エントリー

Rollei35LEDのレンズ研磨

 メカ,電気回路の修理や調整が思いのほか順調に進んだジャンクのRollei35LEDですが,レンズのキズだけは素人にはどうにも手に負えないという話をここに書きました。

 このキズ,なんだかよくわからないのです。問題の箇所は前玉の表側,おそらくカビがコーティングとガラスの間に入り込んで,それを無理に拭き取ったんじゃないかと思っているんですが,コーティングを剥がしてもキズが残るので,ちょっと違うかもなあと思ったりしています。

 しかし,コーティングの表面を指でそっとなぞってみても,段差を感じる事はなく,コーティングそのもののキズという感じもしないのです。

 コーティングの問題だけなら,フレアやゴースト覚悟で剥がしてしまうという手があるわけですが,今回はコーティングを剥がしてもキズは残ってしまったので,得るもののない残念な結果になりました。

 コーティングを剥がすこともしないでキズがあるままのレンズで使った方が結果は良かったんじゃないかとも思ったりしましたが,もう曇っているといっていいほどの大面積のキズでしたから,これが撮影結果に影響しないはずはありません。

 ここに至って前玉を交換するしか素人には残されていないわけですが,わかったのは,前玉を手に入れようにもこの廉価版Rollei35に搭載されているTriotarというレンズは良く写るレンズとして人気で,中古市場でも人気があり安く買えないということでした。

 ボディがダメでもレンズだけ外して,最近のミラーレスのマウントに改造してしまうことも行われているそうです。

 まあ,いずれ前玉だけ生きている個体を手に入れて交換するとして,当面この曇ったレンズでどうにかせねばなりません。

 ここで,私は素人厳禁,禁断の「レンズ研磨」に手を出すことを思いつきます。

 コーティングまではアルミナなんかの研磨剤で剥がすことが出来るのですが,さすがにガラスを研磨することは出来ず,酸化セリウムを使ったガラス研磨剤を使う事になります。そんな特殊な研磨剤,手に入るんかいな・・・

 ・・・ありました。

 自動車用品のうち,フロントガラスの頑固な水垢を取り除くケミカルとして,「キイロビン」なるものが,それです。

 これ,どこでも安価に買うことが出来る酸化セリウム入りのガラス用研磨剤として,自動車ファンだけではなくオールドレンズマニアも古くから使い続けられているものらしく,これを使って曇ったレンズを磨いて復活させる話が,チラホラでています。

 多くは波打ったように研磨してしまい,成功したんだか失敗したんだかはっきりしなような話だったりするのですが,ナノメートル単位の波長の光を扱うレンズですから,ちょっと厚みが変わったら光学性能が変化するのはもう自明です。

 ということで,私はこれを素人が手を出してはいけない禁断の技術と考えていました。

 しかし,目の前に曇ったレンズがあります。もうコーティングも剥がされています。失うものはありません。

 やってみましょう。

 キイロビンは500円弱で買えます。ガラスの研磨剤って私は初めて使うんですが,どれくらい磨いたらいいんですかね・・・

 そんなこんなで,22日の午前中に届きました。早速作業開始です。

 まず,前玉を外します。

 レンズを枠から外すのが一苦労で,プラモデルのポリキャップみたいな素材で出来た内枠を外枠に圧入し,レンズを押さえつけて固定していますが,この内枠を外すのが大変でした。再利用しますので,壊してしまったらだめですし。

 なんとか外してレンズを枠から外します。

 そして,研磨剤が裏面に回り込まないよう,マスキングテープを貼り,さらに固定するために両面テープでキイロビンの入っていたケースのフタに張り付けます。

 最初は指で,疲れてきたのでシルボン紙を丸めてレンズの曲率に近づけて,キイロビンを含ませ,レンズ全面を磨きます。

 15分ほども磨いたでしょうか。根気よく磨いて水洗いして様子を見ると,おお,見事にキズが消えています。波打ったような研磨にもなっていませんし,ぱっと見れば新品のレンズと違いません。

 ただ,縁に若干コーティングが残っており,ここにプツプツと白い点が出ています。まあ,これは枠に隠れてしまうので,放置します。

 うまくいったので,アルコールで汚れを落とし,枠にはめ込み,内枠を圧入します。これできちんと固定できました。

 少しキズも残っていますが,これまでとはもう雲泥の差。これ以上やると失敗しますので,このあたりで撤退です。

 それでも,これまで気になって仕方がなかったキズもクモリも消えていて,吸い込まれそうな透明で美しいレンズになっています。なんかすごいなあ。

 早速レンズとして組み立て,無限遠を出し,完成です。

 これだけ綺麗になれば,組み立てミスがあったり研磨しすぎて変形していない限り,光学的な問題はないと思います。ただ,メカ的な修理の不備があるかもしれず,まずは10年もののTRI-Xでテスト,その後カラーネガを使ってみようと思います。

 実は,ガラスの研磨剤として売られている「ガラセリウム」という商品も購入したのです。しかし,このキイロビンで十分であることがわかりました。

 さすがはオールドレンズ磨きの定番。先人達の知恵に脱帽です。

 しかし,私は別にオールドレンズファンではありませんし,コーティングを剥がしてまで磨きたいレンズは,このRollei35LEDのTriotar以外にありません。

 もしかするとくもった鏡とかに使えるかも知れないですね。ガラスのキズって意外にあちこちにあるものですから,便利に使えたりするかも知れません。

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed