エントリー

ないものは自分で作れ

 さて,先日F100に関する改造を考えていたと書いたのですが,先に書いておきますと本体そのものには手を出しません。ご安心下さい。

 改造は,電池ケースです。

 ピンと来た人も多いと思います。F100は基本は単三電池4本ですが,低温環境の性能維持と軽量化のために,CR123Aを2本使う電池ケースが別売りで用意されていました。MS-13という形式のもので,F100ユーザーには必須のオプションと言われていたにもかかわらず,数年前に生産中止,今はほとんど手に入らなくなっています。

 F6ではCR123Aは標準になっていますし,F70Dもそうです。F100でなぜ単三電池になったのか,わざわざオプションでCR123Aに対応した理由は知りませんが,どっちにしても私は単三電池のずっしりとした重さが嫌いです。液漏れはするし当たり外れはあるし自己放電も大きいし,搭載機器が重くなるのは仕方がないとして,電池を買うときも重い想いをするのはバカらしい,とわがまま言い放題なのですが,こればかりは好みの問題ですのでやむを得ません。もし,従来の2/3程の重さの乾電池が売り出されたら,私はそれを選んで買うでしょうね。

 てことで,MS-13をちょっと探してみたところ,もはや入手は絶望的。オークションでもあまり出品されなくなっているようで,競争率も高そうです。それでF100にはエネループを使おうかと思っていた私ですが,いやまてよ,電池ケースを改造してリチウム電池に対応させればいいんじゃないか,と思いついてしまったから大変です。

 早速調べて見ると単三電池用の電池ケースは今でも普通に売られていることを知りました。

 新宿のヨドバシでMS-12と呼ばれるその電池ケースを1500円という安価な価格で手に入れると,こちらを保存用に確保し,これまで付いていた方をリチウム電池に対応させるべく,改造に入ります。

 単三電池の直径は案外小さく,最大14.5mmです。CR123Aは17.0mmもあるので,これを押し込もうとするとかなり大がかりな改造が必要になりそうです。さらに幸か不幸か私の手元には,いつもCR123Aと間違えてついつい買ってきてしまうCR2がゴロゴロしていますので,これを使ってみることにします。

 CR2の直径は15.6mm。それでも単三電池より1mmも大きいので,無改造では入りそうにありません。気になったのはCR123AとCR2の特性の違いですが,どちらも最大負荷が200mA程度で一応使えそうです。その代わり容量がCR2が随分小さく,CR123Aが1400mAhあるのに対しCR2はわずか850mAhしかありません。これは単純に2/3以下の電池寿命しかないということを示しています。

 重量はCR123Aが2本で34gなのに対しCR2は2本で22gしかありませんのでさらに12gも軽量化されますが,改造用の部品が数グラム上乗せになるので,純正電池ケースとCR123Aの組み合わせとトントンでしょう。

 つまるところ,手に入らないものと比べても仕方がないので,さっさと作業に入ります。

 まず,4つある電池室のうちどれを使うかを見極めます。電極の構造などからこれだ,という場所を選んだつもりで作業を進めていましたが,そもそもF100側に電池が入ってくれません。電池ケースをどれだけ削っても本体に裸で電池が入らない部屋は,どう考えても選択ミスですね。

 気を取り直してもう一度検討します。ここだという場所を選び,大胆にデザインナイフで削っていきます。肉厚が薄くなり確実に耐久性が落ちていくので,これは本気の撮影では使えないなあと感じた次第です。

 大いに削って電池をおさめ,F100本体に差し込んでみると,やっぱりまだどこかに触っている感じがします。さらにさらに削って,ようやくスムーズに電池が入るようになりました。

 次はCR2の長さを延長して単三電池と同じ長さにするスペーサです。ここには,加工しやすく絶縁性も高い材料として,ホットボンドのスティックを使う事にしました。

 F100と接触するマイナスの端子は0.5mm厚のリン青銅板をあてがいます。現物にあわせて長さを調整したスティックの端っこに,銅箔テープを貼り付けたりして電気的な接続を確保します。

 そして最後に,元々の電池ケースの配線を利用しながら,電気的に接続して完成です。ちゃんと6Vが出ていることを確認したら,F100に装填します。

ファイル 260-1.jpg

 お,液晶に表示が出て,スイッチを入れると電池の残量表示も満タンです。AFもこぎ見よく動きますし,連写も出来ます。一応完成ですね。

 確実に軽くなっているのですが,F100に組み込んでみると案外軽くは感じません。単三電池の時にも重いなあという印象が希薄でしたし,この点は少々期待はずれです。でも持った感じの重量バランスが変わって,重心の位置も変化したことは明らかに分かります,

 なにせ電池寿命が4割も減りますから,注意をしないといけませんし,最終的なコストパフォーマンスは悪いと思います。ちなみにCR123Aを2本使った場合の電池寿命は,ニコンによると常温で約20本。これの0.6倍ですので12本ですか・・・

 単三電池4本だと40本ということですが,今のアルカリ電池というのは2800mAhくらいはあるでしょう。計算通りですかね。ということは,もしエネループだったら30本くらいでしょうか。

 実売価格でCR123AとCR2は同じです。同じなのに4割も早く減るわけですから,非常に損です。これは他の人にお勧めできるような改造ではないということがはっきりしてしまいました。MS-13を手に入れらなかった難民を救済できるかと思ったのですが残念。

 とりあえず,私は手持ちのCR2を消費するためにこれで使い続けます。右側のグリップが軽くなったことは,やや違和感がありますが,それは純正のMS-13でも同じ事でしょう。空のMS-12は軽いのでこれとあわせて持っていき,CR2が切れてしまったら現地で単三電池を調達するという方法でも問題なさそうです。

 ん?

 そもそも36枚撮りフィルムを12本も使うことって,そんなにあるのか???

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed