エントリー

手強いES2

 昨日,引き続いてES2の検討を進めました。結論から言うと,謎が深まっています。

(1)ツェナーダイオード

ファイル 26-1.jpg

 写真は私のES2の基板の写真です。左側のコネクタが壊れてしまったので,直接ハンダ付けを行ってあります。

 一番右の部品は,前回ツェナーダイオードではないかと書いた部品なのですが,外して型番を見ると,1N5225と書かれていました。調べてみると3.0Vのツェナーダイオードでした。

 早速外して部品取り基板から外したものに交換しますが,症状はバッテリチェックの指針がおかしい事も1/1000秒の遅れも変化なし。気持ちが悪いので元の部品に戻しました。

 ツェナーダイオードの両端の電圧はいずれの場合も1.7V程度で,3Vよりも低い値になっています。おかしいですよね・・・ということは,ツェナーダイオードに繋がっている電源ICの問題ではないのかと考えました。


(2)電源・コンパレータハイブリッドIC

 前回もハイブリッドICの異常の可能性を書きましたが,ツェナーダイオードの問題ではないと分かった以上,これを交換してみるのは自然な流れです。

 基板右の黒い部品が電源や定電流回路,コンパレータが入ったハイブリッドICです。これを部品取り基板のものと交換してみます。

 結果は全く変化なし。ここも違ったようです。


(3)サーミスタハイブリッドIC

 基板中央部,三脚穴のそばにある黒い物体は,高精度タンタルコンデンサとサーミスタ,高精度抵抗を封入したハイブリッドICです。セラミック基板の上に金属皮膜を蒸着して作り込んだ高精度抵抗に,1μFの湿式タンタルを2つと温度補償用のサーミスタがパッケージされています。

 私の経験則に,電解コンデンサはあてにしない,というのがあり,出来れば全部新品に交換したいくらいのものです。

 これも外して交換してみましたが,全く変化なし。一応温度補償はされていましたから,ここの異常はあまり考えられなかったのですが,精度が落ちると高速シャッターがおかしくなるのでは,という仮説は,簡単に崩れ去ってしまいました。

 このICも元に戻しました。


(4)メーター駆動ハイブリッドIC

 基板の左端の黒い部品は,メーター駆動を担うハイブリッドICです。バッテリチェック,露出の表示など,メーターに関係する機能はこれの世話になります。

 交換してみたのですが,さらに悪くなりました。

 露出の表示はおかしくないのですが,バッテリチェックが全然だめです。指針がほとんど動きません。よく考えてみると,部品取りのES2は電池を入れてもバッテリチェックが動作しませんでした。このICが壊れていたんですね。勉強になりました。

 動かないICを付けてあっても意味がないので,元に戻します。


(5)演算用モノリシックIC

 最後に残るは,対数圧縮伸張などの演算を行うモノリシックIC,μPC34です。基板上では中央右にある丸いパッケージのICです。変わった形をしています。

 ダメモトでこれを交換して見たところ,やはり変化はなし。


 と,ここまで順番に交換してみても,結局何一つ問題が改善しませんでした。2つとも同じ部品が同じ程度に劣化していたという可能性も否定しませんが,全く変化がないほど同じ壊れ方というのも考えにくいような気がします。

 結果としてハンダ付けも大半をやり直したわけですから,ハンダのクラックによる故障ということも考えにくく,基板の問題だろうという推測そのものが間違っていたような感じです。

 結局電源ICと演算ICの2つが交換された状態なのですが,シャッター速度が少しずれてしまっていました。何が原因だったのか分かりませんが,少なくともICに問題がないという事は分かったので,元の部品に全部戻してみたいと思います。

 それにしても,高速側にズレが出てくるのは,なんででしょう。メカが原因なら電池を抜いても遅れるはずなのに,1/2000秒相当の速度で動作していますから,明らかに回路が動作した正で遅れているのは疑いようがありません。

 ソレノイド周辺も疑わしいですが,ここは半年ほど前に徹底的に検討をして,取り付け位置も最良点を見つけてありますから,問題はないと考えたいです。

 幕速が速すぎるのかと思いましたが,メカシャッターで1/1000秒が現在の幕速で出ていること,1/60秒で全開にならねばならないことを考えると,今の幕速が見当外れなものであるとは思えません。

 という風に考えていくと,もう原因などないんですね。ここから先は修理と言うより,改良という感じになります。もしソレノイド駆動の電圧が緩やかに変化していたら,これを急峻な変化に改めてやるなど,新しい部品や回路を追加した対策を講じることになってしまいます。

 それでもバッテリチェック機能はおかしいままで,どちらの機能も以前はきちんと動作していたわけですから,所詮対処療法に過ぎないことは,あまりしたくはありません。

 とりあえず現状の回復を最優先にし,1/1000秒については今後の宿題として考えるしかありません。もう1つ,ジャンクでもなんでもいいのでES2を手に入れたいところです。

 しかし手強い。頑張るしかありません。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed