エントリー

ミノルタのソフトコーティングトラップにはまる

ファイル 73-1.jpg

 えと,ずっと忙しかったので書いていなかったのですが,カメラ関係も進捗が大いにありました。

・MCロッコール135mm/F3.5

 先日ミノルタXEを頂いた方から,135mmレンズも頂くことになりました。とりあえず28mmと50mm,135mmが揃えばほぼどんなシーンでも間に合います。28mmは購入しました(発送待ちです)のでよいとして,135mmをいただく件はなかなか予想外でした。

 このレンズ,フィルター径が49mmで,いわゆる前期型だろうと思います。知らなかったのですが,絞りリングにプレビューボタンがあるんですね。これってなかなかよいアイデアです。ボディにプレビューボタンがなくても大丈夫なわけですから。

 デザインは私の好みで,大振りなXEにもよく似合います。

 カビなどはありませんでしたが,残念なことに少しくもりがあるようです。これくらいなら写りに影響はないのでしょうが,精神衛生上の問題と勉強のために,分解することにしました。

 この時代のレンズは,分解がとても楽ちんです。くもりは,前玉の裏側でした。

 アルコールで表面を拭いて,から拭きをします。

 すると,なんとまあ,傷だらけになっているではありませんか!

 そういえば,古いロッコールは内側がソフトコーティングだ,という話を聞いたことがあります。まさか,これがそれだったとは・・・

 せっかくのコーティングですが,こんなに見事に傷が付いたままでは撮影に影響があるでしょう。毒を食らわば皿まで,コーティングをはがしてしまうしかありません。

 超微粒子のコンパウンドを使ってごしごし拭くと,コーティングがはがれていきます。非常に残念な気分でしたが,やむを得ません。授業料です。

 他のレンズは幸いコーティングに影響のあるようなものはなく,元通り組み立てました。くもりは消えてすっきりしたのですが,コーティングがなくなったことがやっぱり気になります。

 試写は行ったのですが,まだ現像はしていません。ただ,このころの135mmには外れはありませんし,そうおかしな事にはなっていないと思います。

 もう1つ,大物の修理をやっていました。次に続きます。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed