エントリー

2007年05月08日の記事は以下のとおりです。

3年ぶりの携帯電話の買い換え

  • 2007/05/08 13:29
  • カテゴリー:散財

 携帯電話を買い換えました。

 いっときますが,私はどっちかというと携帯電話が嫌いな人で,あると便利だから持っているという程度の凡人です。

 そんなだから,携帯電話に求める物は,通話とメールとiモードなどのちょっとしたブラウザであって,それ以外のカメラや音楽再生,ゲーム,テレビなどの機能は全然必要性を感じていません。

 さらにいうと,そんなだから,大きく重たいことはなにより苦痛なわけです。携帯電話は持ち歩いてこそ価値があるわけですが,大した期待もしていない携帯電話が必要のない機能で肥大化することは害であると思うわけです。

 人それぞれなので,あくまで私特有の考え方に過ぎず,実際の所こういうニーズを満たす電話機はほとんど発売されないか,発売されても傍流のマイナー機種になっていることが多いのです。

 ところが,ドコモの703シリーズでは,一気に私の好みに近づいてきました。モトローラのM702iSなどもかなり気になったのですが,無理矢理海外の携帯をドコモ仕様に仕立てた故のいびつさに違和感があり,結局買わずにいたのですが,久々のストレート型で厚さ9.9mmというD703iには,スクエアなデザインもあって,私の琴線に触れたのでした。

 機能的にも妥協はなさそうです。メモリカードは使えませんが,カメラも音楽再生も期待しない私にとってはかえって邪魔なくらいで,その潔さにかえって好感を持ちます。むしろ興味深いのは,システムはD903などの上位機種と共通なところも多く,700シリーズながら,900シリーズに匹敵する機能を有していることでしょうか。

 大事なことはサクサク感。最近の三菱の携帯電話はこのあたりもなかなか良くできていて,やはりD703iは私にとってはぴったりという感じです。

 AUあたりでは,ストレート型の薄型携帯は,デザインコンシャスで人気が高いのですが,D703iも同じ路線で人気が出るかなと思っていたらさっぱりのようで,先日実家のある大阪に戻った際に機種交換をしたときの価格は,3980円でした。もっと安いところもあったと思います。

 さて,ちょっと使ってみたところで,インプレッションです。

・薄い
 なんといっても9.9mmです。ズボンのポケットに入れても違和感がなく,鞄に入れても膨らみません。これだけでもこの携帯電話の価値があるというものです。

・取り回しが楽
 これまで使っていたSH900iは折りたたみで,分厚く角が丸いことから,ポケットから取り出す時になかなか摘めず,イライラさせられることもしばしばです。D703iの場合,薄い事に加えて角張っており,また長いのでささっと摘み出して使うことが出来ます。

・操作感もよい
 ボタンも少し飛び出していることから押しやすく,SH900iに比べても快適です。ただ,縦に長くボタンの位置が低いので,手に持ったときにボタンが若干押しにくいです。

・キーロック
 ストレート型は勝手にキーが押されてしまうことが懸念されるため,キーロックは必須なわけですが,D703iはD903などと違い,キーロックボタンの長押しでロックの施錠と解錠を行います。これがなかなかテンポが悪く,結構厄介です。
 それに,キーロックの自動施錠は,待ち受け時にのみ有効であるらしく,例えばメニューを表示させたままだったりするとロックが自動でかかりません。言われてみれば納得のいく仕様ではあるのですが,ある時はロックがかかり,ある時はロックがかかっていないという挙動の違いに,結構考えてしまいました。
 そうそう,PWRキーを押せば,ロック中でも画面が点灯し,メールなどの状態が確認できます。この操作では解除は出来ませんが,解除するに値するかどうかを手軽に確認できるのは便利です。加えて着信中は通話開始で一時的にロックが解除されます。キーロックは誤動作防止と利便性のトレードオフですので,この仕様はとてもよく考えられたものだと思います。

・カメラ
 カメラには期待をしていませんでしたが,それで正解でした。画質も次第点で,QRコードの読み込みと,ちょっとしたメモくらいの感じで使うのが精一杯というところでしょう。ついでいうと縦位置では,ついついカメラに指がかかってしまうので,写真に指が写り込んではがっかりすることもしばしばです。

・日本語入力
 文字も見やすく,レスポンスもよいので日本語入力にはストレスを感じません。また,自動でカーソルが右に移動する機能があるため,同じキーの連続押下で文字を出すこと(たった,などの入力ですね)で,いちいち矢印キーを押す手間も省けます。
 戸惑ったのは小さい「っ」などの入力で,SH900iではタ行を6回押せば出てくるのが,D703iでは「つ」を出し「小文字」キーを押します。キーを押す回数はD703iの方が少ないのですが,キーを押しかえるという作業になれないうちは,スムーズに入力出来ないです。
 そうそう,基本的なことですが,SH900iはキーの読みこぼしがありました。D703iではそれはありません。これだけでも実に快適です。

・待ち受け画面
 私はあれこれカスタマイズする人ではないのですが,カレンダーの表示に制約があるのがちょっと困りました。カレンダーは表示エリアの最低1/3を必要とする大きなもので,SH900iのように画面の隅っこにちょこっと出すという事が出来ません。待ち受け画面と重なってしまい見にくくなるので,私は結局非表示にしました。

・画面
 QVGAですが全然問題はなし。輝度も発色も十分で,私はこれ以上の液晶を欲しいと思いません。ただ表面は傷がつきやすい感じがあるので,保護フィルムは必須でしょう。

・まとめ
 ドコモでは唯一無二な携帯電話ですので,10mmを切る厚さにストレート型が欲しいと思えば,これ以外に選択肢はないわけですが,特に不満は見つかりません。とてもプラスチッキーですので所有欲を満たす満足感はありませんが,デザインも色も(私は黒にしました,というより黒しか在庫がなかったのです)気に入っていますし,操作感も良い。これまで私が,いかにSH900iを我慢して使ってきたかがよくわかりました。

 携帯電話を持ち歩くことが苦にならなくなったことは本当に大きいのですが,反面で落としやすい,壊れやすいということもいえるでしょう。SH900iは実に頑丈でしたから,ちょっと扱いを変えないといけないかも知れませんね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2007年05月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed