エントリー

台風15号

 ここ数日の台風15号騒ぎで,多くの地域で被害や各種影響が出ました。ニュースでもしつこくやっていたように,首都圏ではちょうど帰宅時刻と重なり,帰宅困難者が続出しました。

 かくいう私も,帰宅には大変な苦労をしました。帰宅指示が出て会社を出たのが16時30分頃,実際に家に帰り着いたのが22時。実に5時間30分もかかってしまいました。いつもなら1時間弱のところを,です。

 先の地震の時も大変でしたが,今回の帰宅の難しさは,ひょっとするとそれ以上のものがありました。1つ違っているのは,地震の際には誰もが帰宅困難者であったのに対し,今回は人によってすんなり帰れた人とそうでなかった人がいたことでしょう。

 なにせ5時間半かかった帰宅ですので,少し状況をまとめておこうと思います。

・15時30分頃 
 いつも使っている東急大井町線を含む,東急の主要各線が運休という情報。

・16時30分頃
 帰宅指示を受け,意を決して帰宅する。この段階で東急線はほとんどが運休。とりあえず大井町までいこうと決める。

・16時45分頃
 京浜東北線は蒲田~大船間で運転,山手線は東京方面が運休。しかし京浜東北線は人であふれ,ホームまでたどり着けない。そこで山手線で大崎まで行き,そこからりんかい線で大井町まで行くことにする。

・17時頃
 大混雑の山手線でなんとか大崎までたどり着く。りんかい線のホームは比較的空いている。

・17時10分頃
 折り返し運転の新木場行きに乗る。雨風がひどくなり,大井町止まりとなる。

・17時20分頃
 大井町のホームに到着。大井町線は運休していたが,雨風をしのげるように車輌は開放されていた。台風が過ぎ去るのが19時頃として,もし座れれば待つことも可能と考えていたが,あいにく立って待つことに。

・17時50分頃
 突然停電。空調も止まり,照明も消える。安全が確保出来ないためだろうか,全ての乗客が否応なしに雨風のひどいホームに放り出される。このまま座って待ちたいというお年寄りの懇願も全く聞く耳を持たず。

・18時頃
 大井町まで来ればなんとかなると思ったのは,大井町線は多線区との接続がなく比較的復旧が早いことを期待したのと,最悪改札を出れば食事や買い物をするのに困らないから。しかし改札の外をホームから見ると,余りのたくさんの人に改札制限がかかる可能性もあると考えた。幸い,私は乗車位置の最前列に偶然おり,私の後ろに列ができはじめたので,このままここに1時間ほどいれば,確実に運転再開直後に帰れるとふんで,このまま待つことにする。目の前の電車はパンタグラフを降ろしてしまった。

・19時頃
 状況は変わらず。雨風は弱まりつつある。

・19時30分頃
 雨風はかなり弱まり,ほとんどおさまっている。京浜東北線が動き出したのか,多くの人がホームに流れ込んで来る。「そろそろ大井町線が動くらしい」という声も聞こえる。確かにそろそろ動き出してもよいころだろう。

・20時頃
 突然「沿線の民家が倒壊の恐れがあるため運転再開の目処が立たない」とアナウンスされた。多くの人があきらめてホームから去り,列が短くなった。私はまだ列を離れない。それにしても,19時頃には悪くとも,電車に乗って待つことが出来ると思っていたが,あてが外れた。

・21時頃
 民家の倒壊を防ぐ工事を行っているというアナウンスが何度かあり,そのうち電車に照明が灯って,ドアが開いた。工事は終わったが,運転再開は線路の安全確認終了後ということらしい。

・21時9分
 駆け込みで乗り込んでくる人があまりに多くてぎゅう詰めになったが,安全確認が終わってようやく運転再開。倒壊の恐れがあった民家というのは緑が丘駅の近くという話と,下神明付近の安全確認が最後に残っていたという話が何度もあって,ようやく大井町を発車。

・21時40分頃
 二子玉川に到着。特にトラブルはなかったが,目黒線が止まっていた関係で大岡山で大混雑,東横線の関係で自由が丘でまた大混雑。私が下りた二子玉川からも乗り込む人が大勢いて,生きた心地がしなかった。

・22時頃
 帰宅。すっかり雨風はおさまり,雲も高い位置に少しあるくらい。


 とまあ,こんな感じで,家に帰ってご飯を食べて風呂から出たら,もう寝る時間になっていました。4時間じっと立ち続けた疲労感はありましたが,焦ることも怒ることもなく,まあ穏やかに過ごした時間でした。悔しいのはあと数日はもつと思った文庫本を読了してしまったことと,歩けば2時間で帰れたということでしょうか。

 この日,東急全線の運転が止まり,迂回路がほぼ完全に絶たれた状態になっていました。私が住むところは他の会社の鉄道がなく,東急がすべて止まるともう手がありません。田園都市線も大井町線と余り変わらないタイミングでしか再開しませんでしたので,電車で帰るのであれば今回の4時間待ちというのは,最善策だったことになります。

 ただ,18時頃に歩いて帰ることも考えて,IDEOSでルート探索を行っていました。ややこしい道を使うこともなく,2時間で帰ることが出来るのであれば,20時頃には帰宅できそうと,かなり迷ったのですが,19時頃には運転再開するかもしれないという期待もあったし,雨風の中を歩くのは危険ということもあって,あきらめました。しかし結果から言えば,雨風も弱まりつつあった19時頃からでも歩いて帰るのが,一番正しい方法だったかも知れないですね。

 もう1つ良かったのは,帰宅できない可能性も考えて,16時頃におにぎりを2つほど食べて,ペットボトルのお茶を飲んでおいたことです。このおかげで空腹になることなく,4時間待つことも出来ました。やはり食べ物というのは重要です。


 それにしても,気の毒なのは小さい子供を二人連れたお母さんや,お年寄りですか。前日から台風に警戒するようにとあれだけ言われていたので,休校になったか早退になったかで学生はほとんどいませんでしたが,サラリーマン以外の人があれだけ,台風に無頓着だというのは,ちょっとどうかなと思いました。

 もう1つ,東急の対応のまずさもあります。台風は突然来たわけではなく,今回はゆっくりやってきましたし,前日には東海地方で大きな被害をだし,翌日は警戒するよう言われていたわけです。しかし,これだけ長い時間運転再開出来なかったことは,東急への信頼を崩すに足る物であったと,私はつくづく思います。

 数年前,台風で出社することが難しい状況になったことがありました。この時は会社まで1時間ほど歩いたのですが,この時も「台風くらいで」という意識があったことは否めません。特にここ最近の台風は,上陸すれば確実に大きな被害を出します。自分に都合のいい勝手な想像をして台風をなめてかかることは,今後はやめようと思います。

 結論から言えば,昨日の勝ち組は,午後一に早退することでした。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed