エントリー

カテゴリー「カメラに関する濃いはなし」の検索結果は以下のとおりです。

ES2はようやく修理完了宣言

 1月末にSMC Takumar28mm/F3.5を手に入れて速攻で壊し修理を行った話を書きましたが,この時久々にES2を引っ張り出してテスト撮影をしました。この時,再調整が面倒で露出計が1.5段くらいずれているまま放置してあったことを思い出しました。

 ネガで撮影すればこのくらいのズレはカバーできますし,そもそも平均測光ですからあまり精度を上げても意味がありません。それに,どうしても気になるというのであれば,感度を1.5段ほどずらしてやればよいだけの話なので,せっかく開放測光と絞り込み測光とメーター指示の3つが一致し,しかもリニアリティもほぼ補正できている現状を壊してしまうリスクを考えて,下手に手を出さないことにしたのでした。

 しかし,28mmのテスト撮影を行っていると,やっぱり気持ちが悪いです。手ぶれの目安でシャッター速度はいつも確認をしていますが,例えば50mmレンズで1/30秒と1/15秒では大違いです。

 感度を調整すると,露出補正で補正できない場合が出てくることも(実用上はそんなことは滅多に起きないが)やはり気になります。

 よって,ここで一発,なんとか追い込んでみようと考えたのが1月22日でした。

 いつも書くことですが,ES2で測光関係の調整を行う場合,複数の半固定抵抗をあわせる必要があります。開放測光のシャッター速度,絞り込み測光のシャッター速度,そしてメーター指示の3つが別々になっています。その上CdSのリニアリティ補正のために,高輝度と低輝度の2箇所で調整が必要です。(絞り込み測光は1箇所だけです。ついでに言うと基板のバージョンによって違うようです。)

 サービスマニュアルにある調整手順に従って半固定抵抗を回していくのですが,やはり微妙にバランスが狂ってくるのがわかります。そこで,AutoSpeedLargelyというラフに調整する抵抗を試しに回してみると,3つの状態が一度に変わってくれます。

 グレイカードを使ってずれている1.5段を修正すると,シャッター速度もメーター指示も大体0.5段以内に収まってくれています。

 ただ,折れ線で近似したリニアリティ補正もそのままシフトされてしまうので,高輝度側か低輝度側で大きなズレを生む可能性が高いと思います。

 案外さくっと終わってしまった調整に拍子抜けしながら,その週末にテスト撮影し,先日現像が終わりました。

 結果は上々でした。

 グレイカードを使ってメーター指示が適性になることは確認済みで,またこのメーター指示の通りのシャッター速度が出ていることも確認済みです。

 オートとメカシャッターのマニュアルを交互に撮影,続けて絞り込み測光で撮影を行ってコマ間の露出のバラツキを確認してみましたが,ほぼ揃っています。絞り込み測光で0.5段ほどオーバーになる傾向がありますが,これはやむなしですね。

 スローシャッターは被写体を変えないとダメだったのですが,こちらも露出のバラツキはありません。ざっと36コマ眺めてみると,あまりの揃いっぷりにES2での撮影かどうかを疑いたくなるほどです。

 平均測光ですから,適性露出になっているかどうかはあやしいもので,スキャンすると色が転んだりしていますが,それでも飛んだりつぶれたりするほどの失敗もなく,十分使えるレベルでしょう。

 心配していたリニアリティですが,高輝度側で0.5段ほどアンダーになる傾向が開放と絞り込み両方に見られました。しかし,それも大した問題ではないと思っています。

 ということで,一応ES2は調整も収束し,実用レベルになりました。コマ間隔のバラツキもほとんどなく,とても綺麗にコマが並んでいます。シャッター幕の狂いによる露出ムラもなさそうです。メカシャッターと電子シャッターの差も小さく,また電子シャッターは同じ被写体をどんな絞りでも同じ明るさで露光してくれます。

 随分長い時間かかりましたが,ようやく,ES2は修理完了を宣言できそうです。

 これを記念し,アメリカのサービスマニュアル販売業者から,ES2のサービスマニュアルのリプリントを買うことにしました。円高でもあることですし,きちんとしたものを1冊持っておくことは,このES2を末永く使うために必要なものでしょう。

 先日後玉を交換する羽目になってしまったSMC Takumar28mm/F3.5もなかなかいい写りをしています。一方でSMC Takumar50mm/F1.4は組み立てに失敗しているのか,ボケがグルグルと回っていて,とても猥雑な印象です。F5.6くらいまで絞るとシャキッといい感じになるのですが,開放だとちょっとしんどいなあという印象です。他の方の作例を見る限りこんなボケにはなっていないので,やっぱり私の個体の問題でしょう。

さようならセンチュリア

 激安カラーフィルムとして私のようなカメラ修理趣味人を支えた「センチュリア」シリーズが,とうとう生産終了になったようです。

 元々コニカのフィルムだったわけですが,どういうわけだかコニカのフィルムには1本100円台で売られる激安フィルムがありました。使い捨てカメラ(という表現は適切ではないのですが)に使われるフィルムだったこともあるでしょうし,もしかするとフィルムそのものではなく,現像と引き延ばしで儲けるシステムが出来上がっていたのが理由だったのかもしれないのですが,36枚撮りのフィルムを1本現像に出すと,軽く1000円を超えた過去を思い出すと,写真というのは金のかかる趣味だったんだなあとつくづく思います。

 思う存分シャッターを切りたい私は当然モノクロフィルムを自家現像していたわけですが,実は自家現像でカラーフィルムを処理することが全く難しいものではなく,またコストもかからないものであると知り,今は完全にカラーに切り替えてしまいました。

 そうしたトータルコストの引き下げに大きく貢献したのが,コニカのセンチュリアでしたが,特にセンチュリアスーパーのISO200の発色は「これが激安でいいのかよ」と思うほど豊かで優しく,シャッター速度やレンズの確認のためのテスト撮影に使うのが惜しいくらいでした。また,ISO200という適当な感度が大変便利で,D2Hの標準感度がISO200だったりするので,私はすっかりISO200で光を読む人になっています。

 小西六からコニカに代わり,ミノルタと合併した名門はコニカミノルタとなりました。共に日本の写真文化を支えた会社が選んだ道は写真関連事業からの撤退でした。フィルムは言うまでもなくカメラからも撤退し,コニカミノルタはすでに私の中では「倒産」した会社と同じ扱いです。

 しかし,もっとも厳しく,今後も険しいはずのフィルム事業を手に入れた会社が大日本印刷で,果たしてセンチュリアという名前は残り,そして激安販売の対象という役回りさえ引き継がれてきました。

 あれから4年,実はコダックのOEMで発色も粒状性も全然違うフィルムになってしまったセンチュリアですが,私はいつでも欲しいときに手に入る安いフィルムに安堵していました。しかし,それももう終わりです。

 F100を手に入れた矢先の話でとても残念で仕方がないのですが,買い支えるという行為に及ばなかった私にもそれなりの原因はあるかも知れません。

 センチュリアスーパーのISO200については30本ほど冷凍してありますし,かつてダイソーで売られていた100円のコダックのフィルムも備蓄があるので,今すぐピンチになるわけではありませんが,フィルムは生もの,やっぱり欲しいときに買えないことは,辛いところです。

 私の写真史にとって,この日は大きな転換点になると思います。フィルムがなくなったわけではありませんが,貴重品になったことは,もはやフィルムが特別な存在となり,使うことは贅沢な行為に変わります。

 私はフィルム至上主義の人ではないので,感情的な寂しさはありません。高価なフィルムには高価なりの性能の良さがあります。安いフィルムはディジタルで取って代わられるのが宿命でしょう。ディジタルでは代替不可能な領域でのみフィルムが生き残るという簡単な予測は,時間軸はともかくとして現実になろうとしています。

ないものは自分で作れ

 さて,先日F100に関する改造を考えていたと書いたのですが,先に書いておきますと本体そのものには手を出しません。ご安心下さい。

 改造は,電池ケースです。

 ピンと来た人も多いと思います。F100は基本は単三電池4本ですが,低温環境の性能維持と軽量化のために,CR123Aを2本使う電池ケースが別売りで用意されていました。MS-13という形式のもので,F100ユーザーには必須のオプションと言われていたにもかかわらず,数年前に生産中止,今はほとんど手に入らなくなっています。

 F6ではCR123Aは標準になっていますし,F70Dもそうです。F100でなぜ単三電池になったのか,わざわざオプションでCR123Aに対応した理由は知りませんが,どっちにしても私は単三電池のずっしりとした重さが嫌いです。液漏れはするし当たり外れはあるし自己放電も大きいし,搭載機器が重くなるのは仕方がないとして,電池を買うときも重い想いをするのはバカらしい,とわがまま言い放題なのですが,こればかりは好みの問題ですのでやむを得ません。もし,従来の2/3程の重さの乾電池が売り出されたら,私はそれを選んで買うでしょうね。

 てことで,MS-13をちょっと探してみたところ,もはや入手は絶望的。オークションでもあまり出品されなくなっているようで,競争率も高そうです。それでF100にはエネループを使おうかと思っていた私ですが,いやまてよ,電池ケースを改造してリチウム電池に対応させればいいんじゃないか,と思いついてしまったから大変です。

 早速調べて見ると単三電池用の電池ケースは今でも普通に売られていることを知りました。

 新宿のヨドバシでMS-12と呼ばれるその電池ケースを1500円という安価な価格で手に入れると,こちらを保存用に確保し,これまで付いていた方をリチウム電池に対応させるべく,改造に入ります。

 単三電池の直径は案外小さく,最大14.5mmです。CR123Aは17.0mmもあるので,これを押し込もうとするとかなり大がかりな改造が必要になりそうです。さらに幸か不幸か私の手元には,いつもCR123Aと間違えてついつい買ってきてしまうCR2がゴロゴロしていますので,これを使ってみることにします。

 CR2の直径は15.6mm。それでも単三電池より1mmも大きいので,無改造では入りそうにありません。気になったのはCR123AとCR2の特性の違いですが,どちらも最大負荷が200mA程度で一応使えそうです。その代わり容量がCR2が随分小さく,CR123Aが1400mAhあるのに対しCR2はわずか850mAhしかありません。これは単純に2/3以下の電池寿命しかないということを示しています。

 重量はCR123Aが2本で34gなのに対しCR2は2本で22gしかありませんのでさらに12gも軽量化されますが,改造用の部品が数グラム上乗せになるので,純正電池ケースとCR123Aの組み合わせとトントンでしょう。

 つまるところ,手に入らないものと比べても仕方がないので,さっさと作業に入ります。

 まず,4つある電池室のうちどれを使うかを見極めます。電極の構造などからこれだ,という場所を選んだつもりで作業を進めていましたが,そもそもF100側に電池が入ってくれません。電池ケースをどれだけ削っても本体に裸で電池が入らない部屋は,どう考えても選択ミスですね。

 気を取り直してもう一度検討します。ここだという場所を選び,大胆にデザインナイフで削っていきます。肉厚が薄くなり確実に耐久性が落ちていくので,これは本気の撮影では使えないなあと感じた次第です。

 大いに削って電池をおさめ,F100本体に差し込んでみると,やっぱりまだどこかに触っている感じがします。さらにさらに削って,ようやくスムーズに電池が入るようになりました。

 次はCR2の長さを延長して単三電池と同じ長さにするスペーサです。ここには,加工しやすく絶縁性も高い材料として,ホットボンドのスティックを使う事にしました。

 F100と接触するマイナスの端子は0.5mm厚のリン青銅板をあてがいます。現物にあわせて長さを調整したスティックの端っこに,銅箔テープを貼り付けたりして電気的な接続を確保します。

 そして最後に,元々の電池ケースの配線を利用しながら,電気的に接続して完成です。ちゃんと6Vが出ていることを確認したら,F100に装填します。

ファイル 260-1.jpg

 お,液晶に表示が出て,スイッチを入れると電池の残量表示も満タンです。AFもこぎ見よく動きますし,連写も出来ます。一応完成ですね。

 確実に軽くなっているのですが,F100に組み込んでみると案外軽くは感じません。単三電池の時にも重いなあという印象が希薄でしたし,この点は少々期待はずれです。でも持った感じの重量バランスが変わって,重心の位置も変化したことは明らかに分かります,

 なにせ電池寿命が4割も減りますから,注意をしないといけませんし,最終的なコストパフォーマンスは悪いと思います。ちなみにCR123Aを2本使った場合の電池寿命は,ニコンによると常温で約20本。これの0.6倍ですので12本ですか・・・

 単三電池4本だと40本ということですが,今のアルカリ電池というのは2800mAhくらいはあるでしょう。計算通りですかね。ということは,もしエネループだったら30本くらいでしょうか。

 実売価格でCR123AとCR2は同じです。同じなのに4割も早く減るわけですから,非常に損です。これは他の人にお勧めできるような改造ではないということがはっきりしてしまいました。MS-13を手に入れらなかった難民を救済できるかと思ったのですが残念。

 とりあえず,私は手持ちのCR2を消費するためにこれで使い続けます。右側のグリップが軽くなったことは,やや違和感がありますが,それは純正のMS-13でも同じ事でしょう。空のMS-12は軽いのでこれとあわせて持っていき,CR2が切れてしまったら現地で単三電池を調達するという方法でも問題なさそうです。

 ん?

 そもそも36枚撮りフィルムを12本も使うことって,そんなにあるのか???

SMC Takumar 28mm / F3.5

ファイル 257-1.jpg

 先日,近所の中古カメラ屋に行くと,「Sタクマー28mm/F3.5」と書かれた値札が目に入りました。

 驚いたのは,その程度の良さ。確かに30年以上前のレンズですので使用感はありますが,塗装の剥げもヤケもなく,傷もへこみも見あたりません。さらに,あの角形のメタルフードも付属しています。このフードが新品同様なのです。

 お値段は5800円。うむー,悩む値段です。

 私はすでにSMCタクマーの28mm/F3.5を持っています。相当程度の悪いカビ玉をジャンクで購入し,レンズをばらして磨いて,絞り羽根も分解して粘りを取り,ヘリコイドグリスを入れ替えて,さらに鏡筒は全塗装して使っていました。手間も苦労も厭ずにいられるだけの写りをこのレンズは持っており,意地になって探し手に入れた凹んだ角形フードと一緒に,M42レンズの定番として使っていました。

 別に不満もなく使っていましたが,目の前にある28mm/F3.5の程度の良さにはよだれが出そうです。

 しかし,値札には「Sタクマー」とあります。「SMCタクマー」ではないのです。

 28mm/F3.5に「Sタクマー」があったかどうかは忘れましたが,本当にSuperタクマーだとしたら,ちょっとこれは遠慮したいところです。ES2で開放測光が出来ないばかりか,マルチコーティングされていないレンズでは,おそらくあの28mm/F3.5の写りにはならないだろうと思うからです。

 まあ無駄遣いはしないでおこうかと思ったのですが,一応店員さんに見せてもらって,もし期待はしていないがもしもSMCタクマーなら買おうと考えました。

 はたして,それはSMCタクマーでした。

 しかも,想像以上の程度の良さ。私のレンズはやや黄色がかっているのですが,このレンズは吸い込まれそうな青緑の光りを反射しています。大事に保存されていたんでしょうね。ヘリコイドも適度な堅さですし,絞り羽根も素早く動いてくれます。

 大きな傷もホコリも,もちろんカビもその時は見つからなかったので,迷わず買うことにしました。

 うきうきして自宅に戻り,細かいところを眺めてみたのですが,後玉に白い点が1つあります。最初に見たとき見つからなかったのでゴミだろうと考え,コンコンと叩いたりしたのですが全然動きません。結構大きな点なので放っておくのも気になり,後玉の裏側のようでしたから,さっと分解して取り除くことにしました。

 ところがこれが失敗の始まりだったのです。

 金属の枠をゆるめ,レンズを鏡筒から外すのですが,あまりにぴったり入っており,レンズサッカー吸い付けてもなかなか外すことが出来ません。

 仕方がないので,レンズの縁を少しずつとがったものでこじり,わずかずつ外していきます。いよいよ外れた時にレンズサッカーに吸い付け,裏返して綿棒で拭ってみます。

 ・・・とれない。ホコリではなかったようです。傷?拭っても取れないのだから傷でしょうが,それにしてもどうして裏側にこんな大きな傷が付いているんでしょう。

 事件はその時起きました。サッカーからポロっと外れて,机の上にレンズが転がったのです。

 大慌てでレンズを拾い上げましたが,私は落ちた時の衝撃で縁が欠けてしまったことを知ることになります。もう真っ青です。

 いやいや,多少の欠けなら,レンズを押さえる金属枠で隠れるし,それにフィルム面に届く光がこんな外側ギリギリの所を通るはずがないので,実用上問題ないよ,と平静を装って組み立てることにしました。

 残念な事に,組み立ててみると欠けた部分がかなり大きく,入射角によってはキラキラと輝くこともあります。確かに直接フィルムに届く光線はこの欠けを通らないかも知れませんが,別の角度からやってくる光線が派手に反射し,ゴーストやフレアが出る可能性は大いにあるでしょう。

 この時すでに夜中の3時過ぎ。かなり疲れながら,点光源(LED読書灯)を用意して,乱反射によるゴーストが起きていないか捜します。

 そうすると,ある条件で画面の上から下まで,ど真ん中に一本線がすぱーっと出ることがありました。レンズを回すとその線の傾きも変わります。

 特殊な条件ならいいかと思っていたら,普通に撮影する条件でも,やっぱり出ています。これはもうレンズとしては使い物になりません。

 やってしまいました・・・

 新品なら買い直せばよいでしょう。しかしこれは中古。それも遙か昔に生産を終えたものです。それほど貴重なものではないかも知れませんが,こういうクラシカルなものを集めている人間は,自分だけのことを考えるのではなく,文化財を代表して保護しているという気概を持たねばなりません。(おおげさですが)

 私はカメラファン失格だ・・・そんな風にうなだれながら,なんとか手を考えました。

 1つは,乱反射を防げばいいので,欠けたところを黒い塗料で塗ってしまうことです。これは随分状況を改善したのですが,それでも実レベルにはほど遠い縦線が出てきます。

 やむを得ません。私が元々持っていた28mm/F3.5から移植しましょう。

 そもそもこの新しいレンズの後玉には,大きな白い傷がありました。もう1つのレンズから外した後玉はなかなか綺麗です。

 レンズには研磨の段階でバラツキがあるため,他のレンズをとうまく組み合わせてそのバラツキを相殺するように組み立てます。よって後玉だけ交換しても性能は確実に下がってしまうと思います。

 そうはいっても,使い物にならないのは話になりません。なんとしても寝る前に作業を終わらせようと頑張った結果,交換作業が終わったのが朝の5時。

 翌日に試写をする予定で眠りにつきました。

 翌朝,頭を冷やして考えてみたのですが,久々にレンズの分解を行った私は,大事な教えを忘れていたことに気が付きました。

 分解せずに済むなら,可能な限り分解しないこと。

 軽い気持ちで分解したら,それが取り返しのつかない結果を招いてしまいました。また初心者に後戻り,情けない限りです。

 試写の結果は,現像がまだですが,私の好きな28mmF3.5らしい写真が撮れていることを,祈っていたいと思います。

K10Dにバッテリーグリップ

ファイル 253-1.jpg

 さて,先日中野のフジヤカメラに出かけたことを書きましたが,ここではSuperA以外にもう1つ中古品を買っています。

 K10D用のバッテリーグリップD-BG2です。価格は11500円でした。

 バッテリー(もしくは縦位置)グリップは最近の中級機種には用意されることが増えた定番のオプションですが,これほど好き嫌いのはっきり出るものも珍しいのではないでしょうか。

 私も大昔は否定的でしたが,D2Hを使うようになりカメラを自然に縦位置に構えられることの良さ(つまり縦位置と横位置を同じ感覚で使え区別しないで済むということ)を味わって以来,この種のグリップには極めて肯定的です。ただ,単純に縦に構えやすくなるだけに数万円の出費はどうかなあと,疑問を感じてはいます。

 K10Dのバッテリーグリップは定価で2万円を越え,販売価格でも17000円ほどするのが普通です。

 見た目の格好の良さや,横位置でもホールド感が増す(特に大型のレンズを取り付けたとき)ということに2万円出せるかと言えば,そもそも大きく重たくなるというデメリットもあるわけですから,大半の人が反対派になるのは当たり前でしょう。

 私の場合は否が応でも縦位置グリップが付いてくるカメラを持っていて,その魅力を知っていたため,出来ればK10Dでも欲しいと思っていましたが,それでも申し訳ないけど出せる値段は1万円以下です。

 そんな風に思っていたら,中古のガラスケースに2つのD-BG2がありました。1つは10500円,もう1つは11500円,どちらも付属品は一切無しです。

 両方見せてもらいましたが,10500円の方はかなりラフに使われていたようで,外観も汚いです。11500円はほぼ新品に近く,1000円の差ならこちらだと高い方を選んできました。

 早速取り付けて見ましたが,やっぱり扱いやすくなりますね。レンズを軸に左手で支え,右手でくるくると縦横を自由に変えられる自由さは,縦でも横でも脇が空かず同じ姿勢でホールドできる安定感も手伝って,買って良かったと思わせるものがあります。

 それと電池の交換についても,いい感じです。バッテリーグリップがない場合は本体のグリップ部に電池を入れるのですが,これが結構取り外しが面倒臭いのです。バッテリーグリップなら横からぱぱっと取り外せます。K10Dは本体とバッテリーグリップの2箇所にそれぞれ電池を入れて使えるのですが,私の場合そこまで電池を酷使する人ではありませんし,そもそも電池を1つしか持っていないので,バッテリーグリップにしか入れていません。

 ちゃんと使い込むには,やはり縦位置で手の添え方や姿勢が変わらない方がいいわけで,縦位置が扱いにくいと自然に縦構図を避けるようになります。デジタル一眼のCMOSセンサは(フォーサーズを除いて)案外横に長いですから,縦位置にしてみるとはっとするようなものがファインダーに入ってくることがあり,楽しいものです。

 ちょっと高価ではありますが,もしそのデジタルカメラに縦位置グリップが装着できるなら,ちょっと使ってみてはどうでしょうかと,私は思います。
 

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed