エントリー

2013年10月17日の記事は以下のとおりです。

パーツランド,よく頑張ったよ

 日本橋のパーツ店は,どういう訳だかここ数年で数も増え,充実したものになっています。シリコンハウス共立は大きなビルに移転,関東からは千石電商がなぜか進出,福井に本拠を置くマルツ電波が日本橋にも店を設けています。

 小さな部品屋が閉店し,ジョーシンがパーツ販売から手を引いて,ニノミヤが廃業して,すっかり寂しくなった日本橋の自作環境が,なぜこんなに盛り上がってきたのか,アキバと遜色ないレベルになってきたんじゃないかと,そんな風にさえ思います。

 そして,そのノニミヤから独立した部品屋が,パーツランドでした。

 過去形なのは,パーツランドが10月14日の営業を持って,破産したからです。

 パーツランドは私にも,思い入れのあるお店でした。ニノミヤのパーツ売り場は,大昔は郊外のお店にもあったそうですが,私が部品を買うようになってからは,日本橋のお店になっていました。それでも,本店,エレホビー店,そしてパーツ店と3つで扱いがあったほどです。

 パーツ店は規模も小さく,私も1度行ったくらいで閉店しましたが,本店とエレホビー店は長く残っていました。バブルがやってきて,本店からはパーツ売り場が消えてしまいましたが,エレランドと名前を変えた日本橋の北の端にあったお店は,価格も安く,非常に充実した品揃えで,私は部品を買うときには必ず立ち寄っていました。

 そのうち,ノニミヤ自身が怪しくなりました。買収,破綻と続いてニノミヤは消えてなくなりましたが,法人需要がしっかりあったパーツ部門の業績は良く,いわば巻き添えを食ったような感じになったようです。

 しかし,凄いのはここからです。パーツ売り場の有志が,その資産を譲り受け,パーツランドを立ち上げました。ニノミヤ時代から顔をよく知っている人が,パーツランドにいた時には,ほっとしたような気分になりました。

 2007年に日本橋にオープンしたパーツランドですが,当初は什器も在庫もニノミヤ時代のままでした。随分落ちぶれたとはいえ,大阪のど真ん中の賃貸料は安くないはずで,とてもたいへんだったろうなと,思います。

 すると,ジャンク専門店が2つ目の店としてオープン,儲かっているんかい,と思っていたら,このお店を統合して大きな店舗に移転,2010年から営業を続けていました。

 店のカラーは相変わらずニノミヤ時代の赤。品揃えは相変わらず,ナショナルブランドのケースや測定器,機構部品に強く,キットも豊富にありました。

 日本橋という地域の凋落が進む中で,もともと専門性が高く需要が限られている電子部品販売において,新規のお店がいくつも開店したり,より大きなお店に改装があったりと,競争は厳しくなっていったように思います。

 パーツランドは,堺筋に面した良い場所に店がありましたが,それでも厳しいものがあったのではないでしょうか。

 ネット通販がここまで進化し,部品の値段に比べて送料が高くて割が合わないと,最後までリアル店舗での買い物が主流になっていた電子部品も,最近は通販が普通になってきました。

 こうなると,もう全国区のお店が圧倒的に強く,知っている人だけ知っているというお店は,淘汰されていまいます。パーツランドのように,リアル店舗が日本橋のど真ん中にあって,そこそこの規模を誇っていても,通販を利用する人がここを使うかどうかは,純粋に知名度の問題だと言えるからです

 かくして,パーツランドは資金繰りに行き詰まり,破産しました。

 9月頃からセールをやってたそうですので,そのころからすでにやばかったのでしょう。最後まで店舗移転のためのセールと言っていたので,最初は小さいお店に移転するか,通販に特化するかの対応を考えていたように思いますが,10月に入ってからはセールの割引率が大きくなり,最終日には7割引とか,そんな状態だったそうです。

 そして今はシャッターに破産したと張り紙が貼られていますので,途中から破産することが決まっていたんじゃないかと思います。

 私は内部事情を全く知りませんが,パーツランドはもっと堅実にやっていく方法があったんじゃないかと思います。せっかく立ち上げ時には資産を継承することでうまく離陸できたのに,その後調子に乗ってお店を増やしたり,大きな所に移転したりしたのは,無駄遣いだったように思います。ここは,存続を第一に考えて,最初の狭いお店から動かず,通販と法人を開拓すべきだったのではないでしょうか。

 少なくとも,私はパーツランドに特有に個性をちゃんと感じていました。そこをアピールすることは,マニアックな顧客を惹きつける力になったように思えてなりません。


 自作PCのパーツ店がアキバでも閉店することが珍しくなくなりましたし,電子部品についてもアキバの原風景たる,ガード下のラジオストアが閉店します。それぞれ理由は異なりますが,自作のための部品を売る店がなかなか成り立たなくなっているということは,事実でしょう。

 シリコンハウス共立が大きくなり,マルツが全国にパーツ店を展開するという,私にはちょっと首をかしげるような動きがあったこの10年ですが,日本橋の名門ニノミヤを源流に持つ貴重なパーツ店が,奮闘むなしく終焉を迎えたことが,寂しく,残念でなりません。

 大阪を離れて,私も日本橋で買い物をする機会は激減しました。帰省すれば必ず立ち寄った日本橋ですが,どんどん枯れていってしまうような気がしてなりません。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2013年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed