エントリー

2016年04月11日の記事は以下のとおりです。

LCD8812K4-01でキャラクタ表示も出来た

  • 2016/04/11 13:54
  • カテゴリー:make:

 LCD8812K4-01という特価LCDですが,やり残していたキャラクタ側のLCDも動かしてみる事にしました。

 これまでにセグメント側のLCDを表示させ,時計を作ってみたわけですが,LCDの下側にあるキャラクタ表示エリアも動かす事が出来れば,もう完璧です。

 aitendoによると,ここはパラレルの「普通」のLCDということです。まあこの世界で「普通」の「パラレル」といえば,HD44780互換のLCDのことで,これに従って動かすということでしょう。

 ということで,さっと試してみました。随分昔にGPSを使った時計を作ったのですが,この時に用意したtiny2313とLCDを動かすプログラムを,そのまま組み立ててみました。

20160411135615.JPG


 写真の通り,ちゃんと表示出来ています。

 LCDは8ビットのバスを持っていますが,ちゃんと4ビットモードでも動きますので,8本全部を繋ぐ必要はありません。

 また,表示エリアについてですが,16文字x1行という構成ではなく,8文字x2行という構成になっています。

 プログラムでは,1行目に大文字でABC...と10文字を,2行目には小文字でabc...と10文字を表示するようにしています。結果として,左側の8文字は1行目の内容が,右側の8文字は2行目の内容が表示されています。

 ドットが丸いので,独特の雰囲気があります。これとセグメントが青バックの白文字で表示されているというのは,なかなか面白いと思います。

 ということで,LCD8812K4-01の解析が終わりました。これでもうこのLCDは自由に使う事が出来ます。時計と温度計でも作るかと思っていましたが,ふとaitendoでGPSモジュールを買ってあり,1つ余っていることを思い出しました。

 これは1PPSも出せるモジュールですので,これでGPS時計を作り直してみるのが,一番手頃で面白そうです。このLCD,もうちょっと買っておこうかなあ。

シュレッダーを買い換えた

  • 2016/04/11 09:19
  • カテゴリー:散財

 先日のことですが,買って3年ほどになる我が家のシュレッダーが壊れてしまいました。「ガコガコ」を大きな音がするばっかりで,紙を吸い込みません。

 これだけ個人情報に警戒しないといけない世の中で,これだけ個人情報が書かれた書類が手元に届くと,処分するのも一苦労です。手で刻んだくらいでは全然意味がなく,専用のスタンプを押して見えなくしても,実は見る方法などいくらでもあるというのが実際です。

 大昔,有効な定期券と無効な定期券を間違えて,有効な方を当時使っていたシュレッダーで刻んでしまったことがあるのですが,この時も30分ほどで貼り合わせることが出来てしまい,定期売り場の駅員さんもなんの疑いも持たずに,再発行に応じてくれました。

 この時のシュレッダーは,クロスカットとはいえ裁断サイズが4mmとやや大きかったので,以後私は細かいものを選ぶようにしています。

 A4サイズがそのまま2枚まで裁断可能で,2mm幅のクロスカットのものを使っていましたが,ACアダプタ式の非力な物で,次第に裁断能力が落ちていきました。裁断幅が小さい物は,カッターの目が詰まりやすいので,なおさらです。

 そうして半年ほど前ですが,ちょっと分厚い物を裁断しようとするとカッターの間が広がってしまい,全く裁断されないというトラブルが問題になました。そこでプラスチックの枠が広がってしまわないように,2φの銅線で縛り,広がらないようにしたところ効果絶大で,確実に裁断されるようになりました。

 ですがそのせいで過負荷がかかってしまったのでしょうね,先日とうとう壊れたというわけです。

 修理出来るかどうかを確認したかったので分解しましたが,プラスチック製のギアの歯が飛んでおり,ツルツルになっていました。こうなるともう修理は出来ません。あきらめます。これまでご苦労様でした。

 そうなってしまうと後継機を用意しなくてはなりません。

 シュレッダーも本当にピンキリで,大きさも値段も性能も,音も重さも使い心地も,どれも同じ物はないと思うほどです。ゆえに店頭で買うしかないと思っていたのですが,逆に店頭に並んでいるのはごく僅かで,この中から選ぶしかないという不自由さに気が付いて,途方に暮れていたところ,あるサイトが目に付きました。

 この手の話には俄然強さを発揮する,あのラジオライフのサイトです。本誌に掲載された記事の中から抜粋して日替わりで掲載するサイトなのですが,少し前にシュレッダーの評価記事があったことを思い出しました。

 なになに,Amazon限定のコクヨ製AMS-MC20がおすすめ?

 A6までですが6枚までOK,ハイパワーなので高速,音は小さく,裁断幅も小さいと,絶賛です。実勢価格は6400円とあります。

 amazon専用品ではない,これと同じようなものがあるだろうと探してみましたがすでにディスコンになっています。後継機はスペックダウンしていて,特に裁断幅が大きくなってしまっています。ここはこだわるべき所です。

 ということで,結局AMS-MC20を買うことになったのですが,価格はこの時点で6600円と値上がりしています。なんか悔しいですね。

 あきらめようとしたとき,ふとカラーバリエーションで安い物が目に付きました。ピンク入りが5900円です。ちょうどタイムセール中で残り1時間,しかし誰も買っていません。

 これも何かの縁だと,何のためらいもなくピンクを注文しました。私の話など誰も興味はないと思いますが,私は色にはあまりこだわりがなく,色を理由に購入をためらうことはありません。もちろん好みの色や嫌いな色はありますが,理由はともかく縁あって手元に届いたのですから,それはそれで愛着がわきます。

 その結果気にいればなおよしで,自分では選ばない色がやってくる面白さは,次はどんな色の円があるのだろうと,楽しみにさえなっています。

 しかしながら,届いたピンクは,ちょっと下品でした。タイムセールになったのも,きっと不人気だったからでしょう。同じピンクでもサーモンピンクとか,桜色のような上品な物ならいいのに,合成着色料バリバリのショッキングピンクです。ブラックライトを当てればきっとぱーっと光り輝きますよ,これ。

 ですがピンクの好きな4歳の娘は大喜び。「ピンクのきかい」とすっかり気に入ったようです。私は彼女に,シールを貼っても買わない場所として,このシュレッダーを解禁することになりました。もう好きなようにデコレーションして下さい。

 さて,使ってみたところ,さすがはラジオライフが太鼓判を押しただけあり,想像以上の素晴らしさです。レターパックのボール紙も楽々裁断,切り口は鋭く,実に綺麗です。A6サイズは小さくて不便かもと思っていましたが,むしろ危険な挿入口が小さいことは安全に繋がることでもあるので,これだけパワーがあるなら折りたたんで使う方が合理的とさえ思います。

 これまでの物と違い,紙を差し込めば裁断が始まり,終われば自動で止まります。主電源もちゃんあるので,待機時の電力も気になりません。

 そしてコクヨ製だなあと思ったのは,安全面です。挿入口にはフタがあり,開け閉めも面倒でないように作ってあります。これはいいですよ。小さい子供が面白がっておかしな物を突っ込むと,大けがをしますから。

 音も静かで,夜でも使えます。裁断面が綺麗なので,くずかごがすぐに一杯になってしまうこともありません。大きさも手頃ですし,A6サイズということもあり,長さが短くて,置き場所にも困りません。

 パワーのあるシュレッダーは頭が重く,不安定になりがちですが,この製品は安定感もあり,安心です。いやほんとにいいですよ,これ。

 もっと他にもいいものがあるのかも知れませんが,特に不満点が見つからない高次元でのバランスは,家庭用の小型シュッダーに求められるスペックを吟味しているといえ,スピードと騒音,そして2mm幅の裁断で妥協しない,とてもよいものだと思います。

 ところでこの製品,amazon専用品ですので,茶色の素っ気ない箱に入っていたのですが,その箱をさらにamazonの段ボールにいれた状態で届きました。

 非常に大きな箱から取り出した「ピンクのきかい」を見た僅か4歳の娘をして「なんで大きな箱にもう一度入れるの?」と言わしめた,amazonの無駄には私も大いに同意するところです。amazon専用品なら,箱に直接送り状を張り付けて送ってもらっても,私は全然構わないんですが・・・


ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年04月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed