エントリー

2019年10月09日の記事は以下のとおりです。

電動歯ブラシの買い換えと修理

  • 2019/10/09 14:31
  • カテゴリー:散財

 まだ朝のぼやーっとしたままの頭を使わず,もはや脊髄反射でいつものように掴んだ電動歯ブラシがいつものように動かないことを,脳に経路を切り替える時間だけかかって理解したあと,その動かない伝導歯ブラシを手で左右にゴシゴシ動かす行動が思った異常に難しく,まるで子供が初めてエスカレータに乗るような不自然さ強く感じて,その理由が歯ブラシを手で動かすことが私にとってもう20年ぶりのことであることに見いだした時には,私の頭はすっかり覚めてしまっていました。

 わざわざ重く太い電動歯ブラシを手でゴシゴシ動かすというのは,これまたどういう状況なのだ!

 なんだか急にがっかりした私は,後先考えずに新しい電動歯ブラシを買うことに決めたのでした。

 私がこれまで使っていた電動歯ブラシはパナソニックのEW-DL11です。2011年6月に約1万円で購入しているのですが,あれから8年,毎日使うこの家電製品が,いつか動かなくなる「工業製品」であることにはっとさせられたのでした。

 きっとこのシリーズも進化しているんだろうと探してみますが,当時あれほど宣伝していたイオンで云々はすっかり影を潜め,歯医者さんのお墨付きがあることを全面に出しています。新技術よりも権威に頼るという姿勢は,もうこの製品が成熟したジャンルである事を示しています。

 ただ,当然EW-DL11の世代からは大幅に進化していて,歯を叩いて磨くことが出来るようになっちたり,ストロークの回数が2万回から3万回に増えていたりします。いつこういう進化があったかは知りませんし調べることもしませんが,DL11からの差分があるから,買い換えようという気持ちになってきます。

 結局,1万円程度の同じシリーズから,EW-DL35を買いました。

 なにせ壊れた機械からの買い換えで,ろくに機種選定もやってませんが,基本機能を重視し,余計なオプション類は同梱されていないという質実剛健な機種です。

 振動回数は31000回とさらに増えつつ,でも上下左右それぞれ30秒ずつの合計2分という設定は変わらず。これって,歯を擦る回数が1.5倍に増えていますが,大丈夫なんですかね。

 このモデルのさらに下位にもう1つ安いものがあったのですが,これはストローク回数が同じなのに,歯医者さんの推薦がつきません。まあ,なにかストロークの幅が違うとか,ちょっとした違いがあるんだろうと思いますが,歯医者さんが推薦するかしないかという大きな差がどこにあるのかこそ,私は知りたいです。

 結局私も医師免許を持つ人達の権威に負けて,推薦のある物名かで最も安いEW-DL35を買ってしまったわけですが・・・

 で,新しいEW-DL35ですが,歯ブラシそのものが随分昔のモデルと互換性が維持されていて,維持費の安いパナソニックという特徴は未だ健在です。

 これまでのEW-DL11は,細身で格好はいいのですが,表面がツルツルしていて,度々滑って落としていました。おそらくそういう問題を指摘されたのでしょうね,DL-35では表面がザラザラになって少し太くなり,中央のくびれが大きくなりました。持ちやすさと滑りやすさは大幅に改善していると思います。

 EW-DL11ではボタンが2つあり,ON/OFFと動作モードの切り替えだったのですが,EW-DL35ではボタンは1つです。ONにしてすぐに押せばモードが切り替わるようになっているので,とても合理的だと思います。そう,EW-DL11でもモード切替のボタンなど数回しか押したことがありません。

 動かして見ると,想像以上に音が大きく,派手に動いているのがわかります。ストローク回数が1.5倍にするためには,これくらいのエネルギーを扱わないといけないのでしょう。

 使ってみましたが,以前よりも「磨いている」という実感が強く,本当に歯の表面に当てているだけで満足します。EW-DL11ではちょっと磨き足りない感じがして手でゴシゴシ動かしてみたり,2分を超えてもう一度磨いたりという事をついやってしまっていましたが,EW-DL35ではそういう気分がなくなりました。

 磨き残しも減ったように思いますし,さすがに歯医者さんの推薦は違います。

 とまあ,新機種のインプレッションはこのくらいにして,古いEW-DL11をどうするかです。

 詳しく書いていませんでしたが,EW-DL11がどういう症状だったかといえば,LEDは点灯するしボタンも効くのですが,肝心の振動が全く発生しません。アクチュエータの故障でしょう。

 こうなるともう修理もクソもない,という判断があって,そのまま捨ててしまおうかと思ったのですが,一応電池だけ外しておこうと分解して見ました。

 すると,アクチュエータから伸びている2本の細い線のうち,1本が基板から外れているのがわかりました。どうも振動によって線が切断してしまっているようです。

 とりあえずハンダ付けをしてみると,あっさり動いてしまいました。

 うーん,もし,故障したのが土曜日だったら,新しい機種を買う前に修理を試みたでしょう。平日なので修理もせずに新しい機種を買いましたが,特にDL11い不満があったわけでもないので,ちょっともったいない気がします。

 幸いなことに,ゴムやパッキンの劣化もなく,水の浸入もありません。まだまだ元気に使えそうです。

 そこで,ちょっと嫁さんに「お古でよければ使わないかい」と声をかけました。

 すると,古い機種でもいいから使ってみたいという返事です。私としては修理をしたことも新しい機種を買ったことも無駄にならず,まさにありがたい返事です。

 いつまで使えるか分かりませんが,無駄にならずに済んだ事で,この件は決着。

 正直な話,電動歯ブラシで手で磨く以上の効果を期待するのは難しいと思います。しかし,逆の言い方をすると,電動歯ブラシと同じ程度のことを手だけでやるのは,結構手間も時間も労力もかかるので,楽が出来るマシンとして考えると,そんなに悪いものではありません。

 さすがに20年,電機の力でブラシを動かしてもらってきましたから,今さら自分の手で動かすなど面倒で出来ません。こういう小さな所でも,人間は機械化によって「面倒くさがり」になっていくんだなあと,つくづく思いました。

 

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed