エントリー

Rollei B35のレストア

 前回の続きです。

 前玉のドナー用に手に入れたRollei B35は,前玉はカビが出ていますが他は綺麗なもので,いじっているうちに動作するようになったシャッターのフィーリングが同じB級Rollei35であるRollei35LEDよりずっと良質であることにいたく感激し,レストアを始めたのでした。

 Rollei35LEDで慣れたもので,分解と清掃は簡単でした。素人が分解した形跡はありませんでしたし,大事に使われていたのか程度も悪くありません。

 レンズは前玉こそカビがありますが他は綺麗で,シャッターも絞りも粘りはありません。ホコリの侵入だけが気になるので,分解してホコリを飛ばしましたが,やったことはそれくらいです。

 全体の動きが渋いのは清掃と注油で復活,破損箇所もありません。

 シャッタースピードも確認しましたが,すべてJISの範囲内です。優秀です。露出計もきちんと確認しましたが,これも問題なし。十分な精度が出ています。

 白いエナメル塗料でスミ入れを行い,張り皮も一度剥がして綺麗に張り直します。

 3時間後には完成していました。

 改めて見ると,Rollei35LEDよりも程度が良いです。しかもかなり使いやすいこともわかりました。Rollei35LEDはファインダーを覗き込まないと露出計を確認出来ません。これ,スナップでは結構面倒です。

 しかしB35はトップに露出計があります。連動しませんが,そんなことは全く気になりません。Rollei35シリーズの面白さはいちいちファインダーを覗き込まない速写性にもありますから,B35はRollei35と同じような使い勝手による楽しさを,電池なしえ味わえる優秀なカメラである事がわかったのです。

 しかも,同じB級ローライと言われるB35とLEDですが,LEDの方が随分軽いですし,華奢です。機種名もLEDはシルク印刷ですが,B35はちゃんとへこませスミ入れをしてあり,高級感があります。絞りのクリックがあるのもうれしいです。

 筐体の剛性も違いますから,シャッターの音も違います。B35の方が心地よい音がします。ファインダーもB35の方が見栄えが良く,LEDは暗く赤っぽいです。B35はそれでもRollei35を意識して作られているように思いますが,LEDはもう別物です。

 ただ,LEDが悪いとばかりも言えません。SPDを使った露出計の測光範囲は広く,反応速度も早いですし,なんと言っても連動します。B35は連動しませんし,セレン光電池の測光範囲の狭さゆえ,実質的に屋外専用と割り切らねばなりません。

 ここで,私は前玉を元に戻す結論に達していました。レンズをまた外し,交換した外枠をまた入れ換えて,元の本体に戻します。

 これでB35は綺麗な後玉と中玉と前玉が揃いましたし,LEDは元のボケボケレンズから研磨によってどれくらい救われたかがわかります。(でも時間がなかったので今回はLEDの試写はしませんでした)


 早速B35の試写を行います。光漏れもありません。シャッタースピードは全速であっていますし,露出計も十分にあてになります。

 画像も,研磨したレンズよりもコントラストは高く,発色も良いです。ただ,もっと良く写ることを期待していたので,それでもトイカメラの域を出ないことに私はがっかりしました。

 ただ,現像後のネガを見てみると,ネガのベース面にキズが走っています。圧板にトゲでもあるかと調べましたが確認出来ず,原因がはっきりしないのでもう少し調べてみる必要がありそうです。

 気が付いたのは,フードを使うと露出計に一部が被さってしまい,明らかに測光値が狂ってしまうことです。一定の割合で狂うのであれば設定をずらせばいいだけなので対応出来るのですが,光源の位置や角度によって変わってくるので,とりあえずフードなしで使うしかないようです。

 これが,センサが小さくて測光用の窓が小さいRollei35LEDなら問題ないのですが,十分な起電力を得るために面積が必要なセレン光電池だと影響が出てしまいます。

 もともと,ファインダーにも被ってしまうのでフードを使いにくいのがB級Rollei35なのですが,やっぱりフードは使いたいので,いろいろ考えさせられます。

 試写では36枚撮影しましたが,なかなかテンポも良く,楽しく撮影出来ました。外光式の露出計ですから,必ずしも連動している必要はないですし,ファインダ-を覗き込まなくてもすむ使い方は,Rollei35で楽しいとおもった撮影スタイルでした。

 それでいて軽く,持ち運びが楽ちんです。もともとLEDにはRollei35のカジュアルバージョンを期待していたのですが,その役割はむしろB35の方が適切だったようです。Rollei35LEDは,やはり別系統のカメラと言って良いかもしれません。(そう,Rollei35TEやSEですね)


 そしてつくづく思うのは,初代のRollei35の出来の良さです。巻き上げやシャッターのフィーリングは雲泥の差ですし,重さはともかく質感の高さとファインダーの良さはさすが高級機です。

 なによりレンズが素晴らしく,Tessarの名前は伊達ではありません。絞ってパンフォーカスで撮影すればスキッと写り,開けてポートレートを撮れば人がポッと浮かび上がります。この立体感と線の細さは素晴らしいです。

 対してB35のTriotarは線が太く,シャープネスもありません。透明感も落ちますし,やはり廉価版だなあという印象はどれだけ持ち上げても消えてくれそうにありません。

 残念な事に,私のRollei35はコマ間の送りのバラツキが大きくなってしまいました。最初はきれいに整っていたのに,なにが原因かよく分かりません。

 とまあ,そんなわけで9月から続いたRollei35祭りは,ようやく終了です。中古カメラフェアで手に入れた高価なRollei35は修理に散々苦労しましたし,Rollei35LEDはレンズ研磨,Rollei B35も期待していた程の写りではなく,収穫は少なかったように思います。

 結局常用するのはRollei35で,気が向いたらB35,LEDは使わなくなりそうな感じですが,それ以前の問題としていつまでフィルムを使うかを,今回の件で私は考える事になりそうです。

 ちょうど良いタイミングで,フジフイルムがACROSIIを発売することになっています。相変わらず高価なフィルムですが,自家現像できるフィルムが普通に手に入ることのありがたさを知った我々は,かつてのカラーネガフィルムの安売りが異常であり,1枚1枚を心を込めて大切に撮影することを,改めて学んだ気がします。

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed