爆発させるのも,よいかも知れないと思ったりします。


・AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G(2011年6月)

 D800のポテンシャルを味わえる,一番安いレンズがこれです。F1.8と明るさは少々控えめですが,F1.4よりも大幅に安く,画質は抜群とくれば,1段未満の暗さなど問題にするほどの事はありません。

 ずっと昔から,標準レンズは50mmで,高級機にはF1.4,普及機にはF1.8かF2と,相場が決まっていました。わずか1段の差ですが,小さく軽く,画質も高く,しかも安く作ることができたのが,このレンズの系譜です。

 この伝統が現代においてもちゃんと継承されているのがうれしいですね。D800の推奨レンズに入っていないとはいえ,使った人は皆一様に「素晴らしい」と褒める,そんなレンズです。

 画質は十分なものを持っているとして,それ以外はどうかというと,それはやっぱり値段相応だと言えるでしょう。手に持った感じも高級感はないし,AFモーターも高速ではなく,機敏なAFを期待するとがっかりします。それにGレンズですから,絞り環がありません。古いボディでは実質的に使えないと思った方がよいです。

 個人的にとても残念な事があります。フィルター径です。かつてのAiNikkorやAiAFNikkorは,出来るだけ52mmで統一しようという方針で作られていました。それは28mmでも50mmでも,55mmマイクロでも,105mmでも,とにかく可能な限り52mmでいこうとしていたのです。

 前玉が大きくなると,フィルター径も大きくなるので,これはもう仕方がないと思いますが,F1.8のこのレンズは前玉も小さく,52mmでも十分可能だったはずです。

 わずか6mmの差ではありますが,この差が作る印象は大きくて,52mmのAiAFNikkorがF4やF5といった大型一眼レフにくっついている姿は,とても格好がよいと思っています。

 あくまで個人的な印象ですが,前玉が小さいレンズでフィルター径が大きいのは,安っぽい感じがします。デザインの統一やフィルター径の統一の話もあるとは思いますが,このレンズだけは52mmでもよかったんじゃないかと思います。

 そうすれば,のちのDfでも,もっと綺麗なたたずまいを見せてくれたんじゃないかなあと思います。

 私の稼働率ですが,これもあまり使っていません。50mmが欲しい時,特に全長が短いレンズが欲しい時には取り出しますが,35mmよりも暗い50mmのレンズにそれほど出番もなく,高価なレンズでもなかったこともあり,あまりもったいないという感覚もないまま,防湿庫にスタンバイしています。

 でも,軽くて小さいレンズですので,なにかのついでにぱっと持ち出すのに,よいですね。

 

・AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED(2013年3月)
 
 FXフォーマットの広角ズームで,標準価格で10万円を割る低価格なレンズです。ですが,とても良心的なレンズで,小さく軽く,でも高画質ということで,こういうレンズが純正で買えてしまうと,レンズメーカーはとても困るだろうなあと,当時思ったものです。

 ニコンの現在の広角ズームとしては,D800のカタログでも使われている14-24mm/F2.8という次元の違うレンズと,その下の16-35mm/F4がありますが,大三元と小三元と言われる高級レンズです。

 このレンズは,広角側が18mmまでですし,ニコンの高級レンズの象徴であるナノクリスタルコートを使わず,明るさもF3.5からF4.5に変動するズームですが,だからといって画質に手を抜かず,解像度も色も,優れたものを持っています。

 広角レンズで,2mmの焦点距離の差はとても大きく,もはや別のレンズと言ってもいいくらいの違いがあるものですが,そうはいっても18mmです。超広角の面白さは楽しめるでしょう。

 その代わりにこのレンズが手に入れたのは,機動性です。重さはたった385g,全長は95mmと,10cm未満です。この手の広角ズームは屋外で使うことが多いでしょう。その際にこの軽さ,この取り回しの良さは大きな武器になるはずです。

 欲を言えば,標準ズームの広角側が24mmスタートが普通になっているのですから,16-24mmとか,ズーム倍率を下げてその分高画質化,小型化をしてくれてもよいと思うのですが,まあこれ1本で24mm,28mm,35mmと広角側をカバー出来ることは確かに便利かもしれないですね。
 
 これを買うことにしたのは,結構衝動買いに近いものがありました。私がサブに使っているPENTAX A7に,08という広角ズームがあります。35mm換算で17.5mmから27mmまでをカバーするレンズなのですが,こいつがとにかく良く写るのです。

 小さくて軽くてよく写って,一時期私はこればかり使っていました。苦手だった広角レンズの,パースの面白さや遠近感を強調した撮影,あるいは被写体を追いかけなくてもどっかに必ず入ってくるという安心感など,これはこれで面白いなあと思っていたのです。

 そうなると,主力機であるD800でも超広角を用意したくなるものですが,やはり高価ですし,大きく重いわけです。そんなときに目にしたのがこのレンズで,画角も08のワイド端とほぼ同じで安い,しかも画質はよいと評判です。

 AF-S MicroNikkor60mmF2.8を買うための貯金を急遽こちらに振り向けて,買うことにしました。

 買った結果ですが,しばらくずっとこれで遊んでいました。とにかく面白いし,無理をしないで振り回せるので,気分的にも楽です。

 画質も問題なし,常用レンズになるかと思ったのですが,最後に問題になったのが,やはり暗さでした。18mmのF3.5はまだ許せるとして,35mmのF4.5はもう絶望的です。同じ画角でシグマのF1.4を使っていた私としては,ここがもう許せなくなってしまい,結局シグマの35mmF1.4に戻ってしまいました。

 でも,このレンズでは,随分と面白い写真を撮りました。また使いたいなと思っています。お気に入りの1本です。

 そうそう,このレンズの使い道として,もう1つ面白いものがあります。APS-Cのボディで使うと,27-52mm相当になり,28mm,35mm,50mmという,とても美味しいところが範囲に入ってきます。

 そう,D2Hの常用レンズにぴったりなのです。暗いことが問題なんですが,これにSB700と組み合わせると,全然問題なく室内撮影向きのシステムが完成します。


・Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED(2000年10月)

 先日,大幅に小型化した新しいサンヨンが登場しましたが,それまでニコンのサンヨンと言えば,今から15年近く前に発売となったこのレンズが長く使われていました。

 サンヨンは画質と大きさと価格が最もバランスする望遠レンズといえて,これより長い,あるいはこれより明るいと,極端に大型化し,極端に高価になります。だから,特殊ではないレンズという範囲に,ギリギリ収まる望遠レンズだといえるでしょう。

 それにしても2000年秋の発売とは,また古いですね。まだF5が活躍していたころのレンズです。

 ですが,その画質には定評があり,当時はもちろん,デジタル全盛の現在においても積極的に選ばれるレンズです。飛行機や野鳥,鉄道の撮影には定番として長く愛されてきたレンズです。

 新しいサンヨンは,PEという原理の異なるレンズを用いたことで大幅な小型化を実現し,その上手ぶれ補正も装備されましたが,画質については旧機種との差はあまりないというのが定説で,PEに起因する点光源での不自然なフレアがむしろ懸念されることを考えると,次世代版と言うよりも別のレンズがでたというくらいに,私はとらえています。

 もともと,D800を買った時に,望遠側でまともに使えるレンズがないことを懸念した私が,当時1ドル80円という強烈な円高を理由に,アメリカの業者から個人輸入してみたというのが,購入のきっかけです。

 画質は評判通りで,それまで持っていた100-300mmのF4ズームとは比べものにならず,AFも高速で,今の私のレンズではD800をちっとも生かせないと,考えを改めるきっかけになりました。

 ただ,望遠はズームじゃないと,やっぱり実用的には厳しいものがありますね。自分が動けばズームはいらない,というのが持論ではありますが,動けないから望遠を使うわけで,そうなるとやっぱりズームがないと厳しいのです。

 300mmですから,1.4倍のテレコンで420mm,これをD2Hに付ければ実に630mm相当ですよ。こうなるともう別世界なわけで,果たしてこの組み合わせに出番があるのかと思いますが,まあこういうのは安心感に繋がるわけですし。

 このレンズ,新品なのですが,ちょっと気難しいところがあり,AFモーターがキーキー鳴きます。SWMにありがちなトラブルなのですが,何度か動かしていると鳴かなくなるので,もういいかということにしました。中古で売るときに大きく減額されるでしょうねえ。いずれ修理をしておく事も検討しましょう。

 私の稼働率ですが,これも非常に低いです。いいレンズだし,使いたいのですが,ズームではない300mmのレンズを,家の中で使うのはほぼ不可能です。外に持ち出すのも,この大きさゆえに躊躇するわで,じゃいつ使うんだよ,と自分でつっこんでいます。

 ま,子供が大きくなると,そうも言ってられなくなるんでしょうね。


・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II(2009年11月)

 言わずと知れた大三元のうち,望遠域を受け持つプロスペックのレンズです。先日買ったばかりですが,さすがにこれを買うときは悩みました。

 でも,買ってしまえば全然後悔しないのも,このレンズなんですよね。

 嫁さんはこれを見て,その大きさに驚いていました。しかし,サンヨンもこのくらいありますし,標準的な大きさだと私は思います。

 ニコンには,大三元の広角側を担当するAF-S 14-24mmがありますが,これとならんで,その高画質っぷりにはプロアマを問わず,疑いの声が全く上がりません。同じ大三元の24-70mmが可愛そうになるくらい,賞賛の声ばかりなのです。

 70mmから200mmまで全域F2.8の明るさで,美しいボケ,豊かな色と階調,もちろん高解像度で,その上4段まで補正する最新の手ぶれ補正までついています。

 うれしいのは結構しっかりした三脚座がついていて,取り外しもワンタッチで出来るものがついています。基本的には三脚に固定して使うレンズなんでしょうが,VRがあることで手持ちでもどんどん使って下さいという,ニコンからのメッセージです。

 この高性能,高画質に私もさすがに腰が引けました。なんといってもプロが絶賛するレンズです。これで駄目なら,もうカメラのせいにもレンズのせいにも出来ません。

 ここで,私は新しい発見をします。いい機材を使う事で,下手な人でもいい写真が撮れる場合と,ますます下手になってしまう場合があるということです。私は前者を信じて疑わなかった人ですが,このレンズに限って言えば,下手な人が使うと,全然駄目な写真しか出てきません。

 ゆえに,練習が必要です。慣れることも大事ですし,癖を掴むことも大事です。画角になれること,構図を決める事が出来るようになること,被写体を追いかけるときにどのくらいレンズを振り回すのか,VRでどんなブレが止まるのか,どうすればフォーカスを外さずに撮影出来るか等々,とにかく練習が必要でした。

 ようやく慣れてきて,歩留まりも上がってきましたが,最初はもうひどいもので,まともな写真が全然取れませんでした。やっぱり,一眼レフは難しいですし,プロが使う機材は,素人が安易に手を出すものではありませんね。

 とにかく,うちで一番高価なレンズです。2年ほど前は実売で20万円を切っていたそうですが,今は1割ほど高値で推移している感じです。ちょうど1万円のキャッシュバックがあって20万円以下で買うことが出来たのですが,やっぱり20万円を越えるのは,精神的にきついものがありますね。

 稼働率ですが,ここ最近ずっとこれです。室内で望遠ズームってのもどうかと思いますが,近いうちに出番がありますし,それまでに練習して失敗ないようにしないといけませんから,少々無理があっても,糖分使う事になると思います。

 一応,24-70とこれを持っていけば,24mmから200mmまで,最高画質でフルカバーですからね,私も随分と偉くなったもんだなあと,うれしいやら飽きれるやら・・・


 とこんな感じです。面白いのは,今回とりあげた新しいレンズはすべて,新品を買っているということです。

 現行の高性能レンズは,中古とはいえ値段があまり下がりません。安いお店の新品との価格差は1割ほどだったりします。レンズは長く使うものですし,デジタル機器と違い,個体差もあり,扱い方で性能が変わってきますから,出来れば新品の方が望ましいのですが,この価格差だったら,わざわざ中古を買うこともないかなと,そんな風に思ったりします。

 考えてみると,10年ほど前までは「新品」「純正」に雲の上のものを感じていたのですが,気が付くと純正を新品でこれだけ買っていました。

 経済的な問題もあるのですが,つくづく思うのは,さすがに純正品はラインナップに隙がないなということです。例えば,いかにシグマのArtラインが素晴らしくとも,これで大三元を揃える事は今は無理です。

 純正ならF2.8通しも,F4通しもあります。

 そう考えると,やっぱりニコンやキヤノンというのは,歴史のある,大メーカーなんだなあと,思います。

D2Hで64GBは使用できませんでした

 先日,SanDiskのCFカードを導入し,その効果は上々であるとここに書きました。同時に,それまで使っていたWINTECHのCFカードをD2Hに使おうと思っていることも書きましたが,どうもダメみたいです。

 WINTECHのカードをD2Hに差込,フォーマットをしますが,撮影可能枚数はゼロ枚と出たままです。実際にレリーズを押してみても,CFが差し込まれていないという反応がでて,シャッターが切れません。

 理由は調べていませんが,D2Hが出た当時に64GBなんて大容量のCFカードはありませんでしたし,ファイルシステムが想定していない容量であると考えても納得できる話です。

 少し調べてみると,D2Hはファームのアップデート後に4GBを越えるCFが使えるようになったようです。8GBまでは動作しているという話を頻繁に目にします。このくらいが現実的なところでしょう。

 同時期のD2Xについては,32GBまで使えるというという話を目にしました。高画素機ですし,プロもたくさん使っていたモデルですので,32GBに対する需要があったのでしょうね。

 まあ,D2Hは400万画素機で,非圧縮のRAWでも6GBのマイクロドライブでざっと750枚撮影可能です。これが一気に10倍になるんですから,7500枚ですよ。

 そんなに撮影出来ても,うれしくないレベルです。

 ということで,当面6GBのマイクロドライブで運用という現状維持になりそうです。

 ああ,64GBのCF,なにに使うかなあ・・・


 ところでD2Hですが,最近私は全く問題なくD800と併用しています。

 さすがに記念写真や,広角レンズ,トリミング前提の撮影やフルサイズを生かした撮影では出番はありませんが,普通の撮影にはかえって便利な場合もあります。

 速度,持ちやすさ,いやいやデータの軽さがやっぱり一番です。

 私の場合,D2HはISO400で感度を固定しています。ISO200だとノイズに対しても有利ですが,ISO400はギリギリ許せるレベルです。それでいて一般撮影にはなんとか対応出来る感度ですし,なにより長く銀塩時代にISO400で育った私としては,肌感覚で使える感度です。

 それでも暗部では盛大なノイズが乗ってくるし,ホワイトバランスもカラーバランスも悲しいくらいにダメなのですが,それは2003年当時の処理をした場合の話です。

 以前ここにも書きましたが,D2HのRAWをLightroom5で現像すると,今に通用する(と私は思っている)レベルで,現像できるのです。

 ホワイトバランスはLightroom5上で自動を選択。最新のデジカメレベルのホワイトバランスに一発で会わせてくれます。その上でCameraStandardのプロファイルを選ぶと,これも一発でカラーバランスを整えてくれます。

 D2HのRAWは,あまりデータをいじる余裕がなく,ちょっといじればすぐに破綻し,限界を露呈します。だから撮影時点でかなり正確に調整をしておかねばならないわけですが,Lightroom5を使えば,かなり救えるようになってきます。少々ラフな撮影でもなんとかなるので,かなり気が楽です。

 そしてレンズのゆがみ補正をかけてやれば,画素数を除いて立派に印刷に使えるクオリティです。

 トリミングは出来ませんし,ラチチュードが狭いので露出で失敗すると救いようがなくなるというのは相変わらずですが,それでもSB-700などのストロボと併用すると失敗は激減しますし,レスポンスの良さは,数で失敗をカバーする作戦を立てることが出来るので,これはこれで面白いものです。

 D2Hに300mmF4を組み合わせれば,450mm相当です。これで高速連写なのですから,これでなければ駄目なシーンというのが,ありそうな気がします。

 もう10年以上も前のカメラですが,やっぱりRAWで残しておく必要がありますね。これはどんな時代のデジタルカメラであっても,同じでしょう。そう考えると,娘が生まれてから1年ほどのRAWデータが消えてしまったことが,悔やまれてなりません。

D810雑感

 D810が発表になりました。

 こういう高級機は,慎ましい生活を愉しむ私にはあまり関係がないのですが,なにせ私はD800を背伸びして購入したユーザーであり,その後継機種は買うか買わないかに関係なく,興味がわくものです。

 その意味では,D810の噂がポロポロと出始めた頃からウォッチしてきたのですが,D800の時程ではないにせよ,いい意味で期待を裏切る進化を遂げていました。

 詳しい話は他にふさわしい場所を見て頂ければと思いますが,個人的に思う所を少し並べてみます。

・ローパスレス

 D800はフルサイズで3600万画素ということですので,画素ピッチは3.9um程度です。D800が出た当時,このピッチでローパスレスにするべきかどうかは意見が分かれており,ニコンとしてはどちらが主流になるか,判断しかねたのではないかと思います。

 その後,ローパスレスのD800Eが思った以上に売れたことと,ほぼ同じピッチのAPS-Cで2400万画素でもローパスレスが支持され始め,今はすでに高画素機のローパスフィルタの必要/不必要については,もう軍配が上がったと考えて良いでしょう。

 これは,ローパスレスによるデメリットである,モアレの発生がそんなに頻繁に起きない上に,画像処理でそこそこ消せることが分かって,メリットである高精細な画質に軸足を移すべきと,ユーザーが考えた結果だと思います。

 まあ,実際にモアレが出るシーンというはそんなにないし,出ても意外に気が付かないものですから,100枚のうち1枚にモアレが出るより,100枚とも高精細である事の方が,わかりやすいだけという話かも知れません。メーカーとしては,その1枚のミスショットを問題としましたが,私はそれをカメラメーカーの良心ととらえます。

 個人的には,折り返しノイズを後処理で除去できないことが理論上はっきりしている以上は,ローパスフィルタは必須と考えているのですが,そもそもローパスフィルタが必要ないような低周波数しか存在しない画像なら,別にあってもなくてもいいですし,折り返しノイズが出るような高周波数が豊富な画像なら,モアレが出るのでローパスフィルタがなければ成立しません。

 モアレが出た場合には,構図を変えたりして出ないようにすることも行われますが,これって結局構図を変えて,モアレと認知できないような周波数に折り返しノイズをシフトしているだけで,他に折り返しノイズが出ていることに気が付かないだけか,さもなくば折り返しノイズが出るような高周波数が貼ってこなくなっただけの話です。いずれの問題も,ローパスフィルタがあれば綺麗に解決するお話です。

 なのに,どうしてこんなにローパスレスが支持されるのかなあと考えたのですが,それはローパスフィルタの弊害が大きいことがあげられるでしょう。その弊害は2つで,画質の劣化と価格です。

 ローパスフィルタが純粋に高周波数のカットを行うだけの素子ならば問題はなにもありませんが,実は低周波数にも影響を与え,最終的に画質の劣化を起こします。これがモヤモヤとスッキリしない画像に繋がっていると思いますし,発色についてもやっぱりローパスレスの方が良かったりするのでしょう。

 それと,性能の良いローパスフィルタほど,高価です。安いデジカメと高価なデジカメの差にはいろいろありますが,ローパスフィルタの性能差も大きいです。高級機のローパスフィルタは,それだけでコンパクトデジカメが何台も買えてしまうほど,高価だったりします。

 これが一気に不要という事になれば,それはコストを削減するのに心血を注ぐメーカーに取って,この上なくありがたい話ですね。メーカーとしては,ちょっとでも可能性のあるモアレの発生を「機会損失」ととらえて完全防止することに大きなコストをかけていたのに,ユーザーの「そんなもんいらん」という錦の御旗を手に入れたという感じではないでしょうか。

 いずれにせよ,ローパスフィルタにはメリットもデメリットもあります。あるならあるで,ないならないで,上手に使いこなす必要があるということです。でも,ローパスフィルタありなしのカメラを,メーカーがチューニングをしたローパスフィルタありのカメラ同様に使いこなすのは,私はかなり難しいんじゃないかと思いますが・・・


(2)センサ

 センサは微妙に画素数が変わりましたし,低感度域が広がったこともあって,全く別のセンサに変わったようです。従来のセンサには定評があり,私も満足して使っていましたが,新しいセンサがどういう画像を吐き出すのか,ちょっと興味があります。

 センサが変わったという事は,そもそもRAWのデータが変わったということですので,画像エンジンが変わったという話よりももっと大きな話です。カメラの性格が根本から変わってしまう可能性もあるわけで,いい意味で挑戦的だなあと思いました。


(3)メカ

 メカも手が入っているようです。シャッターとミラーが改良されたらしく,その一番の恩恵は連写速度でしょう。私はD800の不満点に連写速度を上げていて,それは実際の連写速度と言うよりも,その速度に耐えうる骨格と筋肉を備えていることが重要と考えていたからです。

 DXで最高7コマ/秒というのは,D300に近い数字で,スポーツなどの動きの激しいものにも,それなりに追随できる性能です。もう一息欲しいところですが,7コマあればD800では対応出来なかったシーンでも活躍できることでしょう。

 また,骨格と筋肉はそれにふさわしいものになったことで,シャッター音も切れ味が出て良くなったと思いますし,その点でもD810には期待出来ます。

 ただ,1つだけ気になっていることがあります。それはレリーズタイムラグです。D800は0.042秒でD4などと同じ,一方でD810は0.052秒と随分遅くなっているのですね。

 この数字を信じるなら(信じるもなにもニコンの公式サイトにある数字ですが),この0.052秒というのは結構問題かなと私は思っています。

 GRやPentaxQなどを使っていて思うのは,今見たものが記録されていないという,タイムラグの深刻さです。それほどシビアな撮影ばかりではないのでGRもPentaxQもちゃんと使えているわけですが,D800をわざわざ持ち出すのは,やはりそこに高速レスポンスに期待するものがあるからです。

 0.052秒と言えば,D7100と同じです。またキヤノンの5D3なんかに近い数字のはずで,あのくらいの緩慢さというのは,0.042秒に慣れた人には結構辛いものがあるんじゃないでしょうか。

 私としては,他が素晴らしいだけにD810への買い換えも検討しましたが,このタイムラグの数字を見て,その気が失せてしまいました。


(4)有機EL

 ファインダーに投影される情報が,従来のLEDから有機ELに変わったそうです。このくらいのサイズの有機ELには十分は実績もあるし,実用上のデメリットはほとんどないのですが,個人的にはやっぱり寿命が短いことと,湿気による劣化の恐れがあることが心配で,LEDを使ったD800の方が安心して使えると思っています。


(5)LCD

 背面LCDはさらに高画質化したようです。従来の92万画素から120万画素に向上し,しかもRGBに加えてWまで加わったもので,これはかなり良くなったのではないでしょうか。

 そもそもD800は,発売直後に色がおかしいと散々クレームがついたカメラで,サービス対応で色の調整が行われるに至った程です。私は背面LCDに最初から期待していなかったので全然気にしていませんでしたが,ここまでよいLCDが搭載されるなら,もっと積極的に使って見ようかなと思わせます。


(6)電子先幕シャッター

 とうとうこれが搭載される時代が来たか,と感慨深いものがあるのですが,電子シャッターを先幕だけにしておくと,メリットは大きく,デメリットはほとんどありません。

 D810での電子先幕シャッターは,シャッターによる振動を減らしてブレを押さえるという,高画素機ならではの目的で搭載されたものですが,つまるところD800でもシャッターによるブレを押さえ込めていないはずということになってしまい,3600万画素を完璧に使い切れていないという話になるわけです。

 どのみち,手持ちであれば,シャッターはおろか,ミラーショックでさえも誤差となるほど,手ぶれの影響が大きいですから,そこは使い道の違いなんだろうと思いますが,この機能がライブビュー時にしか使えない事を考えると,ライブビューで撮影する(つまりミラーレスでよいという)理由が1つ増えるということになるのでしょうか。


(7)現像ソフト

 D800はCaptureNX2で現像可能なのですが,D810は不可能になるそうです。CaptureNX2の後継であるCaptureNX-Dで現像して下さいという話らしいですが,NX-Dはフリーになるとはいえ,NX2とは大きく異なるものです。

 一番大きいのは,NX2で使えたコントロールポイントが使えなくなることです。これはNIKの技術が使われているのですが,NIKが買収されたことでNX-Dには使う事が出来ないのでしょう。

 NX2の操作系はコントールポイントを軸にしたもので,慣れれば意のままに画像を調整出来る優れものでしたが,あまりに特徴的なものだっただけに,他のソフトへ簡単には移行できないんですね。

 私はNX2が高速で動作するマシンを持っておらず,その操作性の素晴らしさは認めていたものの,レスポンスが悪くて使わなくなりましたし,もっといえば他のカメラのRAWを現像するのに,結局他のソフトを使うことになってしまうので,NX2に慣れる前にLightroomへ移行する事にしました。だから,D810でNX2が使えなくなる問題は些細なことなのですが,NX2を愛用する人にとっては,D800からの買い換えを踏みとどまらせるほどインパクトがあるようです。


 てな感じです。

 D810いいなあ,かなり欲しいなあ,と思っていた私を,今一歩のところで踏みとどまらせたのは,やはりあのレリーズタイムラグの悪化です。僅かではなく,10msも遅くなるのは,もう普通にバレるレベルでしょう。いくら連写に強くなっても,これが悪くなっていることは,無視できません。

 また,D800Eなら買い換えたかも知れません。しかし私はローパスフィルタ信者です。おそらく3600万画素機でローパスフィルタを搭載するカメラは,D800が最初で最後になるでしょう。その意味で無印のD800が分類上貴重な存在になっているわけで,これを手放すときにはそれなりの覚悟が必要になるんじゃないかと思います。

 そもそも,D800に不満をちっとも感じていませんし,まだまだ使いこなしが出来ていません。もっと素晴らしい写真が撮れるはず。今のレベルでD810へ買い換えても,またカメラに振り回されるだけと思って,D800で精進したいと思います。

Q7に対する誤解

 先日,PENTAX Q7のレビューを書きましたが,200枚ほど撮影した後,ようやく先日Lightroomで現像するというワークフローにのせることが出来ました。

 で,驚いたのは,その画像の素性の良さです。

 先日の印象では,画質は2014年レベルにはほど遠く,過度な期待は禁物と思っていました。Qに比べてQ7はセンササイズが一回り大きくなっただけで,高感度特性も実質的に向上していないし,やっぱりレンズ交換式のコンデジの域を超えていないという結論に至り,むしろそのレンズ交換を楽しむデジカメだと考えたのです。

 しかし,Lightroomで画像を開いた私は,大幅に進化した画質を見る事になります。思わず「いやー良く写るなあ」と声を漏らしてしまいました。

 この画質の良さは,2つの意味があると思っています。1つはQ7というボディの画質向上,もう1つはレンズの良さです。

 まずボディですが,ノイズの量から言えば,確かにQ7の方がノイズは少ないのですが,それでもISO3200は厳しく,ISO1600が常用範囲だと思います。この点でQとの違いはやっぱりないと思いますが,実際に現像をしていて思ったのは,色情報がしっかり残っていることと,コントラストをきちんととらえていることでしょう。

 ISO1600の場合,Qなら色が落ちてしまい,いかにも高感度で撮りました,と言うかすれた印象になります。コントラストも低下していますから,もう階調が破綻しているんですね。だから調整をしようにも手出しが出来ません。

 しかしこれがQ7だと,色もしっかり残っているし,コントラストも十分です。階調が破綻していませんから,調整もまだまだ可能です。この差は実に大きく,Qならもう遊びと割り切らないと行けないものでも,Q7なら記録として残す価値のあるものになるわけです。人の肌の局面の滑らかな階調をすべて残せているとはいいませんが,ISO1600でここまで残せるなら,現像もやる気が出てくるというものです。

 それと,この傾向はISO2500くらいまでなら踏みとどまってくれる感じがあります。さすがにISO3200では駄目ですが,緊急避難的にISO2500くらいまでなら,まだなんとか救えるということがわかったので,これは大きな収穫でした。

 色に関して思うのは,ホワイトバランスが優秀になったということでしょうか。ホワイトバランスの進化は各社本当に実感します。15年前のデジカメはもうボロボロでした。D2Hもよく外すので太陽光に固定していましたが,この話はK10Dでもそうでした。Qも良くなったとは言え,やっぱり外すことが多くて,ホワイトバランスの確認は現像時の必須事項でした。

 ですが,D800,GR,そしてQ7と,もうオートで十分です。というより,オートが一番良いです。現像時にホワイトバランスを調整しないで済むというのは本当に楽が出来て助かりますし,なによりサムネールとして使うJPEG画像で正しいホワイトバランスが得られていることは,その写真に対する印象を正しく持つためにも必要なことです。

 現像の前に,もしかすると面白い事になるかもなあと思いついて,Kマウントアダプターを引っ張り出してきました。Qでは結局使い物にならなかったのですが,Q7なら案外使えるかもと閃いたのです。

ファイル 699-1.jpg

 この写真は,先の日曜日のお昼に,近所の庭に咲いているアジサイを,自宅の窓から撮影したものです。Q7にFA77mmF1.8Ltdで,ISO800,1/320秒,絞りは忘れましたがおそらくF5.6かF4だったと思います。35mm換算で324mmの望遠ですが,手持ちでここまで撮れるんですから,面白いです。

 実はこのアダプターを使うと,1段ほどオーバーになります。これで白く飛んでしまうのですが,現像時に露光を-1.0すると,なんとか階調が戻ってきます。色を見てみるとアジサイの淡い青が残っていて,葉の緑色と古びたコンクリートのグレーが綺麗だったので,六つ切りに伸ばしました。

 その際に,ざっくりとトリミングをして縦にしたのですが,もともと2200x1700くらいの画像だったものを,ここでは1/4に縮小してあります。

 もともと設計の古い銀塩用のレンズですから,画像が眠いのは致し方なく,それは最近のレンズやカメラの流行に乗っていないと思うのですが,それでもFA77mmの持つ滑らかさや視線の優しさは,私は十分残っていると思っています。センサも小さいし,トリミングをしておいて,残っているFA77mmの個性などごく僅かだとは思いますが,ただのオールドレンズの眠い画像とは,ぱっと見の印象が違っていると私は唸ってしまいました。

 そもそもQが遊びのカメラ,マウントアダプタもお遊び,そしてFA77mmという古い設計のレンズとくれば,もう結果は実用性など微塵もない,趣味性の強いものになってしまいそうです。しかし,私はこの結果を六つ切りに伸ばしてみようと思うくらいの実用性を感じました。
 

 さて,もう1つのレンズの良さです。

 本体がこれほど改善しているから,レンズの良さが見えてきたという側面もあるのでしょうが,特に06と08の2つの画質が際立って良いのです。もう絶賛です。

 06はさすが通しF2.8の望遠ズームといった当たり前の使い勝手ですが,出てくる画像はキレもあり,豊かな階調もあり,色もこってりとのっていて,暖色系の色再現性に長けているような印象を持ちました。開放から使っても破綻せず,使っていて楽しいレンズです。

 一方の08ですが,これはもうすごいです。35mm換算で18mmという超広角で,なにも考えずにレンズを向けると,余計なものがいっぱい映り込んでしまうのですが,その映り込んだ余計なものの写りがよくて,思わずニヤニヤしてしまうのです。

 解像度も透明感もあるし,いわゆるアンシャープマスクで作ったエッジとは違って,ちゃんと色も乗っています。超広角ですからディストーションはありますが,周辺光量の低下もなければ,中心と周辺との解像度の差も小さく,色収差も含めた様々な収差も良く補正されて,ほとんど気になりません。

 さすがにちょっとフレアが出たりしますが,このレンズは寒色系の色再現性に長けているような印象で,特に空や木の葉が美しく出ます。

 そして,なにがすごいって,このレンズはほとんど補正がいらないのです。06では,Lightroomでもレンズプロファイルが用意されて,RAWからの現像時にはこれを適用しないと,ちょっと辛いものがありました。しかし,08はレンズプロファイルが用意されていません。

 そのうち出るんじゃないかと思っていましたが,実は必要性がないんじゃないかとも思っています。RAWから現像するのに,レンズプロファイルなしで,もう十分な画像が出ているからです。

 JPEGと見比べて見ましたが,ほとんど見分けがつきません。つまり,08は本体でも補正をあまり積極的にはかけていないということです。01は補正が前提,06も補正をしないと辛いものだったわけですが,ここへきて08は補正無しでも十分な性能を持つ,ともすればQマウントシステムの設計思想(すべての収差を光学的に平均的に潰すのではなく,光学補正で潰せる収差を徹底的に潰して,副作用をデジタル補正で補正するという,レンズ補正が前提という考え方)の根幹を揺るがしかねない,超高性能レンズなわけです。

 確かに,08の値段はQ7本体よりもずっと高価です。この価格が故に購入を断念した声もちらほらあったと記憶していますが,ここまでの性能を見せつけられると,特にQ7のオーナーは,借金してでも買えと,言いたいくらいです。それくらい,Q7とはベストマッチです。

 ところで,一緒についてきた(というと可愛そうですが)02ですが,さすがに標準ズームだけあって,画角は使いやすい(35mm換算で24-70ですからね)のですが,評判通り,画質は今一歩な感じです。いや,決して悪いわけではないのですが,やっぱり眠いというか,キレがないというか,今一歩感が画像から滲んででてくる感じなのです。

 もっとも,06と08の列びで02を見ていますから,特にそういう気分にさせられるのでしょうけど,これが06だったら,あるいは08だったらなあと,思うことがしばしばありました。やっぱり,02のプレミアムバージョンが欲しいです。Q7の後継や上位機種が出るとしたら,24-70のF2.8通しズームが出ないと,ちょうどここだけ欠落した感じになってしまいます。この穴は大きいです。


 ということで,Q7を私は見くびっていました。あちこちでみた作例も,撮って出しのJPEGで本体が加工に加工を重ねた,原形をとどめない画像だと思っていたのですが,さにあらん。RAWデータの質がもうQとは別次元で,たくさんの情報がそこには眠っています。現像でいじることの出来る範囲は大きく広がり,多少の無理も利くようになっています。

 これに06や08を組み合わせれば,Q7は本当に懐の深い画像を吐き出してくれます。見た目のかわいらしさ,面白さに惑わされると損をしますね。良く出来たカメラだと感心しました。

 さて,こうなってくると,Qシステムの今後が気になります。直接関係する話としてはレンズですが,予定に入っているのはマクロレンズでしょう。まあ,Q7でマクロレンズってどれだけの需要があるのかなと思う所もありますが,マクロレンズは解像度が命です。ポートレートにも使いやすい画角で出てくる事も考えると,どんなレンズになるのか楽しみです。

 あとは,やっぱり標準ズームに高画質なものが欲しいですよね。02の立ち位置が微妙になりますが,24-70のF2.8通しは,もう絶対に必要です。
 
 マクロでしょ,標準ズームでしょ,もうこれで最低限のラインナップは揃ったわけですが,ここにあえて加えるなら,大口径の標準レンズと,パンケーキでしょうか。35mm換算で35mmのF1.4とか,50mmのF1.2とか,大きな前玉が(それでもフィルタ口径は49mmだったりするんですが)ギラギラしてたりすると,もうたまりません。

 パンケーキも,そうですね,PENTAX伝統の40mmでF2.8で,厚みは12mm-13mmくらいがいいですね。グリップとツライチになるくらいの厚みがちょうど良くて,ちゃんとAFがきいて,レンズシャッターがついているものがあるといいかなと思います。

 今の01はちょっと分厚すぎますし,F1.9という明るさが中途半端で難しいです。かといって07は単レンズだし,パンフォーカスだし,トイレンズとしてはありかもしれませんが,あれを常用して貴重なシャッターチャンスを待ち受ける勇気は,ありません。

 まあ,レンズはそんなもんですが,あとはボディです。これだけレンズの性能が高いのですから,ボディにももっと期待したいところです。Qの画像を見て,もうQはこの路線でいくんだろうなと思っていましたが,Q7の画像は,カメラとしての本質を今後も追いかけていくだけの素質を,垣間見せてくれました。

 PENTAXの命名ルールからいくと,7はフラッグシップ機で,その後継は5,そして3に続きます。きっとQ5は出るでしょうし,Q3も続くかも知れません。名機で知られたK-5に続き,Q5も名機であることを望みたいところです。

 ところで,QからQ7への進化は,センササイズの変更という,まさかの飛び道具によって成された部分が大きいわけですが,イメージサークルの大きさからいって,これ以上のセンササイズに拡大する事は出来そうにありません。

 ということは,Q5になって進化するのは,センサで言うと画素数のアップ,高感度特性の向上,そしてダイナミックレンジの拡大という,正常進化になるはずです。

 このうち,画素数のアップに対して高感度特性とダイナミックレンジの2つは,両立が難しい問題です。Q7の画素ピッチはすでに1.9umまで小さくなっています。GRはAPS-Cで1600万画素ですが,これならさすがに画素ピッチは4.8umありますし,K-3のような2400万画素になっても3.9umあります。D800はフルサイズで3600万画素なので3.9umということで,さすがに大型センサはしっかり画素ピッチが確保できるのがわかります。

 これが,例えばNikon1J3のような1インチになると2.9umまで小さくなりますが,それでも2umを割ることはありません。2umを割るのは,もうコンパクトカメラの世界なのです。逆にびっくりするのは,iPhone5SとPENTAX Q10の画素ピッチが同じなんですね。
 
 こういう状況を踏まえると,画素数アップはかなり厳しいなあと思います。もちろん,画素数が上がることで得られるメリットは大きいですから,頭から否定するつもりもありませんが,画素数が1600万画素になって画素ピッチがQ10並になっても,あんまりうれしくないですよね。2400万画素になって,画素ピッチが1um近くなったら,それまで出来ていたことが出来なくなったりしますよね。

 かといって,画素数を減らすという選択肢は,今さら出来ないでしょう。そうすると,もう1/1.7のセンササイズ,1200万画素で,ひたすら高画質化をするしか,ないでしょう。しかし,プレミアムコンパクトカメラのセンササイズがAPS-Cに移行するに至って,1/1.7はもう性能的な要求の低い,普及価格帯のセンサになってしまうでしょう。

 そうすると,画像処理エンジンの高性能化によって高画質化することになりますが,これも結局撮って出しのJPEGで有利になる話ですから,私のようなRAWで使う人には,難しいなあと思います。

 ちょっと視点を変えて,センサのアスペクト比を変えてみたらどうでしょうか。今は4:3のセンサで,実はイメージサークルが目一杯生かせるのですが,これが3:2になると,どんな風になるかなあと思ったりしました。

 が,冷静に考えると,4:3のセンサを3:2でクロップするのと同じですね。それならQ7で出来ています。(そうそう,QはRAWデータにクロップデータが入っていませんが,Q7はクロップデータが埋め込まれているので,3:2で撮影すればJPEGだけではなく,RAWでも3:2で自動でクロップされるんですね。小さな違いですがちょっとうれしい機能です)

 そんな中で,Q5はまず,全体のレスポンスを向上させて,2014年レベルのサクサク感を実現せねばなりません。メモリカードへの書き込みも高速化しないといけないし,撮影画像のプレビューも今は時間がかかりすぎです。待たされることが多いQ7は,まだまだこの点で伸びしろがあります。

 高感度については,ISO3200が常用域,ISO6400までが緊急用,それ以上は画像処理と組み合わせてISO25600までという感じがボトムラインでしょう。

 LCDは,色,明るさ,画素数と,もっともっと進化しないといけません。バッテリーの持ちも悪いので,低消費電力化もテーマになりますね。

 それとぜひお願いしたいのが,薄型化です。ボディの厚みが結構あるので,これをもう2mmほど薄くすれば,持ちやすく,また格好良くなるはずです。

 Kマウントアダプタをもっと主役に引っ張り出して欲しいというのも感じる事です。デザイン上の統一感,持ちやすさの向上もそうですし,いちいち焦点距離を入力するのも面倒なので,いくつかプリセットして選ぶようにする仕組みとか,手ぶれ補正をもっと強くかかるようにして,500mmオーバーでも手持ちOKとか,とにかくこのマウントアダプタをもっと使えるようなボディにして欲しいです。

 うーん・・・無理にQ7から買い換える必要性って薄くなってきてますよね。だったら,Q7とQ5は併売とし,Q5はストイックな全金属超小型モデルとして登場しても面白いかも知れません。縦グリップも付属,バッテリーは2個内蔵できたりして,大口径のKマウントレンズにも見た目に負けないカメラになると,面白いなあと思います。

クラシックデジカメ温故知新

 先日,ふとD2HとK10Dが懐かしくなり,防湿庫から取り出してみました。電池も再充電して手にとってみました。

 正直なところ,K10Dはあまり楽しくなかったのですぐに使うのをやめたのですが,D2Hはやっぱりテンションの上がるカメラです。

 最初は小さいLCDと押しにくい十字キーに閉口し,縦位置のAF-ONボタンの押しにくさに戸惑って,数えるほどしかないAFの測距点にため息をついては,やっぱり新しいカメラはよいものだなと思ったのですが,実際に撮影を始めてみるとすぐに慣れてきました。

 D800が来る前はD2Hが主力機だったわけで,慣れるもなにもないという気はしますが,ちょっと手の届くところに置いておくと,やっぱりいいなあと思うこともしばしばです。

 例えば筋肉質のボディ。D800にバッテリーグリップを付けたものより小振りなのですが,D2Hはカメラの底部(ちょうど顎のようになっているところ)の高さが小さいので,ちょうど左右の手のひらでホールドできる部分に来ます。特に左手の手のひらにしっかり乗る感覚は抜群で,トータルでデザインされたプロ用機と,バッテリーグリップを取り付けなければならないカメラとの差を強く感じます。

 8コマ/秒の連写速度もさすがとしか言いようがなく,パラパラというシャッター音を聞けば,もっとシャッターを切りたいと思うようになります。この感覚は昔から変わりません。

 AFの測距点の少なさはAFロックをしてから構図を決めればいいだけですし,メモリカードの遅さ(なんとマイクロドライブです)も,たかだか400万画素ですから気になりません。LCDの小ささと発色の悪さだって,構図を確認するだけと割り切ればよいですし,そもそもRAWで撮影するのが前提のカメラなのですから,撮影時にきちんと確認出来る必要もありません。

 よく考えてみると,AF-S50mmF1.8Gやシグマの35mmF1.4といった新しい世代のレンズは,D2Hで使った事がないのです。50mmなら75mm相当で中望遠ですし,35mmなら50mm相当ですから,開放F1.4のカリカリ標準レンズという未知のレンズになります。
 
 400万画素という低画素機で,こうしたレンズの違いがどれくらい出るかを試す目的もあって,2日ほど撮影してみました。レスポンスはよく,撮影も楽しく出来るのは間違いないです。

 しかし,心配なのは,やはり最終的な画質です。いくらRAWとはいえ,1枚1枚手作業で調整をするのも骨が折れますし,そうしないと満足な画質にならないというなら,やはりD2Hは使えないカメラになります。D2Hが主力だった頃は,ホワイトバランスも1枚1枚,グレー点を探して合わせていたんですよね。

 しかし,これも冷静に考えてみると,D2HのRAWをLightroom5で現像するのは,初めてなんですね。

 まず,プロファイルをいろいろ試して見ます。Adobe Standardはちょっと赤が沈むので私はあまり好きではありません。階調も深く,陰影が付きがちなので,被写体が子供の場合にはあまりかわいらしく撮影出来ません。

 一通り試して見ると,Camera Portraitがなかなか良さそうです。そしてさらにレンズプロファイルでレンズの補正をかけます。

 最後にホワイトバランスの調整です。かつてのようにグレー点を探すのも良いのですが,Lightroom5になって良くなったと個人的に思っているのが,ホワイトバランスの自動設定です。

 かなり自然に,思ったようなホワイトバランスになってくれます。印刷したときの色の転びも少ない印象ですし,下手に自分でいじくるよりは,よい結果が出てくるように思っています。

 もしかすると,Lightroom4からなにも変わっていないかも知れませんが,以前は自動では全然駄目だったのに,Lightroom5なら大丈夫になったというのは事実で,私は今は信頼を置いています。

 D2Hは高感度撮影が全然だめですので,ISO400までがせいぜいです。しかし,ISO400で撮影してちゃんと調整すると,適度なノイズを残して現像されるのです。この適度というのが結構ミソで,ちょっと言い過ぎかも知れませんが,まるでフィルムのような粒状感で,不規則で粒が細かく,まるで点描で描いたようなぼやけた背景が,F1.4開放のレンズの性能の高さと相まって,実に望ましい画像になって出てきます。

 400万画素は確かに低画素ですが,2Lくらいまでなら全然大丈夫ですし,6つ切りでもいけるんじゃないでしょうか。少なくとも,まずは葉書サイズで印刷して楽しんでいる私には,これで不満はありません。

 D2Hをこうして見直した私ですが,大事な事は2つあって,1つは現像ソフトが進化すれば新しい画質に生まれ変わる可能性があるということ,もう1つはやっぱりカメラはレンズなんだということです。

 前者は,10年ほど前からずっと思っていたことですが,ハードウェアが進化して計算能力が向上し,これを活用して新しいアルゴリズムの画像処理が実現することで,当時では考えられなかった高画質が得られるようになる可能性があると私は考えていました。だから画像データはRAWで出来るだけ残すようにしていたのです。

 古いRAWを最新のソフトで現像して高画質化するという話ではありませんが,古いカメラでも画像処理を最新にすることで,ここまで使い物になるカメラに甦るというのは,うれしい話です。

 古いデジカメはセンサを交換することが出来ませんから,フィルム時代のカメラがフィルムを最新にすることで高画質になっていくということとは違う話かも知れませんが,かつてのフィルムが画像処理の一部を内在していたと考えると,現像ソフトが最新になることで今どきの画質に生まれ変わるというのは,そろそろ「クラシックデジカメ」が出てきてもおかしくない昨今において,新しい楽しみ方になるような気がしてなりません。

 そして,結局レンズだという事実です。例えば,ニコンDfというオールドレンズでの使用を考慮したデジカメは1600万画素です。これ以上あっても良くないし,これ以下でも良くないというバランスを取った結果なんだと思いますが,私もこの画素数には共感するものがあります。

 これに比べると400万画素というのは,あまりに少ないです。印刷時の画素数としては十分だとしても,レンズの個性を取り込むには少ないと,誰もが思うことでしょう。

 しかしこれがまた不思議なことに,レンズの個性は,画素数の大小にだけで取り込めるかどうかが決まるようにも思えないのです。ある程度の画素数は必要でしょうが,同じ400万画素でもレンズの差が分かるカメラと,分からないカメラがあるのです。

 D2Hは昔から,画素数以上の解像感を持つといわれたカメラでした。解像感とはまたなんといい加減な言葉かと思いますが,本来なら空間周波数をサンプリングしたことで確実に落ちる周波数もあるはずだし,量子化によって落ちるコントラストもあるはずですから,デジタル機器が,デジタルによって課せられる制約を超えることは絶対にありません。

 それでも,私はD800を主力機に据えると思います。どんな被写体でもそうですが,その一瞬をとらえたデータは,資産であり財産です。その情報量は,出来るだけ多い方が望ましいのですが,これは今使わないから将来も使わないとは限らないからです。

 事実,D2HはRAWでデータを残すことで,最新の画像処理を行うことが出来ます。D800も,将来最新の画像処理を行うことで,見違えるような画像を手に入れるかも知れません。画素数は単純に情報量です。可能な限り多くの情報を残す事が,そのデータの将来的価値を決めるように思います。

 さてさて,さっき楽しくなかったと書いたK10Dですが,これは1000万画素で実用性もあります。レンズもFA43mmLtdなどよいものがあるので,本当ならD2Hよりもずっと使い物になるはずなのですが,嫌だなと思ったのはやっぱりカメラとしてのキレの悪さでした。

 レリーズからシャッターが落ちるまでの時間の長さ,シャッターのキレの悪さ,メモリカードへの書き込みの遅さによって画像の確認まで随分と待たされるテンポの悪さが,しんどいのです。

 つくづく,カメラとしての完成度の高さが重要だと思いました。

 うーん,そうするとK10Dこそ買い換え対象なのかな・・・K-3か・・・

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed