エントリー

2015年05月26日の記事は以下のとおりです。

ルンバの落下事故

 ルンバの導入からちょうど2年が経過しました。

 任せることの出来る事と出来ない事を区別するということは,言い換えると過度な期待はしないということであり,そのことで結果的にルンバに対する不満やイライラは減ってきました。まあ,「こんなもんだ」と割り切ることです。

 では,期待外れだったのかと言えばそんなことはありません。

 うちは,結局月水金の日中に,タイマーを仕掛けてリビングを掃除してもらっていますが,連休などで人が家にいるときにはキャンセルします。そういう日がある週末の掃除をすると,やっぱりホコリが多いなあと感じます。汚れているところを綺麗にすると言うよりは,汚れないように維持するというのが,やっぱりルンバの正しい使い方だと思います。

 土曜日の午前中には,他の部屋を掃除している間に,寝室の掃除をルンバにお願いしていますが,2年経っても取れたゴミの量がそれ程減らないところを見ると,もしルンバがなくなってしまうと困った事になるなあと思っているところです。

 電池は1年半で交換が目安という事でしたが,うちは2年使ってもまだまだ元気で,これはやっぱり毎日使っていないからだと思います。さすがに2杯使えるとは思っていませんが,もう半年くらいは使えるのではないかと期待しています。

 他にトラブルはない,と言いたいところですが,先日ちょっと気分の悪いことがあったので書いておきます。

 キャリングハンドルが折れました。

 本体から引っ張り出して使う取っ手なのですが,これがないと持ち運びに不便です。しかし,3.8kgもある重量物を持ち上げるにはあまりに華奢なプラスチック製のハンドルであり,しかもきっちり真上まで上がってくるハンドルではなく,45度くらいで止まってしまうことで,物理的に無理な方向に応力がかかってしまう構造に,私はずっと不安を感じていました。

 その不安は的中し,3階の寝室の掃除を終えて2回の充電ステーションに戻そうと階段を降りてきたときに,ハンドルの付け根が折れて落下,フローリングに大きな傷を何カ所か付けてくれたのです。

 呆れるやら腹が立つやら,そもそも4kgもある物体が落下すると,床が傷つくくらいでは済まない場合もあるのですから,強度をしっかり確保して,壊れにくい構造にする必要があるはずです。

 1m位の落下で,本体はほとんど壊れることなく(バンパーが外れて閉まったのですがこれはすぐに元通りになりました),相変わらずタイマー起動で掃除を続けてくれていますが,ハンドルはプラスチックが根元から折れているので,もうあきらめるしかありません。

 嫁さんと二人で,海外製品はこういうところが甘いよなー,とぼやくのが精一杯。
ルンバを作っているiRobotは原子力発電所の事故でもロボットを派遣するような,軍事用のロボットも手がけるメーカーですが,「こんなんでほんまに大丈夫なんか?」と心配になりました。

 修理を頼もうかと思いましたが,私に言わせれば設計不良をユーザー負担で修理するのもなんだかバカバカしいですし,もしかしたらリコールでもかかってないかと期待しましたけどそれもなさそうですので,もう放置することにしました。

 仮に,新しい部品が買えたとしても,設計不良ですから,どうせまた同じ事が起こります。次にこの程度の事故で済むかもわかりませんし,もし修理するなら自分で徹底的に,あるいは修理をせずに両手できちんと持って移動させることにするか,迷い中です。

 ダイソンのDC45もそうなのですが,どうもこういう部分での詰めが甘いのですよ,欧米の製品というのは。

 日本はモノづくりが得意とか言われていた時期があり,今そんな幻想を抱く人はまっとうな感覚の持ち主にはいないと思うのですが,思うに品質管理と評価方法,設計へのフィードバックについて,まだまだ日本の方が優れているように思います。

 もっとも,「過度な品質」によって,価格も上がるだろうし,デザイン面でも厚ぼったくオモチャのようになるものですが,壊れて閉まったり,人や物を傷つけてしまってはいけません。オモチャのようになるといいましたが,安全性という点でオモチャにかなう物はなく,むしろ歓迎すべきことなのかも知れません。

 そんなわけで,こういう家電と付き合っていくには,それなりの覚悟やスキルがないと駄目なんじゃないでしょうか。今回だとフローリングがひどく傷んだわけですが,このことで「けしからん,損害賠償を請求してやる」などと息巻いてしまうなら,きっと自分で雑巾がけをした方が安いと思うほど,頻繁に起こるような気がします。

 そうですね,思えば日本製のものは,他のものでも手がかかりませんし,ランニングコストも安く済みます。それがユーザーだけではなく,メーカーのサービス予算の低減にも繋がるので,真面目に必死に取り組んでくれるのですね。

 そんなわけで,やっぱり日本製がいいなあと,思い直した次第です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2015年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed