エントリー

2016年06月の記事は以下のとおりです。

LCD8812K4-01のバックライトが暗くなった

  • 2016/06/06 15:41
  • カテゴリー:make:

 今年4月8日に,aitendoで売っているLCD8812K4-01を使った時計をここに紹介しました。この時計,非常に精度が良くて,2ヶ月経過しても目で見えるレベルでのズレがなく,ほとんど狂っていないと言っていい感じです。

 ・・・なのですが,5月の末くらいから,なんだか画面が暗くなっていることに気が付きました。いつも煌々と点灯したバックライトにクラクラしていたのですが,日に日に暗くなっていき,なんだか元気がなくなっていくペットを見ているような気分で辛くなってきました。

 最初は,キャラクタ側のドライバICを全く初期化しないで使っている関係でLCDに直流がかかったりして,LCD全体が劣化しているんじゃないかと考えたりもしたんですが,まあそんな馬鹿な話はなくて,新品のLCDを比べて見たところ明らかにバックライトの輝度が落ちていることが確認出来ました。

 LEDなら交換出来るしと,ちょっと安心したのですが,劣化した理由が気になります。

 疑わしいのは,電流の流しすぎです。電流制限抵抗が小さすぎる,もしくは入っていないという状況でよくおこる話なのですが,LEDの電圧を測定すると2.71Vとまあ問題はありません。(そうそう電源電圧は4.5Vとやや低めにしてあります)

 回路を追いかけると,LEDは並列に繋がっています。抵抗は100Ωの抵抗が並列になっており,トータル50ΩでLEDに直列に入っています。これが電源に直接繋がっていました。

 抵抗が並列になっているのは,おそらく電力の問題でしょう。この部分で32mWほどの電力を消費しますので,100mW定格のチップ抵抗1つではちょっと心配です。それで並列にしたんじゃないかと思います。

 LEDのVFにばらつきがないと仮定し,両方に同じだけの電流が流れているとすれば,4.5Vから2.7Vを引いた1.8Vが抵抗にかかる電圧です。ゆえに抵抗に流れる電流は36mAとなりますが,これがLEDに流れるわけですので,LED1つあたりは18mAとなります。

 あれ,VFが2.7Vで18mA?普通じゃないか。なんでこれで壊れるんだ?

 1つだけ壊れるんだったら個体不良でしょうが,2つ同時に同じ程度で劣化しているので,やっぱり使い方じゃないかなあ・・・でも,1つが壊れて電流が流れるようになったら,そっちに引っ張られてもう片側は電流が減るので暗くなるし,逆に電流が流れないようになったら,もう片側にたくさん流れて劣化するので,どっちにしても暗くなるのか・・・

 ということで,LEDの劣化を疑わず,交換をしてみました。交換したら確かに明るくはなったのですが,新品の頃のまぶしいくらいの明るさにはほど遠い感じです。おかしいなあと思ってさらに調べます。

 すると,電源に直列に入れているダイオードの両端の電圧が,0.8Vを越えていることがわかりました。

 いやなに,私はうっかり屋さんなので,逆接続で壊して泣き崩れてしまう事をしょっちゅうやらかします。それで電源にダイオードを入れることをよくやるんですが,ここに小信号用のダイオード(型番不明)を適当に突っ込んだんです。

 ですが,小信号用のダイオードですからね。改めて1N4148のデータシートを見てみると,50mA流せば順方向電圧は0.8Vを越えています。大電流用のダイオードはこのあたりがうまく調整出来ていて,電柱が増えても順方向電圧が低くなるように作られています。その代わり速度が遅いわけですが。

 不思議なのは,以前はこんなに暗くなかったんです。それに,はっきりした記憶はありませんが,ダイオードの電圧降下もこんなに大きくなかったことを覚えていて,もうはっきりしたことはわからないのですが,劣化した,壊れてしまったと考えるしかないんじゃないかと,そんないい加減な結論になりました。

 交換したLEDを元に戻し,ダイオードを外して電源を直結したのですが,確かに明るくなりました。なりましたが,かつての?活差にはまだまだ届かない感じです。やっぱりLED自身の劣化もあるんじゃないかなあと思います。

 まあこれで少し様子を見てみましょう。なんか最近,深追いするのが面倒で・・・

 ところで,LEDに並列に入っている謎のダイオード,向きは逆方向に入っているのですが,結局なにか分からずじまいです。ツェナーかなと思いましたが,ツェナー電圧まで上げるのはなんとなく怖いし,でも普通のダイオードを逆方向に入れても仕方がないと思うし,結局外観から判断出来ない部品ですので,分からないままです。

 おそらく静電破壊対策か高電圧保護用のツェナーではないかと思うのですが,別にいらんよなあと思った私は,外しておきました。

 しかしまあ,どうもすっきりしません。

 もともと中華製で,しかもaitendoでしか売っていないもので,その上そのaitendoが特価で売るようなものですから,まともなものと思う方が間違いなのですが,もし本当にこれがあきらかの不良品だとしたら,検査で不合格になったり,市場でトラブルが出た回収品を廃棄せずに横流ししたものだったりするわけで,ちょっとブラックな臭いがしますよね。廃棄したことにしてブラックマーケットに流してしまうと,横領とか脱税とか・・・なんかそういうややこしい話がついてまわりそうです。

 以前のジャンク品は新品なら品質は実力でほとんど問題なく,大人の事情で安く売られているだけというものあったのに,なんだか残念な話です。

 そういえば,ひところ偽物の電子部品が話題になりました。PC用のCPUで,クロックの低い安い物をリマークして高速版として偽る話も聞きましたし,希少価値の出ているトランジスタも,形がそっくりのものをリマークして売るとか,ひどい物だと耐圧の大きな電解コンデンサに見せかけるために,アルミの缶の中に小さなコンデンサを入れて偽装した物までありました。

 2SC1971という,三菱製の高周波用電力トランジスタがあります。50MHzで10Wくらいとれる便利なトランジスタで,メーカーやアマチュアを問わず多用され,当時は安価に供給されていた定番品ですが,ディスコンになってからはプレミアが付き,今は10倍にも20倍にもなっています。新品が手に入ればまだ良い方で,そういう事情に目を付けた悪い奴らが,偽物をばらまいて一儲けしているんですね。

 見た目はそっくりなものから,明らかに偽物と分かる物まで。差し替えればとりあえず動く「良心的」な偽物から,通電した瞬間にはじけ飛ぶどうしようもない偽物まで,それはそれはこの話だけで酒の肴になるくらいです。

 この手の偽物や不良品が市場に出てくる話は,特に半導体が供給不足になったときにはしばしば出てきた話で,古くは1970年代後半のインベーターゲームブームで訪れたTTLの不足,1980年代中頃のDRAM不足と,悪い業者が一儲けを企んできたわけですが,昨今の不良品や偽物騒ぎというのは,こういうものとはちょっと違っていて,明らかに悪意があるように思います。偏見かも知れませんが,偽装した部品が現役で,大量に使われるような物ではないのに,わざわざ形だけ似せた偽物をつくるんですから。

 今回のLEDが不良品なのか偽物なのかはわかりませんが,繰り返すように通常の使い方をして3ヶ月ほどで擦過してしまうわけですから,これが消費者の手に渡っていたらと思うと,ゾッとします。

URL変更でドタバタする

  • 2016/06/03 12:14
  • カテゴリー:備忘録

 個人が自宅にサーバーを立てて公開するという話は,以前よりも聞かなくなったように思います。かつての牧歌的な時代ならともかく,今どきマシンをネットに繋ぐと5秒でセキュリティホールを探しに来る奴がいるというのですが,これはもう素っ裸で銃弾飛び交う最前線に飛び出すようなものです。

 自宅にサーバーを置いたからと言って,別にお金がかからないわけではないし,信頼性はむしろ低く,速度も遅ければ容量も限られていて,バックアップもきちんと撮られていないからトラブルでコケると復旧に忙殺されるしで,なにもいいことはありません。

 それでも自宅でサーバーをたてているのは,自分で管理が出来る面白さと,何でも出来るという可能性,そして自分の実力で手に負えない物はすっぱりあきらめるという自由があることが,大きいと思っています。

 そもそも,私が自宅で運用しているのは,それまで利用していたYahoo!JapanのWEBサービスだった「ジオシティーズ」の,個人情報に関する規約に疑問が提起されて当時大きな反発を呼んでおり,広義の意味も込めて離れる人が多かったからです。

 なんかまあ,これも非常に牧歌的だなあと今にして思うのですが,私もこのムーブメントに同調し,ジオシティーズから離れたのでした。

 このことの是非はともかく,なにかと窮屈だったジオシティーズから自分の契約するISPが用意したWEBサービスに乗り換えようと思ったのですが,これが私の別の要件で使われていて,すぐには移行できないことが分かっていました。

 そこで,とりあえず余ったPCにWindowsを入れて,これで簡単なWEBサーバーを立てることにしたのが事の始まりです。このころのWEBは,サーバー側もクライアント側もまだまだ進化の途中で,加速度的に向上するハードウェアの処理能力と次々に実装されるOSの機能とAPIに,新しく出来る事が現れては消えを繰り返す時代でした。

 そんな中,最初のマシンは確か富士通のB5ノートで,MMXPentiumの133MHzに8MBのメモリ,1GBかそこらのHDDだったんじゃないかと思います。OSはWindows2000でした。WEBサーバーはIISで,DyndnsにDNSをお願いし,DiCEで自動更新するというスタイルでした。ああ懐かしい・・・というか,この素っ裸っぷりが,危険という前に恥ずかしいレベルです。

 ・・・えと,言い訳させて欲しいのですが,当時はみんなこんなもんで,素っ裸かパンツ1枚かの違いくらいはあったと思いますが,ちゃんとした服装にするためだけに高価なマシンのリソースをほぼ使い切るような時代でしたから,素人には非現実だったんです。

 その後,何度かマシンを更新し,WIndowsベースからLinuxベースにサーバーを更新して運用していたのですが,幸い大きなトラブルもなく,現在に至っています。当時はCGIとかPerlとか・・・,ああ懐かしいですね。

 そのころから,ダイナミックDNSを使わせてもらっていましたが,老舗のDyndnsを使っていたのはそれが雑誌に出ていたからで,特に理由はありません。長く使っていて,自分のURLに親しみもあったのですが,有料になってしまって,やめることにしました。

 ドメインの変更は自分が辛抱すると言うより,利用する人が不便を強いられることになりますから,なかなか思い決断ではあったのですが,他に無償のサービスがたくさんある中で,わざわざ同じ程度のサービスをお金を払って運用するほどの価値もないという判断で,次に乗り換えたのでした。

 それから数年,クラッカーに便利な道具になっているとか,そもそも自宅サーバーは踏み台になっているとか,そもそも利用者が減っているんじゃないかとか,そういう逆風が福中でダイナミックDNSも廃止あるいは有償化される流れが目立って来たように思います。

 no-ipがマイクロソフトに濡れ衣を着せられた数年前の事件をきっかけに,私も別の安定したダイナミックDNSを使いたいと思っていたのですが,幸いネットワーク機器のメーカーであるプラネックスが,自社のWEBカメラ用に提供してくれていたCyberGateというサービスを使うことにしましたのが,今年の2月だったと思います。

 安定して動いているなあと思っていた所,4月にはサービス終了のお知らせが届き,今年7月末に終了されることになりました。またドメイン難民です。

 難民が一斉に出てくるちょうどこのタイミングでgoogle先生に落ち着き先を尋ねて見ると,MyDNSがいいよと教えてくれました。なるほど,良さそうなのですが,ちょっと試してみると,一部のゲートウェイで弾かれてしまうことがわかり,ケチが付いてしまいました。

 断定してはいけませんが,セキュリティに手を抜かない人達が,お金をかけて「はじく」んですから,やっぱりそれなりに危険性があると見るべきでしょう。どんな世界でも完璧はありませんが,そんな中でもわざわざ「危ない」といってる人がいるものを,使う事もないように思いますし。

 さて,万策尽きたように思ったのですが,私が使っているNASには,DDNSサービスが提供されています。今までなんとなく避けていたこのサービスを,思い出したように使ってみることにしました。さらに調べて見ると,SSLの証明書も38ヶ月で50ドルと,なかなかリーズナブルに提供されていることもわかりました。

 しかし,freoでドメインを変更するのは初めてです。ちょっと調べて見たのですが,移行の仕方がどうもはっきりしません。初めて設置する際に設置パスを記述するのですが,設置後に変更する方法が見つかりません。

 そこで,いろいろ試行錯誤をして,動くようになりました,

(1)config.phpとcommon.jsのパスを書き換える。私の場合common.jsは書き換えなくてもよく,config.phpの設置パスを書き換えるだけでよかった。

(2)ローカルからのアクセスのために,dnsmasqの設定を変更し,新しいドメインでNASのローカルアドレスが返るようにしておく。

(3)この段階で,とりあえずfreoは動きだした。外部からのアクセスでは画像が出ないだけで検索も出来るのだが,内部からのアクセスではなぜか文字しか出てこない。フレームも壊れている。実はこの時,夕食のレシピ(豚の角煮)を見ることが出来ずに,夕食が30分ほど遅くなってしまった。

(4)dnsmasqを再起動し,キャッシュをクリアし,クライアントも再起動して画像以外は出るようになった。

(5)問題は画像が出ないこと。まず,メディアの管理から画像を参照できるかどうかを調べて見たところ,アクセス出来ない事が判明。そこで新しいファイルをアップロードし比較をしたところ,オーナーが違っていた。サムネール画像も含め,アクセス出来ない画像すべてのオーナーを変更することで,メディア管理からアクセスが出来るようになった。

(6)それでも記事中の画像は出てこない。記事の編集画面で,画像のリンク先を確認すると,見事に古いURLの絶対パスでリンクされていた。しかし,1000枚近くもある画像のリンクすべてを,新しいURLに書き換えるなんてことは現実的に不可能・・・これで詰んだように思われた。

(7)記事のファイルを直接編集し,一斉置換をすることを考えたが,よく考えたらfreoの記事の管理ってどうやってるのか知らなかった。SQLLiteを使ったデータベースで管理しているのだが,記事のファイルはどうやらfreo.dbらしい。

(8)どうせURLなんてテキストだし,直接エディタで開いて置換すればいいさ,と試したところ,やはりダメ。バイナリも入ったファイルなわけで,編集してしまえばそりゃ別物になるわな。

(9)試しにエディタで編集を一際せず,そのままアップロードしたところ,問題なく動いている。うちはSQLite3を使っているので,freo.dbを直接ダウンロード/アップロードしても動くらしい。MySQLだとダメということなので,危ないところだった。

(10)freo.dbを得意のバイナリエディタを使って一斉置換をするか考えたが,文字数が変わってしまうと,文字数を記述した部分も変えないといけないし,フォーマットが崩れてしまうこともそりゃあるだろうということで,結局この方法は危ないので断念することに。

(11)ならばfreo.dbを直接編集できるエディタを使えばいいんじゃないかと思ったが,ドメインの再設定を行うツールも含めて,そんなものは見つからなかった。ああ万策尽きた。

(12)ふと,プラグインにインポートとエクスポートがあることを思い出した。もしかしたらエクスポートで書き出した物をエディタで編集し,インポートするという作戦があるかもと,早速試す。

(13)エクスポートしたファイルはSQLファイルという事なので,テキストエディタで編集可能のはず。そこでこのファイルをエディタで開いて新しいURLに一斉置換,これをインポートしてみる。ファイルサイズはほとんど変わっていない。

(14)ドキドキしながら試すと,画像が表示された。よかった,うまくいった。


 ということで,知っている人にとっては,寝ている間に出来てしまうような簡単な話だと思うのですが,どうにかこうにかURLの変更が出来ました。それにしても,記事のリンクに絶対パスを張り込まれてしまうと,せっかく動的にHTMLを生成するPHPなのに,なんで環境変数からリンクを動的に生成しないのかと,ちょっと疑問が残ります。

 まあ,私の専門分野じゃありませんし,うまく動けばいいってことで。

 SSLの証明書も購入し,インストール。これで安全に繋がるようになりました。

 確かに,こうした話ではまり込んでしまうことも相変わらずありますが,問題の解決にはそんなに時間がかからなくなっているなという印象です。これはツール類が良くなっていること,ノウハウの蓄積があって検索すればすぐに解決策が見つかること,そしてトラブルの原因が集約されたり,予想外のトラブルが少なくなってきていることがあるように思います。

 昔は,理屈通りにいかないとか,書いてあることと違う結果になったとかで,そこから手探りになることが多かったように思うのですが,今はそんなこともなくなっているような印象です。

 あまりありがたい話ではありませんが,これからはURLが変わっても,もう大丈夫でしょう。
 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2016年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed