エントリー

2012年03月29日の記事は以下のとおりです。

006Pニッケル水素電池の充電器は大成功

  • 2012/03/29 10:34
  • カテゴリー:make:

 先日ATtiny2313を使って作った,006Pニッケル水素電池の充電器ですが,ようやく実際に使ってみました。初回の充電ですので念のため電流計を接続し,本当に4時間半の間75mAを流し込めているかを,確認しながらの作業です。

 電流計はアナログテスタであるBX-85TRを使います。動作に電源がいらず,オートパワーオフもないことから,こういう場合にはアナログが便利です。

 気温は22度と適当な温度です。朝の10時半頃に充電をスタートしましたので,3時頃に充電が完了する予定でした。

 結果ですが,まず充電時間については,ぴったり4時間半で充電を停止してくれました。その間の充電電流は,充電スタート時も停止時も,ほぼ75mAで一定していました。大したものですね。

 回路の発熱もほとんどなく,電池もほんのり熱を持っている程度で,危険な感じはありません。充電完了時の電圧を無負荷で測定すると約10.5Vです。1セル当たり1.5Vですので,充電直後の電圧としてはちょうどいい頃合いではないでしょうか。

 あまりにすんなり充電が出来てしまったので,もう1つ2つ同じMR250Fを買おうかと思ったのですが,相変わらず9Vの電池を使う用途が見当たりません・・・

 ないものは自分で作る,が信条の私ですが,さすがに無理矢理使い道を作るなんてのは,おかしいですしね。

 私が持っている006Pを使った機器は,テスターが2つほどと,キットで作ったCメータとLCメータ,BOSSのチューニングメーターであるTU-12くらいです。これ以外に思いつきません。そしていずれも,使用頻度が低くて普通の乾電池で全然大丈夫だったりします。

 つくづく,006Pの出番って少なくなっているんだなあと思いました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2012年03月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed