エントリー

2009年05月07日の記事は以下のとおりです。

なんだか知らんが最近モバイルブームになっている私

  • 2009/05/07 14:11
  • カテゴリー:散財

 AdvancedW-ZERO3[es]を今さらながらに手に入れました。

 先日W-SIMを手に入れたわけですが,その利用価値を高めるために,以前からなんとなく欲しかった(実はとてもうらやましかった)W-ZERO3シリーズを使ってみようと思い,差がしてみることにしたことが始まりです。

 ヤフオクをざっと見てみましたが,大体相場はAdvancedW-ZERO3[es]で1万円ちょっとくらいのようです。私の場合,ヤフオクは有料会員ではありませんから入札は難しいのが現状です。そもそもオークションは現物も見られませんし,動作確認も出来ません。安く買えても外観やLCDの傷,キーの状態や汚れなど写真ではよく分からないですから,ちょっとためらいがあります。(安くではなく高く買ってこれだと泣きたくなりますし)

 あと,ヤフオクは,どうも喫煙率が高い様な気がして,私の場合大概たばこ臭くて困ります。古本はやっぱりちゃんとした古本屋で買うに限りますね。

  てことで,連休中に実家に帰省した際に,日本橋の中古屋さんをぶらぶらしてみました。案外取り扱いが少ないのでがっかりしたのですが,こういう場合はやはりソフマップ,複数の在庫があるのはここだけでした。

 値段はざっと17000円から18000円というところです。程度の悪いものは14000円くらいからあるようですが,AdvanceではないW-ZERO3[es]が7000円くらいで売られているのを見ると,果たしてAdvanceに1万円の差があるのかどうか,ちょっと悩んでしまいます。

 と迷っているのもなんなので,店員さんに話を聞きます。彼もAdvancedW-ZERO3[es]のユーザーだそうですが,ユーザーとしてはやはりAdvanceの方がおすすめだと。私が気にしていたWindowsMobileのバージョンが6になったこと,CPUクロックが上がったこと,メモリが増えたり画面の解像度が高くなったり,無線LANが入ったりしたことは,彼にとってはそれ程大したことではないようでしたが,大きさが小さい事,電池がよく持つ事については,従来機種との比較というわけではなく,この機種の気に入っている点だ,という話でした。

 棚を見ると,12800円という値段で出ているものがあります。見れば電池の水濡れシールが変色しているので,電池の保証無しという品でした。本体は他と同じく1ヶ月間の保証ですので,電池だけがリスクということになります。

 事情を聞いてみると,電池の水濡れがあることは評価を下げるポイントらしく,それがわざわざ安くしている理由なのだそうですが,参考までの彼の私物のAdvancedW-ZERO3[es]の電池も,水濡れシールが変色していたのを見て,二人は声を出して笑ってしまいました。まあ,ポケットに入れておくと湿気で変色するものですからね。

 それに発売から2年も経過する商品ですから,電池に保証があってもまともに使える期間はそれほど長いとも思えません。6000円以上もする電池をどうせ買い直すなら,単価が安い方が得でしょう。

 とはいえ,13800円のまともな中では最安の商品も気になります。見せてもらうともう傷だらけ。スタイラスが欠品している上,申し訳ないですが不潔感すら感じます。それに引き替え12800円のものは程度も良く,多少の塗装の剥げくらいで欠品もなし。

 シリアルナンバーも12800円の方が随分新しいようで,買うならこっちだなあと判断し,12800円のものを買いました。電池が切れていたので起動させることは出来なかったですし,そもそもちゃんと充電できるのか不安ですが,まあ大丈夫でしょう。

 実家に持ち帰り,充電を始めてみると,3時間ほどで満充電です。ちゃんと起動しますし,W-SIMを差し込むと問題なく通信も可能です。電池の持ちも長いとは思いませんが,実用十分な長さです。3時間ほど使って電池残量が75%ですので,無保証にしては立派なものでしょう。

 実家では満足なネットワーク環境も資料もありませんから,ソフトのインストールもカスタマイズも出来ず,基本機能で試行錯誤することしかできなかったのですが,2日ほど使って慣れる時間があったことはかえって良いことだったかも知れません。

 800x480の美しい液晶は大変見やすく,まるで印刷物のようです。ざっと計算して311dpiという高解像度は,もう十分印刷物のクオリティです。Today画面が現れたときには,一瞬「おっ」と思わせる驚きがあります。

 WindowsCEがルーツのOSですので表示は簡素で,操作することへ楽しさや見た目の満足感は希薄ですが,なんといってもPCではなく,一昔前の携帯電話サイズでPC向けのメールやWEBブラウズが,特にストレスもなく可能になってしまうことは,ちょっとした感激を覚えました。

 また言うまでもなく,24時間繋ぎっぱなしが許されますから,繋がっているという安心感があります。携帯電話では当たり前な感覚ですが,携帯電話とPCの間を埋めるマシンとして,そのいいとこ取りを実現したマシンと環境に,これまで知らずに来たことを悔やみました。

 しかし,WindowsCEですから,やっぱり使いにくいです。軽快感もありません。やりたいことに届くまでのステップがいくつも必要で,到達感(と満足感)への距離がなかなか遠いように感じられます。そこでカスタマイズが必要です。

 自宅に戻ってきてから,途中で購入した本と,先人達の貴重な経験を参考に,カスタマイズを行います。

 特に,HOLDスイッチとサスペンドを連動させる機能は必須で,これがない時に,サスペンドに入る時と入らないときの違いが分からず,いろいろ実験してネットワーク接続が切れないとサスペンドに入らないことを知りましたが,切れてしまった接続を再び繋ぐのが結構面倒で,これら一連の動作を自動化してくれるユーティリティは,手放せません。

 skype,ファイルブラウザ,エディタ,FTPクライアント,ターミナルエミュレータ,時刻同期などのアプリケーションを一通り入れて動作の確認を済ませるのに数日かかりましたが,どうしてもGoogleTalkのクライアントにいいものが見つかりません。チャットはskypeでやれ,ということでしょうか。

 そして驚いたのがPC-9801エミュレータです。15年前に使っていたPC-98RLからBIOSを抜き出し,当時のHDDのイメージをPC上のエミュレータで使っていたのですが,AdvancedW-ZERO3[es]上でもちゃんと動くんですね。伊達に500MHzオーバーのCPUではありません。さすがです。

 最後に禁断のクロックアップ。PXA270のレジスタをいじってクロックを変更するユーティリティがあるので試してみました。

 体感上はっきり違いが分かるのは,クロック650MHz,RAMが130MHzの時です。LCDが65MHzに落ちるせいもあるのでしょうが,なかなか軽快です。ただしLCDクロックが標準の104MHzから変わるせいで,カメラは正常に動作しません。

 そこでCPUが648MHz,RAMとLCDが104MHzの設定にすると,カメラは問題なしですが,今ひとつサクサク感が削がれます。今時のSDRAMはほとんどが133MHzまで動く物ですから,RAMの速度が133MHzにならないことはもったいないので,カメラを犠牲にして,私はあえてRAM130MHzの設定で使う事にしました。安定して動作するので助かります。

 そうして実運用に入ったわけですが,思いの外快適です。メールの取り込みと削除はすべてキーの操作で出来るようにしましたから,まるで携帯電話でメールを取り込むかのような気軽さで,PC用のメールをささっと確認出来ます。

 WEBはまだ重たいですが,これはPHSの回線の細さもあります。そこで以前,自前のサーバーに置いた携帯電話向けデータ量削減スクリプトを通してアクセスするようにしてみました。

 自前のサーバーですから,自宅内なら問題なしですが,外部からだとADSLの帯域の細さが問題になりそうですが,PHSがそもそも128kbpsですのでここがボトルネックです。実際,このスクリプトを経由すると,重いサイトでも軽快にブラウズできます。元々PalmTX用に立ち上げたものですが,こんな事で役に立つとは思いませんでした。

 そのサーバーにSSHで繋がるようになると,もう感激です。日本中どこからでもこのサーバーをメンテ出来るなんて夢のようです。ただし,落としたり盗まれたりしたら最悪ですから,気をつけないいけません。

 ということで,あまりいじりすぎると不安定になりますし,不満なところはほぼ改善されましたから,このくらいでカスタマイズはやめておきましょう。

 こうして,私のモバイル環境は劇的に進化したわけですが,この環境が2年間の期限付きであることをふと思い出し,その頃にはどんな環境が使えるようになっているのかなあと,そんな風に考えました。

 2年後,128kbpsという速度が主流として使われていることはないでしょうし,かといって高速なサービスが高価なままでは,私のようなユーザーはモバイル環境を手放すしかありません。遅くてもないよりまし,という考え方で言えば,ひょっとすると今の環境が一番恵まれていると言うことになる可能性もあります。

 携帯電話との融合が果たせればそれが一番よいのですが,毎月980円というコストで携帯電話がPC並みに使える世の中は来ないような気もしますから,願わくは遅くてもいい人向けに,980円を維持してくれるとありがたいかなあ,などと思います。

 気になるのはiPhoneの動向ですね。もしiPhoneがDoCoMoに来て,使い放題が1ヶ月4000円までなら切り替えたいところですが,さすがにそれはないかなあ・・・

 2年間は嫌でも使い続けないといけないPHSです。しかしAdvancedW-ZERO3[es]が想像以上によい端末だったので,この2年間は快適に過ごせそうな気がします。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2009年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed