エントリー

ラブプラスを眺めた休日

  • 2009/09/14 15:29
  • カテゴリー:散財

 孤独にさいなまれる現代人の心につけ込み,手を出した人の精気を吸い取り,廃人にしてしまうと一部で話題になっているゲーム,ラブプラス。

 あくまで「ギャルゲー」という範疇にあるこのゲームが異例のヒットを飛ばしています。一部には欲しくても買えない「難民」を生み,運良く手に入れた人々は自分の好みの服装や髪型にしてくれるという現実には滅多に起こらない事態に悶え,自分を最終的に裏切ることのない「恋人」に魂を奪われつつあるようです・・・というかNintendoDSに8x4を塗るなよ。

 それはそれとして,かのゲーム,なぜ品薄になるかといえば,一人で10本も買う猛者がいるのも理由の1つでしょうが,やはり想定外の人が買っているというのが一番の理由でしょう。発売数日で5万本という数字は,なかなか大したもんだと思います。

 今年は,日本人男子を洗脳した「ときめきメモリアル」の発売から20周年というメモリアルイヤーであり,おそらく登場した女の子もみんなおばさんになっていることと存じますが,私も初代のPCエンジン版ではなく,数年後にセガサターンの高性能のおかげで効率よく全キャラ全イベント完全制覇をさせて頂きました。今となってみればとてもとても良い思い出です。

 ラブプラスという恋愛ゲームが,告白後をメインとしたコンセプトで登場したことは,数々の亜流を生んだときメモの正統継承者である可能性が高いと私は勝手ににらんでいましたが,進化したであろうユーザーインターフェース,ユーザーエクスペリエンスを体験しないわけにはいかないだろうと,とりあえず買ってみることにしました。

 先々週家電量販店に足を運ぶと,やはり品切れ。買う気満々の客をまたも手ぶらで帰してしまう失態です。(このとき,私は難民が出ていることを知りませんでした。)

 もしやと思って帰宅後調べて見ると,やはり品薄で某巨大掲示板には難民スレが立っているほどです。CDやDVDのような追加生産の楽なメディアではないROMですから,再発売まではちょっと時間がかかるかなと半ばあきらめていると,大阪では有名な量販店の通販サイトで在庫ありという情報を手に入れました。そう,今時彼女を手に入れるには情報弱者であってはならないのです。

 ところが,残り2本。新規会員登録を行っている間に売り切れてしまい,激しい競争が生んだ格差社会に絶望したのですが,その数日後,あろう事か同じお店で在庫が復活。登録が済んだ私はさっさと購入し,晴れて難民キャンプを後にしました。

 土曜日に届いたそれは,何の変哲もないパッケージでした。「シンプルな白いパッケージは中身を想像させないためのコナミの良心だ」と言わしめたパッケージは,実は穴場であったイトーヨーカドーで母親に買ってきてもらうためのアシストなのかもしれません。

 事前に電池も充電してあり準備万端,早速名前の登録を行ったところで友人がうちにやってきました。

 最初は「きもい」「絶対やりたくない」「アニメ声は受け入れられない」などと強がっていた友人は,パッケージを見るとがぜん興味を示し,やりたそうに眺めています。

 私は,まるで親友が自分と同じ人を好きだったと知ったときの気分を思い出しながら,友人にゲームを勧めてみました。

 かくして,しばらく没頭している姿を私は見ていました。時にニヤニヤし,時に「こいつか」と面倒臭そうにする友人の無様な姿と一緒に,ゲームの進み方も見ていました。でもあまりしっかり見ると,自分がプレイするときにつまらなくなると,あえて見ないようにもしていました。

 100日経過して,友人は誰からも告白されることなく,高校を卒業してしまいました。友人は述懐します,勉強も部活も頑張った,でも寂しいと。嗚呼,青春。10代後半の輝かしい時間はもう二度と返ってこないのだよ。

 私は結局,この土日に名前の登録をやっただけで終わってしまったのですが,友人のプレイを見ていて,実に感心したのです。

 まず適度なボリューム,年下,同い年,年上という高校生にとっては重要な年齢差をフルカバー,タッチパネルによる快適なUIと,経験豊かな声優陣による会話シーン,基本システムはときメモのそれを踏襲しつつ,メールなど高校生に必須のアイテムをきちんと取り込み,「んなあほな」という設定やイベントもときメモを彷彿とさせます。

 NintendoDSのハードの限界に挑戦した(かどうかはわかりませんが)ポリゴンによる表現は見ているうちに脳内補完が入って違和感が消失,ぬるぬるした独特のクネクネも,別におかしいと思わなくなってくるから不思議です。

 男の一方的な「あんなこといいなできたらいいなあんなゆめこんなゆめいっぱいあるけど」がたたき込まれているゲームソフトを目の前にし,これは「心の風俗」ではないかと心配になるのですが,作り手のベクトルにぶれがないからこそ,馬鹿馬鹿しいを越えて,その向こうにある桃源郷にたどり着くことができるのかも,しれません。

 てことで,真骨頂である告白後の世界を,私はまだ見ていません。見るためにはそれ相応の努力が必要であり,私は未だ,大海に漕ぎ出すその覚悟が出来ていないのです。

 近頃,電車や街中でNintendoDSを持っている人がいると,持ち方が縦か横かを気にするようになりました。外でやるのはちょっと恥ずかしいゲームです。

 とりあえず,次の連休で頑張って見たいと思います。すみません。

 でも,全キャラ全イベント完全制覇には公式ガイドブックが必要なんだろうなぁ。隠しコマンドとか隠れキャラとかあるんだろうか。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed