エントリー

2010年01月06日の記事は以下のとおりです。

不況箱2010

  • 2010/01/06 11:08
  • カテゴリー:散財

 毎年毎年被害者を出している秋葉原のPCパーツ店,クレバリーの不幸袋。福袋ではありません,不幸袋です。

 販売開始から毎年すぐに完売してしまうという,その筋ではよく知られた人気商品ですが,あくまでネタとして人気なだけで,入っているものは本当にゴミです。クレバリーにしてみれば,毎度ゴミだと言っているのになぜか完売するので調子に乗ってしまったのでしょうが,今年はわざわざの話題づくりに躍起でした。

 いわく,稟議書を書いて予算を取っただの,数を増やしただの,ネットブックやCPU,DVD-Rのメディアなどそれとを分かるようにモザイクをかけてホームページに掲載してみたりだのと,今年は違いますぜ,と必死にアピールしていました。

 その甲斐あってか,各種ネットニュースでも紹介されました。

 かくいう私も,不幸袋にはなんどか手を出しそうになり,売り切れという結果にいつも命拾いをしてきた幸運な男なのですが,今年はちょっと違う,にすっかりだまされてしまいました。

 12月22日の夜9時から販売開始だったのですが,当日の私の帰宅は10時ごろ。もう完売しているだろうと思ってホームページを見てみると,まだ販売しているようです。もしやと思いカートに入れようとするとサーバーエラーが返ってきます。

 どうも,アクセス集中で,先に進めないようです。

 友人にもお願いし,二人でカートにいれようとしましたが全然ダメ,友人にはもう結構だとお断りをいれ,私は私で風呂にいってビールをのんでいました。

 12時過ぎにちょっと気になって覗くと,まだ販売中です。公式のtwitterによると,まだ20個ほどしか売れていないとのこと。アクセスが集中してやはり先に進めないようです。完売したというデマはこれで沈静化しました。

 こうなってくると,買えなかったら不幸になるような気がして,とにかくカートにいれてみます。何度か粘ってようやく入ったのですが,購入手続きでまたエラー。カートに入れるところまで戻され,再び苦労してカートにいれるとカートには2つ入っている有様です。

 それで1つ減らそうとするとまたエラー。こんなことを延々繰り返して,時刻は夜中の3時です。

 狭い関門を何度も突破し,激しい競争を勝ち抜き,希有な確立でようやくたどり着く,まるで卵子に群がる精子の気分で,リロードを繰り返します。

 blogやtwitterを見ていると,次々と「もう限界だ寝る」と同志達が脱落していきます。彼らの死を無駄にすまいと私はさらに頑張ります。しかして決済完了が3時半。やりました。敵の本拠地は陥落しました。

 送り先を1月1日にいるはずの実家にしようと思っていましたが,サーバがこんな状態ですので登録済みの自宅の住所に送ってもらうのがやっとでした。弟も実家に戻っているはずなので,年明けのネタとしてぴったりだとおもったのですが,やむを得ません。

 結果的に不況箱2010は,実家に届いたとしても,全く笑えるものではなかったことを,その数日後に思い知る事になります。

 さて,勝利の美酒に酔い,心地よい朝を迎えた私は,決済完了のメールを確認し,激しい闘いの繰り広げられたホームページをなにげなく見に行きました。


  國破れて 山河在り
  城春にして 草木深し
  時に感じて 花にも涙を濺ぎ
  別れを恨んで 鳥にも心を驚かす
  峰火 三月に連なり
  家書 萬金に抵る
  白頭掻いて 更に短かし
  渾べて簪に 勝えざらんと欲す

 無茶しやがって・・・顔を見たこともない同志達の顔が次々に現れては消えていきます。

 そんなこんなで12月25日には発送連絡があり,1月1日に代引きで届く佐川急便の荷物に,2997円を払うよう案内がありました。そう,この不況箱は2000円という安価な箱なのです。この段階で気が付くべきでした。

 そして実家で年末年始を過ごし,1月2日に自宅に戻った私は,1日遅れで不幸箱2010を受け取りました。

 ネットブックなど金目のものは入っていない(ということはこれから出るだろう),DVD-RやSDカードなどはポロポロと報告がある(ということはこのくらいの商品は普通に入っているはずだ)という程度の話は事前に気になって調べていたので,ワクワクして箱をあけます。箱が心なしか軽すぎることは,この時の私にはなんの警戒心も与えませんでした。

 あけて目に付いたのは,梱包材の紙。大量の紙です。ここでさすがの私も,不幸な未来がチラチラ見えるようになります。

 数十秒後,おそらく最低ランクの内容に,私は意識を失っていました。

 ・WEB2.0を極める(クソソフト,ベ○ト電器の値札付き)
 ・ナンバープレイスxペン(クソソフト,ビ○クカメラの値札付き)
 ・子供用サンダル(きもい虫のイラストつき)
 ・第2世代iPod nano専用アルミケース(今さら第2世代専用って)
 ・iWalk(第2世代iPod nano専用ヘッドフォン,どうしようもない)
 ・スキミングブロック(おサイフケータイに貼り付けるらしい)
 ・うちのこ登場!アンパンマン(絶句)

 「うちのこ登場!アンパンマン」は,ほぼ全員の箱に入っていたもののようで,一通り内容を紹介した後,最後に「そしてアンパンマン」と書くのが決まり事になっていました。今回の不況箱2010においては,この「アンパンマン」を全部の箱に入れたと言うことが,クレバリーの唯一の成果だったと言えるかも知れません。

 私としては,別にネットブックが欲しかったわけではありません。でも,PCパーツショップが用意した話題の商品で,PCパーツがゼロというのは,これはさすがにいかがなものかと。

 そもそも2000円ですから,笑って済ませることにしたわけですが,他の人の報告を細かく見ていくと,おでん缶やDVD-Rのメディア,SDカードなど,それでも1つくらいは使い物になるものが入っていたようです。

 メイド服や訳のわからんキーホルダーなど,本当にどうしようもないものも報告されているようですが,クレバリーの客層から言ってソフトの不良在庫以上のゴミはなく,それらが大きな顔をして箱の中に納まっているのを見ると,ふつふつと怒りがこみ上げてきます。

 かといって,あたりとされているフロッピードライブやらサウンドカード,マザーボードなどが入っていても使い道はないし,サーバー用やモバイル用のCPUなどでも困ったでしょうが,それでもPCパーツですからうれしかったでしょうね。

 数年前のとある地方都市のホームセンターが用意した福袋には,割り箸と爪楊枝が箱いっぱいに入っていたそうですし,それに比べればまだましなのかも知れませんが,そもそも福袋というのはそのお店に対する忠誠心から購入に至る商品だったりするので,福袋を作る側の面白さだけで安易にやっちゃうと,取り返しが付かなくなるように思う訳です。(AppleStoreのLuckyBagもしかり,です)

 手伝ってくれた友人はこの無残な結果をみて,「少しとはいえ協力して損した」と死者にむち打つ暴言を吐き捨てました。返す刀で「メイド服なら着てあげたのにねえニヤニヤ」と,そんな気などさらさらないのに,なお私にたたみかけます。「妹さんに着てもらった方がいい」と言い返すのが精一杯でした。

 ずばり,ゴミが大きな箱で送られて来ただけの話でした。友人の「反省した?」に,私はただ黙って頷くしかありませんでした。

 中にはお金を佐川さんに払う前に外で待たせ,開封して中身を確認してから「受け取り拒否」した強者(というかこれはさすがに人としてどうかと)もいたそうですし,これだけ焚き付けておきながらまともなものが入っていない上,某掲示板には明らかにウソと思われる大当たり報告が書き込まれていたりで,店員さんが抜き取ったんじゃないかとか,そもそもあたりなどなかったんじゃないかなどと,その界隈ではちょっとした騒ぎになっているようです。

 店員さんのtwitterでの書き込みが「客をバカにしてる」と怒りを買っていたりするようですし,こういう後味の悪い祭りは,どちらにとっても損だと思うのです。

 例年のように冗談と分かって買う人だけなら「またやられたぜセニョリータ」で済んだだろうと思うのですが,今年は話が一般人にも広まったことで,普通に怒る人が出てきてしまったことは,クレバリーとしても誤算だったんじゃないでしょうか。決してクレバリーにもいい話ではなかったはずですよ。事実,kakaku.comはひどい有様です。

 サーバの不調で一晩中リロード続け,あげく結局買えなくて悔しい思いをした人が一番得をしたというオチは,ちょっと悪ふざけが過ぎたんじゃないかなと,苦言を呈しておきます。こういうのは,ほら,泥を塗りつけるお祭りがあるでしょう,あのくらいにしておかないと。

 それで,ゴミはゴミらしく,さっさと捨ててきれいさっぱり忘れよう,と思ったのですが,その友人の妹さんのiPod nanoが第2世代であることが判明,ケースを差し上げる事になったのですが,ネタとしてiWalkとアンパンマンもご所望とのことで,躊躇なく差し上げました。Web2.0は断られたことを付け加えておきます。

 それにしても,限定200個といいつつ追加したそうですし,トータル300個として2つ2000円だと一晩でざっと60万円の売り上げですか。それも代引きだから現金みたいなもんですし。原価なんてただ同然でしょうから,確かにこれはやめられませんよね。でもね,一応,他店の値札は同業者への気遣いの1つとして,面倒でもはがしておきましょうよ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2010年01月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed