エントリー

カテゴリー「できごと」の検索結果は以下のとおりです。

一流のJazzをご家庭で

 2008年8月29日から31日まで,好例の「東京Jazz2008」が有楽町で行われました。今年もなかなか面白そうで,特に最終日の夜のFourplayのライブは見たかったなあと思ったりしています。

 今年も30日の13時から22時まで,9時間連続の生中継がFM放送で行われます。毎年東京Jazzはテレビでも放送されるのですが,生中継には「まさに同じ時刻にやっている」という強烈な一体感があって,そこがたまらない魅力です。

 FMアンテナを用意したり,FMチューナーを調整したりと,この日のために仕込みをしていた私は,朝から最終確認を続けておりました。

 しかし,どうも受信状態がよくありません。マルチパスが原因と思われる歪みは耳障りなほどありますし,ピーというノイズも出ています。

 アンテナの向きを調整していたのですが,なかなか解決しません。これはまずいなと思っていたのですが,アンテナを真上に向けるという荒技が一番綺麗に聞こえるとわかり,専門家が見れば全く理解できない方向に,無理に取り付けました。

 それでもノイズが多くて,果たしてこれで録音しておくだけのクオリティになるかどうか,疑問が残ります。

 今回,録音はiBookG4ではなくて,MacBookProです。MacBookProでは,SPDIFのディジタル入出力が標準で用意されているので,DATのA-Dコンバータでディジタルに変換された後のデータを取り込むのに,USB経由で接続する必要もありません。

 それで,今年はフランスとの国交が始まって150周年なのだそうで,フレンチジャズが大きく取り扱われていました。私はフレンチジャズにまで手を伸ばすほどジャズに明るい人でもなく,どっちかというとその独特の雰囲気に抵抗がある人でもあるわけですが,有楽町の国際フォーラムの野外特設ステージでは,そのフレンチジャズを延々やっていたようです。それがホールでのライブの合間に放送されて,なんとなく一体感がないなあという印象が残りました。

 特に楽しみにしていたアーティストがいたわけではなかったのですが,やはり圧巻はNHK交響楽団とハンク・ジョーンズ,そしてロン・カーターという夢の競演です。Over the RainbowやPogy and Bethといったわかりやすい演目で,そこが物足りないような気が最初はしたのですが,そこは超一流の仕事です。驚いたのはNHK交響楽団の圧倒的なうまさでしょう。

 普通,こうした甘い曲をオーケストラが演奏すると,ばらばらとまとまりのない,いかにも大人数でやってます,という感じがジャズの対極にあったりして緊張感に欠け,つまらないと思うものなのですが,NHK交響楽団はフルオーケストラにも関わらず,ぴしっと音が揃っていて緊張感が漂い,それはもう本当にジャズなのです。

 これにはさすがの私も驚きました。

 インタビューでは,NHK交響楽団の方が,ハンク・ジョーンズとロン・カーターのお二人は,ジャンルは違っても我々にとっては憧れの存在であり,その方と競演できるということがどれほどすばらしいかと,思っているのですとおっしゃっていました。
このコメントの格好良さが,演奏のレベルの高さを証明していたように思います。
 
 オーケストラの演奏家が,あるいはジャズメンがみんなそうだとは言いませんが,ジャンルによらず,尊敬と憧れを持つ事の出来る公平さこそ一流の証であると,そんな風に感じました。

 あれから1週間,まだ編集をしてないのですが,早めにしたいと思います。そういえば10月にはテレビでも放送するらしいので,楽しみです。

こんなことがありました

 先日,こんな事がありました。

 私は,毎週火曜日の朝,会社の近くの本屋さんに定期購読をお願いしている「鉄道データファイル」を買いに立ち寄るのを楽しみにしています。

 毎週毎週,必ず本屋さんに立ち寄る用事があるというのは面白いもので,なにか面白い本が出ているかも知れないという期待もありますし,季節ごとにあるキャンペーンが始まったとか,新しい雑誌が出ているとか,果ては店員さんが増えたとか,そういうことが分かったりするものです。

 母親が長く本屋に勤めていることもあり,私も本と本屋さんが大好きで,冷やかしでも案外店員は邪険にしないことを知っている私は,その雰囲気を気軽に楽しんでいます。でも実は,ついつい他のものも買ってしまうんですが・・・

 大体1年ほど,この本屋さんにお願いしていたのですが,その日の朝もいつも通り,レジの店員さんに話しかけました。


店員さん:いらっしゃいませ。
わたし :取り置きをお願いしているxxxですが。
店員さん:***さんですが?
わたし :いえ,xxxです。(聞き間違いを訂正)
店員さん:少々お待ち下さい。

(背後の棚をみるが見つからないらしい)

店員さん:書名はなんと?
わたし :鉄道データファイルです。

(再度探してようやく見つかったらしい)

店員さん:定期ですね。
わたし :そうですね。
店員さん:定期と取り置きは違うので,次回からは定期とおっしゃってください。
わたし :・・・わかりました


 結構きつい言い方をされたこともあり,なかなか素直に納得出来なかったのですが,あいにく私の後ろには何人も列んでいたので,ごねるのはやめようと思いました。それで結局「わかりました」といって店を出たのですが,やっぱり釈然としないのです。

 私の視点で言うと,素人のお客に,取り置きと定期購読の区別は付かないんではないかと思うのです。店頭に出す予定の在庫から1冊私の分を確保するのを取り置き,私のために1冊出版社から毎号毎号送られてくるのを定期購読,とすると,その違いは本屋さん内部の処理の違いですし,そもそも私は希望している本を手に入れたいだけなので,どっちでも構いません。

 定期購読という言葉をお客さんが全員知っているかと言われれば,やはり業界の用語に近いので,取り置きという普通の日本語よりは知られてないように思います。それをお客が使いこなさないと,本が出てこないというのは,ちょっと敷居が高いんじゃないのかなあとも,思うわけです。

 9月になって最初でしたし,もしかすると本屋さんの仕組みが変わって,定期と取り置きを明確に区別することになり,お客さんにもきちんと分けてもらおうということになっていたのかも知れませんが,それにしても「取り置き」と言ったお客の商品が見つからないときに,定期購読で探し直してみようと思ってもらえないのも,不思議な気がします。

 そんな風に考えて,その日一日,とても沈んだ気持ちでいました。

 毎週のことですから,次の火曜日も同じ事を言われるのではないか,迂闊に「取り置き」などといってしまったら,また怒られるんじゃないかと,そんな風に気を遣わねばならないことも,負担に感じていました。そう考えると,それまで楽しみにしていた火曜日の朝が,楽しくないものに見えてきました。

 こりゃーいかん,そう思った私は,本屋の立場も聞いてみようと,母親に電話してみました。母親はこの道30年です。

 私の話を一通り聞いた母は,「それは本屋がおかしいな」と結論しました。それが定期なのか取り置きなのかは,本屋の内部の話であって,お客さんには全然関係ない,どっちで話をされても,本屋なら同一視するもんだ,ということでした。

 まして1年も買い続けたお客さんに,定期だといえ,というのは失礼だと,そんな風にいいました。母は,定期購読者は慣れてくると,名乗らない人も出てくるくらいだと笑っていいます。

 母親は続けて,電話して問いただしてみなさい,と言います。私も,正直毎週火曜日の朝が気が重いので,定期購読を解約しようと思っていましたが,それを電話で言うか,直接本屋さんでいうか,迷っていました。母は,その本屋の本部に電話してみろ,ともいうのですが,それはさすがにやめました。

 結局,翌日その本屋に電話し,責任者の方に変わって頂いて,当日のやりとりを説明した後,定期購読を解約しました。意地を張っているのでも,嫌がらせでもなく,やっぱり朝っぱらから怒られたこと,それが毎週毎週続くと思うと憂鬱になる,という理由を,正直に伝えました。

 本屋さんは,「レジの担当がそう申したのですね。それは完全に私どもの落ち度です。謝って済むことではないのですが,申し訳ございません。」と,平謝りでした。

 その責任者の方は,私のことをよく知ってらっしゃるとのことで,毎週発売日の朝に来ていることを把握していたそうですが,当然取り置きと定期を区別することはしていないし,それをお客さんに区別してもらえ,と言ったこともないということでした。

 言い訳になるかも知れませんが,と前置きされて,おそらく一度探して見つからなかったことをお客さんの言い方のせいにしたかったのだろうと思います,ということでした。

 本人にはよく注意しておきます,といわれるので,別に謝って欲しいわけでもないし,叱って欲しいというわけでもないので,と伝えると,他のお客さんにも同じ事をするかも知れないので,これはきちんと指導します,ということでした。

 会社の近くで,便利にしていた本屋さんだけに,今後一切行かない,ということはないと思う,ただ今回の定期購読の件は,毎週毎週のことだから申し訳ないけども,解約すると伝えて,電話を切りました。

 実際,私も今後その本屋さんには何度も足を運ぶと思うのです。むやみにケンカをしても,私だってなんのプラスにもなりません。

 他の本屋さんに定期購読の申し込みをして,この件は一応解決したのですが,しばらくの間モヤモヤとしたものがあって,すっきりしませんでした。怒られた店員さんはどう思うのかなあとか,もしかしたら私の勘違いだったらどうしようかなとか,今度その本屋に立ち寄った時に謝られてしまうようなことがあったら困るなあとか,いろいろ考えてしまいました。

 きっと店員さんには,店員さんなりの事情や考えがあったのでしょう。それもきちんと聞かないうちに,電話で一方的に責任者に話をした私のやり方が本当に正しいかどうかは,ちょっとわからないとも思っています。でも,意外なことで怒られたという印象は間違いではなく,それが誤解や勘違いであったとしても,「取り置きと定期は別なので次からは定期と言ってください」は余計な一言だったと,そう思います。

 偉そうなことをいうようですが,お店というのは,ちょっとしたことでお客さんが離れていくものです。今回のような明らかなきっかけがなくとも,わずかな雰囲気の変化や居心地の悪さで,自然に足が遠のくものです。

 ポイントカードを両手で返すことはしてくれても,レシートやおつりは片手でポイ,では片手おちだなと思いませんか。

 あるいは,残高がゼロになった図書カードを,問答無用でゴミ箱に入れられたら,どう思いますか。残高がゼロでも,その図書カードはお客さんの持ち物です。大事な人からのプレゼントで記念に取っておきたいかも知れません。図案が気に入って残しておきたいと思っているかも知れません。

 なぜ両手でポイントカードを渡さないといけないのか,残高ゼロの図書カードは価値が本当にゼロなのか,そうしたことに想像力を持っているかどうかを,お客さんは無意識のうちに感じているものです。

 本屋さんというところは,店員さんの想像力が豊かで,そういう方々の働く姿を見るのも私の楽しみの1つでした。今回の電話についても,私の立場に立ち,想像力を働かせて謝ってくださったので,そこはさすがだなと思ったわけですが,出版不況と通販の台頭に加え,売り上げは上がらないのに入荷と返品が増え続け,本屋さんは肉体労働という現状がますます進む昨今,本屋さんがどうやったら愛され,生き残っていけるのかを,業界として考えて頂いて,そしてきちんと生き残って私のような本屋さん大好き人間の期待に応えて欲しいなと,勝手ながら思います。

今年も花火2

 続きです。

ファイル 214-1.jpg
ファイル 214-2.jpg
ファイル 214-3.jpg
ファイル 214-4.jpg

 今年はRAWで撮影し,NX2でうっかり自動にしてしまっていたホワイトバランスを自然光に設定し直し,露出補正を行った上で,網戸でぼやけてしまった画像を少しシャキッとするためにアンシャープをあっさりかけ,リサイズしました。トリミングも色の調整もノイズ除去もやってません。

 どれも露光時間は1秒から2秒の間で調整,露出はF16からF22程度で固定してあります。どっちかというとどれもアンダー気味でしたので,露出補正で0.3から1段程度持ち上げてあります。

 見て頂くとわかるのですが,手ぶれ補正の威力が出てます。拡大するとわかるのですが,花火の玉の爆発が綺麗な点になっていて,そこから放射状に輝線が描かれています。

 ところで,昨年,レンズクリーニングの後音が出なくなり,翌日には復活した友人宅のCDプレイヤーですが,今年も同じ事がありました。

 サーボがまたかからなくなってしまった,という話を聞き,予防的措置としてレンズのクリーニングをやって,ついでにレーザーダイオードの電流を少しだけ増やそうと考えたのですが,組み立て直すとサーボはきちんとかかるくせに,やはり音が出ません。MDからの音は出ていますし,MDへのダビングも出来ているので,やはりアナログ系だろうと思います。

 また同じだと頭を抱えましたが,オシロスコープもないので昨年同様音が出ないまま組み直すしかありません。昨年とは違って2日経過した現在も音は出ていない様なのですが,接触不良ならLとR同時というのは考えにくいし,それに部品や基板を触れば「がさごそ」というノイズが出てくるものですから,それも疑わしいです。

 ハンダのクラックかも,と思ったのですハンダゴテでなめてみたのですが変わらずで,もうお手上げでした。症状から考えると,アナログミュートの回路の誤動作ではないかと思っているのですが・・・ということは,マイコンからの制御信号からミュート用のトランジスタまでの経路が怪しいことになります。

 昨年の艦長日誌を読み返してみると,汗の可能性と,ACを抜いて一晩放置の2つをやってあるようです。おそらく汗だろうで片付けていますが,今年は汗は落としていないので,残るはACですね。これは試していないので,やってみることにしましょう。

今年も花火1

ファイル 213-1.jpg

 今年の夏はオリンピック一色という感じで,時差が1時間しかない場所から連日ハイレベルな競技の様子が送られて来ています。おかげさまで毎日見ていたニュースが不規則になり,オリンピックが始まってこっち,日本で世界でオリンピック以外に何が起こっているのか,全くわからない有様です。

 やっぱ昼12時と夜7時と9時の3回のニュースは,何があってもきちんと決まった時間にやってもらいたいもんだなと,そこはあえて苦言を呈しておきます。

 それはそれとして,高校野球もいつの間にか終わってしまい,阪神タイガースもいつの間にやら負けまくっていて,そしていつの間にやら,好例の多摩川の花火大会が今年も行われました。

 昨年同様,今年も世田谷区と川崎市の共催となった花火大会ですが,前日の天気予報は夕方から激しい雨とのことでした。今年は雨が降ると言えば集中的に無茶苦茶降るという状況ですので,ちょうど花火の間の1時間ほどの間に土砂降りになる可能性がありました。

 当日の天気予報も変わらずで,これはひょっとすると中止かもなあと思っていたら,開催決定の公式発表がありました。会場周辺の混雑ぶりを知っている人間としては,あれで予報のような1時間に50mmを越えるような土砂降りになると,もうパニックが起こるんではないかと本気で心配したのですが,「雨具を持ってきて下さい」と,実にあっさりとしたものです。

 結果,会場は花火が終わってしばらくの間,喧噪がおさまるまで雨は降りませんでした。結論から言うと,開催決定を決めた方々の読み通りということだったわけで,肝が据わっているなあと感心した次第です。

 さて,今年も友人宅で花火を見ることになっていました。外に出ると蚊に刺されるので,部屋の中に籠もって,網戸越しに撮影です。昨年は*istDLにFA43mmでしたが,今年は秋頃に使う予定がある機材のテストも兼ねて,D2HにDXニッコール18-200mmです。手持ちでスローシャッターですので,手ぶれ補正の威力も期待できます。

 網戸越しですので構図には不自由があって,タイミングも随分適当,ノーファインダでバシャバシャシャッターを切っていただけですが,その中から何枚か紹介します。どれも人様にお出しできるレベルではないのですが,毎年のことですので・・・

ファイル 213-2.jpg
ファイル 213-3.jpg
ファイル 213-4.jpg

 次に続きます。

まだまだ元気な猫娘

 先週ですが,自分の車の車検を済ませてきました。

 私のプジョー306も11年。一昔前なら毎年車検で急に維持費が増えて,手放すことになったと思われるのですが,今はとりあえず車検だけ通しておくかが許される時代です。

 普通10年も走ると,10万kmに達するのが普通なんでしょうが,私のクルマの走行距離が奇跡的に短いことは,私の知人達はよく知っています。

 昨年1年間の走行距離は,3km。積算距離は8311km。

 普段の通勤は電車ですし,休日も電車を使います。自動車だと着いた先での駐車場確保やら道中の渋滞やらでかえって面倒なくらいです。

 長期休暇の帰省だって,飛行機が新幹線より安い昨今,6時間かけて自分で運転して,しかも新幹線よりお金がかかるなんて,馬鹿馬鹿しいです。

 荷物を運ぶ?運送業者さんに頼めば,戸口まで来てもらえます。

 そもそも,すっかり外出をしなくなりました。通勤という強制的な外出がなければ,私は間違いなく引き籠もっていたでしょう。

 そこにこのガソリン代の高騰です。これでは自動車に乗ろうという気が最初から起きなくなります。

 なら,とっとと手放してしまえとなるのですが,せっかく新車で買った車ですし,デザインや乗り心地など,車そのものはとても気に入っているのです。今のプジョーはヨーロッパでの安全基準の関係もあり,日本の小型車枠に入らなくなっています。

 1800ccの排気量で5ナンバー,しかも3ドアの5速マニュアルという,一昔前なら珍しくもない普通の車が,実は今絶滅寸前なんですね。手放してもすでに価値はゼロですからお金にはなりませんし,手放ししてしまうともう二度とこんな車には出会えません。だから,問題の先送りをしています。

 乗ってみれば楽しいんですね。だけど,自動車に乗ることそのものを目的に出来るほど暇はありませんし,移動手段として考えるなら,電車の方がずっと楽です。

 いろいろ考えましたが,今回車検を通してみて,10年も経てばあちこちだめになって交換が必要です,てなことを言われたら,もう処分するかと考えてもいました。

 先々週の土曜日,目黒にあるサービスに向かいます。久々にエンジンをかけましたが,ぜんぜんへこたれることなく,気持ちよくまわっています。ブレーキもステアリングも問題なし。事前運転席側のバックミラーが壊れていたのですが,やっつけの暫定修理で実用上も見た目も気にはなりません。

 快適に走って到着。走行距離をみて驚かれるというおきまりの儀式を済ませ,これならおそらく来週車検を終わらせて引き渡しできるだろうと言われます。

 翌週土曜日。車検が上がったというので取りに行きますが,結果はどこも悪いところはなし。交換したのはワイパーのゴムとオイル/フルードのたぐい,そしていつも切れているといわれる燃料フィルターの固定バンドくらいです。

 バッテリーも再充電が不必要なほど元気で,タイヤも問題なし。ということで,ここ数回,同じような値段で車検を済ませています。

 車はある程度乗ってやらないとかえって良くないものだ,といいますが,私のプジョーについてはそれは当てはまらないようでして,屋根のない青空駐車場に置きっぱなしで10年以上放置してあったにも関わらず,どこも悪くないということですから,やっぱり車というのはなんだかんだで走行距離なんだと思いました。

 そうなるとですよ,出来るだけ乗らないことが長く調子のいい状態を維持する秘訣という事になりませんか?転勤や転職で車が日常の足になる可能性だってなくはないわけですし,今すぐ車を手放さないといけないほど困窮しているわけでもない現状で,車を手放してしまうということを,もう考える必要はないのではないかと思いました。

 先週土曜の午後3時頃,目黒から川崎方面を走っていた私は,例の大雨に遭遇しました。ものすごい風と雨で,めまぐるしく変化するお天気に翻弄され,気が付いたら自宅の駐車場にいたという感じです。早速ワイパーが役立ったことを付け加えておきますが,いいお天気に油断して干していった敷き布団が悲惨なことになっていたことは,大きな損害でした。

 てことで,大きなトラブルでもない限り,向こう2年はこのまま乗り続けていられそうです。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed