エントリー

蔵書管理をやむなく終了

 
 2009年に始めた蔵書の管理ですが,残念な事に中断せざるを得なくなりました。

 直接の原因は,私が使っているMac用の蔵書管理ソフトであるBooksが,先日からamazonからデータを取得できなくなってしまったことにあります。

 私は詳しくありませんが,どうも10月26日ごろにamazonのAPIが変更になったらしいのです。確かに10月22日頃までは問題がなかったですから,たぶんそうなんじゃないかと思っています。

 Booksなどの蔵書管理ソフトの面白いところは,カメラで撮影したバーコードを読み取り,取得したISBNコードから蔵書のデータをamazonなど(など,と書きましたがほとんどamazonです)から引っ張ってくることが出来るという点です。

 ですので,amazonに登録があればタイトルやISBNコードはもちろん,価格,発売日,表紙の写真,著者,出版社,さらには概要まで自動登録してくれます。

 Booksはもともとクセが強く,例えば新しい書籍を登録する際,新規書籍ボタンを押すととりあえず空の蔵書が1つ登録されていまいます。

 その後,登録と同時に開く詳細登録の画面になにも入れずにクローズしても,新規書籍という書籍の登録は消えませんので,知らず知らずのうちに新規書籍が溜まることがあるのです。

 普通,新規書籍ボタンを押して詳細登録画面から情報を入力し終わったら,そこで初めて書籍が登録されると思うのですが,情報の入力をやめた場合でも蔵書登録が行われているというのは,ちょっと慣れないです。

 ですが,フリーであること,機能も十分で安定していること,htmlへの書き出しが出来る事(しかもFLASH)で使い続けてきました。しかし,主要機能であるamazonからの情報取得が機能しないなら,使い続ける気が起きません。

 Booksのアップデートは2009年に止まっており,よく読んでみると開発は中止しているとのこと。ということは当然amazonへの対応も期待薄です。

 もう1つ,データの一部を消してしまい,すっかりやる気をなくしたのです。

 土曜日,新しい本(そう,スティーブ・ジョブズIです)を登録しようとして新規書籍ボタンを押して,カメラでバーコードを撮影したわけです。しかし何も出てこず,おかしいなと何度か繰り返したのですが,そうしていくつかできた新規書籍を消す時に,どうも左側のペインにカーソルがあることに気が付かず,「PDF」という蔵書リストを丸ごと消してしまったようなのです。

 Booksを閉じる前ならUndo出来たのですが,気が付いたのがアプリを再起動してからでした。もうだめですね。

 Booksの登録ファイルを調べてみたら,もう上書きされていて以前のものは跡形もなく,復活させることはあきらめました。キー1つの誤操作で貴重なデータがスカッと消えてしまうなんてのは,ちょっと恐ろしいです。

 PDFにした蔵書のリストが消えてしまったショックは大きく,しばらく嫁さんに八つ当たりしていました。ただ,冷静に考えてみると,PDFのファイル全てが登録されているわけではなく,雑誌は未登録(雑誌は書籍ではありませんからね),PDFで入手した本も未登録です。

 要するに紙で購入した本のうち,自炊した本のリストということになります。私にとっては価値のある情報ですが,中途半端と言えば中途半端ですね。とりあえず紙で残してある蔵書については最新の状態でBooksに残っていますから,もういいかと。

 そうやって諦めが付いたところで,ふと思い出したのは,htmlへの書き出しを今年の7月21日に行っていたのです。その後のデータは残っていませんが,どのみちamazonからデータが取ってこれないのですから,これがもう更新されることはありません。

 7月21日現在で,全部で1653冊の登録がありました。このうちPDFは1154冊でした。
現在までに,文庫は11冊,書籍が20冊,新書が2冊の合計33冊が新たにPDFに追加されていますので,PDFの総数は1187冊です。

 ということで,残念ですがBooksの蔵書リストは10月22日で更新停止,htmlの蔵書リストについては7月21日で更新停止となりました。今までコツコツとメンテしてきましたし,実際同じ本を2度買うことを防いだりとそれなりに役立った蔵書管理ですが,これにて終了。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed