エントリー

2019年12月12日の記事は以下のとおりです。

4000円のモニタヘッドホンはいけそうか

  • 2019/12/12 15:19
  • カテゴリー:散財

 私はサウンドハウスという販売店が好きなのですが,楽器関係の買い物をそうそうすることもなく,顧客としては一見さんのレベルです。

 そんなサウンドハウスの取り扱い製品のうち,以前からとても気になっていたものがあります。モニタヘッドホンのCPH7000というモデルです。

 これ,サウンドハウスのオリジナル商品で,元々安かったものが更に値下げされ,現在3980円でいつも買えてしまう,アラウンドイヤーと呼ばれている耳をすっぽり覆う形の密閉型ヘッドホンです。

 4000円とはおよそ思えない作りの良さとモニタらしいストイックなデザインがとても気になっていて,評判も良いので何かのついでに買おうと思っていました。

 今のようにヘッドホンがブームになる前の随分昔からヘッドホンは好きでいろいろ試してきましたが,結局のところリスニング用にSTAX,モニタ用にはT50RPmk3で現在落ち着いています。

 ここでもソニーのMDR-M1STを買ったことを書きましたが,解像度の高さや定位の良さ,音の近さと装着感に優れていることは理解しつつ,STAXとT50RPmk3のタッグに今一歩及ばずという事で,控え選手に甘んじています。

 ただ,ヘッドホンというのは身につけるものという性格上傷みも思った以上に進みますから,消耗品という割り切りも必要な場合があったりしますので,ラフな使い方をするとするとき(それは大音量を突っ込む時もそうです)にはできるだけ安いものを使って,どんどん使い潰すという工夫も必要だったりします。

 そういう観点で,このCPH7000が4000円というのは実に気になる存在だったのです。

 4000円ですから,多少の問題は目を瞑ることができるでしょう。問題は4000円だからとあきらめることの出来るレベルかどうかなわけで,こればかりは主観で評価せざるを得ません。

 ということで,他の買い物のついでに,念願?のCPH7000を買いました。

(1)作りと質感

 これはもう4000円とは思えないですよ。さすがに1万円と言われれば抵抗がありますが,6980円や7980円と言われても納得します。

 装着位置調整用のスライダは作りが雑で,動きにスムーズさもなければクリック感も乏しいのでここだけは3000円だなあと思いますが,全体に華奢な感じはしませんし,イヤーパッドやヘッドバンドもしっかり作られていて感触もよいです。このあたりは少ない予算内でもこだわって作られた部分なんじゃないでしょうか。

 装着感も良くて,違和感もなく,長時間の装着でも痛くなったり疲れたりはしません。その点で言えばT50RPmk3の方が痛くなるし疲れます。

 ケーブルもやや長めに作られていて,取り回しと動き回れる範囲のバランスのギリギリの所をねらっている気がします。これもこだわっているんだと思います。

 確かに可動部分がギシギシいったりしますが,私個人はあまり気になりません。この程度ならいくらでも工夫ができます。


(2)音質

 で,肝心の音質なのですが,これはこの値段ならよく頑張っているんだけど,モニタには使えないなあ残念だなあ,と言うレベルでした。

 というか,値段相応という言い方は適当ではなく,こういう音に調整をしたんだろうなと思いますが,私がモニタに望む音とは違っているのでがっかりだという感じです。

 CPH7000ほど,レビューがばらつくヘッドホンもないと思う訳ですが,私の感じたことはとにかく高音がキンキンザラザラしていることです。高音に軸足をおいた調整がされているのだと思いますが,STAXやT50RPmk3に比べてかなり高音が出すぎています。

 耳障りでうるさいという話ではなく,明らかに音色に変化が出てしまうほど,高域の特定の周波数にピークがある感じです。

 相対的に低音は出ていないように聞こえます(でもちゃんと出ているようです)し,中域の太さや艶やかさもないので,表現力はかなり乏しいと思います。

 例えば,1万円を越える標準的なモニタヘッドホンがパチンコ玉の表面のツルツルときちんと表現出来るとすれば,STAXは表面に映り込んだものが見えます。一方CPH7000は表面がツルツルかどうかわからない,という感じです。

 それでも,それがパチンコ玉とわかるくらいの表現力はあり,その色や大きさは概ねつかめます。これって結構大変なことで,4000円で実現している事には素直に感心します。

 周波数特性としては高域の不自然な強調が厳しい,という結果ですが,位相特性は良好です。音が散らず,比較的定位にも安定感があります。これはよいです。

 左右のバランスも良くて,これは大したものだと思いました。
 
 価格相応だと思ったのはリニアリティで,特に小音量時の再現性が急激に悪くなることがあります。残響音の消え方が不自然です。

 モニタ用ヘッドホンの評価基準には,音の近さというのもありますが,CPH7000はやや遠い感じがします。先程定位は安定していると書きましたが,実はもともと音がやや遠く,コントラストが良くなくて,音の輪郭がボヤーとしています。この点でもSTAXほどの切れ味はありません。


(3)結局

 見た目は○,作りも良く,装着感も十分高いのですが,音が理由でモニタ用途には使えません。また高域の不自然さはしばらく使っていれば慣れるから,と言うレベルではなく,使っている間ずっと耳に刺さってきます。これも厳しいです。

 それから小音量時の表現力の乏しさです。これだとモニタ用も厳しいですし,リスニング用としても楽しくないでしょう。エージングをすれば軽減されるかも知れませんが,消耗品であるヘッドホンでエージングとはすなわち消耗そのものなので,私はエージングを前提にして欲しくないなあと本音では思っています。

 他の特性は悪くないので残念ではありますし,特に高域の強調についてはお金がかけられないからこれで我慢したという感じではなさそうなので,音決めを行った人の好みというか,明確な意思ではないかと思います。だから,彼の好みに私が会わなかったというだけの話ですから,良い悪いではないということなのでしょう。

 ということで,もうちょっと使ってみようと思いますが,STAXを手に取ったときに感じるあの高揚感や,T50RPmk3を手に取ったときに安堵感のようなものを自然に求めてしまうことは避けられず,CPH7000には手が伸びません。

 特性を理由に使わなくなっているわけですから,他の人にプレゼントするわけにもいかず,どうしたものかと思っています。

 これで4000円は確かに安いと思います。使い道を考えれば十分使えると思います。しかし,私には4000円でも使い道がないものになってしまいました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed