エントリー

カテゴリー「備忘録」の検索結果は以下のとおりです。

Macintosh用語の基礎知識

  • 2007/08/14 16:19
  • カテゴリー:備忘録

 MacBookを買った友人は,この1週間ですっかりMacに慣れたようで,特に不満もなく使っている様子です。

 Macは何も知らなくてもそれなりのことがすぐに出来てしまう敷居の低さがある一方で,より使い込もうと努力する人に対する施しを忘れない豊かさがあります。

 そこで,今回はそのとっかかりとして,主として機能に関係する基礎的な用語を少しだけまとめてみます。

・Finder(ファインダ)
 WindowsのExplorerに相当するもので,ファイルブラウズ機能を持つ独立したシェルアプリケーションである。

・インテルMac(いんてる-まっく)
 インテルのCPUを搭載したMacのこと。これまでのMacはPowerPCをCPUに利用してきたが,突如インテルのCPUにスイッチすることが発表され,現行機種にインテルのCPU以外を搭載する機種は存在しない。
 UNIXを除くクラシカルなOSはCPUのアーキテクチャに強く依存する傾向があり,初期のMacOSも例外ではなかったが,モダンなOSであるMacOSXはもともとポータビリティを意識して開発されたと言われ,秘密裏にインテルCPUで動作するバージョンが開発され続けていたと言われている。

・Core2Duo(こあ-つー-でゅお)
 現行のMacに搭載されるインテルCPUのブランド名。「Core」はPentiumuに続くブランドとしてのCoreを示し,「2」はCoreブランドの最新であるCore2マイクロアーキテクチャを表しており,「Duo」はデュアルコアのプロセッサであることを示している。
 Core2は消費電力と処理能力を両立させる全く新しいマイクロアーキテクチャであり,インテルはこれを「Intel Core Architecture」と呼んでいる。
 クロックを上げるために複雑なCISC命令を内部でRISC風の命令に置き換えてきたのがこれまでのインテルのCPUであるが,Core2ではこのRISC風の命令を複数まとめて別の命令に置き換えるなど,見方を変えるとCISCへの回帰とも取れる仕組みを内蔵して,1クロックあたりの処理能力を向上させている。
 なお,Core2は64ビット拡張がなされた64ビットプロセッサであるため,現行のMacは全機種が64ビット対応になっていることも重要な点である。MacOSXは32ビットと64ビットをユーザーに区別させないため,自然に64ビットへの移行が進んでいくことが予想される。

・Darwin(だーうぃん)
 Mach3とFreeBSDをベースとしたBSD系のUNIXライクなOSで,オープンソースで開発されている。また,MacOSXのカーネルでもある。

・UniversalBinary(ゆにばーさる-ばいなり)
 現行のMacで採用されているインテルのCPUと,これまで使ってきたPowerPCの間には,全く互換性がない。そこでいずれのMacでも動作するアプリケーションとして,それぞれのCPUにあわせたバイナリを両方持つアプリケーションが作成できるようになった。これをUniversalBinaryと呼ぶ。
 MacOSXのアプリケーションの実態は,.appという拡張子を持つフォルダである。このフォルダの中にバイナリやDLL,多言語対応のリソースなどが収められているが,ユーザーはこのフォルダをアプリケーションとしてダブルクリックすれば直ちに実行することが出来る。(この仕組みをバンドルという)
 このフォルダの中に,PowerPCとインテルの両CPUに対応したバイナリを用意しておくことで,どちらのCPUでもネイティブ実行が可能となる。

・Rosetta(ろぜった)
 インテルCPUで互換性を維持する仕組み。PowerPCのバイナリを適当なサイズごとに動的に変換するもので,すべてのコードを一括してリコンパイルするわけでもなく,また1命令ごとにコードを変換するエミュレーションとも異なる。
 Rosettaの完成度は高く,ユーザーはこれまでのPowerPC用のアプリケーションの大部分をそのままインテルMacで実用的に使用することが可能となっており,2GHzのCore2Duoなら,1GHzのPowerPC程度の実行速度であると言われている。
 ただし,アプリケーション以外のドライバなどには対応できず,両方のコードが混在したプロセスを実行することも出来ない。

・iSight(あい-さいと)
 Apple純正の,いわゆるWebカメラ。元々はオートフォーカスにも対応した高画質Webカメラとして別売りのオプションとして販売されていたが,最近のマシンには内蔵されることが多い。

・Bonjour(ぼんじゅーる)
 当初はRendezvousと呼ばれた機能で,設定を行うことなくネットワーク接続を可能とするプロトコル。ネットワークに接続すると自動的にマシン名とIPアドレスの割り当てが行われ,サービスの自動検索が行われる。
 WindowsでいうUPnPに相当する機能であるが,普及の進んだUPnPに比べて機能が低い上,対応機器も少ないため,あまり一般的ではない。

・SuperDrive(すーぱー-どらいぶ)
 DVD-Rを書き込むことの出来る光学ドライブを,AppleではSuperDriveと呼んでいる。かつて2HDのフロッピーディスクを読み書きできるフロッピーディスクドライブをSuperDriveと呼んでいたが,そのことはもう忘れて良い。

・BootCamp(ぶーと-きゃんぷ)
 インテルMacにWindowsXPおよびVistaをインストールするためのキット。MacOSXを残したままWindowsをインストールするパーティションを用意したり,Windows用のドライバCD-ROMを作成するなど,Windowsにインストールに必要な作業を簡単に行う事が出来る。
 現在はβ版であるが,MacOSX10.5のリリースで正式版が出ると言われている。

・FrontRow(ふろんと-ろう)
 最近のMacには標準で付属するリモコン「AppleRemote」によって操作されるアプリケーション。iTunesでの音楽再生,DVDの再生などがAppleRemoteによって可能となる。

・Widget(うぃじぇっと)
 手軽に使えるミニアプリケーションであるが,通常のアプリケーションがC++やObjective-Cで記述,コンパイルされたものであるのに対し,WidgetはDHTMLベースで作成されるものである。

・DashBoard(だっしゅぼーど)
 Widgetを実行する環境を提供するアプリケーション。HTMLのレンダリングエンジンであるWebKitをベースに持つアプリケーションで,F12キーの押下により起動する。

・Expose(えくすぽぜ)
 デスクトップ上のウィンドウを一時的に整理して表示する機能で,その動作は非常になめらかで素早く行われる。
 Exposeは3つの機能を持つ。
 1.すべてのウィンドウをすべて縮小し画面上に整列して表示する。この状態でウィンドウを選択すると,すべてのウィンドウが元の位置,元の大きさに戻され,選択されたものを最前面に表示する。F9で動作。
 2.アクティブなアプリケーションが管理するウィンドウを縮小し画面上に整列して表示する。この状態でウィンドウを選択すると,すべてのウィンドウが元の位置,元の大きさに戻され,選択されたものを最前面に表示する。F10で動作。
 3.すべてのウィンドウを画面の領域外に追い出し,デスクトップを表示する。F11で動作。

・Spotlight(すぽっとらいと)
 ファイル名やファイル属性だけではなく,メタデータを用いデスクトップた検索機能のこと。検索機能そのものはSearchAPIとしてOSによって提供され,iTunesやMailでも利用可能である。
 あらかじめ作成されたインデックスを用いて高速検索が実現しており,インクリメンタルサーチによって候補を絞り込んでいくことが可能となっている。

・HFSX(えいちえふえす-えっくす)
 MacOSXのファイルシステム。階層化されたファイルシステムとして登場したHFSを32ビット化したものがHFSPlusで1998年に実装されたが,これに大文字と小文字のファイル名を区別することや,Spotlight用にメタデータ部の追加,ジャーナリングを行うなど新たに拡張された部分を含む場合,特にHFSXと呼ぶ。

・Quartz(くおーつ)
 MacOSXにおける描画エンジン。前身であるNEXTSTEPのDisplayPostscriptに代わって用意されたもので,PDFをベースにしており,三次ベジェ曲線をプリミティブに持つベクトル型のエンジンである。
 解像度に依存しない,浮動小数点による座標系,アンチエイリアシング,アルファチャネルのサポート,多言語文字描画といった先進的な機能を装備しており,MacOSXの洗練された機能は,これらの意欲的な実装によるところも大きい。

・Cocoa(ここあ)
 MacOSXのネイティブフレームワーク。源流はNEXTSTEPであり,Objective-Cでの記述が前提となる。これに対し,従来のMacOSのAPIを引き継いだフレームワークはCarbonと呼ばれており,こちらはC/C++での記述が可能である。
 


 分かっているようで,実は正確に分かっていないことって多い物です。たかだかこれだけの基礎的な言葉でさえも,真面目に調べないとちゃんと書けないので,なかなか面倒臭い作業になりました。

 従来のMacOSは今で言ういう組み込みプログラムに近いくらい,べったりと記述されていたものですが,MacOSXはさすがにモダンなOSであり,最新のソフトウェア工学を反映した構造をしています。

 だから表面的に見えるある機能が,どのレイヤーのどの部分に実装されているのかを知るためには,かなり正確な資料を見なければなりません。極端な例として,Finderは現在でこそ単独のアプリケーションに過ぎませんが,初期のMacOSにおいてはOSそのものの一部であり,OSの構造を視覚的に表現したものでもありました。

 こうした機能の実装のエレガントさが,なめらかな操作感や素早い動作に繋がっていることも事実であり,iPhoneがMacOSXの構造をそのまま引き継いでいることがどれほどあの製品を洗練された物にしているかは,想像に難くありません。

 MacOSXではそれぞれウィンドウごとに内部の座標を管理しています。そうして構成されたウィンドウを合成してフレームバッファに書き込んでいるので,Exposeでウィンドウを縮小しても,ウィンドウ内部のオブジェクトの位置関係を演算し直す必要はないため,あれだけ軽快な動きを見せ,かつ縮小時もリアルタイムで更新がなされるのです。

 Exposeを単純に真似しようとしても,なかなかうまく真似できないのは,こうしたOSレベルの「美しさ」によるところがあるということ,もっと知っていても良いのかも知れません。

試験に出るショートカット

  • 2007/08/08 18:42
  • カテゴリー:備忘録

 先日の友人のために,MacOSのショートカット一覧を作ることにしました。

 ショートカットはMacを使うには避けて通ることの出来ないものなのですが,逆にこれが使えるようになると,間違いなくMacと脳の距離が縮むように感じることが出来ます。

 歴史的経緯から言うと,Macは生まれたときからマウスとビットマップディスプレイを使ったGUIが実現されていたわけですが,現在に至るまでマウスのボタンは1つだけです。

 これはMacのこだわりというかJobsのこだわりというのが理由だったりしますが,マウスという直感的な入力デバイスにおいて,右と左のボタンを使い分けるために「考える」というプロセスがどうしても許せなかったという話を聞けば,良いか悪いかは別にしてそういう思想なら仕方がないかと思うんじゃないでしょうか。

 1ボタンであらゆる操作が可能なように設計されたMacのGUIですが,このことで2段階,3段階という操作ステップが必要になってしまうことは困るだろうというということで,開発のある段階からショートカットが用意されるようになりました。

 このショートカット,私はすごい発明だと思います。慣れればサクサクと思い通りの処理がこなせるようになりますし,私がまだMacを使ってなかった頃,熟練者のショートカットさばきに目を見張ったことがありました。反面,その手さばきを見ていても何をやっているかがわかりにくく,まるでまじないをしているように見えてしまうところが,Macの敷居の高さに繋がっているように思えます。

 前置きはこのくらいにして,MacOSのFinderの「試験に出るショートカット」です。

・ファイル操作(まず覚えよう)
Cmd + N 新しいウィンドウを開く(New)
Cmd + O ファイルを開く(Open)
Cmd + W ファイルを閉じる
Cmd + S ファイルを保存(上書き)する(Save)
Cmd + I ファイルの情報を見る(Information)
Cmd + D ファイルを複製する(Duplicate)
Cmd + L エイリアスを作る
Cmd + Delete ゴミ箱に入れる
Cmd + Shift + N 新規フォルダの作成
Cmd + Shift + S 新規保存
Cmd + Shift + Delete ゴミ箱を空にする

・編集(まず覚えよう)
Cmd + A 全選択(All)
Cmd + X カット
Cmd + C コピー(Copy)
Cmd + V ペースト
Cmd + Z アンドゥ

・表示(次に覚えよう)
Cmd + 1 アイコン表示に切り替える
Cmd + 2 リスト表示に切り替える
Cmd + 3 カラム表示に切り替える
Cmd + J 表示オプションを表示

・その他(次に覚えよう)
Cmd + P 印刷する(Print)
Cmd + F 検索する(Find)
Cmd + K サーバーに接続


 FInderのショートカットとしてはほとんど全部なわけですが,大半が他のアプリケーションでも共通のショートカットに割り当てられているので,ここで覚えたことは無駄にはなりません。覚え直しも必要ありません。(このあたりがWindowsとは違うところ)

 右利きの人なら,左手の親指を常にコマンドキーに置きつつ,他の指を駆使してショートカットを操ります。やってみれば分かりますが,頻繁に使うものは,左手の指で押せるキーに割り当てられています。こうすることで,マウスを持つ右手をいちいちマウスから放すことなく,ショートカットを素早く入力できるのです。

 とりあえずこれだけ覚えれば,もう一人前のマカーです。精進して下さい>友人

やらんにゃいかんこと

  • 2006/08/18 01:21
  • カテゴリー:備忘録

 幸いなことに,頭がさえているんですね,今は。やりたいことを次々に思いつくとても幸せな時ではあるのですが,こんな時に限って時間がない。まとまった時間が取れない。

 ということで,備忘録です。

・IC-R5のメモリをPCで管理
 IC-R5というマニアックなレシーバがあるのですが,キーが少ない機種なのでメモリの使いこなしが鍵を握ります。その割に液晶表示が貧弱なので,記憶に頼るしかないと事がつらいです。
 そこでメモリの管理をPCで行えば,万が一忘れていてもPCを見れば思い出せます。
 純正のケーブルとソフト使えば即解決なのですが,そのためには5000円の出費が必要で,買いに行く手間もかかります。でもケーブルは自作,ソフトはフリーウェアを使えば決着します。
 昔から基本的にはケーブルは自分で作るもの,と決めていた私にとっては,当然やるべきテーマだと思っていて,そうなるとやはり欲しいのは時間です。作業見積もりは2時間。

・EF500-901の製作
 読者の評判が悪いので模型の話は最近取り上げませんが,きちんとやってますよ,鉄道模型。
 ワールド工芸が5月に限定販売として最強の機関車EF500-901のキット化を予告し,予約していたのですがそれがようやく10日程前に届き,こつこつ作ってます。
 おかげで塗装を残すのみとなっているのですが,塗装も結構まとまった時間がかかる上,特に湿度に左右される世界なので,なかなか決行できません。作業見積もりは4時間。

・ES2の修理と調整
 ペンタックスのES2の調子が悪くなってしまったことは以前書きましたが,実はこの問題が全然解決していません。メモリブロックを交換しても時々露出計が動作しなくなることがあって,摺動抵抗を分解清掃しましたがそれでも改善されず,困っています。
 ここの確認もさることながら,実は露出計が1/3段ほど狂っていることがわかったので,ここを調整する必要があります。ただ,単に露出計をあわせればいいかというとそうではなく,ES2の調整マニュアルを見てみると,開放測光時の高速側と低速側のオートのシャッター速度,絞り込み測光時のオートのシャッター速度,そして露出計の指示,バッテリチェックの指示の,合計6項目を順番にあわせないといかんのだそうです。
 これってとても手間なんですね。でもこのままでは使えないので,やらないわけにはいきません。作業見積もりは8時間。

・PC110の復活
 実家に置いてあるのですが,PC110というIBMの小型パソコンを私は持っていて,一時期Windows95を導入して生活マシンとして活躍していた時期があります。
 結局VAIO-Uを経てiBookG4に移行した今は必要がなくなっていますが,この時代においてもPC110というのは魅力の薄れない,不思議なマシンです。
 数年経過しているうちにもマニアが頑張っていたようで,1GBのマイクロドライブを内蔵したり,LinuxやWindows2000を導入したりと,なかなか面白そうな感じです。
 33.6kのモデムや24MBのメモリ増設など,私もかなりはまりこんだだけに,やっぱりついて行きたいですよね。
 実家に戻るのは9月末。この時までにプランを立てておきたい所です。作業見積もりは6時間。

・バックロードホーンの設計
 昨年,学研の大人の科学でスピーカを自作するのがありましたが,私も2冊購入して製作は済ませてあります。
 そうなるとエンクロージャをどうするかなのですが,せっかく小さいスピーカユニットで,強力にドライブすると力強く動きそうな感じですから,ここは超小型のバックロードホーンを作ろうと,設計プランまでは考えてあります。
 後は細かい設計を残すのみなのですが,これがなかなか先に進みません。
 なんで今こんな話をするかと言えば,近所の東急ハンズが閉店した今,9月末の実家に帰省したときに大きなホームセンターでカッティングまでやってもらおうと考えているからです。作業見積もりは2時間。

・ワンセグ用アンテナの手配
 先日購入したカーナビにはワンセグの受信機能がありますが,車内ではそれでも外部アンテナが欲しいところです。いつでも手に入ると油断していたら,実は品薄のようです。
 先日,楽天のポイントを使ってやろうと注文したら,在庫切れ。最初から在庫などないのに注文だけ受ける業者じゃないのかと勘ぐりながらも,お盆休みが明けて納期の回答を待ってる状態です。頼むよ三洋さん・・・

・プジョー306のタッチアップペイント
 数年前に購入した,プジョー306の純正タッチアップペイントが,もうガビガビになってることでしょう。使いにくい容器に入れたままにせず,小瓶に移し替えてシンナーで希釈し復活させないとまずいなあと思っている(今新品が欲しいといっても買えないかも知れませんしね)のですが,これもなかなか取りかかれません。作業見積もりは30分。

 はあ・・・頑張らねば。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed