エントリー

VP-7722Aのファンを交換

  • 2016/05/25 13:26
  • カテゴリー:make:


 さて,2013年夏に修理を終えたオーディオアナライザVP-7722Aですが,次の機会にやらないといけない事の1つとして,間に合わせに取り付けた廃熱ファンを,正しいものに交換するというのがありました。

 以前書いたように,VP-7722Aには2つのファンが付いています。1つはCPUやDSPなどのデジタル部が格納され,厳重に封止されたアルミのケースに取り付けられたファン,もう1つは全体の熱を排熱するファンです。

 前者は60mmのファンで,元々付いていたものは25mmの厚みがありました。これは当時,何かに必要になるかも知れないと買っておいた新品のファンが偶然同じ寸法で,うまく交換出来たのです。(とはいえPC用でもなく,騒音に配慮しない産業機器用なので,とにかくうるさいです)

 腐っても一流メーカー製のファンですし,価格が1つ280円と安いこともあって偶然買った物が役に立ったわけですが,問題はもう1つの廃熱ファンです。

 これは80mmのファンで,元々の物は真っ黒なホコリが付着し,ベアリングからは異音が発生,風を切る音も爆音と,もう交換しないと落ち着かないレベルの物だったのですが,残念な事にこのサイズのファンは手持ちがありません。

 そんなに嫌ならPC用のファンを買って来ればいいじゃないかと思うのですが,当時の私はそんなことなど全く考えに及ばず,我が家のジャンク箱をひっくり返して,どういう経緯で手に入れた物か全く忘れてしまったのですが,とりあえず新品のファンを発掘してこれに交換したのでした。

 交換したとは言え,元のファンは80mm,今回見つかったファンは92mmですので,そのままでは取り付けできません。そこで後日80mmのファンを買って取り付けることにして,パネルに92mm用の穴を開けて,なんとか取り付けたのでした。

 ところがこれ,やっぱり強烈にうるさいのです。元のファンに比べれば静かですけど,それでもうるさくて,これでオーディオの測定なんか許されるのか,と思うほどなのですが,うっかり忘れていたりして,なかなか80mmのファンを買い直す機会がありませんでした。

 ですが先日地デジPCのメモリを買った時に一緒に,80mmのファンを買いました。PCパーツのファンというのは特別安いわけではありませんが,PC自作マニアの要望をとらえた,細かな売り文句が楽しいです。長寿命をうたうベアリングとか,羽根の形状を静音のためにチューニングしたとか,LEDで光るとか,辛抱防止で一体成型とか・・・

 ただ,大昔の話ですが,PowerMac7600を使っていた頃,電源ユニットに内蔵されていたファンを,当時流行しつつあった静音タイプに交換したところ,非常に静かになって快適だったことがあり,以後ファンは出来るだけ静かな物を選ぶ事にしています。

 さて,今回買ったのは「GELID Silent8」というもので,安いからという理由で選びました。

 ところが私が腰を痛めてしまい,とてもじゃないですがVP-7722Aと組んずほぐれつ格闘するのは無理,という状況が続いてしまい,ようやく先日になって,取りかかることにしたわけです。

 VP-7722Aを分解するのは,リレーを交換した時以来です。出来るだけ分解しないようにしてファンを交換しようと試みますが,リアパネルのファンの位置にはなかなか手が届かず,外すことはなんとか出来たのですが,取付は結局出来ず,最終的にはリアパネルを綺麗に取り外すことになってしまいました。

 取付が終わって試しに動かしてみると,十分な風量もあるし,とても静かです。これは快適ですよ。もう1つの60mmのファンの音が耳障りになったので,こちらも交換したいなあと思ったほどです。

 元通り組み立てて針運転。そしてラックに戻して動作確認です。問題なし。随分と静かになりました。

 いやほんと,長時間は辛いと思うくらいの騒音でしたので,せっかくのオーディオアナライザも使うのに躊躇していたのは事実です。でもこの静かさなら,気にしなくていいレベルです。よかったと思います。

 私のVP-7722Aは,左右でちょっと特性が異なります。基板を入れ替えても同じchがずれるので,どうもレイアウトかワイアリングによるものだと思うのですが,30kHzのLPFを入れれば内蔵発振器の歪率は1kHz,6dB時に0.00007%となかなか優秀です。80kHzのLPFを入れれば0.00036%となり,こちらもまあまずまずでしょう。

 残念な事に,オーディオ機器の自作をあまりしなくなってしまったので,かつて喉から手が出るほど欲しかった歪率計の出番が少ないのが寂しいのですが,こういうのは使いたい時が突然やってくるもの。そのいつかに備えて,平時のコンディションを維持することもまた大事な事でしょう。

 しかしなあ,この大きさと重さ,私がもし死んだらどうするんだろうなあ。残った人に迷惑かかってしまうなあ。

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed