エントリー

AVRtiny13Aでつくるシリーズ3 TCXOを使って時計を作る

  • 2016/03/31 12:04
  • カテゴリー:make:


 さて,今回はCPUのクロックに外部のTCXOで作った10MHzを突っ込み,これをもとに時計を作るという話です。少し前に,わざわざSi5351で32.678kHzを生成して時計を作ったという話を書きましたが,そんなことをしなくてもTCXOの時計を作る事は出来るんじゃないかという発想を,実際にやってみたという話です。

 そのTCXOの周波数ですが,別に10MHzでなくてもいいんじゃないのと思われると思いますが,そうは問屋が卸しません。

 なにせtiny13Aです,最終的に1秒を作る事の出来る外部クロックは,限られます。ここでは手持ちの関係もあり,10MHzのTCXOを使う事にします。

 原理は簡単で,以前の32.768kHzの時計と全く同じです。ただ,CPUクロックを使いますので,プリスケーラを通せます。

 まず10MHzをプリスケーラで1/64します。そうすると156250Hzになるのですが,これをカウンタで数えます。一定の数になったら割り込みを発生させますが,割り込みの発生が整数回数でなければ,1秒を作れません。

 そこで,数える数を250とします。すると1秒間に625回の割り込みが発生します。割り込み処理で変数をインクリメントし,625になったら1秒です。あとは普通に作ればいいだけです。

 変数はint型になりますし,16ビットの加算になるのでコードも大きくなりますが,処理時間としてはこのくらいの内容なら,まあ大丈夫でしょう。

 LCDは,引き続きデジットの8桁14セグのものです。

 

続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed