エントリー

2010年02月18日の記事は以下のとおりです。

やっぱり速さは力

  • 2010/02/18 17:27
  • カテゴリー:散財

 私が愛用するUSBメモリは,GREEN HOUSEのPicoTurboというものです。高価なSLCタイプのNANDフラッシュを搭載するだけに,信頼性,耐久性,そして高速性といずれも高い次元のスペックを誇りますが,これがいよいよ寿命を迎えたようです。

 ここ数日,100MB程度のPDFファイルがいくつも壊れ,物理フォーマットを行った後でも改善されなかったという状況から,ちょっと信頼できなくなっていました。しかし定番ソフトののChkFlshでもエラーは見つからず,捨てるには惜しいしでも使いたくはないし,という困った状況にありました。

 騙し騙し使おうかと思いましたが,毎日のように酷使していましたし,2GBという容量もちょっと不便だと思うようになったこともあって,買い換えることにしました。

 ところで,昨年4月にSanDiskのUSBメモリをWindowsVistaのReadyBoost用に買った際,ベンチマークを取ったわけですが,SLCとMLCの速度差,特に書き込み速度の差は圧倒的でした。次もSLC採用のものが欲しくなります。

 そこで,先日会社の帰りに,そもそもSLCタイプのUSBメモリなぞ売っているのかどうかを調べるために,量販店に足を運びました。確かに売られてはいるのですが,8GBで1万円近くもするゴージャスっぷりです。千円台で売られているものと列んでいると,10倍近い差がSLCかMLCかの差にあると説明されても,首をひねる人が大半でしょう。

 絶対的な生産量はMLCの方が圧倒的に多いわけで,SLCは特殊なNANDフラッシュになっていることを遠い目で空を見上げてしまう私ですが,ふと視線を下げると,ワゴンの中にバッファローの4GBのUSBメモリが1280円で投げ売りされています。

 4GBで1280円ですから,正直安くはないです。それにこの量販店は私の期待をことごとく裏切るお店です。この店についていえば,安い商品には必ず裏があります。

 しかし,ちょっと様子が違っていたのは,古そうな箱の表面に「激速」と書かれていたことです。この「激速」,現行商品でも書かれているものですが,これは速度を売りにしたSLC採用の証です。

 箱をしげしげと見ますが,どこにもSLCとは書かれていませんし,転送速度も書かれていません。わかりにくいバッファローの製品名を全部頭に入れているはずもなく,ReadyBoost対応と書かれていることで,一定の水準をクリアしているであろうことだけは分かります。

 1280円ですし,ちょっとアルコールが入っていたこともあって,買ってみることにしました。

 大正解でした。

 家に帰って調べて見ると,SLCを採用して速度と信頼性を高めた高級モデルであること,すでに入手できない古いモデルではあるが当時はそこそこいいお値段で売られていたことがわかりました。

 さらに,TurboUSBなどという怪しげな高速化手法に対応したものらしく,外形デザインの最低さには目をつぶるとし,USBメモリとしてはお値段以上の価値があったこと,そしてベンチマークの結果次第でPicoTurboの後釜として抜擢できる可能性が出てきました。

 ということで,早速ベンチマークを取ってみます。PicoTurboと同程度なら体感上の速度差は感じないでしょうから,PicoTurboは引退することになるでしょう。

 ベンチマークは前回同様CrystalDiskMark 2.2を使います。マシンはVAIOのtypeGで,OSはWindowsVistaSP1と,前回と同じです。ただ,前回とは違う結果が出てしまったので,PicoTurboもベンチマークをやり直しました。

 結果です。まず,PicoTurboから。

GreenHouse PicoTurbo2GB GH-UFD2GTB

続きを読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2010年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed