エントリー

2018年11月12日の記事は以下のとおりです。

DL2050を較正する~力業であわせ込む編

  • 2018/11/12 14:15
  • カテゴリー:make:


 さて,較正に失敗し測定機能を失ったDL2050の復活ですが,構成データを書き込んだEEPROMに,サンプルのデータを上書きしてとりあえず動くようにしようというのが,今回の作戦の流れです。

 もちろん,全く起動しなくなることも考えられるので,現在のデータも残しておきます。

 とにもかくにも,DL2050から93C66を外すことから始めます。SOPですので外すのは割に簡単です。ライタで手軽に書けるように,また入手した93C66がDIPであることも考えて,DL2050にDIPのICソケットを強引に取り付けておきます。

 外した93C66を変換基板に取り付け,DIP化して,AKI-PICライタに取り付けます。リードが出来たら取り外して残しておきます。

 新たに調達したDIPの93C66に落ちていた較正データを書き込みます。とはいえ,落ちていたのはバイナリですので,これをintel-hexに変換してから食わせます。

 書き込みが終わったら,DL2050に差し込んで起動します。

 これで問題なく起動します。測定も一応出来るようになっています。

 しかし,あまりに誤差が大きすぎ,使い物になりません。電圧も電流も抵抗も全部ボロボロです。そんなに誤差がないならこのまま使おうとも考えていましたが,あきらめました。

 なので,元のデータを使う事にしたのですが,先日書いたように100Vレンジで較正に失敗していて,まともな値を表示しません。

 較正に必要な基準電圧としてDC100Vを用意しないといけませんが,そんなものはありませんし,結局ここで元に戻ってしまいました。

 あきらめずに,元の較正データのダンプを眺めます。

 幸い,どの数字がどんな役割をするかという資料を持っているので,それぞれの校正値を確認していきます。するとやはり100Vレンジで大きく校正値が狂っているのを発見,これ以外はそれらしい数字になっていることもわかりました。

 ならばと,この校正値を直接修正,ライタで書いてから本体に戻して見ると,なんとなくそれらしい測定値が得られるようになりました。

 こうなると俄然やる気が出てきます。

 測定値が真の値より大きい場合,校正値を減らせばよいこともわかりました。他のレンジの値を参考に,少しずつ追い込んで行き,最終的に34401Aとほぼぴったり値を揃えることができました。

 基準電圧が用意出来るレンジは正規の方法で較正を行えばよいですし,Mモードのように40000カウントの40Vレンジなんかは,校正値を直接いじる方法で追い込んで行けばよいです。

 電流と抵抗は迷ったのですが,もう面倒ですから,ゼロ調整だけ済ませて終わりにします。

 こうして一応,34401Aと同じくらいの値を示すようになってくれました。苦労しましたが,なんとか実戦投入できそうな感じです。

 それにしても,ちょっとしたミスが命取りになるんですね。各社の取説を見ていると,ここにはシールが貼られていて,剥がすと動作保証しないと書いてあったりしますが,シールがあれば剥がし,穴があれば棒をツッコミ,ボタンがあれば押すのが,これ人間というもの。

 そんなことくらいで,測定不可能な状態になるほど致命的な状態に陥ってしまうなんて,まあなんと恐ろしいことでしょう。34401Aなど,ロックやパスワードがかかるようになっているんですが・・・

 DL2050は,こうやってCALボタンが押された個体がたくさんあるんじゃないかと思います。買うときは(使う時ときは)気を付けた方がいいかも知れません。

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed