エントリー

2007年01月24日の記事は以下のとおりです。

MEsuperのコマ間隔の問題

 少し前に書きましたが,MEsuperのコマ間隔が不揃いで,重なってしまうこともあったりするという問題は,分解掃除を行ってとりあえず大丈夫そうな感じになっていました。

 その後,実際にフィルムを通してみたのですが,きちんと直っておりました。びしっと綺麗に揃っているとまではいきませんでしたが,ほぼ揃った間隔で最後まで撮り切れていますし,無論重なってしまったりするという事故も起きていません。

 操作もなめらかになり,やっぱり面倒でもやってみるもんだなあとつくづく思いました。

 しかしこのMEsuper,こないだも書きましたが,ありとあらゆる部分に問題を抱えていました。実は先日も,開放測光用の連動環が油で固着しかかっていて,回転しづらくなっていました。

 これを分解掃除するには,なんとまあミラーボックスを前板から外さないといけなくて,そのためにはかなり深い部分まで分解する必要が出てきます。

 私の整備の基本は,触らなくていい部分は触らない,ですので,ついでだからやっておこう,という「良い心がけ」は,かえって失敗の原因になると避けるようにしています。

 今回はそれが裏目に出て,何度も何度も分解する羽目に陥っているわけですが,分解の回数が増えるほど,壊れていない部分が壊れてしまったりするので気を遣います。

 このMEsuperの場合,何度も分解したことで,気が付くとどこかのリード線が切れていたとか,真っ青になるような事故も度々あって,随分と気をもみました。

 開放測光用の連動環は分解が面倒だったし危険だったので,ベンジンで古い油を溶かし,隙間からティッシュペーパーを差し込んで吸い出しました。

 古い油を取り去って,ベンジンで薄めた油を差して,ようやくスムーズな動作を得ることが出来ました。

 そんなわけで,とりあえずMEsuperについても,もうやることは全部やったなあという感じです。これまでテストしてなかった1/2秒や1/4秒なども問題ないことがわかりましたし,実用機として活躍できそうです。

 ただ,昨日も書きましたが,どうも無理をしているというフィーリングが,ものすごく心地よさを削ぐのですね。撮影していてもあまり楽しくないのです。同じFA43mmでも,MZ-10を使った方が楽しく撮影でき,不思議なことにそれは結果にも出てきます。

 MEsuperは今でも人気のある機種の1つですが,本当のところ,なにが評価されてこんなに人気があるのか,はかりかねています。

 まあ,この個体があまりに程度の悪いものであることは自明であって,本当のMEsuperはこんな悪い感触ではないのかもしれません。そのあたりは謎のままです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2007年01月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed