エントリー

2008年10月03日の記事は以下のとおりです。

LE-101Aも届きました

  • 2008/10/03 14:56
  • カテゴリー:散財

 PE-101Aを手に入れて裸でならし,その素性の良さに驚いてしまい,これはいい加減なエンクロージャを自作したのではもったいないと,専用のエンクロージャLE-101Aを買うことにしたのですが,意外にも数日前に届いてしまいました。

 もう少し大きさがあると思っていたのですが,届いたLE-101Aは想像以上に小さく,10cmのフルレンジのエンクロージャとしては少々物足りないのではないかと不安になります。しかしさすがにメーカーの完成品だけあり,木材加工は素晴らしく,たしかにこれが1つ1万円ちょっとというのは素人には真似が出来ないなあと思います。

 ただ,サランネットは非常にチャチで,接着剤のはみ出しや糸引きがそのままになっていたりします。こういうところに中国製のいい加減さが出てますね。見えないところだからよい,というのは正しくもあり,誤りでもあります。

 ユニットの取り付けはとても簡単で,エンクロージャから出てくる配線を取り付け,ユニットに付属するパッキンを挟み込んで木ねじで締め付けるだけです。

 早速ならしてみましょう。場所も仮置きで,アンプもすぐに試せる状態にあった自作のMOS-FETアンプ(考えて見るとこれを作ってからもう20年経過してるんですね・・・)です。

 ・・・これが良くできたフルレンジの音,なのでしょうね。全体として低域が完全に不足し,高域もややもの足りません。普段CM1を使っているだけに,余計に「足りないな」という印象が強くなります。CM1は高域も低域もなんとなく不自然ですから。

 ただし,アルミコーンようなトゲもありませんし,もう一歩欲しいなと思う一方で自然さには疲れが出ません。

 低域はバスレフポートからもあまり低音が出てきてないのですが,これは妙な味付けを廃し,低域と中域のバランスを考えた結果であると解釈しています。そもそも低域はかなり不足しているのですが,そこはサイズの小ささゆえ最初から期待してはいけないところだと思います。

 素晴らしいのはやはり中域,特に「人の声」です。目の前に「ぽっ」と立体的に現れる人の声は,作り込んだ美しい声ではなくあくまで普通の自然な声です。この中域を楽しむのがPE-101Aの真骨頂なんではないでしょうか。

 フルレンジゆえに,すべての音域が同じスピーカーから出てきますので,音が散らばらず,楽器の場所がチョロチョロ変化しません。抜群の定位感は聞く人に安心感を与えてくれます。位相特性も良いので,楽器の位置を非常に細かい分解能で特定することも出来ます。CM1でも感じた印象ですが,フルレンジなら安くても可能になるという例でしょう。

 面白いと思ったことが1つあります。大音量時には物足りなさを感じたPE-101Aも,小音量時には非常に心地よいのです。理由を考えてみたのですが,人間の耳は小音量時には元々低域と高域の感度が下がります。だから,小音量時には聞こえなくても当たり前と思うのではないでしょうか。人間の耳(といいますか脳ですが)は,本当なら出ていない音を出ているように錯覚することがあります。

 音響心理学という領域の話で,本当は出ていない低音を出ているように錯覚させるようなエフェクトが,すでにJ-POPSを中心とした制作現場で当たり前のように使われています。

 今回の件が音響心理学で扱われているようなものかどうかは分かりませんが,1つには絶対的な音量と低域あるいは高域の聞こえ方の関係から,小音量時には低域と高域が不足しても違和感を感じないというのがあると思いますし,さらにそこから,低域と高域を脳内補完していたのではないかとも思います。

 大音量時には脳が期待している低域と高域のレベルが大きくなりますから,期待に届かない現実との間に違和感を感じるのでしょう。

 ということで,静かな部屋で,人がひそひそと話すくらいの音量で,楽器の数の少ない,出来れば声の入っている音楽を「馴染ませる」ようにならすのが,一番ぴったりだと思いました。

 CM1はある程度のパワーで駆動してやらないとダメなスピーカーですから,あまり小さい音ではつまりません。それに小音量という事は自動的に近くで聞くことになりますから,設置も小さい範囲になります。そう考えると,もう全然違う使い方のスピーカーだということになってきます。

 小音量なら,と自分で設計した6V6シングルを引っ張り出して来ました。3.5W+3.5Wという非常に小さなアンプで,これまで出番はほとんどありません。音も窮屈でスケール感がなく,これといって特徴もありませんが,ひょっとするとPE-101Aにはマッチするかもしれません。

 試してみましたが,結果は×。せっかくの中域も耳障りになっています。歪みの出方が良くないのでしょう。音量を大きくしていけばますます歪みっぽくなり,かなりしんどいところです。アンプの自作というのは難しいものだと,つくづく思いました。

 中域を大事にするなら,やはり三極管でしょう。6V6を三極管接続で使い,負帰還を減らすという「今時の真空管アンプ」っぽく手直しすると,いくらかましになるのかも知れませんが,6V6はビーム管接続でもそんなに音は悪くない球です。もしかすると初段の動作点が悪く,ここが不快な歪みを作っているのかも知れません。

 PE-101Aはとにかくフラットで,LE-101Aとの組み合わせにおいては,物足りない低域と高域を無理に出そうとせず,あくまで自然な心地よい音を出すスピーカーです。数時間ならしてみて,少しだけ低域が出てくるようになりましたし,歪み感も減ってきて,より自然な音になってきたように感じます。

 きちんとしたリスニングルームでなくとも,ちょっとしたスペースで良質なBGM(そう,あくまでBGMです)を満喫できると考えると,良い使い方が出来るなと思います。

 しかし,これだけ素性がよいと,もう少し大きなエンクロージャにいれて低域を伸ばしてみたいなあと欲が出ますね。もし今からPE-101Aを手に入れてみようと思われた方は,少々面倒でもエンクロージャは自作されることをおすすめします。


 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2008年10月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed