エントリー

2008年09月29日の記事は以下のとおりです。

読書灯で知ったLED照明の明るい未来

  • 2008/09/29 12:58
  • カテゴリー:散財

 私は本と本屋と図書館が好きで,毎日のように本屋に立ち寄り,ぐるっと一周するのが楽しいという人です。しかし,およそ読書が趣味,と言い切るほど高尚な本を読んでいるわけではない(そもそもこういう高尚な本が手に入りづらくなっているのもまた事実)ので,私をよく知る人たちだけが,私が本好きであることも知っているという感じでしょうか。

 もっぱら寝る前に活字を読んで眠りに就くというのが長年の私の生活パターンなのですが,部屋の照明は今ひとつ暗い上に,仰向けになって本を読むと影になってしまい,結局暗いままです。

 しかも,夏は暑い。天井から吊された蛍光灯は結構熱を出すものです。そこで,手元に置いておける読書灯が以前から欲しかったのですが,従来の蛍光灯や白熱灯ではそこそこ大きく,やっぱり熱がかなり出ることに抵抗がありました。LEDが照明器具として実用的になることを心待ちにしていたのです。

 そして,その時が2008年秋にやってきました。

 ツインバードの「LE-H222B」です。某サイトで紹介されていたのでご存じの方も多いと思いますが,まさにこれが私の考えていた読書灯にぴったり当てはまったのです。

 ただ,どうも人気商品のようで,在庫のあるお店が意外に少なく,私も入荷を1週間ほど待つことになりました。秋の読書シーズンに間に合って欲しいなと思っていましたが,9月初旬には手に入っていました。

 届いて現物を触っていると,畳に布団を敷いて寝る私の枕元に,どうやってこれを置くのかと,考え込んでしまいました。

 LE-H222Bはクランプでいろんなものに固定できます。挟んだものを傷つけないようにウレタンフォームも付いていて,よく考えられているなあと感心するのですが,いろいろ試した結果,頭上にある引き戸の端をクランプで挟むことにしました。軽いし小さいからこうした芸当も可能なんですね。

 照明が当たる角度もかなり自由度があるのですが,私が取り付けた向きではちょうど下向きに出来ず,逆向きに一周回してやる必要があったりします。これは少々面倒ですが,仕方がないです。

 あと,明るさの調整が2段階しかないのですが,明るいときと暗いときの落差が大きく,結局暗いときの明るさでは本を読むことは出来ません。ここで無段階で明るさを調整出来たりすると,さすがLEDだなあと思えたことでしょう。残念です。

 で,使ってみて1ヶ月,これはかなりよいです。レンズで集光してあるためにちょうど読書に適当な面積だけが明るく,他が明るくなる事もありません。十分すぎる明るさに加えて,発光色も電球色であるため,蛍光灯よりも見やすいという印象です。

 そして頭の真上にあるにもかかわらず,ほとんど熱くありません。消費電力が低いことも,電球を交換しなくてもよいことも,気が楽で結構なことです。

 電池で動く物もある中で,この商品はAC電源です。小型のACアダプタから電源が供給されていますが,本体とは直づけされているので,AC専用機と考える必要があります。しかし,電池で動く物は明るさが足りないですし,こうしてAC専用機になることでまぶしいくらいの明るさが確保され,しかも電池切れの心配もないというのは,私にとっては好都合です。

 この読書灯で読了したのが,1000ページほどある分厚い文庫本でした。暗いところで読書すると,疲れて読み進めることが難しく,結果的に目を悪くすることもあるのですが,さすがに読書灯を使えば疲れ知らずでどんどん先に進めます。

 まず読書灯のような用途からLEDが使われていくんだと思いますが,今回私はこの「第3の照明」を初めて日々の生活に取り込み,10年後,20年後の生活がより快適になっているであろうと想像することが出来ました。

 おそらくですが,この商品のヒットを受け,他の会社からもいろいろなタイプのものが出てくると思います。ACで動く物から選べばそんなに外すことはないと思いますが,値段も下がってくることが予想され,もう少しするといろいろ選ぶことも出来るでしょう。

 寝る前に5分でも10分でも本を読む習慣のある人は,その読書が快適になるように,1つLEDの読書灯を検討してみてはいかがでしょうか。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2008年09月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed