エントリー

2006年09月16日の記事は以下のとおりです。

ES2実用範囲へ

 タイミングコンデンサ用のスイッチの調整ビスを試してみようと,昨夜試してみました。

ファイル 28-1.jpg

 これがその部分の写真です。ぱっとみると,時間を調整するためのものであることは間違いなさそうです。

 試してみると,やはり1/1000秒の露光時間が大きく変化します。調整範囲いっぱいのところで1/1000秒の露光時間を1.4ms程度出すことが出来ました。

 平行して1/500秒や1/250秒も狂うかと思ったのですが,そうはならず,なかなか精度良く制御できているようです。

 これで当面の問題は解決した,と喜んでいたら,今度はメカシャッターの1/1000秒がおかしい。先幕の速度が遅く,コマの端っこで幕が重なってしまっています。

 いやらしいのは,何度かシャッターを切っているとこれが解消してしまうことです。時間がたつとまた重なります。先幕のテンションを少し上げたのですが,重なりが発生するまでの時間が多少延びた程度で,根本的な改善にはなっていないようです。

 思い当たる節がないわけではありません。このES2は私がカメラ修理を始めたきっかけで,訳も分からず注油をしたカメラでもあります。

 露光ムラが大きいのはそのせいがあると思っているのですが,まさか幕が重なるほどになってしまうとは・・・

 この問題は,オートモードでは出ません。だから実用的には全然問題はないのですが,ほっとくわけにもいきませんので,対応を考えたいと思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2006年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed