エントリー

2010年12月03日の記事は以下のとおりです。

AppleTVがやってきた

  • 2010/12/03 18:14
  • カテゴリー:散財

 新しいものやデジタルガジェットに対して,スイス並みの中立っぷりを信条とする嫁さんが,あろうことかAppleTVを買いました。

 国内発売されたのが確か11月中旬でしたが,直後に品薄となり都内の量販店では売り切れが出ており,欲しいと言い出した時には絶望的な状況でした。

 しかしあるところにはあるものですね。自宅の近所の家電量販店に会社の帰りにふらっと寄ってみたところ,複数の在庫がありました。わずかとはいえポイントも付くので,Appleストアで買うより良かったのではないでしょうか。

 珍しく嫁さんが自分のお金で買うというので,そうしてもらいました。ゆえに,もし我々が離婚するようなことがあると,AppleTVは無条件に嫁さんに引き取られることになりますね。わはは。

 テレビは私のお金で買いましたから,天然ガスよろしく,ロシアのように意地悪をしてもよかったのですが,そんなことをしても誰も得をしないという大人の判断で,貴重なHDMI端子を1つ,気持ちよく提供することにしました。

 正直な話,私自身はAppleTVに興味がありつつも,具体的な使い道を考えつかなかったので購入を見送ったところでしたから,嫁さんの所有物であるとはいえAppleTVがどれほどのものなのか,気にはなります。

 簡単にレビューを書いてみましょう。


・簡単?難しい?

 接続は死ぬほど簡単です。HDMIでテレビとつなぎ,電源は直接AC100Vに繋ぎます。ほんとにこれだけです。

 ここで「簡単だ」などという話になると,これは実は正しくありません。ここからがとても大変で,私が思うに,およそ素人さんには無理なんじゃないかと思うほどでした。

 AppleTVは,ネットワーク接続された環境でなければ,全く動作をしません。なぜなら本体にストレージを持たず,コンテンツの再生はすべてネットワークを経由するものだからです。

 ところがこのネットワークの設定がなかなか難しいのです。無線LANを使えば配線は必要ありませんが,まず無線LANのアクセスポイントに対し,AppleTVのMACアドレスを登録し,接続許可をしなければなりません。

 はて,AppleTVのMACアドレスってどこに書いてあるの?

 これを探すのに15分。箱にも説明書にも本体にも書かれておらず,二人は途方に暮れました。

 答えは,電源をいれて,メニュー内の情報を表示することでわかりました。まずMACアドレスフィルタリングの設定をしてから電源を入れようとすると,永遠に電源が入りません。やられました。

 続けてネットワークの設定です。

 うちは固定IPで運用をしていますので,DHCPではありません。使いにくいリモコンでポチポチと設定を続けることは,もはや拷問です。

 DNSサーバの設定がおわると,設定完了,のはずです。ですが,画面が次に遷移しません。設定完了のボタンを押しても,次に進んでくれないのです。なにか設定が間違っているのかなあと,もう一度あの拷問を甘んじて受け,戻るボタンを連打して最初からやり直しますが結果は同じ。

 ぶち切れて戻るボタンを連打,メニューまで戻ってみると,あろうことか無線LANに繋がっていると表示されています。なーんだ,設定は済んでいたのか・・・それならそういってくれよー。

 拷問で傷ついた心と体を引きずりながら,いよいよ真面目に操作をしてみますが,なにやらテーブルの上の嫁さんのMacから「プツプツ」という音がすることに気が付きました。もしかして・・・そう,AppleTVのリモコンに,MacBookも反応しているのです。

 上下キーを押すとMacBookの音量も変化してしまいます。これは大変困りました。Appleは,AppleTVのユーザーに,Macユーザーがいないと思っているのでしょうか???

 きっと無効にする方法があるだろうと試行錯誤に血みどろになっていると,どうも本体とリモコンはペアリングが出来るらしいのです。日本の家電では,リモコンにスイッチがついていて,こうした問題は起こらないようにわかりやすく出来ていますが,さすがというかなんというか,Appleはペアリングをするんですね。

 いろいろ試していると,どういうわけだかAppleTVがリモコンに全く反応しなくなってしまいました。どうやら,ペアリングを行った上で,解除してしまうと動かなくなるようです。

 こうなると初期化が必要ですが,AppleTVにはなんのボタンもありません。リモコンでしか操作できない製品を,どうやって初期化するのでしょう。

 途方に暮れて私は絶命しましたが,嫁さんが初期化の方法を見つけて,根気よく設定をしました。よって私は,どうやって解決したのかを知りません。

 ここまで,約2時間経過。果たして皆さんは,これを「簡単」といってよいと思いますか?私は理不尽な難解さ,これすなわち「不条理」を感じました。


・使い心地

 せっかく動くようになったのですから,少し使ってみましょう。電源スイッチはなく,操作をすればスリープから起き上がって動き出します。一定時間操作しないとスリープに入るので,ユーザーが能動的に電源を切ったり入れたりすることは,基本的には必要ありませんが,そういう概念も真新しいですから,丁寧に説明が欲しいです。

 動き始めるとサクサクと小気味良い間隔で動き,このあたりはAppleの真骨頂です。もともとOSもCPUもiPhoneやiPadのそれと同一ですので,当たり前の心地よさです。

 日本語の入力が出来ない事は,想像以上に厳しい制約です。特にYoutubeは日本語が入らないと,ダウンタウンの名コント「やすしくん」になかなかたどり着けません。

 そんなこんなでYoutubeは問題なし,大画面でみると面白いものですが,これって冷静に考えるとPS3でできる事ですね。それを言い出すとなんでもそうで,映画のレンタルもネットワークで再生することも,PS3で既に実現していますが,私はやったことがないのです。Appleという会社は,こういう無関心な人にもアピール出来てしまうんですね。怖いです。


・映画を見る

 せっかく買ったのですから,夫婦で映画を見ようということになりました。何を見ようかと考えたところ,公開時に見よう見ようと思って結局見そびれていた,ドリームガールズを見る事にしました。もちろんHDでです。

 2時間以上の映画ですから,終わる時刻を考えて,満腹で苦しいおなかをかばいながら,大慌てで夕食の後片付けをします。やっと終わったとAppleTVを操作し,レンタルをしてみます。

 カードの番号の入力に少し手間取ったのですが,手続きは完了。さーみるぞ,と意気込んでみたものの,再生が始まりません。

 ・・・再生できるのは,1時間以上あとだと表示されています。詐欺だ。

 ストリーミング再生出来るんじゃなかったのか,我々は何のために苦しいなか急いで片付けをしたのだ!

 怒りにまかせ,私は風呂に行きました。風呂から出てくると再生可能になっていました。結局再生可能になるのに,1時間半ほどかかりました。

 「1時間もあったら,ツタヤにいって帰ってきて,また返しにいって戻ってくるだけの時間があるやんけ」と毒づいた私を,哀れなものを見るような目でみた嫁さんを忘れません。

 確かにAppleTVは,AppleTVで直接映画をレンタルすると,ストリーミング再生が出来ます。ですから,ダウンロードが全部終わってからでないと見る事ができないというわけではありません。

 しかし,ネットワークの帯域が狭い場合には,途中で途切れることのない程度にバッファリングをしないといけません。AppleTVはなかなか上手に,再生のビットレートとネットワーク帯域の幅から,どれくらいバッファリングすべきかを計算しているようです。

 うちは,ADSLで実力5Mbps程度です。HDのAVCのビットレートがもし5Mbps程度なら,10分程度バッファリングすれば済むでしょう。全部で2時間の映画を,プログレスバーを見る限り半分程度バッファリングしたということは,3時間30分かけて2時間分のデータを取り込んでいることになります。

 ということは,うちのネットワーク帯域である5Mbpsでは全く足りず,その1.75倍の帯域,つまり9Mbps程度ないといけないという事になりますね。

 これから,1280x720のAppleTVのHDのビットレートを9Mbpsとしますと,720x480のSDではこの1/3として3Mbps。これなら全然うちでも間に合いますね。MPEG2はAVCのざっくり倍ですから,DVD-Video出考えると6Mbps相当になりますので,SD解像度の映画でも,ごく普通のDVD-Videoと同程度の画質は期待できそうですね。

 ということで,AppleTVでHDの映画を堪能するなら,10Mbps以上の帯域は確保することをおすすめします。


・画質

 画質は悪くないです。上手く調整をしてあるせいか,9Mbps程度のHDでも目に付いた破綻はありませんし,ごく普通に楽しめました。バッファリングが長かったぶん,途中で止まったり途切れたりすることもありませんし,見ている間は全く違和感も不自由さも感じませんでした。


・結論

 すでにおわかりのように,AppleTVは映画をレンタルして見るという事に限れば,とてもシンプルな仕様になっています。しかし,ここでMacのiTunesと連携する,iPhoneやiPadと連携する,ということになると,途端に話が難しくなります。特に従来AirMacExpressでのみ許されていたAirTunesがAirPlayと名前を変え,AppleTVに対しても音楽をストリーミング出来るようになったので,そういう利用方法が出てくるととても便利になってきます。

 うちはすでにAirMacExpressでAirTunesを使っていますので,特にAirPlayの必要性を感じませんが,AppleTVの底なしのポテンシャルを使い切ろうと考えると,素人にはかなり難しい領域になるように思います。

 価格は8800円,小さくて格好良くて,接続は簡単,使いこなしは底なしに難しく,その代わり自由度も大きいくせに,DLNAには対応しないばかりか,実はPS3でできる事ばかりだったりするこのAppleTVに対する評価は,ちょっと分かれるかも知れません。

 でも,iTunesとの連携でいえば,実質これしか答えはありません。それ相応の覚悟を持って買われるなら,幸せになれる機材といえるかも知れないです。

GPS時計についての考え方

  • 2010/12/03 16:47
  • カテゴリー:make:

 ちょうど1年前に作ったGPS時計は,私にしてはソースの公開をしたこともあり,「作ってみたよ」と言う反響を頂く事があります。

 先日メールを頂戴した方は,どうしたら正確なGPS時計を作る事が出来るのか,という問題について悩んでらっしゃるとありました。

 貴重な情報なのでご紹介したいのですが,世の中にGPSモジュールを使って時計を作っている方はいても,1PPSのパルスを使って正確な時計を作っている方は,この方が知る限りいらっしゃらないのだそうです。つまり,GPSモジュールから出てくるメッセージの時刻情報を,そのまま表示しているだけということでしょう。

 この方法では,特にGT-720Fというモジュールを使った場合には,私が昨年悩んだのと同じように,大きな表示誤差を含んでしまいます。最悪で1秒の誤差(というよりここまでずれれば表示ミス)になるため,もはや時計と呼んではいけないレベルです。

 原因は,GT-720Fの時刻情報が,1/10秒以下を.999としてくる場合があることでした。例えば34秒という時刻を,33.999と1/1000秒前の時刻で送ってくることがあり,これを小数点以下省略で表示すると,1秒ずれてしまうわけですね。もっとも,次の更新で正しい時刻表示がなされますが,更新周期が1秒だったりすると,まるまる1秒ずれたままになります。

 34.500とか34.600だと0.5秒,0.6秒ずれるように考えがちですが,この.500や.600は書略されてしまうので,どちらも34秒と表示されます。よって,表示時刻と現実の時刻との間には,ズレはないことになります。

 ということは,現実の時刻が34秒の時に,33秒と表示されることがないようにすれば,表示誤差は更新周期以内に抑えられます。この考え方から,私は33.999は34と見なす,と言う仕組みを入れ込んだのです。

 実際,GT-720Fは33.999だけではなく,33.950という時刻も送ってくることがありますので,1/100秒を四捨五入することで,この問題を回避しています。

 これも,時刻情報の更新周期が1秒だったりすると成り立ちません。GT-720Fはツールを使って更新周期を0.1秒に出来ますから,1秒に10回時刻情報が出てきます。

 これだと,小数点から上の桁が,1/10秒以上ずれることは基本的には発生しません。例外は先程から書いているように,.999に近いところで起こる表示の誤差です。

 33.900なら,次の更新で34.000になりますから,小数点以下を表示しない方法でも誤差は1/10秒以下です。しかし,33.999なら,次に更新されるのは34.100付近ですので,33.900付近の前回の更新から34.100付近の更新まで,下手をすると0.2秒ほどの誤差を作ってしまいます。

 これを,0.950以上は1.000とするという処理で,1/10秒という最小分解能以下の誤差になるようしたのが,今回のミソだというわけです。

 結果として,出来上がったGPS時計が,GPS衛星が原子時計を搭載して,しかも相対性理論まで使って正確な時刻をもっていながら,それらをふいにしてしまうほど大きな1/10秒の誤差を含むという時計に仕上がってしまったわけです。これでいいのか?という疑問は,当然のことです。

 ・・・私自身のおさらいはこのくらいにして,この頂いたご意見を読んで思った事を書くことにします。直接のお返事としてもよかったのですが,このGPS時計について私がどんな考えでいるのかを,公開してもよいと考えました。


 現在,個人レベルで現実的に手に入れられる時計で正確なものは,電源同期式の時計か,電波時計だろうと私個人は思っています。

 ご存じのように前者にはAC専用,後者には電波を受信出来る環境であることという制約があり,これは実生活で無視できるほど軽い制約ではありません。GPS時計にはその欠点を補う事を目指して作ってみたので,精度として「ばれない程度」ならそれで目的達成としました。

 といいますのも,1/100や1/1000秒の精度は,どうせ表示に至るまでの間で狂ってしまいますから,追い込むことにそれほど意味がありません。

 ただし,過去に書いたように,1秒近くずれることは論外としても,電波時計と並べて目視でずれているのが分かるくらいの差があると,時計としてもはや成り立っていません。

 これを根本解決するには,1PPSのパルスが出てくるモジュールを使い,しかもこのパルスの少し前に,パルスが出るときの時刻(つまり未来の時刻)を吐き出してくれていることが必要です。

 GT-720Fにはあいにくこんな機能はなく,どうしたって「過去」の時刻しか届きません。手前味噌ですが,1PPSを利用出来ないモジュールを使ったGPS時計として,私の作ったGPS時計はよく検討されて,上手く動いているGPS時計ではないかと思っています。

 GPS時計のメリットは,誤差の蓄積がないことです。水晶発振子を使った電波時計は,校正直後の精度は高くとも,その後は水晶発振子の精度で誤差が蓄積するため,校正後の経過時間が大きくなれば,絶対時刻との間にズレがどんどん大きくなってしまうわけです。

 電源同期式の場合は,発電所や変電所で作られた高精度な50Hzもしくは60Hzを分周して1秒を作るので誤差蓄積はありませんが,あくまで24時間での管理ですので,ある瞬間では大きな誤差を含んでいる可能性があります。

 GPS時計というのは,GPS衛星からの時刻情報ですので,基本的にどの瞬間も同じ精度の時刻情報を得ることが出来ます。これがGPS時計の最大のメリットではないかと,私は思っています。

 ですので,GPS時計を作るということは,この「いつでも同じ程度に正確」という点を生かしたものであるべきだと思いますし,それゆえ精度を衛星に搭載された原子時計レベルにすることまでは必要ないと考えています。

 そうなるとおのずと設計の仕方が見えてきて,表示が実際の時刻とどれくらい狂っているかを,きちんと実用上問題のない程度であるかどうかを含めて把握して,それ以上のズレにならないことを保証することに力点を置くことになります。

 この力点に向かって進めて,結局私は1/10秒の精度を常に保証する時計を作りました。これが自作の醍醐味です。本当に正確なGPS時計が欲しければ,市販のGPSロガーを数千円で買うのが一番なのですから。

 さらにその醍醐味は,より高精度なものを作ろうと思案することにもあるでしょう。しかし残念ながら,1PPSが取り出せないGT-720Fでは,もう無理だと当時は考えました。だって,衛星の時計と同期したパルスが出てこないんだから,どうしようもないじゃないですか。

 ・・・ん,まてよ,もう1つGT-720Fを使ったらどうだろう,いや1つと言わず,10個くらい同時に動かして,時刻の情報の多数決や平均など,統計的手法でデータの処理を行うと誤差が薄まらないか。うーん,やってみる価値はありそうだなあ。でもいくらかかるんだろ。

 こんな風に,いろいろなアイデアを出しては実験できることが,自作のおもしろさ,なんですね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2010年12月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed