エントリー

変態テレビアンテナ配線と笑えない俺

 先日,テレビのアンテナの話を書きました。結局ブースタを使う事なく,なんとかなったと言う話でした。

 ところが,その後録画に失敗していることがチラホラ出てくるようになりました。そういうこともあるよと気軽に考えていたのですが,どうも気持ちが悪いので,真面目に調べてみました。

 結論から言うと,やはりレベルの不足が原因でした。

 レベルそのものは大丈夫だったはずです。しかし,ダブルチューナーの機材を繋いだ場合には内部で分配を行っているので減衰があること,しかも私の機材は2つのチューナーで感度差があることを忘れていました。ただの劣化なのかも知れませんが・・・

 それで,感度の低い方のチューナーに,出力の弱い地方UHF局が割り当てられた場合に,録画に失敗するという事が起きたようなのです。

 うーん,これはさすがにわからんなあ。

 そこで,チューナーの手前にブースタを置いて見たところ,2つのチューナーのレベルがちゃんと稼げるようによって,録画にも失敗しなくなりました。やはり,ブースタは必要という結論になりそうです。

 くっそー,あの素人電気屋めっ,と今頃ジタバタしても仕方がありませんし,ごねるのも面倒なので,ここから先は自分で頑張って見ます。

 まずブースタをどこに設置するか,です。チューナーの直前に設置すると,ブースタを室内に置くことが出来ます。各部屋の分配器が設置されている屋根裏は,5月だというのに灼熱地獄です。もし私がケミコンだったなら,すでに臓物を吹き出して死んでいたことでしょう。

 しかし,ふと思い出すと,和室のレベルはもっと低かったんですね。ここだと普通のテレビもアウトかも知れません。そうすると,やはり各部屋への分配が行われている屋根裏にブースタを置き,和室もレベルアップして上げた方がよさそうです。

 一方で,リビングはブースタをいれる必要がありません。ここは単独で分配されているので,そんなに減衰していないはずですし,レベルも十分確保出来ています。

 ところが,私が持っているブースタは,VHFの信号を通過させません。ということは,せっかく混合したFMの信号が通らなくなってしまうということです。ですから,UHFとFMを混合する前に,UHFだけブースタを通して増幅しておかねばならないということになります。

 むー,ややこしい。

 試行錯誤を行った結果,結局以下の通りになりました。

・UHFアンテナから2分配器に繋ぐ。出力の1つはリビングへそのまま送る。

・もう1つの出力をブースタに入れる。ブースタはアンテナ取り付けタイプのDPW02を使用する。これを使った理由は,電源部が別になっていること。

・ブースタの出力を混合器のUHF入力に入れ,FMアンテナを混合器のVHF入力に入れる。

・出力を和室に送る。和室からは分岐器で検討部屋に送られる。

・検討部屋では,2分配器を使って,1つは地デジチューナーに繋ぐ。もう1つは間に電源ユニットをはさみ,FMチューナーに繋ぐ。


 これで,FMには影響を与えず,地デジのレベルアップが出来ました。もちろん小さかった和室も他の部屋並みのレベルになっています。これならもう大丈夫でしょう。

 しかも,電源器を室内に置くことにしましたので,屋根裏の書くな環境から守ってやることができそうです。もちろんブースタ本体は屋根裏にありますが,もともと屋外設置用のものなので,そこそこタフなはずです。熱に弱い部品も入っていないでしょう。

 ですが電源部は熱に弱く,わざわざ屋内用と書かれているほどです。すぐに壊れるわけではなくても,10年持つところが,3年で壊れるなどいうことが起きるのが,環境の悪さです。

 なんだか釈然としませんが,地デジチューナーを遠慮なく増やせる気分的なゆとりや,和室でも問題なくテレビが見られそうだという安心感もありますので,もうこれはこれでよいことにしましょう。

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed