エントリー

LaCie d2 QuadraをFireWireで使う作戦

 先日のLaCie d2 Quadraですが,eSATAで運用すれば2.5TBのドライブを認識して使う事が出来るという結論は,ちょっとまずいのではないかと思うようになりました。

 確かに認識してはいますし,ブリッジチップの中でやっていることは単にeSATAとHDDをスルーで繋いでいるだけの話ですから,トラブルは起きないんじゃないかと思いますが,USBやFireWireで2.2TB以上のドライブを正しく認識出来ない以上,やっぱりなにがあってもおかしくありません。

 こわいですね。例えばですね,ブリッジチップが自らなにかHDDに書き込むようなことがあると,今繋いでいる2.5TBのHDDは壊れてしまうかも知れないわけですね。

 そもそも,この問題は2.2TBの壁というよく知られた問題で,これまでの1セクタあたり512kByteで,32bitのアドレスという方式だと2.2TBまでしかアクセス出来ないという問題です。

 そこで,アドレスを64bitに広げることでこの壁を乗り越えるわけですが,なんといっても管理方法が根本的に変わってしまうので,不具合が出ても仕方がありません。

 ということで,なんとかしないといけないなあと思ったわけです。

 とはいえ,先日書いたようにLaCieの純正のアップデータはどうやっても動かすことが出来ませんでした。そもそもLaCie d2 Quadraに対応していると一言も書いていないので,駄目でも元々なわけですけども,それにしてもこの製品には3TBのものも存在するわけですから,出し惜しみしないで欲しいよなあと,思います。

 次に考えたのは,禁断の作戦です。

 LaCie d2 Quadraのブリッジチップは,OxfordのOXUF934DSBです。FireWire800に対応した数少ないチップですが,動作も安定し,速度も速いですから,定評があります。FiewWireに対応したHDDやHDDケースには,これが搭載されていることが多いです。

 このチップは,2.2TBの壁などなかった時代の製品ですが,後に内蔵のファームウェアがアップデートされて,2.2TBを越えるHDDを繋ぐことができるようになりました。

 ところがチップメーカーはファームウェアを公開していません。探し回ったところ,あるHDDケースのメーカーがファームを公開していました。

 このメーカーはご丁寧に,ファームウェアをアップデートした場合の弊害についても触れています。現在出荷されているHDDケースは2.2TBを越えられるものだが,これはFireWireからのブートが出来ないので,どうしてもFireWireからブートしたければ,古いファームウェアを書き込んで使えとあります。親切ですね。

 ただし,このファームウェアというのは結構くせもので,LaCieのようなベンダーだと,自分達の独自機能のためにベンダー独自のファームウェアを作っています。ベンダー名のカスタマイズくらいならよいのですが,ブリッジチップのGPIOを制御するような物だったりすると,ハードウェアとの兼ね合いもあるので,他社のファームウェアを無理に書き込めば,機能が失われるばかりか,最悪壊れてしまいます。

 かなり危険です。

 その,危険なファームウェアが,目の前にあります。付属のリリースノートを見れば,このバージョンは2.2TB越えに対応とあります。

 ということで,危険を承知でやってみることにしました。ファームウェアの書き込みに失敗すれば,8000円のHDDケースはただのゴミになります。無事に書き込めてもちゃんと動く保証はありません。LaCieの独自機能である自動電源ON/OFFについては,完全にアウトではないかと思います。

 本来なら,元に戻す方法を用意してから実行すべきですが,元に戻す方法は見つかりません。片道切符でGo!です。

 で,結果ですが,駄目でした。ファームウェアの書き換えすら出来ませんでした。当たり前と言えば,当たり前ですわね。バカバカしい。

 で,結局どうしたかというと,2TBのHDDに入れ替えました。NASには当初Pogoplugで使っていた2TBを入れていましたが,先日3TBに入れ替えたときに,1つ余ったものがあるのです。

 これに入れ替えると問題なくFireWire800で認識し,読み書きも当然問題なく出来ます。2,5TBのHDDからしょーもないデータを消し,2TBにコピーをして,早速運用を開始しました。2.5TBはもったいないので,動画関係を詰め込んでおきます。ただ,私の経験では,2TBまでなら安定して動いても,それ以上のHDDはどうも不安定で,安心して使えないのです。なかなか認識しないとか,フリーズするとか,そういう心配です。

 ですから,大事なデータを保存するには気が気でならないものがありました。2TBにすることで安心出来るなら,まあよかったんじゃないかと思います。

 とはいえ,HDDの価格はすでにタイの洪水前の水準まで下がって来ています。3TBも1万円を割るのが当たり前になっている現状で2TBという足かせがあるのは,ちょっと窮屈で嫌な感じです。

 しかも,D800のデータが強烈です。ちょっと撮影するとすぐに30GBを越えます。容量が大きいことは確かにお金で解決することではありますが,データの軽いD2Hとのハンドリングの違いは歴然で,D2Hに比べて慎重にシャッターを切るようになりますから,自ずとこの2つで撮影スタイルにまで大きな違いを生むことになります。

 まあ,そのうちFireWireも使えなくなるでしょうし,その時にはUSB3.0への移行を考えるようにしましょう。そのころにはD800も,普通のカメラになってくれるように思います。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed