エントリー

2016年03月09日の記事は以下のとおりです。

Si5351Aを検討する その5

  • 2016/03/09 14:52
  • カテゴリー:make:

 前回までで,Si5351を使う環境は整いました。しかし,その周波数の素性が悪ければどうにもなりません。以前書いたように,長期的精度については問題はないと思いますが,原発が2ppmでも最終的に20ppmになってしまうようだと,これを使う意味がありません。

 少なくとも精度くらいは見ておきましょう。

 繰り返しになりますが,原発は26MHzのTCXOで初期精度が±2ppmです。そして設定後Si5351Aから出力された周波数は,CLK0から10MHz,CLK2から9.765625MHzが出るようにしてあります。

 ちょっといい周波数カウンタで測定してみたのですが,

CLK0からは9.99999586MHz
CLK2からは9.76562085MHz
原発の26MHzは25.999988MHz

 という感じでした。これを割合で計算してみます。

絶対精度(20℃,電源投入後5時間経過)
CLK0は10MHzに対し,-0.414ppm
CLK2は9.765625MHzに対し,-0.425ppm
原発は26MHzに対し,-0.46ppm

 こんな感じです。ここから言えることは,TCXOは十分仕様を満たしていること,Si5351Aの出力の精度は,そのまま原発の精度を引き継ぐこと,の2つです。これは狙い通りです。

 さて,気になったことが1つ。出力をオシロスコープで見たのですが,10MHzは短期的な周波数変動がなく,ぴたっと10MHzと表示されています。しかし9.765625MHzは,ふらふらと周波数が変動し,平均すると9,765625MHzに近づいていくという感じになりました。

 これ,Si5351の分数分周に起因する揺らぎではないかと思うのですが,実はオシロスコープのトリガのかかり方が,10MHzと違って不規則になるため,揺らいで見えるだけかも知れません。

 本来だとスペアナでスプリアスを見れば分かることだと思うのですが,私はスペアナを持っていませんので,あきらめました。

 他の方がスペアナを使ったレポートを上げてくれていたので見せて頂きましたが,分数分周でもスプリアスは小さく,無線にも使えるレベルだという話でした,

 まあ,分数分周の場合,分数比の設定でジッタやスプリアスの出方が変わって来ますので,この結果だけを見て判断出来ないのですが,とりあえず短期間での精度については分からないことが多くて,使う時には注意ということだけは,覚えておきましょう。

 それにしても,SI5351Aは面白いICです。いろいろ応用を考えています。安いし,しょーもない検討にも気兼ねなく使えます。

 ということで,次回はSi5351Aの応用についてです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年03月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed