エントリー

2016年09月09日の記事は以下のとおりです。

今回の秋月の買い物


 私が電子工作を始めたのが10歳頃の話だと思うので,もうかなりの時間が経過してるのに驚くわけですが,考えてみると未だにずっと続いている趣味はこれくらいのものですし,他の趣味もこれが原点になっていることを考えると,電子工作に出会えたことはラッキーだったと思わざるを得ません。

 以前にも書きましたが,電子工作というのはアマチュアの趣味であり,アマチュア相手の商売ですから部品屋さんも1個か2個を売るしかなく,一方で電子部品は単価が安いから数を売らないと成り立たないわけで,いわば部品屋さんというのは大量にしか売ってくれないメーカーさんとアマチュアの間に入って,小分けをしてくれる存在という事が出来ます。

 仕入れた部品がすべて売れればいいですが,3000個仕入れて売れたのが10個程度だったりしたら大赤字ですし,悪いことに電子部品は種類が多くて,在庫がものすごくなります。

 だから,部品屋さんの多くは,プロをメインして商売しており,アマチュアにはそのおこぼれを売っているという感じだと思って差し支えありません。

 まあ,おこぼれなんていうと言葉は悪いですけど,アマチュアには大量の部品を消化するだけの能力は当然ありませんし,普通に考えるとそういう人は商売上相手にしないわけですから,おこぼれだろうがなんだろうが,1個2個で部品が買えることはありがたい事ではあります。

 ただし,アマチュアはアマチュアで,本来の価格の何十倍もの値段で部品を買っていますし,部品の詳細なデータをもらうこともなく,分からない事を質問したり設計をサポートしてもらうようなサービスも受けられず,基本的に取り寄せにも応じてもらえず,部品のばらつきを揃えてもらうお願いなどもってのほか,そもそも品質保証も動作保証もないという,プロとは雲泥の差を飲み込んで部品を買っています。

 なので,ここはお互い様ということなので,プロもアマチュアも部品屋さんも部品メーカーも,優越感に浸ったり,卑屈になったりする必要はまったくないと思います。

 事実,電子部品屋さんというのは,利益率は高いんですよ。ただ,単価が数円から数十円ですから,実際の儲けは大した事ありませんし,常に膨大な在庫を抱えるので,はっきりいって好きでないと出来ない商売だと思います。後継者不足でアキバの部品屋さんが閉店するのも,仕方がないことだと思います。

 閑話休題。

 秋月電子は,こうした電子部品店の中では新興勢力であり,戦後のバラックからスタートしたような部品店ではありません。米軍の放出品ではなく,高度経済成長とバブルに沸いた日本の製造業から出てきた訳あり品を安く放出するという,明らかに新世代の部品屋さんです。

 ちなみに,日本の製造業が廃れた現在,中国などの新興国から安価な部品を仕入れて売るのが次の世代の部品屋さんといえて,この代表がaitendoです。aitendoは第三世代なわけですね。

 とはいえ,秋月も販売製品の大半は中国などの部品になっていますし,以前のような秋月独自のキットや部品セットは少なくなっています。それに,アマチュアへの販売も膨大な数になるということですから,秋月に限って言えばアマチュアにはおこぼれを売るという話は,あまり成り立たないんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで,ベテランの電子工作のアマチュアである私にとっての秋月電子とは,面白そうな部品が安く売られているという事だけではなく,怪しげな物がなく,きちんとした出所の正規品が手に入る安心感も大きいです。

 スポットで入る怪しい部品もあるにはありますが,それはそれでちゃんと分かるように売られていますし,激安です。秋月にはそういう掘り出し物を買う楽しみもありますが,正規品,新品,動作がある程度しっかりしているまともな物が,安い値段で,ある程度安定して売られていることも,私にはとてもありがたい存在です。

 というわけで,送料がかかってしまうためにまとめ買いをするのが秋月なのですが,新商品のチェックをしては購入予定リストを作り,1万円くらいになったら買うと言うことを繰り返しています。昔は2年に一度,それが1年に一度となり,半年に一度,姉妹には2ヶ月に一度くらいの頻度になってしまっているので,一体なにを買っているのか自分でも疑問になることが増えてきました。

 こういう時はレビューです。自分が買った物を公開し,識者の意見を聞く。

 私も人生を折り返している身です。このままでは大量の部品が余ってしまい,ゴミとして処分されてしまうことになりかねません。

 そこで,今回から買った物を列挙して,買った理由,何に使うつもりかを書いていこうと思います。時間があれば,これまでに買った物も公開したいと思います。


 1.角型光デジタル通信コネクタ(送信用) GP1FA551TZ
  価格:¥80 × 数量:2 = 合計:¥160

 シャープの光デジタルコネクタで,一頃オーディオ機器には必ず付いていました。これは送信用ですが,この値段はとても安いです。昔,秋月には東芝のTORX178とTOTX178の2つが常時在庫されていたので,欲しい時に欲しい数しか買わなかったのですが,東芝が全面撤退してからは,中国製のものか,こうしたスポット品しか買えなくなりました。別にこれでなにかを作ろうというわけではないのですが,ちょっとした改造に使うことがあるので,2つだけ買いました。

 ちなみに,以前のものは48kHzの16bitの速度しか出なかったのですが,最近は24bitの192kHzが通るような高速な物が普通になっています。速度もよく注意して買いましょう。


 2.Nch J-FET 2SK2145-BL (2個入)
  価格:¥100 × 数量:5 = 合計:¥500

 オーディオ用のFETなのですが,今や貴重なデュアルFETです。2SK389などの定番品が入手不可能になり,差動増幅の初段で使われる特性の揃ったFETは,この手の回路には必ず必要なはなずなのに,今や入手可能なものはこの品種くらいになってしまいました。

 理由は簡単で,全部ICになったから。わざわざバラバラの部品で差動増幅なんか作らないんですよ,プロは。アマチュアがプロのおこぼれで工作する以上は,プロが使ってくれない部品は入手出来ないわけで,この東芝のFETは,数少ないプロが使うものなのです。

 とはいえ,アマチュアもしょっちゅう使う部品ではありません。だからどこでも売っているFETではないのですが,秋月でこうして取り扱いがあるので,今のうちに買っておこうという判断です。

 他の方が調べたところ,このFETは大変に良好な特性を持つもののようですよ。


 3.トランジスタ 2SD2012(60V3A) (10個入)
  価格:¥295 × 数量:1 = 合計:¥295

 電力用のトランジスタとしては定番のものです。私もすでに10個程度の在庫を持っていますが,既に生産中止になっていますし,安いうちに買い増しすることにしました。

 こんなトランジスタ,なにに使うのよと思うでしょうが,模型用のモーターや豆電球といったちょっと重たい負荷を動かすには,このくらいのトランジスタがよく使われます。

 こうした用途には,かつては2SC1061,2SD235,2SD880,2SC1096といったあたりがよく登場したものなのですが,いずれも生産中止になり,これらを使った工作を再現するには,2SD2012が最適という,まあそういう話です。

 大きさといい規格といい使い勝手と言い,なかなか手頃なものトランジスタですので,数を持っていても大丈夫でしょう。

 
 4.3ch出力プログラマブル周波数ジェネレータIC Si5351A-B
  価格:¥150 × 数量:3 = 合計:¥450

 すっかり私のなかでは便利なICになってしまった,SI5351です。これで欲しい周波数が一発で手に入るとばかりに使っていますけど,同時によく壊してしまいます。いつまでも買える部品ではないと思いますし,安いうちに,壊した分くらいは買っておこうと言うことです。


 5.低損失CMOS三端子レギュレータ 3.3V500mA NJU7223F33
  価格:¥50 × 数量:1 = 合計:¥50

 今,実は密かにある工作を計画していまして,そのための部品です。12Vから3.3Vを作る必要があり,それなりの電流を引っ張るので,結構大きめのLDOが必要になりました。9Vも落としますので,100mA引っ張っても1Wも熱が出ます。いざとなったら放熱器も取り付けられる物を選んだら,これになりました。


 6.超小型グラフィックLCD AQM1248A
  価格:¥450 × 数量:2 = 合計:¥900

 小さい事を除けば,なかなか使い勝手のあるLCDです。ソフトも完備しましたのでこれからどんどん使っていこうと思っていますが,先日GPSDOで1つ誓いましたし,バックライト取り付け改造の過程で1枚壊しましたから,2枚追加です。


 7.DCファン 12V 30mm角 軸流
  価格:¥100 × 数量:2 = 合計:¥200

 DCファンというのは,欲しい時には急に欲しくなるものです。パソコンの自作部品として使われるだけに入手は難しくないのですが,いい値段がします。そこでこういう掘り出し物が出た時にはちょっとずつ買うようにしています。とはいえ,PC用のファンは静音にこだわった物が多く,必ずしもこの手の掘り出し物がお得とは言えなくなってきています。


 8.電池ボックス 単3×2本 Bスナップ・背中合わせ
  価格:¥40 × 数量:1 = 合計:¥40
 9.電池ボックス 単3×4本用 Bスナップ・背中合わせ
  価格:¥50 × 数量:1 = 合計:¥50

 単三を使う電池ボックスはなにかと便利なのですが,先日も使いたい時に,在庫があると持って探したら結局なかったという残念なことがあり,そのための補充です。


 10.フジソクプッシュスイッチLTM3-01-G
  価格:¥50 × 数量:3 = 合計:¥150
 11.オルタネイト式プッシュスイッチ ADS-450-A26
  価格:¥30 × 数量:10 = 合計:¥300
 12.日本開閉器プッシュスイッチM2B-15ABB4
  価格:¥120 × 数量:3 = 合計:¥360

 機構部品(スイッチとかターミナルとか)というのはまさにメカですので,結構高いですよね。大きさやデザイン,感触などで多くのバリエーションがある一方で,それらが必ずしも手に入るとは限らないものなので,いつも私は頭が痛いです。

 そこで,こういう掘り出し物が出た時には,やっぱりちょっとずつ買うことにしています。10.のスイッチは先日子供用のMP3プレイヤーで使いましたが,感触もなかなか良かったのでリピートです。

 11.のスイッチは30円と安いので買いました。オルタネートのスイッチは高価ですし,手に入りにくい側面もあります。キートップになにやら印刷がありますが,剥がすか交換するかして,使えるようにしたいと思います。10個買っても300円ですからね。


 13.BNCコネクタ(BNC-J)(メス)基板取付型縦向き
  価格:¥100 × 数量:1 = 合計:¥100
 14.BNCコネクタ(BNC-P)(オス)RG58同軸用
  価格:¥120 × 数量:2 = 合計:¥240

 BNCコネクタも突然欲しい時がある機構部品です。高周波用のコネクタは安い物は特性が出てないものですが,アマチュアには十分だと思っています。他の店では随分高いので,これもこの機会に補充です。


 15.低電圧1.2WオーディオアンプIC HT82V739 2.2~5.5V動作 2個入
  価格:¥100 × 数量:10 = 合計:¥1,000

 もともと音質が良い,回路が簡単で,誰でも成功すると評判のオーディオアンプICですが,秋月の在庫が減ってきているようで,次この値段で買えるかどうかもわかりません。少し多めに買っておきました。結局これが一番です。


 16.トランジスタ TTA004B (160V1.5A)
  価格:¥40 × 数量:4 = 合計:¥160
 17.トランジスタ TTC004B (160V1.5A)
  価格:¥40 × 数量:4 = 合計:¥160

 かつて2SA1358と2SC3421のペアとして売られていた,オーディオ用の定番トランジスタが,この名称で復活です。私は迂闊にも2SC3421しかストックしておらず,オーディオアンプには使えず残念な思いをしていたのですが,復活したなら試してみる価値があります。お試しで購入です。


 18.トランジスタ2SA1359Y(40V3A)
  価格:¥40 × 数量:4 = 合計:¥160
 19.トランジスタ2SC3422(40V3A)
  価格:¥40 × 数量:4 = 合計:¥160

 2SA1358と2SC3421のペアとは1番違いでよく使われるトランジスタなのですが,規格は全然違っています。大電流に対応しますが,体圧が低いのでちゃんとしたオーディオアンプにはちょっと使えません。

 ですが,大電流向けという事はそれだけ余裕があり,インピーダンスも低いという事だと漠然と思っているので,電圧が低い用途にはこっちの方が出番があります。

 何だかんだでこのトランジスタを使っていますので,やっぱり補充です。


 20.5V LQリレー 接点容量:10A 1回路C接点 ALQ105
  価格:¥220 × 数量:2 = 合計:¥440

 先日安定化電源器を改造し,リレーで出力をON/OFFする仕組みを入れましたが,手持ちで使ったリレーの容量が小さいので不安がありました。次の機会で買おうと思って目星を付けたのがこのLQリレーです。

 直流の場合には5Aまでの定格となりますが3Aまでの電源器ですので十分です。このくらいの大きさのリレーだと一回り大きい物になりがちですが,さすがはパナソニック,このリレーは小型リレーと同じくらいの大きさです。


 21.ブラシレスDCファン(静音型・流体軸受) 12V80mm角
  価格:¥150 × 数量:2 = 合計:¥300

 このファンも掘り出し物の確保です。でも80mmというのは案外使い道が多くて,本当に静音型だというのであれば,追加を買うことになるかも知れません。


 22.金属板抵抗器 2W 1Ω (MPC78・低ひずみ品)
  価格:¥30 × 数量:8 = 合計:¥240

 今作っている工作で使う抵抗に1Ωというのがあるんですが,音質に影響のある部分なので,ちょっといい物を使いたいと思っていました。1個30円ですので高いわけではありませんが,音質に配慮した抵抗ですので,ちょうど良かったです。


 23.7セグメントドライバ(7セグメントデコーダ) HD14511BP
  価格:¥30 × 数量:4 = 合計:¥120
 24.2入力NANDゲート TC74HC00AP
  価格:¥10 × 数量:10 = 合計:¥100

 最近秋月はロジックICも拡充させているようですが,ロジックICの在庫というのは,ファミリで出来るだけ欠番なく在庫がある事が大事なので,安いけど揃わないという話になってしまうと,あまりうれしくありません。

 その点鈴商は良かったです。パッケージ違いまで揃えており,しかも安いですから,店頭で買えなくなったことは結構痛いです。

 そんなロジックICですが,4511は7セグのデコーダとしてはごくありふれた定番品です。BCDを突っ込むと7セグがドライブ出来るので,マイコンと組み合わせるとピン数の削減が出来そうです。4つ買っているのは在庫で持とうと思ったからなのですが,もともと30円そこらで買えるICではないので,4つ買いました。

 74HC00はもう説明はいりませんね。HCシリーズのNANDです。なんやかんやでよく使うので,1個10円で補充のつもりで買ったのですが,すでに何度も補充していたことを忘れていて,すでにパーツケースは74HC00であふれています。


 25.フォトカプラ GaAlAs赤外LED+フォトIC TLP2361
  価格:¥75 × 数量:3 = 合計:¥225

 フォトカプラもちょっと在庫を持ちたくなったので以前からうちの標準品を検討していました。シャープのPC900とかHPの6N137とか,古来からの伝統品を使う手もありますが,これらは高いし今どきの性能ではありません。

 TLP2361は面実装品ですが,安い上に高速(10MHzはいけるでしょう),その上で出力はロジックレベルときて,とても使いやすいです。10MHzまで通れば,様々なものを絶縁して伝送できます。これは便利なはずです。


 26.2mmピッチ片面ガラス・ユニバーサル基板Cタイプ(72x48mm)銅はく仕上
  価格:¥70 × 数量:10 = 合計:¥700
(1枚の場合は¥80円/10枚以上の場合は単価¥70円)
 27.片面ガラス・ユニバーサル基板 Cタイプ(72x47.5mm) めっき仕上げ
  価格:¥60 × 数量:10 = 合計:¥600

 秋月で買い物をするときには,きまってユニバーサル基板を買い増しします。昔はベークの基板が1枚60円だったのに,今やガラエポが60円ですからね,切り刻んでどんどん使っています。

 ガラエポは平面性が高く,上部で曲がりませんから,高周波特性云々の前に,構造材として便利です。スイッチを取り付けてもたわみません。

 2mmピッチの基板は,今まで全く意識をしないできたのですが,今やっている工作で2mmピッチの足の部品が出てきてしまったので,探して見た結果です。商品紹介にもありますが,2mmピッチですのでより多くの部品を実装出来ますから,コンパクトに作る事が出来ます。

 もちろん,2.54mmピッチのICやトランジスタを使わないという前提での話ですが,昨今は面実装品も多いですし,使ってみると便利かもしれません。1枚70円ですので,気軽に使ってみましょう。

 もう1つの基盤は60円のガラエポですが,実はこれFR-4という基板材料で作られています。今秋月で売られている60円のガラエポの基板は,FR-4とCEM-3の2種類がありますが,FR-4の方がちょっと性能が上です。もっとも,その差は僅かですし,扱いやすさからいうとCEM-3の方が良かったりするので,FR-4がオススメという事ではありません。でも,次から値上がりすると言われれば,ここで少し買いだめようと思うじゃありませんか。


 28.12V JCリレー 接点容量:10A 2回路a接点 JC2AF-DC12V-F
  価格:¥140 × 数量:1 = 合計:¥140

 パナソニックのJCリレーです。少し大きなサイズで,しかも12Vですから,本気の電力制御に使うことになりますが,私はこの手のリレーを在庫していないので,140円なら1つ買っておこうと思い,買いました。


 29.水晶発振器(NEC) 12.8MHz
  価格:¥200 × 数量:5 = 合計:¥1,000

 これですよ,これ。今回の買い物で一番面白そうなものです。

 腐るほどある12.8MHzの水晶発振器ですが,データもなく,詳しい型名も出ていないNECの発振器ですので,どう考えてもジャンク品です。

 これ,写真を見る限り,おそらくTCXOです。TCXOで200円なら安いでしょう。でも5個も買う必要があるかと,思われるでしょうね。

 いや,私もそう思うのですが,NECのTCXOを以前鈴商で買った時に,その性能と安定性に感心したことがあるのです。

 TCXOというのは温度補償型の発振器なのですが,電源電圧に対する周波数変動を押さえているとは,どこにも書いてありません。

 事実,多くのTCXOは電源電圧が変動すると発振周波数も大きく変動します。電圧が一定なら,温度補償がかかるのでそこからの変動は少ないのですが,温度の変動以上に電圧が動いてしまうと,ただの水晶発振器になってしまいます。

 秋月で新品で売られている12.8MHzのTCXO(600円もする)も誤差1ppmを謳っていますが,電源電圧の変化に対する周波数変動が大きいので,全くあてにならないというのが私の印象です。

 最近出てきた面実装品のTCXOは,マイコン(あるいはデジタル回路)で補償をかけるので電源電圧に対する変動は小さいのですが,20世紀によく使われた金属のカンに入ったTCXOはアナログ方式で,しかも内部の水晶発振子の温度特性と逆の特性のコンデンサを使って温度補償をしているだけだったりすると,まともに電圧の変動をかぶってしまうわけです。

 アナログ方式でも,温度センサで周波数を制御する高級タイプなら電圧変動は小さいのですが,なかなかこういうタイプにはあたりませんが,前述の鈴商で買ったNECのTCXOはこのタイプだったのです。恩智にも電圧に変動は小さく,しかも水晶発振子の特性に依存しないので,別の水晶発振子に交換して周波数を変えても,ある程度なら温度補償がかると,いいことずくめでした。

 今回は形状が簡易タイプのような気がしますが,それでもNECですので,温度安定性が高いかも知れません。そうすると,12.8MHzからSi5351Aで好きな周波数を作る事が出来ますので,1個や2個ではすぐに使い切ってしまうと思ったわけです。

 だったら,電圧変動が少ないデジタル方式の,最近のTCXOにすればいいじゃないかと思うでしょう。確かにその方がワタしも楽なのですが,この手の面実装品は周波数の微調整が出来ないようになっているので,出てきた周波数でずっと使わないといけないのです。

 経年変化で大きくずれても,そのまま。ですが,大きめのTCXOは微調整用のトリマが付いているので,これで調整が出来るんです。

 変動しないでいて欲しいくせに調整出来て欲しいなんて,なんと都合のいい話かと自分でも思うのですが,NECのTCXはそれが出来ていました。

 まあ,届いてみて調べて見たら,電圧で変動しまくりかも知れません。その場合は部品箱で長らく眠りにつくことでしょう。


 30.金属板抵抗器 5W 0.33Ω (MPC74・低ひずみ品)
  価格:¥50 × 数量:8 = 合計:¥400

 これも先の抵抗と同じなのですが,こちらは用途が別でして,20年前に作ったMOS-FETのパワーアンプに使う予定です。ファイナルのソースに入っている抵抗なのですが,アイドリング電流の測定用にセメント抵抗が使われています。

 他の部品はそれなりにオーディオ用に気を遣って選んだのに,ここだけ無骨なセメント抵抗ですので,ちょっと引っかかっていたのですが,先日抵抗を見つけて,交換してみようと思ったわけです。1個50円ですから,気軽に試せます。


 31.汎用小信号スイッチングダイオード 1SS205
  価格:¥10 × 数量:10 = 合計:¥100
 
 思いつきでカートに追加したダイオードです。NEC製であると言うこと,ガラスモールドであること以外に面白いところはない,普通のダイオードです。使い道としては1S1588や1N4148なんかと同じですので,別に無理に買うことはなかったのですが,ダイオードも交換してみると,結果が大きく違ってきたりするので,種類を持っていた方が面白い場合も多いのです。

 ガラス製のシリコンダイオードも最近はすっかり見なくなりました。1つ10円ならまあいいかと買ったわけですが,鈴商ではいつもこの値段です。秋月は安いという話を,盲目的に信じるのはやめた方がいいと思います。

 
 32.片面2.54mmx2mmピッチ基板
  価格:¥80 × 数量:3 = 合計:¥240

 この基盤も2mmピッチなのですが,縦と横でピッチが違います。向きは限定されますが,2.54mmの部品も同時に搭載可能です。DIPは乗りませんが,SIPのICやTO-220のトランジスタなどを混載できるのは便利だと思って,買うことにしました。


 33.金属皮膜抵抗 1/4W75Ω(100本入)
  価格:¥300 × 数量:1 = 合計:¥300

 今作っている工作で使う抵抗です。金皮の抵抗が使えるなら出来るだけ使うというのが私の方針で,それは精度が高いから,あるいはノイズが少ないからというのもありますが,なにより温度特性に優れていることが理由です。

 75Ωは私は持っていなかったので,ちょうどいいと思って100本買いました。75Ωと言えば,高周波で使うか,一昔前ならビデオ系でよく使っていた値ですが,今は高周波も民生品に繋ぐ物を自作するのは難しいので出番は少なく,ビデオ系はデジタル化してしまったので全く使われなくなりました。

 でも,欲しい時は欲しいんですよ,100Ω以下の抵抗というのも。



 しめて約10000円。高いですね・・・

 すぐに使わない物も多く,そうした物は大半は一生使わないので,完全に秋月へのお布施になってしまいます。

 買ったきり忘れたものもあったりして,最終的に秋月での買い物がお得になっているかは,疑問だなあと思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年09月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed