エントリー

2009年03月12日の記事は以下のとおりです。

新しいiPodShuffleにアップルの姿勢をみた

 新しいiPod Shuffleが出ました。従来のShuffleも「小さい」という印象を持ったものですが,今回のものはさらに半分の大きさになったと言いますから,かなりのものです。

 操作ボタンは本体からは姿を消し,代わりにヘッドフォンケーブルの途中にあるリモコンで操作をします。ということは,ヘッドフォンを自分の使っているものと交換出来ないということになります。

 まあ,そこまでこだわるべきモデルかどうか,そこまでこだわり人が買うのかを考えると,そこそこの音がするヘッドフォンが利便性を優先して「専用化」することは,そんなに否定的な話ではないでしょう。

 容量は4GBです。価格は8800円です。ちょっと高いかなあという印象は拭えませんが,これだけ小さいサイズになると,競合は音楽プレイヤーではなく,Bluetoothのステレオヘッドセットになってしまうような気がします。

 今回のiPodが私の琴線に久々に触れたのは,VoiceOverです。

 4GBという容量は,初代のiPodが5GB,あるいは初代のiPodNanoが4GBであったことを考えると,かなりの大容量であると考えて差し支えがありません。128kbpsのビットレートならざっと1000曲ですので,「シャッフルする面白さ」と刺し違えてディスプレイもプレイリストも廃止したiPodShuffleという画期的な商品としても,さすがにこのくらいの数を相手にシャッフルするのはちょっと多すぎるという印象があったのでしょう。

 さすがだなと思うのは,そのNANDフラッシュの低価格化という追い風に乗って大容量化したストレージが,むしろシャッフルの面白さをスポイルするという商品の根幹を揺るがす事態に,とてもスマートな解決策を搭載したことです。

 1つは,プレイリストへの対応,そしてもう1つがVoiceOverです。

 曲数が増えたのですから,プレイリストという「ユーザーによる範囲選択機能」を搭載することは,至極自然な発想です。おそらく誰でも思いつくことです。

 ただし,プレイリストに対応すると,操作が複雑になることと,どうしてもユーザーに情報を伝達する手段を持たなければならなくなるのです。

 日本のメーカーなら,ここで小さいLCDなり有機ELなりのディスプレイを無理矢理のせたんじゃないかと想像できるのですが,それはnanoとの棲み分けの問題もありますし,画面を廃止するという最初のコンセプトに矛盾します。

 大事なことは,そのコンセプトは広く受け入れられ支持されているという事実です。ディスプレイを廃止したことは同時に,ディスプレイが持つデメリットも消え失せたことになります。価格が上がる,大型化する,割れやすくなる,消費電力が下がり電池を小さくできる(ということは安く小さくできる),などです。

 アップルは,自らの提案した考えを曲げず,優先度としてディスプレイの復活を選びませんでした。冷静に考えると,もしここでディスプレイを搭載したら,必要がない,むしろなくてよかった,と考えている多数のユーザーのためというより,容量が増えてプレイリスト対応が必要になった,メーカー側の都合のため,ということになってしまいます。

 私見ですが,日本のメーカーには,こういう「自分達の都合」を優先する空気が蔓延しています。アップルがさすがなのは,こういう難しい状況で,原点がぶれないことだと思います。

 さて,そうはいっても,表示はなし,あるのは数個のボタンだけ,LEDを1つ2つ付けたくらいではプレイリストへの対応など無理です。そこでアップルが採った作戦がVoiceOverです。

 確かに,iPod側からユーザーに情報を出す方法として,表示がなければどう転んでも音しかありません。音で伝えるには,もうそれは「しゃべる」ことしかありません。

 ここに気が付いてしまうと,実は技術的にはなにも問題がないことに気が付きます。まず,肝心なプレイリストですが,iPodはiTunesと一緒に使わねばなりませんので,処理の重い音声合成はiPodでやる必要がありません。プレイリストもiTunesが持っているわけですから,音声合成に必要な情報は全部iTunes側にあります。

 MacOSX10.5については,音声合成エンジンに非常によいものが搭載されていて,10.4以前に比べてはるかに自然な声を合成できます。TTS(Text To Speech,つまり音声合成のことをこう略します)はMacOS7の時代から入っていたように記憶していますが,障害者への対応という機能以外で大々的に使われるようになるのは,これが初めてではないでしょうか。

 MacはOSがTTSをサポートしているのでよいとして,ではWindowsはどうするのか,ですが,これはもうiTunesと一緒にインストールしてもらうしかありません。アップルのホームページにある音声サンプルは,MacOSX10.4とWindowsは同じものですので,同じエンジンが使われているのでしょう。

 ただし,これは英語の話であり,日本語を含む他の言語については,すべてのMac,すべてのWindowsで共通のエンジンのようです。残念ながら日本語はかなり苦しいです。他の言語についても,お世辞にも綺麗とはいえないと感じました。

 私は以前,仕事の関係で日本語を含む多国語のTTSにかかわったことがあり,その当時のレベルでもはるかに綺麗なTTSに成功してた例を知っています。それを考えると,ちょっと残念だなあというのが本音です。まあ,アップルのことですから,次のテーマとして考えていることでしょう。幸い,iTunesで実現しているわけですから,本体を買い換えること無しに,そのTTSのクオリティが向上することは大いに期待が持てます。

 電池残量も話すそうです。ただしこれはさすがにiTunesで作るわけにはいかないでしょうから,2つなり3つなりの音声を録音しておき,これを再生するようにしているだけだと思います。その場合,多国語対応はどうなっているのかと疑問がありますが,各国語で3つほど録音するとして全部で50ほどのスピーチですので,実は大した容量ではありません。

 こうして4GBの大容量ストレージをプレイリストで使いこなすことは可能になりましたが,一方でAppleLosslessにも対応したことで,NANDフラッシュの価格低下という恩恵を,利便性にあてるか,音質にあてるか,エンドユーザーに選んでもらおうという姿勢が見て取れます。

 ということで,質感の高さと余計なものを持たないシンプルさ,そしてシャッフルが楽しいというコンセプトを維持したまま,4GBという初代iPodに匹敵する大容量を見事にねじ伏せた新しいiPodShuffle,私は脱帽です。もう買うしかありません。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2009年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed