エントリー

カテゴリー「散財」の検索結果は以下のとおりです。

D850を買いました~その2

  • 2017/09/12 10:46
  • カテゴリー:散財


 さて,D850を発売日に手に入れたので,早速触ってみました。

 最初に書いておくと,バッテリグリップMB-D18は,なんと55000円もするので,必要になったら買うことにしてありました。D800の時もバッテリグリップの値段の高さに目を回していましたが,結局不便で買ってしまいました。D850の場合,さらに高くなっているのでもう気絶しそうです。(気絶したついでにポチってました)


(1)質感,外観

 剛性感の高い骨格に,ぎゅっと内臓が凝縮された密度の高さは,手に取ったときにしっかりとした質感と満足感を伝えてくれ,D800同様大変好ましいです。これはもうD800系の伝統でしょうね。

 外観もほとんど変わらず,握った感じもほぼ同じです。グリップ部が数ミリ変わっていて,そこに気が付く人が大半だそうですが,私はそんなに違いを意識しませんでした。

 ボタンの配置は随分変わってしまっていますし,場所もちょっとずつ動いているので,後で書きますが結構違和感もあるものも,困った事もありました。

 重さもこんなものでしょう。むしろ,秒間9コマで20万回の耐久のメカをここに押し込んで,4500万画素を支えるのに必要な精度を維持するシャシーがこんなに軽いとは,不思議な気がします。

 そうそう,ニコンはD1のころから,それとわかる白いLCDカバーを付属していて,これまでニコンの象徴的なオプションでした。

 カバー越しの画像は見にくくなるので,必ずしも便利なものとは言えなかったのですが,多くの人が装着していたように思います。

 しかし,バリアングルLCDになったこととタッチパネルになったことでカバーが取り付けられず,ニコンは純正で強化ガラスのカバーを用意しています。

 おかげで画質と操作性を損なわずにLCDを保護できるようになったわけですが,カバーを引っかける場所も用意されているようなので,ぜひ用意して欲しいと思います。


(2)シャッターフィーリング

 私は,シャッターの音や振動が,撮影者の脳内麻薬を増やすものだと思っているので,それが心地よいかどうかを非常に気にしています。D2HやD3などのプロ機はその辺は抜かりなく,さすがヒトケタだといつも思うのですが,D800は少々切れ味が悪く,今ひとつな感じが拭えませんでした。

 でD850ですが,さすが秒間9コマ,その切れ味は素晴らしいです。D2Hのように金属の甲高いキーンという音がしなくなったので,刀を思わせる切れ味はないのですが,モーター駆動のシャッターとは思えない機敏な動きとリズムは,結構癖になるものがありました。

 シャッターボタンを押している指が,もっとこの音を聞いていたいと離れないというのは,久しぶりに味わった感覚です。

 そういうこともあって,CHモードの秒間7コマでは,1コマだけのつもりが2コマシャッターを切ってしまうこともありましたし,ミラーの動作もAFの動作も,とにかくすべての動作が次の世代に入ったと思わせる,非連続な進化を遂げています。


(3)AFとAE

 AFはD5ゆずりの153点,AEは180k画素のセンサで顔認識までします。D5が出た時に,ここまでやらないかんのかと思ったものですが,D850に移植されたAFとAEを使っていると非常に肯定的な印象で,もう人間がすることは構図を決めるだけ,人間に出来ない事をカメラがやってくれる時代になったなあと,そんな風に思いました。

 AFですが,私はAF-Cの3Dを主に使います。D800も悪くはなかったのですが,D850のそれは本当に素晴らしく,被写体に食いついていくという表現がぴったりです。

 AEもより精度が上がっているようで,マルチパターン測光でも強い逆光は補正が必須と思っていたところ,かなりのシーンで補正無しでいけそうな印象を持ちました。

 特に人の顔を認識したときの露出は,D800に比べて1段ほど明るくなることも多く,露出補正を戻し忘れたかと思うほど,鮮やかです。高感度特性も良くなっているので,これはこれでいいのかも知れません。

 とはいえ,以前から積極的に補正を行った方が良い写真が撮れるんだけどなと,自らの横着に後ろめたい気持ちがあったのも事実で,これをきっかけに真面目に露出補正を心がけようと思います。


(4)画質

 D800とD810の違いは,その発色です。D800は割とナチュラルなニコンの伝統色だったのに対し,D810は記憶色に近く,鮮やかに見えるように傾向が変わったといいます。

 D850もその路線であり,D800に慣れた私としては,鮮やかで記憶をさらに強めるような画像が出てきます。これは違和感があり,もう少し落ち着いたトーンでもいいんだけどなあと思いつつ,特にレタッチすることもなくこれだけの画像が出てくるのであれば,処理は楽になるかと前向きに考えました。

 その前に4500万画素ですが,これはもう強烈で,なにもいう事はありません。というより,さらにブレには気を遣わないといけなくなったし,AFの微妙なずれも気になって仕方がないくらい,解像度が上がっています。

 しかし,全体のレスポンスが上がっているので,とても4500万画素だとは思えません。D800よりも軽快です。


(5)連写とライブビュー

 連写はさすがで,バネの力をため込んでミラーを動かすのとは違う,上品で高精度な音と振動が伝わって来ます。私にとって,心地よい音はD2Hの音なのですが,これとは方向の違う音とはいえ,やはり秒間8コマを越えるボディが出す音というのは共通点があるもので,他の人が言うように悪い音だとは思えませんし,むしろ静かで上品で,しかしやる気にさせる,素晴らしい音に仕上がっていると思いました。

 私見ではありますが,秒間8コマでカメラのコストは大きく変わってくると思っています。6コマくらいなら中級機の延長で作る事も出来るのでしょうが,8コマを実現するにはそれまでの延長ではだめで,大きなエネルギーを扱うために,あらゆる部分を強化しなければなりません。

 価格は10万円単位で上がりますが,その結果とても剛性の感のあるしっかりした骨格とレスポンスを持つに至ります。

 D800が5コマ程度だったというのは,それくらいの骨格しか持たなかったと言うことの裏返しでもあり,これがヒトケタモデルとの大きな質感の違いを生んでいたと思うのですが,D850は最大で9コマです。これはD2Hを越え,ヒトケタを名乗っても構わないほどの骨格を持っていると思ってよいのではないでしょうか。

 それがこのレスポンス,この質感を生んでいます。

 で,ライブビューなのですが,これは相変わらず使い物にはならないなあと思いました。タッチパネルとの併用で随分使い勝手が上がっているとは思いますが,常用するには厳しいです。

 もちろん,D800に比べて随分欲はなっているのです。しかし,一眼レフカメラとしてのあまりの完成度の高さに,ライブビューが見劣りしているという感じでしょう。

 ただ,恐ろしいのはサイレントモードで,ライブビューでサイレントモードを使うと,ブラックアウトすることなく,連写が無音で行われています。実に不思議な感覚です。

 本格的なミラーレス機を私は使っていませんが,この静けさと高速連写がミラーレスの世界なら,いずれにミラーレスが一眼レフに取って代わると,そんな風に思いました。


(6)ファインダー

 視野率100%,倍率0.75倍という光学ファインダーは,フィルム時代を思い出しても,トップクラスのファインダーと言えます。D800も悪くはなかったのですが,D850のそれはファインダーを覗いた瞬間に吸い込まれそうになり,鳥肌が立ちました。

 OVFの完成形だとか,ニコンはこれを最後にミラーレスに移行するとか,そんな風に言われても仕方がないくらいに見やすく大きな光学ファインダーです。

 私は,DK-17Mという1.2倍のマグニファイアを常用していたのですが,これをD850に付けると大きすぎてかえって見にくくなりました。もったいないですが,DK-17Mは使わず,直接アイカップを取り付けることにしました。

 あと,あまり触れられていませんが,ファインダー内表示が緑のLEDから白のLEDになりました。これが非常に見やすく,上品です。やる気にさせる一方で,冷静に情報を取りこんで判断出来るようになるので,表示の色が違うとこんなに印象が変わるのかと思いました。

 それから,D800で残念に思ったものの1つに,クロップ表示がありました。D800では,クロップ時は赤い枠が出るだけだったのですが,D850ではクロップされる部分は薄暗くグレーアウトするようになっています。

 赤い線では,撮影中についついはみ出してしまうことが多かったのですが,撮影出来ない部分がグレーで塗りつぶされれば,はみ出すこともないでしょう。

 ファインダーはホントに素晴らしいです。


(7)ユーザーインターフェース

 操作性についてはD800とそんなに変わりません。ただ,ISOボタンが右側に来たり,AE-Lボタンがマルチファンクションになったりと,ちょっと戸惑うこともありました

 私はD850を機に,完全な親指AFに移行すると決めていて,シャッターボタンの半押しでAFが起動する機能をなくしました。それでも問題なく操作できています。

 ボタンにイルミネーターがついたことも,高感度撮影機では必須の起動だと思いますし,タッチパネルも使ってみると意外に便利です。特にメニューの戻るボタンが右側に出ているのがすごく便利でした。


(8)XQD

 SanDiskのExtremeProを大枚はたいて購入した私としては,D850でCFが使えないのはちょっと残念ですが,今さらCFってのもどうかと思いますし,SDカードなんて不安で使えないですから,XQDを導入しました。

 縁あって,ソニーのGシリーズで,128GBのものを入手出来ました。これ,速いし信頼性も高いらしいしで,なかなかよいです。コネクタの感じもしっかりしてるので,私は安心です。価格も思ったほど高くないですし,CFの次世代規格としてXQDに統合されるようになったので,マイナーなメモリカードを使うという不安はなくなりました。

 選択肢が少ないのはむしろ好都合なくらいで,マイナー故に偽物の心配もいらず,今からだったら,XQDがおすすめです。


(9)高感度特性

 確かに高感度性能は上がっています。D800では常用感度6400に対し私が許せたのは3200まで,D850では常用感度25600に対し,許せるのは6400か12800というところだと思います。実際,6400ならかなり余裕がある感じです。

 増感ではノイズも色もコントラストも破綻しますが,それでも撮影出来てしまうところがすごく,私は初めて,娘が深い眠りに入っている時の顔を撮影することに成功しました。


(10)AF微調整

 最近のニコンの一眼レフにはすでに搭載済みとなっている,ライブビューを用いたAF微調整をD850で初めて試して見ました。

 事の起こりは,どうもフォーカスが甘いように思った事で,4500万画素だし手ぶれもあるだろうし,そもそも本体のLCDの拡大でフォーカスを確認出来るのかどうかわからないとは思うのですが,せっかくなので試してみることにしたのです。

 三脚でカメラを固定し,2mほど離れた場所の壁の模様をライブビューでフォーカスします。そのあとフォーカスモードのレバーにあるボタンとRECボタンを同時に2秒押し込むと,調整値が記憶されます。

 私の場合,全体に-2から-8くらいで,マイナス方向にズレていたのですが,これが被写体のせいなのかボディのせいなのかはよくわかりません。

 結果は,そんなにジャスピンになったという印象はなく,元々のままでも大差なかったかなあと思いました。とりあえず単焦点レンズを3本ほど試してみたのですけど,もう少し様子を見てみます。


(11)バッテリグリップ

 MB-D18という専用のバッテリグリップが55000円もすることは前述しましたが,本体の価格が高いから気が付きにくいですけど,この値段なら安い一眼レフがもう一台買えますし,ちょっとしたレンズなら買えてしまうくらいのお値段です。

 電池ケースにボタンがいくつか付いているだけのものなのに,なんでこんなに高いのか・・・まあ,本体と同じ材料と精度で作るから,本体と同じ堅牢性を持つから,本体と同じ防塵防滴性能を持つから,なのですが,それにしてもD800に頃に比べて2万円以上も値上がりしています。

 調べて見ると,昨年出たD500用のMD-B17も同じ値段なんですね。実売20万円くらいのD500に対して5万円のバッテリグリップって高すぎないかと思うのですが,こういうのって好き嫌いがはっきり分かれるオプションなので,数も出ないだろうし仕方がないのかも知れません。

 私も,せっかくのD850の小型軽量を損なわないように,バッテリグリップは使わないことにしていました。バッテリグリップを付けるとDヒトケタよりも大きくなってしまうのは,以前から疑問を感じていたわけですけど,やはり縦位置で脇があいてしまうことに耐えられず,縦位置を多用する私にとっては必要なものと再認識する結果になり,ヨドバシの在庫が復活した時に買うことにしました。

 結論からいうと,買って正解でした。安定性も使いやすさもばっちりで,AF-S 70-200mmも安定して縦位置に出来ます。

 バッテリグリップを使うメリットはもう1つあり,秒間9コマを実現するために必要なオプションの1つが揃ういう事です。このMB-D18にEN-EL18bというD5の電池,そしてBL-5という電池の蓋の3つが揃うと,秒間9コマというD2Hを越えた速度が手に入ります。

 問題なのはやっぱりお値段で,充電器のMH-26aまで揃えると,10万円かかります。本体40万円に連写速度を上げるためにさらに10万円で合計50万円もかかります。これなら,D5の背中が見えてきますよね。


(12)残念な事

 残念な事は4つありました。

 1つは,AFが動かなくなるという問題です。これは故障でも不良でもなく,レンズを取り外すボタンに,ちょっと触れてしまって起きた問題です。このボタンが2mmほど押されるとレンズが外されたことになってしまうようで,AFが切り離されて動きません。電源を入れ直してもダメで,レンズによってはAF/MFレバーで動くようになるのですが,根本的には一度レンズを外して付け直さないとだめでした。

 以前はこんな経験をしたことがなかったので,ボタンの位置が少し変わったか,ストロークが浅くなったのでしょうね。私の持ち方では,どうもボタンに左手が触ってしまうらしく,急にAFが動かず焦ることが度々ありました。ニコンが対策をしてくれるとは思えないので,残念ながらなれるしかないです。でも,これだけ簡単にAFが動かず,しかも復旧にはレンズを一度外す必要があるというのは,結構致命な気がしますが・・・

 もう1つは,D800にのころからの不満点だったのですが,AF-SとAF-Cのそれぞれで選択したAFモードが記憶されない場合があるのです。

 D850では,AF-Sでシングルを洗濯し。AF-Cで3Dを選択すると,以後はAF-SとAF-Cを切り替えると同時に,それぞれで選択したモードが記憶されています。ところがAF-SかAF-Cのどちらか一方でグループダイナミックを選ぶと,もう一方もグループダイナミックに変更されてしまうのです。

 なにか理由や意図があってのことでしょうが,記憶される場合とされない場合の区別がわからず,取説にもないのでD800時代から謎でした。

 私の勝手で言えば,AF-Cを常用しており,動き回るものに食いついて常時フォーカスが合っている状態を維持しています。一方でAF-Sは動かない被写体をじっくり撮影するときに使うので,シングルで使うのですが,AF-CとAF-Sを切り替えるだけでAFモードも一緒に変わってくれると,一々選び直す手間が省けていいし,切り替え忘れることもなくなります。

 次にストロボです。

 D850ではそれまで搭載されていた内蔵ストロボが廃止されました。このクラスのカメラになると本格的な補助光を用いるか,自然光で撮影するので,光源として欠点の多い内蔵ストロボは使用頻度が低く,廃止には否定的な意見は少ないです。

 確かに,ストロボがなくなったことで見やすいファインダーを搭載出来ていると思いますし,ペンタカバーも樹脂製ではなく,マグネシウムの一体になりました。それに,ふいにストロボがあがって発光するというトラブルの心配もなくなります。

 私も内蔵ストロボは使わない人ですが,ただ1つだけ残念なのは,外部ストロボへのコマンダー機能がなくなってしまったことです。

 D800では,SB-700を買い足すだけで,SB-700をリモートで発光させることが出来ました。ニコンにストロボ制御は高精度で定評があり,ストロボを1つ買うだけでこれを体験出来るというのは素晴らしいと思っていたのですが,D850ではこの機能さえ失われてしまったのです。

 リモートを利用するには,もう1つSB-700を買うか,コマンダーを買うしかありません。これは非常に残念で,それならコマンダー機能だけ搭載する(赤外線だけでOK)のも手だったと思うのですが,残念だなあと思います。

 最後の1つは,現像のワークフローがまだ未整備である事です。私はLightroomを使って管理から現像,印刷までを行っていますが,D850はまだ未対応です。Adobeによると,近いうちに対応しますとアナウンスしていますし,それまでは先に対応したDNG Converterを使ってくれと言う話なのですが,Lightroomのメリットは現像時のカラープロファイルを統一できることにあるわけで,そのプロファイルが準備されていない中でDNG Converterを使うのは,Lightroomを使うメリットもありませんし,後々正式対応したときに困ることになるので,今はLightroomで取りこんでいません。

 ちゃんとした画質の評価は,Lightroomが動くようになってからになるでしょう。でも,これは残念な事と言うより,いずれ時間が解決してくれる問題ですので,そんなに深刻な話ではないですね。


(12)最後に

 ライブビューでのAF精度,そしてサイレントモードでの無音連写撮影を経験すると,ミラーレスも実用範囲に来ているなあと感じました。

 加えて,本格的なミラーレスを開発中というニコンのコメントに加え,高画素と連写を高次元で両立し,一眼レフのアイデンティティーである光学ファインダーに最高のものを奢って,この値段で市場に投入されたD850に,ニコンの一眼レフへの意地を見た気がしています。

 もしかすると,社内的にはこれが最後の高級一眼レフという覚悟があったのかもしれないなと思うほど,現時点で高級な一眼レフに求められるものが惜しみなく投入されているように思うわけです。

 D5の次のD5sまでは出るとしても,その次のD6はもしかするとミラーレスになるかも知れず,D850の後継機はマイナーアップデートのD860で止まるのではないかと思ったりします。

 レンジファインダーが一眼レフに変わり,メカ技術を軸に長く続いたその歴史が,電気の技術によってミラーレスに変わろうとしている今の流れは,もう変えようがありません。

 ニコンがプロのカメラにそれを搭載するかどうか,つまり歴史を残す機材に,歴史を変えるつもりがあるかどうかが,ここ数年ではっきりするように思います。

 私はと言うと,カメラが精密機械から家電品に,財産からモバイル機器になってしまうことへの抵抗もさみしさもあるのですが,最終的に残るのは写真そのものであることを考えると,よりよい写真が撮れる以上の理由はなく,肯定的に考えています。

 おそらくですが,一眼レフが主役になった時代でもライカのようなレンジファインダーの良さを味わう人は消えず,同時に憧れであり続けたことを考えると,おそらくミラーレスが主役になっても,一眼レフは残るのではないでしょうか。

 D850は,ニコンにとっての,最後の一眼レフになるかもしれないという一部ユーザーのつぶやきは,案外本当のことになるかも知れません。

D850を買いました~その1

  • 2017/09/11 15:07
  • カテゴリー:散財

 D850を発売日に買いました。

 D800を買ったのが2012年の7月でしたから,5年ちょっとで買い換えです。

 そもそもカメラなど,買い換えるものではないと思っていましたし,事実フィルム時代には買い換えることの実質的なメリットは,ほとんどなかったと今でも思います。画質はレンズとフィルムで決まり,ボディはレンズを支える役割と,フィルムに決まった時間だけ光を当てるタイマーの役割をしたに過ぎません。

 しかし,デジカルカメラになると,いわばフィルム(と現像マシン)が内蔵されてしまったので,画質を握る大きな要素がボディと一緒になっていまいました。そしてその画質は,年月と共に確実に,そして大幅に向上していきます。

 こうなるともう,ボディを買い換えるメリットは大きく,私も「ボディは消耗品」という考えに勇気を持って切り替えてから,随分気が楽になったことを思い出します。

 ちなみに,D800を購入したときの価格は約27万円。後述するように売却して91500円になりましたから,差額178500円を5年間で2万カット使いましたので,1年あたり35700円,1カットあたり約9円です。

 フィルム1本が36枚として,36枚あたり324円ですから,安いフィルムよりもまだ高いです。しかし,現像代が500円かかるとすれば,半額くらいで写真を撮ってきたことになります。

 だからどう,という話ではないのですが。あらためてデジタル化によって写真のコストが大きく下がっていることに気が付きます。そう,昔は写真を趣味にすると,本当にお金がかかったものなのですよ・・・

 とはいえ,デジタル時代とフィルム時代とでは,コストの質が違っていて,フィルムは変動費ですから,撮影すればするとお金がかかるのに対し,デジタルカメラはほとんど固定費ですので,撮影すればするほどコストは下がります。

 ということは,お金があるなら,一気に買って使い込んだ方が,お得だという話になります。ここ重要ですよ。


 まあ,苦しい言い逃れはこの辺にしておいて,私の場合D810を見送っていますし,次にD800系の後継が出たら,あまり悩まずに買おうと思っていましたので,ここ1年くらいの間は,買うつもりでスタンバイをしていました。

 しかし,ライバルのEOS5D系の値段が大幅に上がってしまい,クラスが1つ上がったことで,どうもD800系も位置付けが変わってしまうのではないかと,そんな気がしていました。

 D800は当時としては(そして今でもですが)怒濤の3600万画素で27万円という破格のマシンでしたから,D850も買いやすい価格になるという期待はしていました。しかし,D750系やD600系という下位のラインナップのこともあるので,おそらく40万円前半くらいになるものと,半ばあきらめていたわけです。

 そして噂が飛び交い,開発が正式に発表され,8月24日価格と発売日,そして仕様が発表になって,私は即座に予約しました。忘れもしません,8月24日の14時過ぎです。

 値段は36万円。非常に効果ですが,40万円を大幅に割り込むバーゲンプライスです。そして私がD800で唯一妥協した,高画素と高速連写を両立させたカメラになっています。欲しい。これを買えば,カメラのせいで我慢を強いられるようなシーンはなくなるはず。

 とはいえ36万円は分不相応で,かなり躊躇したのが本当の所なのですが,機材を処分すれば25万円くらいでなんとかなる・・・品薄が予測出来ただけに,そう考えて予約をしました。

 予約をしたのは中野のフジヤカメラ。D800もここで買いました。あまりお金にならないだろうジャンクに近いレンズもそれなりの値段で買ってくれたので,今回も下取りをあてにして,予約しました。

 結果を先に書くと,幸いなことにD850の予約は成功し,私はめでたく発売日にフジヤカメラに出向き,店頭で支払いを済ませて,自宅に持ち帰ることが出来ました。

 しかし,その前の金策に,紆余曲折があったのです。

 ・・・フジヤカメラに予約する際,店頭で購入するときに,D800などを下取ってもらい,差額分を現金で払うつもりでいました。しかし,店頭では数が多いと待たされることもありますし,荷物が増えてしまうことも困りものです。それに査定額が予測よりも大きく下回ってしまうことや,そもそもの下取り額がD850の発売にあわせて大きく下がる事が考えられます。

 そこで,事前に買い取りをお願いすることにしました。発売まで2週間,その間に店頭に行く機会を窺うよりも,さっさと送ってしまったほうが値下がりと思ったのです。

 キットを依頼して到着するまでに価格が大きく下がり,暗雲が立ちこめている中で処分するカメラとレンズを梱包して送り出しました。D800,MB-D12,AF-S VR DX ZoomNikkor18-200/F4-5.6G,AiAF35mmF2D,AiAF24mmF2.8,シグマのDP1s,タムロンの28-75F2.8とTC-16Aを送って,査定額の連絡を待ちます。WEBから調べた下取り価格はざっと12万円にはなるだろうと・・・

 結果は残念な事に,9万円ちょっと。そりゃ厳しい。訳を聞いてみたら,D800はファインダースクリーンに傷があるので68000円,AF-S18-200は故障しているので2000円,AiAF35mmF2Dは絞り羽根に油が回って3000円と,悲しい話になっています。

 D800はかなり程度が良かったはずなので,これは足下を見ているなとちょっと腹が立ったので,ジャンクに近いものだけ遺して,D800とMB-D12,AiAF35mmとAF-S18-200mmを返してもらいました。

 そして,他の店に売ることを考えたわけです。

 今回買い取ってもらうことにしたのは,査定が心配で夜も眠れない思いをした私に福音となるワンプライス査定を行っているマップカメラです。

 早速買い取りキットを送ってもらい,発送日も確定させました。D800は91500になるんですよ。68000円に18%増しでも8万円ですから,これを割り込まなければマップカメラにして正解ということになります。

 その日のうちにフジヤカメラから返却されてきたので,返却品を確認しました。D800には傷らしい傷は見当たらず,ファインダースクリーンも綺麗なままです。修理が必要なほどではないとフジヤカメラも言っていたので,これならワンプライス査定の対象になるでしょう。

 MB-D12も同様,きれいなものです。残念だったのはAF-S18-200mmで,これは先日書いたように壊れており,復活も出来ませんでした。

 そしてAiAF35mは指摘通り,絞り羽根に油が回っています。これもやむなし。

 目標として,なんとか16万円になると,現金での支払いが20万円に出来るなあと考えていたのですが,当初売却予定だったPlanar50mmF1.4ZFはグリスが抜けて査定が下がることが確実でしたし,GRも手放すが惜しくて,処分し損ねました。
 
 その上,1万円以上になると思われたレンズがまさかの故障とあれば,ここはもう何かカツイレをするしかありません。

 悩んだ末,FA77mmF1.8Ltd.を売りに出すことにしました。

 FA77mmは言わずと知れた三姉妹の長女と言われているレンズで,美しいボケとしっかりした色のりには定評がある中望遠レンズです。このレンズを使えることがペンタックスユーザーの最大のメリットと言われているだけあり,ほとんどガラスじゃないかと思われるずっしりとした質感がまた素晴らしいです。

 とはいえ,私のペンタックスはK10Dだけで,後はフィルムカメラです。APS-Cでは焦点距離も変わりますし,FA77mmの魅力が半減します。かといってペンタックスのフルサイズはK-1だけで,いくらFA77mmが素晴らしいとはいえ,さらに20万円の投資など出来ません。

 それに,FA77mmを「素晴らしい」と思った事が正直なくて,出番は数回にとどまっています。FA43mmはそれこそしょっちゅう使っていたし,その素晴らしさに感動したものなんですが・・・

 これがマップカメラで45000円のワンプライス査定です。この値段で買い戻すことなど出来ませんし,私が買ったときよりも今は値段が上がっていますから,もう二度と使うことはないでしょう。そう思うとさみしいですが,使わないレンズを眠らせてももったいないですし,AiAF35mmやAF-S18-200のように,使わないまま壊れてしまい無価値になることも考えられます。売れるうちに売るのも,大切なことなのです。

 そう思ってFA77mmを箱に静かに詰めました。もう1本レンズを入れて,D800とレンズ達は,我が家を出て行きました。

 果たして査定額はどうなったかというと,なんと157000円です。

 D800はワンプライスで91500円になりました。FA77mmも45000円です。これはありがたい。マップカメラ,ありがとう。

 ちなみにマップカメラ,途中で2度ほど電話をしたりメールをしたのですが,いずれもとても丁寧で気分のいい親切な対応をしてもらいました。フジヤカメラは人に寄りますし,言っていることが二転三転したものですが,マップカメラはそんなことはなく,電話でもメールでもちゃんと履歴が残っていて,一々説明しなくても話がすでに通っているんです。言っていることは一貫していて安心ですし,次は最初からマップカメラにお願いしようと思います。

 結局,フジヤカメラの下取り23000円にマップカメラの157000円,そして購入当日にフジヤカメラで下取ってもらったSB-400が4700円と,合計で約185000円を作る事ができました。なんとか現金での支払いを半分以下に出来たわけです。

 どれも使わないレンズばかりでしたし,売った値段よりも多くのお金を払って買っているのですから,絶対に得にはなっていません。でも不思議ですね,D850が18万円で買えたと錯覚するんですからね。

 そうこうしているうちに,フジヤカメラから初回分の割り当てがあったことを電話で聞き,私は9月8日,中野のフジヤカメラに出向いたのでした。

 今回の買い取りで得た教訓です。

(1)現行品,ジャンクではない人気あるものは,マップカメラで売るのが良い。
(2)ジャンク品などはマップカメラでは値段はつかない。フジヤカメラで売るべし。
(3)最近のレンズは家電品なので,ほっとくといずれ壊れる。使わなくなった時にさっさと売らないと,大損する。
(4)箱がなくてもいいが,送るときには綺麗に掃除をして,動作の確認をしてから送ろう。

 長くなったので続きは明日。明日はD850のファーストインプレッションです。


ゴミ処理機の本質とはこれだ

  • 2017/06/21 10:14
  • カテゴリー:散財


 梅雨の季節になり,本格的に雨やくもりの日が続くようになりました。元来雨が好きな私は,梅雨はそれほど嫌なものではないのですが,それでも衛生面の問題は気になります。

 浴室やゴミ箱のカビ,食中毒,ゴキブリや蚊など害虫の発生,布団やカーペットのダニ,生ゴミの腐敗など,寒くなるまで心配なことが出てきます。

 私は毎日の料理を楽しみにしている人間ですが,買い物から片付けまでを料理と置いている私にとって,最後の未解決問題が生ゴミの始末でした。

 これは現在,嫁さんが寝る前にやってくれています。ゴミの始末をお願い出来るからと言って,好き放題ゴミを出していいかと言えばそういうものではありませんし,誰がやっても生ゴミの衛生面の問題は解決しません。

 肉や魚,野菜を冷蔵庫の外に出しておく人は誰もいないと思いますが,生ゴミになるとそれを抵抗なくやってしまうんですよね,不思議なことに。口に入れないと言うだけで,それは普通に腐り,ウジがわき,ハエが飛び交い,激しい異臭を放つようになります。

 毎日ゴミが出せるならそれも許せるでしょうが,週に2回のゴミ収集だと,生ゴミは不衛生状態の起点となります。隠せば目に見えなくなっても,悪臭だけはどうにもならず,私は昨年から冷凍庫の一部に専用のスペースを設けて,ゴミ出しの朝まで冷凍しておくことで,この問題を回避してきました。

 しかし,冷凍庫にゴミを入れるという気分的な抵抗も,一度常温に出してぐちゃぐちゃと触ったものはすでに痛み始めているわけで,それを冷凍しておくというのも問題の解決になっていません。冷凍庫の中に血や肉,雑菌が付着していれば,それらを後生大事に冷凍保存していることになってしまいます。

 冷凍されたものもいずれは常温に出して口に入れるわけで,その時問題を起こすことは容易に想像が出来ます。

 これはまずい。

 実は,この問題を根本解決するために,料理の出口をきちんと整備することを計画していた時期がありました。衛生的で快適な生活を設計すると言う一連の流れの中で,ゴミ処理機を導入しようと考えたのです。

 当時は自治体の補助もありましたが,いかんせん価格が高く,10万円近くしていました。しかも大きく重く,粉砕による騒音が大きい,堆肥を作るための発酵で異臭が立ちこめる,長時間運転による電気代が結構大きいと,かなり問題があり,当時は断念したのです。

 しかし,先日ある家電量販店のメールを偶然見ていると,安価なゴミ処理機がある事に気が付きました。価格は2万円ちょっと。ポリバケツほどの大きさです。

 「パリパリキューブライト」という,なんだかよくわからない名前のこのゴミ処理機,調べてみると私の生活に実にフィットしていることが分かってきました。

 小さい,安い,は当然として,粉砕機能がないのでとても静か,発酵させるわけではなく,水分を飛ばして衛生的にゴミを減らす,150W程度の低消費電力で,運転時間は6時間から9時間と電気代もそんなにかかりません。これはいい。

 なんでこんなに問題が改善するのか,と冷静に考えてみると,従来のゴミ処理機がゴミを再利用することに目的置いているのに対し,パリパリキューブライトはゴミを再利用しないことに徹しているからです。

 ゴミ処理機とはいいますが,従来のものはむしろ肥料製造マシンです。その原料に生ゴミを使うと言うだけの話であり,家庭菜園をする人に取っては肥料代がゴミ処理費用を上回っていれば,完全にペイするわけです。

 しかし私のように,作った肥料も結局ゴミになってしまう人に取っては,大変に無駄なことをやっていることになります。都会に暮らす標準的な家族のどれだけが,肥料を欲しているでしょうか。

 ここに,家電メーカーの誤認識があります。

 パリパリキューブライトは,その前の機種であるパリパリキューブで見せてくれたコンセプトは,ゴミはゴミのままでいいが,そのゴミを衛生的にして体積を減らし,ゴミ処理の負担を減らしていこうというものでした。

 これは素晴らしい。ゴミはゴミでいいのです。無理に利用しなくてもいいのです。ただ,衛生的で,退席を減らして,我々も改修する自治体も,そのゴミ処理の負担が減ればそれが一番なのです。

 この結果,粉砕機能と発酵機能はなくなりました。脱臭機能を備える乾燥機であれば役目を果たし,小さく安く静かに,そして電気代も安くなりました

 今回のパリパリキューブライトは,さらに小さくポリバケツとうり二つの形状をしています。置き場所を裏から表に出すことも意図した大きな発想の転換があるようですが,この結果処理量が少し減っています。

 ただ,仕様を比べて見るとヒーターのパワーを上げて短時間で処理できたり,選択出来る運転モードを2つに絞ったり,生ゴミを触らずにそのまま処理できたり,消耗品が安くなっていたりと,随所に前向きな改良が見て取れます。

 これはなかなかやり手だな,と設計者や企画担当者の顔を想像しながら,ポチってしまいました。ポイントまでいれて,2万円ちょっとです。

 昨日届いたのですが,見た目も大きさも本当にポリバケツか,ゴミ箱くらいのものです。ACケーブルも長すぎず短すぎずで,150Wくらいの消費電力なのに太いケーブルが使われていて,こういうところもちゃんと目が行き届いています。

 組み立てが若干ややこしいのですが,それも説明書を見ながらなら問題なし。説明書に従って試運転もしましたが,問題はなさそうです。うむ,期待出来そう。

 我が家の場合,三角コーナーの生ゴミ入れを置いていませんでしたが,いろいろ思案した末,パリパリキューブライトのバスケットをそのままシンクに置き,ここにどんどん生ゴミを入れる事にしました。寝る前にこれを本体に入れて,仕掛けて寝てしまうと言う作戦です。

 結局嫁さんの仕事が減らず,むしろ増える方向になるのですが,それでも水分の多い生ゴミを毎日毎日始末するのに比べると,気分的に楽になるのではないかと思います。

 で,早速試してみました。

 昨日出たのは,一玉買ったキャベツの外側の葉っぱ数枚,にんじんとじゃがいもの皮,茄子のへた,ぶどうの軸といったところです。バスケットにほぼ一杯になったので,9時間の運転を行いました。

 朝見てみると,見事にかさが減っています。異臭もしません。見た目も汚くありません。よく乾いています。これをそのままゴミ箱に入れても問題はないんじゃないかと思います。大成功です。

 しかし,これでは野菜ばかりですのでまだわかりません。肉や魚でどこまで衛生状態が保てるのか,水分が完全に飛んでいない場合はどうするかなど,まだまだ課題はあります。

 しかし,スイカの皮であるとか,魚の骨であるとか,卵の殻であるとか,そういうものも一気に処理できるのは素晴らしく,使いこなしを考えるのもまた楽しいでしょう。

 これでどうにか,料理の入り口と出口に目処が立ちました。消耗品がどれくらい供給されるか分かりませんが,長く使えればいいなあと思います。

MacBookAirに240GBのSSD

  • 2017/06/05 12:00
  • カテゴリー:散財

 ここのところ,生活マシンであるMacBookAir(Late2010,4GB/64GB)の動作が緩慢で,使うのが億劫になってきました。新しいMacBookProを買った時に,どうしても比較してしまうだろうから,MacBookAirへの不満が強まるだろうなとは思っていましたが,感覚的な問題と言うよりも,実際に待たされるシーンが増えてことで,作業が中断することが必ず起きるようになったのです。

 もともと,最新のMacBookProでも,キビキビとした動作を感じないのが近頃のMacOSで,これで数年先にはどうなっちゃうんだろうと不安もあるわけですが,一方で古い機種が最新OSの対象に入ってくるのもまた事実で,OSが対応しなくなったら買い換え時だという基本方針の私にとっては,体感上の問題は出来るだけ辛抱しようという力が働きます。

 そうはいっても限度はあり,Safariを起動するのに10秒ほどかかり,URLを打ち込もうとすれば最初の3文字以降が補完されるのにレインボーサークルがクルクル回り続けるという状況は,もはや私を自然に遠ざけるのに十分なものがあります。

 しかし,私のMacBookAirは,メモリこそ4GBになってはいますが,それ以外はボトムの仕様。しかも拡張性は皆無であり,どうにかしたいと思っても,どうにもならないので,もうあきらめていました。

 そんななか,前回のOSのアップデートの際,SSDの空き容量が少ないので出来ません,と言うエラーが発生,データを消したり待避したりして捻出した空きスペースで,ようやくアップデートを行った経緯がありました。

 生活マシンですから,1日生きていれば1日分の情報が集まり,蓄積していくわけで,いずれSSDが一杯になっていくことは避けようがありません。そうやって7年ちかく,生活の澱が溜まっていったのですね。

 SSDが不足することと動作が緩慢になったこととの関係は,私はSSDを使って日が浅いので断言出来ませんが,HDDど違った仕組みで動いているSSDは,容量が少なくなるとパフォーマンスが急激に悪化すると言われていています。データのアクセスもそうですし,OSのスワップの足を引っ張ることもあると思います。

 緩慢になったMacBookAirから遠ざかると,日々溜まっていくデータを整理せずついつい放置するようになり,それがますますSSDを圧迫して,ということを繰り返すようになり,実は私のMacBookAirのメールボックスは,6000通近い未読メールが溜まっています。(もちろん,他のマシンで読んでいるので本当の意味での未読はありません)

 これではいかんと,手を打つことを考えました。

 生活マシンをMacBookProにし,マシンを集約するというのも手です,これは快適な環境を今すぐ得る事が出来る良い方法なのですが,生活マシンを別に確保してあることを前提に15インチを選んだと言うこともあり,どこでも持ち運んで手軽に使うという使い方にはちょっとしんどいものがあります。電池寿命も短いので,Airの代わりにはなりません。

 新しい生活マシンに買い換えるというのも手なのですが,11インチのAirはすでになく,12インチのMacBookは14万円とやや高価です。個人的には,初代12インチMacBookを触った時の印象が最悪で,これは強がって使うマシンだなあと思った事が,2世代目のMacBookを「色眼鏡」でどうしても見てしまう真因になっています。

 iPadProという手もあるじゃないかと言う人もあるでしょうが,MacBookとiPadは別物です。iPadにTimeMachineはありません。iPadで自宅のNASをマウントして使うことも出来ないでしょう。Terminalを起動し,コマンドラインでNASをメンテすることも出来ないですし。(あ,アプリを入れればと言う話は,ちょっと別ですよ。)

 日々発生する情報の最終保存場所としての生活マシンとして,母艦が必要なiPadはそもそも不適切です。

 ということで,ここで話が止まっていたのですが,SSDを増やすという方法がある事を,ちょっと忘れていました。なんとなくですが,MacBookAirのSSDは特殊なもので,簡単にそこら辺のSSDと入れ替えることは出来ない,と思い込んでいたせいもあります。

 調べて見ると,その認識は正しく,HDDのように電気的あるいはメカ的な仕様が決まっているものが使われているわけではないので,基本的には専用品です。ただ,専用品がサードパーティーから複数出ていることを知りました。

 OWCという,PoweMac7600のころに随分世話になった会社から安価なものが出ているのと,フラッシュメモリで有名なトランセンドから出ている事もわかりました。トランセンドのものは入れ替え作業に使い,その後は外したSSDを入れて使う事が出来るケースや特殊なねじ回しも同梱されているキットになっていて,メーカーへの信頼度も相まって,最善の選択しだと思いました。

 価格も,そんなに高いものではないのですが,MacBookAirは世代ごとに専用品が必要なので,ものによっては安いものも,高いものもあるという感じです。

 私のモデルは約が厳しいLate2010ですので,やや高いことは仕方がないとして,それでも240GBで25000円ほど。もうちょっと安ければとは思いましたが,OWCからは120GBしか出ておらず,ケースもねじ回しもないのに130ドルですから,やめました。

 ですが,悪いことに在庫がない店が多いです。最安値で2万円を切っていた店には当然在庫がなく,ヨドバシも在庫切れ,amazonでも非常に高価な店しか残っていません。

 どうせ数日で入荷するだろうとヨドバシに頼んだところ,納期未定という返事で,当面かかるとの見込みでした。そこで慌てて探したところ,あるお店に24800円で見つかりました。こういう機種限定のアップグレーキットというのは,旬を過ぎると値段以前に入手が出来なくなるものなので,あわてて購入です。

 この話,後日談があるのですが,あわてて購入したその3日後に,amazonで在庫が復活し,マケプレからではなくamazonからさらに安い値段で買うことが出来ようになっていました。1000円ほど安く買えたことになっただけに,ちょっと悔しい思いをしました。

 で,SSDの入れ替え作業はTimemachineを使うのが楽で,ちょうど手元にあった64GBのコンパクトフラッシュにバックアップを長時間かかけて取ったのですが,改めて付属の説明書を見て,SSDを外付けのドライブとして認識させるためのケースが付いているこのキットであれば,直接新しいSSDに複製をすれば済む話と,気が付きました。

 何かあったときの安心材料にはなりますが,基本的な無駄な時間でした。

 ということで,240GBのSSDをケースに入れ,MacBookAirをリカバリモードで起動,ディスクユーティリティを起動して復元処理を行いました。これで内蔵SSDが外部の240GBのSSDに複製されました。

 電源を切り,MacBookAirの裏蓋をあけて,SSDを入れ替えます。この作業はあっという間ですね。元の通りに裏蓋を閉じて電源をON。

 ちょっと間がありましたが,全く問題なく起動しました。起動後も元の環境が完全に再現されています。成功ですね。

 空き容量は大きく増えて,180GBを越える勢いです。これってMacBookProと同じだけ入っているわけで,そりゃもう当分心配ないでしょう。

 期待した速度は全然改善されず,相変わらずもっさりとした動きなのでがっかりしたのですが,実はSpotlightがインデックスを再構築していて,CPUパワーをほぼ全部使っている状態でした。ファンもブンブン回っていたのですが,これが収まってから,改めて速度がどれくらい改善したかを確かめてみました。

 確かに体感速度はわずかに上がっているとは思います。しかし,メールのもっさり感は解決せず,ゴミ箱のメールの整理という大事業に乗り出しました。

 届いたメールの大半はゴミメールなのですが,それをゴミ箱にいれて捨てた気分になっていても,大した容量ではないと消去まではやっていませんでした。おかげでゴミ箱には6万通近いメールが溜まっており,ゴミ箱の中身を見るだけでも一苦労です。

 そもそもゴミ箱なんですから,問答無用で消去すればいいだけの話なのですが,少し見ていくと,本来消してはいけないような大事なメールがあやまってゴミ箱に入っていたことが何度かあり,そのまま消してしまうとまずいことになっていました。

 で,例えばニュース関連のメールや,ダイレクトメールなんかは消しても問題ないでしょうが,ヨドバシやamazonなど,差出人だけでは購入時のメールや案内などと区別出来ないので,一応きちんと見ていく必要があります。

 滅多に使わない楽天やYahooなんかも,ほとんどDMだと思ってポイポイ捨てていると実は注文メールだったりします。しかもこの2つはお店から直接メールが来るので,もはや記憶にないような店からのメールだからといって,捨ててしまうわけにもいきません。

 差出人でソートをかけると4時間ほどかかってしまうほど重かったのですが,頑張ってゴミメールは消去して,随分動作を軽くしました。でもまあ,これはSSDにはあまり関係がないかも知れません。

 SafariのURL補完は相変わらずもっさりで,イライラします。いろいろ探っていくと,履歴を消去するともとのサクサク感が戻りました。SSDの問題ではなかったんですね・・・

 25000円の投資に対し,期待した結果が得られず少々がっかりですが,信頼性の向上や空き容量増加のメリットは確実にありますし,外部ケースも付いてくるという事で,価格分のメリットはあったと思います。

 

KEFのQ350を買いました

  • 2017/05/16 15:28
  • カテゴリー:散財

 リビングのオーディオをデノンのDRA-N5からパイオニアのXC-HM86にしてから,音を出すのが楽しく,音楽との接し方も変わって来たことを昨日書きました。

 アンプ1つでこれだけ変わるというのも驚きですし,CM1というスピーカーがアンプによって良くも悪くなることを思い知った気がしますが,そうはいってもやっぱりニアフィールドに適したモニターであるCM1でリビングは少々しんどいなと思っていました。

 これはCM1がダメだという話とはむしろ真逆で,CM1がとても気に入って大好きなので,そろそろ私に返して欲しい,と言う意味です。2mくらいの間隔で目に前に置いたCM1から出てくる音を聞くと,ふっと目の前の光景が消えてなくなるような感覚を覚えます。CM1はこうでなくちゃ。

 そこで適材適所,CM1は返してもらい,代わりにリビング用にいいものはないかな,と探していたわけです。

 するとですね,連休明けの各ニュースサイトに,KEFの新しいスピーカーが出ていました。なになに?「価格破壊」ですか?

 日本のメーカーでも最近価格破壊などという話はしないものですが,英国の,それも定評あるスピーカーのメーカーが価格破壊なんていうのは,ちょっと物騒ではあります。

 見ていくと,第8世代のQシリーズという事です。以前から低価格で本気のオーディオと言うよりも,リビングのホームシアター向けという感じのシリーズだったように記憶しているのですが,とりあえず同軸2ウェイという最大の特徴をどう考えるかです。

 タンノイもそうですが,イギリスってのはなんで同軸2ウェイが好きなんでしょうね・・・

 個人的には,音像が周波数によって動いてしまうことがとても気になり,CM1でそこがきちんと管理されていることの良さを知ったこともあってか,原理的に点音源となり,周波数によって音源の位置が異なることがない同軸2ウェイにはとても興味がありました。

 特にKEFのUni-Qという同軸2ウェイユニットは位相管理もされているらしく,点音源から出てくるのと同等の位相特性を持っているんだそうです。これなら音像がスルスルと動いてしまうことは,ないんじゃないでしょうか。

 また,Qシリーズのうたい文句に,部屋中に音が広がると書かれた箇所がありました。リビングのどこで聞いても不自然にならないことと解釈してもいいんですが,どちらにしてもスピーカーのコンセプトとして,部屋のどこでもそれなりの音像に鳴ってくれることを意識されていることが重要でした。

 CM1のようなモニターは,最適なリスニングポジションが狭く,そこで聞けば素晴らしい音像が得られるかわりに,ポジションの変化による音像の劣化が大きいというものは,やっぱりリビングにはつらいわけです。

 これは,左右方向も前後方向もそうなのですが,上下の高さも結構大変で,目線にツイーターがくるように背筋を伸ばして浅く腰掛けて聞き始めたところ,疲れて深く座り直すと急に音像が変わってしまうため,あわててまた背筋を伸ばして座り直す,てなことが結構苦痛だったのです。

 これでは音楽を聴くのに,疲れてしまいます。

 さて,そのリビングに適したような印象を持った新しいQシリーズのうち,ブックシェルフはQ150とQ350の2種類です。前者は小型,後者は大型です。CM1の時は,その大きさも魅力でしたが,やはり離れて聞くと低音不足が気になりました。後にCM5が出た時に,低音のゆとりをとても羨ましくなったことを思い出し,ここはQ350でいこうと決めました。

 価格差は1万円ほど。これだったら置き場所が許せばQ350です。スピーカーは最終的に空気に振動を与えるものですので,どうしたって物理的な制約が強くて,大きいものが正義となります。

 で,価格破壊といっちゃうくらいですから,価格も期待したいところです。ペアで税抜き68000円が標準価格ですが,私が見積もりをお願いしたお店では税込み送料込みで58700円でした。もっと安い店もあるでしょうが,在庫があってこの値段ですから,ここで決めました。

 さあ,こんなに簡単に決めていいんでしょうか・・・いいんです。自分を信じろ。

 しかし考えてみると,1本3万円未満です。CM1でも安いなあと思っていた(というかこれこそ価格破壊といってよい)んですが,この値段だとそれこそ国産のローエンドです。これで妥協のない音がするはずないですわね・・・

 ワシが若いころはの,1本6万円が激戦区での,ダイヤトーンのDS-77やらオンキョーのD-77やら,価格以上の物量を投入した出血大サービスモデルが覇を競っておったものじゃ。今D-77なぞ作ったら,1本20万円にもなるんじゃなかろうかのう・・・

 そんな話はどうでもいいんですが,ペアで6万円とバブル期の国産品の半額で買えるスピーカーとはいえ,そこは英国KEFの作品です。そう,憧れのKEFなのです。

 私が憧れたスピーカーのブランドというのが,米国JBL,英国B&W,英国KEF,そして英国タンノイです。タンノイは別格なので一生縁がないとして,JBLは昨今の脱線気味にほぼ興味を失い,事実4312Mでの手の抜き方に幻滅しました。

 B&WはCM1で満足しましたし,KEFは使ってみたいメーカーだよなあと思っていた所で,このQ350です。安いモデルで自慢にもなりませんが,私にとってはいよいよ憧れのKEF,なのです。

 KEFといっても知らない人が多いかも知れません。その昔,英国BBCが規定したモニタースピーカー「LS3/5A」を製造するメーカーとして知られた名門です。1000万円を超える超高級モデルも持っているメーカーで,あまり安いモデルは出ていないものだと思っていたら,廉価版のQシリーズは以前から定評があるとのこと,私も不勉強でした。縁遠いメーカーだと思ってましたもので・・・

 いや,もうこの盛り上がりは止められません。

 5月初旬に全世界一斉発売で,ボツボツ展示が出始めたQ350が我が家に届いたのが先週金曜日の夜です。なんの偶然か誕生日の前日という事で,なんとうれしい誕生日プレゼントfor meとなりました。

 ということで,早速CM1と入れ替えることにします。

(1)外観

 私が買ったのはブラックなのですが,正直にいうと,そんなに高級感はありません。ぱっと見れば,素人の自作スピーカーの上手に作ったやつ,くらいに見えたりします。そこはさすがにCM1は素晴らしく,見た目も高そうです。Q350の残念なところは,外観かも知れません。

 ど真ん中にいるスピーカーユニットも,ちょっと違和感があります。我々の目にはウーファーが下に位置しているのが自然に見えるので,この真ん中にドドンと居座るスピーカーは,どうも自作スピーカーっぽく見えてしまいます。

 これでサランネット(グリル)でもあればいいんですが,残念な事に別売りです。1つ2000円ほどですから,同梱して欲しかったなあと思います。

 とはいえ,そこはさすがに名門KEFです。しっかりと精度良く作られています。手で触り,しっかり抱きかかえたときに,ただポンポンというだけではなく,まさに楽器の胴体の如く,しっかりとした音が響くあたり,スピーカーのあるべき姿を垣間見せてくれます。

 個人的経験から,スピーカーは奥行きがないとダメというのがあり,Q350も随分ズドーンと奥行きがあります。そこに綺麗な形状のポートがあり,ここに声を入れると,本当にQ350がしゃべっているような感じになります。いいですねえ。

 端子は廉価版ということもあり,バナナプラグ対応のターミナルが1つだけです。低域と高域で分かれてはいません。バイワイアリングは出来ません。残念。

 大きさですが,分かっていたことではありますが,CM1からの置き換えではかなり大きくなります。私としては許せるレベルですが,他の家族としてはかなり熱燗を感じるんじゃないでしょうか。

 で,ユニットの形というか,デザインというか,これがどうも気持ち悪いんです。好みの問題もあると思いますが,まずエッジにポツポツとある突起。そして中央のツイーターの形状。中央部はツイーターの保護のためだと思いますが,放射状に柵のようなものが出ていて,まるで種がはぜる直前の,花の実か何かに見えます。

 自作スピーカーとの違いを悟るのは,おでこに付いたメーカーのオーナメントです。これもまあ,たいしたことないというか,毒にも薬にもならんというか・・・

 CM1との比較は意味がないと思いますが,高級感や凝縮感は劣ると思いますし,ユニットのデザインもよいとは思えません。見た目はバランスや高級感でCM1の圧勝です。


(2)設置

 セッティングですが,割と胴鳴りがしないので,設置面から大きく浮かせることはしないでおこうと思いました。CM1では4cmくらいの立方体のウッドブロックを足にしましたが,Q350でやってみるとちょっと腰高な音になってしまったので,高さ1,5cmくらいの黒檀の三角柱の頂点を設置面側にして,3点支持をしてみました。

 それなりに重量のあるスピーカーなので,しっかり設置できたのですが,音もしっかり座るようになり,これで決定です。

 本当は壁から離さないといけないのですが,設置上の制約でそうも行きません。ポートに差し込むスポンジも迷いましたが,音を聞いてみて,スポンジを使わずにそのままにすることに決めました。

 ところで,Q350から50cmほど離れたところでたまたましゃべったのですが,Q350から私の声がするので驚いてはっとしたことがありました。私の声に共振して,Q350から音が出ていたんですね。

 CM1も含め,こういう経験はしたことがなかったので,スピーカーってのは本当に音響製品なんだなあと改めて思った次第です。



(3)音

 さていよいよ音です。

 レンジについては文句なしです。やや低音がポンポンいいますが,これは壁が近いことも影響していると思います。それでも200Hzあたりがポンポン言う感じではなく,腰の位置も低く,音が飛び回っている印象もありません。

 高域も欲張らず,しかし自然の伸びていて,どの帯域も気持ちよく聞かせてくれます。耳障りな音も聞こえてこないので,きっと高域の歪みが少ないのでしょう。

 音像の定位ですが,これは本当に素晴らしいです。CM1では本当に真ん中に座らないといけなかったのが,Q350では大体真ん中で十分ですし,少々動いてもきちんと定位します。

 楽器によって,あるいは音程によって音像が動くことも本当になく,特にライブハウスくらいの小さな箱でのライブなどは,拍手ですらぴたっと止まり,その臨場感に目の前に見えているいつものリビングがふっと消えてしまうくらいです。

 音量も十分で,そのリニアリティも良いようです。音量の変化ぬ無理がなく,ついつい音を大きくしてしまいがちなのですが,これってスタックスでも経験しています。

 全体の印象としては,鋭角的な解像度を持っている訳ではありませんが,薄っぺらいきりきりとした音ではなく,豊かな奥行きと表情を持つ,自然で素直な音が出てきています。

 その音は緊張感よりはリラックスですし,解像度よりは表情の豊かさです。しかしレンジの広さも透明感もあり,空間の再現能力が素晴らしいです。イントロが終わり,ボーカルが出た瞬間のゾクゾクは,Q350ならではと思います。

 期待した上下方向の位置の許容度ですが,CM1にくらべて随分寛容になったのは事実です。姿勢もリラックス出来たこともあってか,Kind of blueで心地よくウトウトしたのなんて,久々でした。CM1で居眠りをしたことって,そういえばなかったです。

 低音も豊かに伸びて出てきます。いやはや,立派に鳴っていると思います。人によるとは思いますが,このくらいの豊かさがあれば,オーケストラも楽しんで聴けるんではないでしょうか。


(4)ここが気に入らない

 やっぱり外観です。高級感がなく,繰り返しになりますが自作スピーカーっぽいのは,リビングにはちょっと寂しいです。

 なのに,グリルが別売りというのもいけません。ちゃんとしたグリルがあれば自作っぽく見えないのではないかと思うのですが,ペアで3000円や4000円価格が上がってもいいので,同梱して欲しかったなあと思います。

 あと端子です。Y型の圧着端子がうまく差し込めない太さも悔しいし,バイワイアリング出来ないのも残念ですが,まあ基本性能に関係ないし,見えないところだから許しましょう。

 まあ気に入らないといっても,この程度です。


(5)まとめ

 これが2本で6万円ですか・・・CM1でもびびりましたが,Q350ではもっとびびりました。こんなにいいものが買えるんですねえ。XC-HM86と組み合わせても,10万円ですよ。

 繰り返しますが高級感はないので,そこにこだわる人はダメだと思いますが,音は間違いなく素晴らしく,かつリビングに置いても立派にみんなを満腹にするだけの能力を持っています。

 ある特定の位置の人だけを満足させるのではなく,そこにいる人をみんな満足にするというQ350の性格は,まさに私が求めていたものです。聴く側にも集中力が必要な極端な解像度はないですが,臨場感と自然なレンジの広さを持ち,音そのものと言うよりも空間を組み立てることに,能力を割り当てているという気がします。

 もちろん,細かい音も聞こえますし,とても繊細な表現力も持っていますが,それらが目立つことなく,様々な音を調和して空間再現の「材料」になっていることが,Q350のよさです。

 こういう,リラックスしたスピーカーは私は初めてでしたし,これまでは避けてきたので,新しい発見をしました。

 これまで聞き慣れた音楽を散々聴きまくりましたが,どれも好印象です。ちゃんと聞くならヘッドホンで,と思い続けてきましたが,Q350ならリラックスして,ちゃんと聞くことができそうです。

 そしてなにより,肩の力を抜いて,音楽を楽しむことが出来るのが素晴らしいです。音と向かい合うと言うより,音に包まれるという感じが,CM1とは違うなあと思います。
 
 Q350は,このサイズが許されるなら,間違いなく満足出来るスピーカーだと思います。この値段なら売れるだろうなあ・・・


(6)余談

 CM1は自分の小さい部屋に戻しました。よくマッチしているアンプに繋いでならしましたが,やっぱりいい音します。安心しました。


(7)余談2

 グリルがないままいこうかと思いましたが,5歳の娘がものを投げたり,振り回したりする度に「あーー」と声を上げてやめるようになだめるにももういい加減疲れました。娘も「ええかげんにせえよ」という顔をしているので,グリルを付けることにしました。

 まだ出始めという事もあり,見積もりを取ると1つで4000円と回答してきた店もあったのですが,正しくは2つで4000円らしく。これなら自作しないほうがいいということで,注文しました。

 自作するのも良かったかなあ。

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed