エントリー

2008年06月03日の記事は以下のとおりです。

バナナ存亡の危機

 ちょっとした雑談。

 バナナが絶滅の危機なんだそうです。

 その昔高級品だったというバナナがそこら辺で安価に手に入る果物になって随分経つわけですが,そのバナナがまさか絶滅とは。

 現在食べられているバナナは,昔食べられていた種類のバナナとは違うのだそうですが,昔のバナナはなんと病気(パナマ病といってバナナのガンと言われているんだそうです)によって絶滅したんだそうです。

 それでバナナ栽培の会社がなんとか探し出して,その病気に耐性のある種類のバナナを作るようになったとのこと。ところが最近,今のバナナにも耐性がなく,治療法もない新パナマ病が流行しているらしく,主な生産地であるラテンアメリカへの上陸も時間の問題ということです。

 今年の春には中国でも大きな被害をもたらしましたし,発生地であるマレーシアから徐々にその被害は拡大しているそうですが,こういう話ってもっときちんと報道して欲しいなあと思うわけです。

 バナナを食べたときのことを思い出して欲しいのですが,種がありませんよね。食用のバナナは種なしなのです。つまり種では増えないということです。

 現在のバナナは,挿し木で増やされたもので,いわばクローンです。突然変異も耐性獲得も全く期待できないのはそのせいです。

 厄介なのはこの新しいパナマ病は,他の種類のバナナにも広がる可能性があったりするそうで,もし本当ならバナナ存亡の危機です。

 一方,バナナは遺伝的な多様性が乏しく,病気や環境の変化に対応するのが下手くそという意見もあり,ほんとかどうかは別にして,もはや遺伝子操作で強いバナナを作るしかないという意見も出る始末です。

 私個人はバナナが好きではないのですが,栄養価の高さ,独特のおいしさ,手軽さから見た実用的価値に加え,プランテーションの代表的品種であり,列強の支配と植民地の搾取の歴史の生き証人として,バナナが消えることには寂しいどころか,かなり問題だなあと思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2008年06月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed