エントリー

palmTXその2

  • 2009/02/17 17:58
  • カテゴリー:散財

 さて,2月7日に手に入れたpalmTXですが,PDAですので実用レベルにするには環境構築から始めねばなりません。これを面倒と思ってしまう人と思わない人が,PDAを使うのか使わないのかの分かれ道です。

 とその前に,TH55は本体メモリが32MByte,一方のpalmTXは128MByteです。palmは伝統的に揮発性のRAMをアプリケーションやデータの格納に使っていますので,電池が切れたらすべてが消える仕組みです。

 これが軽快感というメリットと,データを失うというデメリットの原因になっていたわけですが,palmTXが搭載するPalmOS5.4では,NANDフラッシュをメモリに持つ事にしています。この仕組みを,NVFSと読んでいます。

 もちろん,NANDフラッシュは遅いですし,そもそもCPUが直接アクセス出来るメモリでもありませんから,普通のPCのようにRAMをテンポラリな領域として持っています。これがDBキャッシュとヒープです。

 いわば,従来のPalmの,SDカードやメモリースティックが本体に内蔵され,なおかつ仮想メモリが実装された様な感じでしょうか。起動するときにはNANDフラッシュからRAMへ転送され,ここで実行されたのち,変化したファイルはあとでNANDフラッシュに書き戻されます。

 RAMは全部で16MByteしかないので,実はこの点でTH55の半分と窮屈なわけですが,
メモリ管理こそOSの仕事,RAMとストレージを同じ階層に魅せる技術はそれほど斬新なものではありませんから,この点に私は一切不安を持っていませんでした。しかしこれは誤りであると後々思い知ることになります。

 ということで,TH55では入りきらずにメモリースティックに追い出していたアプリやデータを全部本体に取り込んでしまう計画を立て,なにも考えず片っ端からIrで転送していくことにしたのですが・・・

まずは日本語化をしないといけません。私の場合,幸いなことにATOKは購入済みですので,あとは表示周りを日本語にすることを考えればよいことになります。
 
 palmTXはすでに登場から3年以上を経ているので,多くの人が日本語化を行っています。私は先人達の屍(死んでません)を踏み越えていけばよいのです。

 MacからではATOKがなぜか一部のファイルをインストールできなくて,仕方がなくWindowsからインストールしました。学習辞書などをIrで転送して,これは問題なし。

 次に日本語表示ですが,これは当初Yomeru5を使う予定でした。しかしフォントが今ひとつ綺麗ではないことと,元の英語フォントを置き換えてしまうので,あの独特のかわいらしい画面の印象が大きく変わってしまいます。また,画面が崩れてしまったり,Addrexでのソートがおかしくなったりと不具合も目立つので,今回はJaPonを使ってみることにしました。

 JaPonを初めて使った感想ですが,これは実によいですね。無償ではないので5000円という価格が高いか安いかは人それぞれとは思いますが,私が挙げたいくつかの問題点はすべて解決しており,最終的に使った印象が実に快適でした。

 JaPonとATOKをインストールし,他にもちょっとしたツール類を入れて環境の改善を行っていきます。Graffiti2を1に戻すこと,日本語と英語の入力切り替えをシルクエリアの右上に持ってくること,ステータスバーの左側のアイコンをホームボタンにすること,その他です。

 PIMソフトも入れて置かねばなりません。KsDatebook,Addrex,PsMemoの3つはもはや固定化したラインナップです。

 そしてAddressDB,DatebookDB,MemoDBをTH55から赤外線でコピーします。日本語環境を作ってからPIMデータを直接赤外線で飛ばすのは,いつものやり方です。

 一通り動作を確認したところ,一応ここまでは問題なし。実は問題大ありなのですが,この時私がまだ気が付いていません。

 ここまであっさり出来てしまったことに拍子抜けしつつ,TH55から内蔵アプリを片っ端から赤外線で移していきます。

 しかし,挙動がなんとなく怪しくなってきたなあと思いつつ,コピーの終わったゲームなどのアプリの動作確認を行っていると,突然画面が真っ暗になり,リセット。

 まあ,Palmにソフトリセットは付きものだ,と油断していたら,どうやら再起動を繰り返し,ちっとも正常起動していないのです。これは大変に困りました。

 リセットボタンをなんどか突っつきましたが解決せず,こうなってくるともはやハードリセットを行うしかありません。

 ハードリセットを行う事で,せっかくの不揮発メモリのデータも綺麗に消去されてしまいます。私はここで重大な落とし穴に気が付きます。

 これまでのPalmとちがい,NVFSは電源が切れても内容は消えません。ということは,NVFSの中身が異常な状態になって今回のように再起動できない状態に陥ると,もはや不揮発メモリの内容を全部消すしか方法がなくなるのです。

 確かにこれまでのPalmでも,再起動を繰り返すようなことはありましたし,そういう場合はすべてのデータを消すハードリセットしかありませんでしたが,すべてがRAMにあったことで,ソフトリセットをかけることで異常な状態が復旧したり,データが上書きされたりすることはあったのではないかと思います。だから,ソフトリセットで再起動できないことは少なかったように思うのです。

 しかし,今回はとにかく再起動できないともう絶望です。すべてのデータを消す以外に方法がありません。なぜ再起動できないのか,どうすれば回避できるのかがはっきりしないので,突然リセットがかからないよう祈るしか出来る事はありません。

 バックアップツールなどもありませんから,またHotSyncで書き戻すのですが,すべてのファイルが保存されているわけではないので,足りないものを補ったり,再インストールを行ったりと,原状回復だけで30分以上かかってしまいます。

 しかも,どういうわけだか,HotSyncでリストアして,そこからAddressDBなどを赤外線で上書きすると,前のデータに追加されてしまうという現象まで発生します。AddressDBやDatebookDBを消してから送信してもやっぱり追加になります。結局どうしていいか分からず,ハードリセットでやり直し。

 そんなこんなで,環境構築->アプリのコピー->ハードリセット,というサイクルを30回も40回も繰り返して,2月11日の夕方になってしまいました。この段階で,出来ていることは日本語環境の構築だけ,です。

 すでにこの段階でかなりくじけそうになっていました。思った通りにならないと,偶然にまかせて使っていくしかありませんが,PIMというのはそんな相手にゆだねるようなものではありません。とにかく,1つずつ問題を潰していくしかないということになりました。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed