エントリー

日曜の午後のケース加工

  • 2010/10/04 15:54
  • カテゴリー:make:

ファイル 413-1.jpg

 TA1101を使ったデジタルアンプを,リビングのAirTunes(AirMacExpressにはオーディオ出力端子が付いており,iTunesから音楽を飛ばせるのです)専用アンプとして使っています。

 半年前の引っ越し時には,オリジナル設計の6V6シングルアンプを使っていました。スピーカはパイオニアのPE-101Aに専用エンクロージャLE-101Aです。このスピーカが大変に良い音をしていまして,いつ音を出しても「おっ」と手を止め,ついつい聴き入ってします。

 6V6シングルは2W+2W程度と低出力で,PE-101Aにはちと厳しいところではありますが,PE-101Aとの組み合わせで負帰還量を「自分が最も心地よいと思う」量に調整したものです。こういう調整の仕方は私は普段はしないのですが,たまには感性でチューニングってのもやってみようかと思った次第です。

 そんな訳で,この組み合わせはかなり気に入った音を出すのですが,いかんせん消費電力と発熱が大きいことが致命的で,今年の夏は特に稼働させるのが不可能なレベルでした。

 また,私だけが使うのではなく,嫁さんも使うものになったわけですが,電源スイッチの切り忘れが頻発し,危険だったという事も気になっていました。そこで半導体アンプ,特に効率の良いデジタルアンプに置き換えてしまおうと考えたのですが,いちから設計して作るのは大変なので,安易にケース加工済みのキットでも買ってこようと思っていました。

 けど,この手のキットというのは,ありそうでない,という感じでして,ちょうど手頃なものが見当たりません。共立電子で売られていたキットに目を付けていたのですが,入荷未定で品切れ。

 やむなく,10年ほど前に手に入れたトライパスのTA1101の評価ボードを引っ張り出して来ました。トライパスはすでに存在しないメーカーですが,デジタルアンプを一気にHi-Fi用途に耐えうるものに押し上げ,高い効率と音質の両立に成功したメーカーです。多くの製品に組み込まれ,キットにもよく使われていたもので,デジタルアンプが使い物になることを証明した功績は多大だと思います。

 その初期の製品がTA1101で,BTL,10W+10Wのものです。放熱器も必要ないくらいに効率が高く,特性上も十分Hi-Fiに耐えます。PowerMacG4に採用されたことで世に知られることになったICですが,どういうわけだか,この純正評価基板が,私の手元にありました・・・

 経緯は覚えていませんが,確実に動作する基板があるのですから,使わない手はありません。ところが,手頃なケースがありません。40度近い猛暑でアキバに出かける気も起きず,やむなくCD-Rの50枚スピンドルケースに組み込み,ちゃんとしたケースを買うまでのつなぎとしました。

 先月末,大阪に戻った時,日本橋でケース一式を調達してきたのですが,そのケースがアイデアルのCL140であることは,先日も書いたとおりです。

 その穴開け加工を昨日の昼過ぎ,急に思い立って始めたところ,18時頃には完成し,実用に供することが出来ました。

 電源はACスイッチング式のACアダプタを使いますが,これまではちょうどいい手持ちがなく,12V-1Aのものを使っていました。今度は大阪から持ち帰った,12V-2.5Aのものです。これでフルパワーもいけるでしょう。なお,このACアダプタ,HPのハンドヘルドPCである,Jorunada720に付属していたものです。

 このCL140というケースは,フロントパネルがスモークアクリルとアルミの二重になっていて,7セグメントLEDなどのディスプレイを組み込むことを念頭においたケースです。ひさしが出っ張っていることも,それらしいデザインです。

 綺麗なモスグリーンで塗装された丈夫な鉄製のケースで,大きさも手頃,形もかわいらしく,仕上がりが楽しみではありました。一緒に買ってきたつまみも,大きさやデザインが良くて楽しみです。さすがLEX製,昔はどこのパーツ屋でも買えましたが,今はちょっと探さないと買えません。

 しかし,フロントパネルは思案しました。アンプですから,光り物といえばパイロットランプくらいしかありません。アクリル板など必要ありませんが,これがないとパネルが随分と奥に引っ込んでしまいますから,やはりこれはアクリルを使う事を考えたいところです。

 問題はナットを挟むだけの隙間が,アクリル板とアルミ板の間に出来るかどうかです。ボリュームのナットは大きな穴を開けて表面に出てきてもつまみで隠れるからいいとし,スイッチは普通のトグルスイッチですから,なっとを表に出すのは格好が悪いです。まあ,1mmや1.5mmくらいの隙間ならなんとかなるだろうと,いい加減なのりで加工開始です。

 リアパネルにスピーカ端子,RCAジャック,ACアダプタのジャックを取り付けます。フロントは3mm径のLED,電源スイッチに2連ボリュームを付けるだけです。あとはTA1101基板の固定穴を4つ開ければ出来上がり。アクリル板は現物あわせとし,アルミパネルに重ねて位置決めをし,ボリュームとスイッチの穴を割れないように慎重に開けます。

 組み付けて見ると,意外にぱちっとおさまります。大体勢いで始めた加工では失敗をするものなのですが,昨日は失敗らしい失敗もなく,気分良く加工を終えることができました。

 欲を言えば,電源スイッチの位置がやや低く,LEDの位置がやや高い気がするという感じでしょうか。ま,ひさしがあるだけ印象も違ってきますので,あまり細かいことにこだわることはしないでおきましょう。

 さて,肝心の音ですが,iTunesが圧縮オーディオであることもあってか,どうもざらつく印象です。電源ラインは10000uFの電源コンデンサを付けてありますが,もともとそんなに良い電源でもないでしょうから,音の悪さはACアダプタのせいかも知れません。

 ただ,スピーカの良さには,やっぱり「おっ」と手を止めてしまいます。

 TA1101は低発熱で,出力も小さなものですので,特に放熱を考えなくても構いませんし,ケースに密封しても平気です。こうして,誰にでも扱えるお手頃アンプが1つ出来て,うちのリビングに,ちょこんと座ることになりました。

 音質の改善だなんだといじり回すのも1つですが,私としては余計なことをせず,このまま使おうかなと思います。

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed