エントリー

交換になったGreenFan2

 GreenFan2は,無事に先日の土曜日に,新品が届きました。モーター部のフタが外れてしまったものは,わずか1週間で私の手元から去っていきました。不用意に擬人化することは無駄なこととは思いつつ,縁あって我が家にやってきた個体が入れ替わってしまうことには,いつも抵抗を感じるものです。

 交換されたGreenFan2は,わずか1週間のことですのでなにも変わることなく,全く同じように組み立てを行いました。動作チェックも問題ありません。風の質の良さは相変わらずです。

 気になるモーター部のフタの部分を注目して見たのですが,外れてしまうことはなくとも,やはり接着剤でくっついているだけ,という頼りなさは健在で,ちょっとぐらぐらしています。このあたりの質感は,やはり大手メーカー製のしっかりした設計にはかなわないようです。ちょっと引っ張れば外れてしまうのではないかと思います。

 そんなわけで,とりあえずこれで様子を見ることにしますが,私の目にはおよそ個体不良には見えません。いずれ外れてしまうと思いますが,その時は両面テープなりベルクロなりで固定することにしましょう。

 ところで,このGreenFan2の特徴の1つに,DCモーターを使っていることがあります。DCモーターのおかげで,低速で回転させることが可能になり,かつ3Wという低消費電力が実現しています。扇風機に使われている誘導電動機では,速度の可変幅が小さく,低速での回転が不可能なのです。

 私が知るところ,DCモーターを使った扇風機というのは昨年にGreenFanが登場するまで存在せず,ようやくこの春に東芝から登場するまで,大手メーカーからは発売されていなかったはずですが,これはコストの問題もあるだろうし,もしかすると安全性や耐久性の問題が,大手メーカーのような保守的な会社からは出しにくい,なにか事情があるのかも知れません。

 東芝のDCモーター搭載機についても,最小の消費電力が3Wと,それらしい値になっています。私個人は,扇風機の本命はDCモーターをマイコンで制御するというのがゴールなのではないかと思っていて,これから時間を経るごとに,安く手に入るようになるのではないかと期待をしています。

 しかし,いざGreenFan2を置いてみると,部屋が非常に狭く感じるものですね。この煩わしさが私の扇風機を好ましく思わない理由なのですが,今年の夏は仕方がありませんね。

[追伸]前回,福島にある標準電波の送信再開について書いたのですが,昨日落雷によって,また停波してしまったそうです。今朝,受信マークが消えていたのでおかしいなあと思っていたのですが,まさかこんな早くに停波するとは。

 はやくリモートで送信の制御が出来るようになるとよいのですが,これから夏になり雷や台風の季節になると,停波がしょっちゅう起こるんではないかと,そんな風に思います。電波が届いても感動しますが,電波が届かないと心配になるのは,それがかの地福島から届くと思うから,かも知れません。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed