エントリー

MSG2170をめぐるすっきりしない結論

  • 2015/08/31 15:40
  • カテゴリー:make:

 MSG2170ですが,注文したクリックなしのロータリーエンコーダが届きましたので,早速取り付けてみました。

 作業そのものはとても簡単で,動作を確認すると一応動いているようです。これで1周48パルスという高分解能なロータリーエンコーダとして動作します。

 問題がないわけではなく,まずA相とB相のパルスが立ち上がる(下がる)タイミングが等しくない(と思われる)ため,偶数から奇数への変化角度と,奇数から偶数への変化角度が異なります。

 気にならないと言えば気になりませんが,ロータリーエンコーダだけで微調整を行うようなシーンでは,数字の変化にムラがあるように見えますから,やりにくいです。

 しかし,もう面倒ですからこのままとします。48パルス/1周ですから,ざっと大まかな調整に使うつまみで,微調整はキーで行うということにしないといけませんから,割り切ります。というか,これにそこまで時間を使えません。

 先にハンドソープでしっかり洗浄したフレームでパネルをしっかり固定し,ゴム足などを組み付けた筐体の上下のフタを取り付けて,一応完成です。

 早速,ステレオモジュレータの調整をして,その素性を見てみましょう。

 FMステレオの方式をここでくどくど述べませんが,パイロット信号の位相がきちんとあっていないと,セパレーションが悪化します。そこで,ステレオモジュレータでは必ず位相合わせの作法があります。

 MSDG2170では,オシロスコープをX-Yモードにしておき,X入力に背面のPILOT OUTを,Y入力に正面のOUTPUTを繋ぎます。

 そして説明書にあるように,まずはパイロット信号だけを出力して,オシロスコープに出てきた楕円が,左上から右下に向かう斜めの一直線になるように,SCOPE PHASINGという背面のツマミを回します。

 次に,L-R(SUB)信号を出力してやると,蝶が羽を広げたような絵が出てきますので,これが二重にならず,また中央部が菱形ではなく点になるように,PILOT PHASEを回します。

 作業を一通り進めてみましたが,幸いなことにSCOPE PHASINGも綺麗に一直線になりましたし,その後のPILOT PHASEも,菱形が点になるくらいに追い込めました。

 実は,これまで使っていたVP-7635Aでは,こんな風に綺麗にならなかったのです。最初のSCOPE PHASINGはそれなりに出来たのですが,肝心のPILOT PHASEが全然ダメで,菱形が点になりません。つまり,パイロット信号と出力信号の位相差が小さく出来ないということで,最終的にチャンネルセパレーションの悪化に繋がっていたはずです。

 VP-7635Aでも55dB程のセパレーションが測定出来ているので,ここからさらに追い込めたMSG2170は,これ以上の性能を持っているはずだと,私はワクワクしました。

 さて,一度電源を切り,VP-7635Aを入れ替えます。VP-7635Aはすべての操作がボタンで行え,マイコンを内蔵していないので,1つのボタンに複数機能の割り当てがあるケースはほんの僅かです。

 これはこれでとても楽ちんで,気に入っていたのですが,基本性能に疑問符がついていることもあるし,せっかくMSG2170を割高な価格で手に入れたのですから,ここはVP-7635Aに引退して頂く事にしましょう。

 接続はとても簡単です。MSG2170のOUTPUTをVP-8191Aの外部入力に繋ぐだけです。
 

 設定は,MSG2170が本来DARCエンコーダですので,なかなか項目も多く面倒です。しかも,VP-7635Aと違ってマイコン制御(68000で制御しています)ですから,階層化されていて使いにくく,多機能化によって増えた設定項目を整理するためとはいえ,私はあまり歓迎できません。

 私は,DARCエンコーダとしての機能は使いませんので,L-MSKに関する設定はすべてOFFか無視です。大事なのはMAINメニューとSTEREOメニューです。

 STEREOメニューでは,出力を90%,パイロット信号を10%にします。これ,人によっては出力を100%にするようなのですが,出力とパイロット信号の合計が100%になるように設定しないといけません。パイロット信号は10%と決まっていますので,出力は90%にすることになります。

 DARCエンコーダとして使う場合には,L-MSKが10%ですので,パイロット10%とあわせると20%,よって出力は80%に設定します。

 MAINメニューで大事なところは,出力レベルです。VP-8191Aの外部入力は,変調度が100%になるようなレベルで突っ込んで上げる必要があります。誤差は±2%ということですが,この範囲が直感的に分かるように,OVERとUNDERのLEDが装備されており,この2つが消えている状態になるよう,MSG2170の出力レベルを調整します。

 私の場合,出力信号をMAIN(L+Rですね)で6.5Vp-pに設定するとうまくいきました。

 この状態でVP-8191Aを83MHz,75kHz変調,出力90dBにしてKT-1100Dに繋ぐと,ちゃんとステレオ受信しています。とりあえずMSG2170は動いているようです。

 ここで,KT-1100Dの調整をやり直します。全開は真夏のクソ熱いときにやりましたので,涼しい時にやる方が気分がいいです。

 フロントエンドは概ね全体の調整から動いてません。DCC基板も問題なさそうでしたが,ミスでVRを触ってしまい,調整をやり直す羽目になりました。

 そして,注目のMPXの調整です。

 ・・・うーん。

 どうも期待外れです。セパレーションを調整しても,54dBくらいで頭打ちになるんです。おかしい。だってVP-7635Aでもこのくらいの数字で,VP-7635Aよりも位相が揃っているはずのMSG2170が,同じ程度問いのは腑に落ちません。

 もしかするとKT-1100Dが54dB程度だということでしょうか。いや,KT-1100Dは,うまく調整すると70dBのセパレーションをたたき出すはずです。せめて60dBくらいになってくれないと・・・

 ということで,あわててF-757を持ってきました。こいつはVP-7635Aでも58dBくらいの測定値が得られています。MSG2170ではどうだったかというと,ほとんど同じ値,58dBでした。

 ここから得られる結論は,KT-1100Dのチャンネルセパレーションは54dBしかないということ,VP-7635Aは60dB近いセパレーションを持っていたこと,MSG2170は少なくともVP-7635Aと同じ程度の力があるということ,です。

 あー,もったいない。じゃVP-7635Aのままでよかったじゃないか。

 それにしても,KT-1100Dですよ。いきなり測定もしないで部品を交換しまくったので,最初からどこか壊れていたのかも知れませんし,間違った部品に交換されたものもあったかも知れません,元に戻そうにも,古い部品は捨ててしまったし,回路図もありません。お手上げです。

 まあ,そんなことを言っていても仕方がありません。出来るだけいい数字に調整して終わりにしましょう。で,調整した結果が,以下です。

  WIDE
歪率 MONO:0.0165% L:0.126% R:0.129%
セパレーション L->R:54.78dB R->L:54.12dB
S/N MONO:73.1dB L:64.7dB R:64.7dB

 NARROW
歪率 MONO:0.033% L:0.134% R:0.136%
セパレーション L->R:52.2dB R->L:50.5dB
S/N MONO:73.6dB L:64.6dB R:64.6dB

 参考までに,全開の測定値が以下です。

  WIDE
歪率 MONO:0.025% L:0.12% R:0.12%
セパレーション L->R:53.7dB R->L:53.6dB
S/N MONO:72dB L:63.2dB R:63.2dB
キャリアリーク 67.3dB

 NARROW
歪率 MONO:0.035% L:0.12% R:0.12%
セパレーション L->R:50.2dB R->L:50.3dB
S/N MONO:72dB L:63.2dB R:63.2dB


 なんかあれですね,モノラル時の歪率が0.016%と大幅に改善したことと,S/Nが全体的に1dB程改善している以外は,すべて悪化しています。悪化といってもほとんど誤差のようなものでしょうから,要するにMSG2170で調整しても,KT-1100Dの実力は変わらなかったということになります。

 なんかがっかりです。

 がっかりしながら,KT-1100Dのフタを閉じて,電源を入れて様子を見ることにしました。かなりの発熱があり,機内温度が上昇することが分かっていたからです。

 1時間ほどしてから,セパレーションをもう一度測定してみると,なんと33dB。20dB近くも悪化しているではありませんか。出力に電圧計を繋いで,出力の出ていない方のチャネルの出力を見ていると,54dBのセパレーションが出ているときの出力が1.4mV程度(20*log(1.4/665)=53.5dB)なのに,今はその10倍ほど出ています。(20*log(14/665)=33.5dB)

 あわててフタを開けてみると,すーっと出力電圧が下がっていきます。1.4mVに下がるには時間がかかりますが,どんどんセパレーションの値も改善していきます。

 フタを閉じれば,またどんどん悪化していきます。いやはや,こんなに温度変化があるものなんですか?

 いくらなんでもこれはひどいということで,あちこち部品を触っていたら,C100(だと思う)の1uF-50Vの電解コンデンサを指で触ると,セパレーションが急激に悪くなることを発見しました。

 そこで,このコンデンサを同じ1uFのフィルムに交換しますが,指で触って変化することはなくなっても,温度による変動は相変わらずです。

 こうなったら,十分内部を暖めて,この状態で調整をするしかないと考えたのですが,なにせフタを開けるとすぐに温度が下がってしまうので。何度か繰り返してようやく,2時間放置しても54dB程度になるように調整出来ました。

 しかし,これでは,セパレーションが最良点になるまでに1時間以上かかってしまう上,電源投入時には30dB程度とラジカセ並みになってしまうのが大問題です。それに,なんどか試していると,40dBくらいでとまってしまい,そこから下がっていかないこともありました。

 さらに,筐体をポンポンと叩くと,セパレーションが悪化します。叩いた衝撃で無音のチャンネルになにか信号が出てくるようです。

 コイルの振動ならやむを得ないかと思ったのですが,検波基板についているC19という電解コンデンサを指で弾くと出てくることが判明。しかし,これを対策するわけにもいかず,とりあえずこのままです。

 また,値が下がらないときにDCC基板の裏側を触ると下がったこともありました。

 いずれにせよ,故障していると考えた方がいいのかも知れません。
 
 うーん,どうしたものか。すっきりしない結論になり,私もなんだか消化不良で気持ち悪いです。


 

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed