エントリー

何度目かのポケコンの波がきた

20160722132625.jpg

 先日,ふとしたことから古いポケコンを入手しました。

 入手したんですが,これがなかなか一筋縄ではいかず,肉体的にも気分的に疲れてしまいました。

・PC-1246

 シャープのPC-1200シリーズのうち,小型で薄く,真のポケットコンピュータであり,実売で1万円を切っていたにもかかわらず非公式ながらマシン語が走るという,当時のマニアが絶賛したモデル,PC-1245の後継機種です。

 PC-1245の後継機種ではあるのですが,CPUが4bitに変更になり,互換性があるのは周辺機器とBASICで書かれたプログラムだけでした。ま,シャープとしては,それが公式サポート範囲だったわけですが・・・

 大きさはPC-1245そのまま,価格は下がり,BASICの処理速度は大幅に向上したということで,本当はもっと評価されてしかるべきなんでしょうが,やっぱりマニアとしての面白い部分が全くなかったため,不人気機種に終わったと思います。

 私も10年ほど前に,安かったという理由で1つ手に入れていますが,先入観を捨てて触ってみると,これがなかなかよかったのです。

 PC-1246の後継機,PC-1248になると,もうキーボードがフィルムを張り付けたシートキーになってしまい,まともなプログラムを作る気にはなりません。PC-1245のようなキートップがあるわけではありませんが,PC-1246のゴムキーはそんなに悪い物ではないと思います。

 さて,これ,完動品という事で手に入れたのですが,残念な事に私の手元に来たときには,すべてのキーが動作しませんでした。まあ,騙されたというやつです。

 悔しいので,頑張って修理をしました。原因ですが,電池の液漏れによってキーが押された状態になったままで,それで他のキーを受け付けなくなっていました。漏れた液を拭き取り,復旧です。

 早速メモリの追加を行い,さらにBEEPの回路も搭載してPC-1247相当品にしました。液晶は,これも残念なのですが,やっぱり劣化が進んでいるようで,右側が霞んでいます。繰り返しますが,まあ騙されたというやつです。

 もともと,このPC-1246は,完全に液晶が壊れてしまい,14歳の頃から常に持ち歩いていたPC-1245の代わりに使おうと思って手に入れたものですから,とりあえず動く事が重要です。

 PC-1245の代わりに私の計算を助けてくれるものですので,出来ればPC-1245の感触を手に入れたいものです。そこで,PC-1245のキートップを移植しました。

 幸いなことに,PC-1245のキーサイズはPC-1246と全く同じです。そこで,PC-1245から流用可能なキートップをPC-1246の筐体にセットし,PC-1245のゴムキーを被せて,基板をおきます。

 カーソルキーやSHIFTキーなど,一部のキーの場所が変わっているのでそのままゴムキーを置けないのですが,はさみで切って大きさを調整します。

 MODEキーはもともとPC-1245にはありませんし,SHIFTキーやDEFキーも大きさが変わっているので流用はできません。でも,流用可能な文字キーやテンキーは問題なく,感触も上々です。まるでPC-1245を触っているような気分です。

 ハードケースもPC-1245を流用します。もともと色違いが付いていたはずなのですが,付属してなかったので,PC-1245のものを流用しました。色が茶色ですし,いい具合にくたびれているので,これもぱっとみれば私のPC-1245そのままです。

 PC-1246はBASICは高速で,マシン語を使わないなら一番よいマシンではないかと思います。今はもう,ポケコンでマシン語を使うことはありませんから,高速なBASICであることが実はとてもありがたいのです。


・PC-1500

 PC-1600Kは随分前から持っていますが,その前の機種であるPC-1500は,ずっと縁のない機種でした。欲しいと思っていろいろ手を出しましたが,結局一度も手に入りませんでした。

 それが,ふとしたことで手に入れました。程度が悪く,おかげで安く買うことが出来ました。

 見た目は傷も少なく,全く問題はないのですが,液晶が滲んだようになっています。液層そのものが壊れていたらお手上げなのですが,分解したところ,液晶の背面に張ってある偏光シートと反射シートの隙間に水が入り込んでしまったようです。

 そういえば,綺麗であることは違いないけど,内部の鉄の部品は錆びて真っ茶色になっていますし,汚いです。

 なにが入り込んだかわかりませんから,可能な限り分解し,水洗いです。

 液晶は,とにかく偏光シートと反射シートは交換です。偏光シートは東急ハンズで購入した変更シートを同じ大きさに切りました。問題は反射シートですが,いろいろ試したところ,プリンタの写真用紙がとても良い見栄えでした。

 液晶も修理出来たし,ケースも乾いた。早速組み立てをし,電源を入れたら当然問題なく動作しています。

 ここで,それまで使っていた安定化電源を外して組み立てを完成させたのですが,不注意で電源のミノムシクリップが外れてしまい,不注意にも基板の上をなめていったのです。

 たいしたことないと思っていたのですが,組み上げて見ると一部のキーが効かなくなっています。それも,きっちりマトリクスの一列分だけ,全く反応がありません。


 もしやと思い,キーマトリクスを担当するPIO,LH-5811を調べて見ると,やっぱり動作しないラインの電位が中間になっていて,全く動かなくなっています。

 やはり,PIOを壊してしまったようです。

 ショックです。

 こうなったら,ここも修理です。

 とはいえ,30年以上も前のポケコンの。カスタムICがそこら辺に売ってるわけはありません。そんななか,オーストラリアの部品屋さんがストックを持っていると分かったのですが,カードが使えず断念。

 すっかり意気消沈した私ですが,ならPIOと同じ働きをする回路を別に作ってやればいいのではないかとひらめきました。

 幸いなことに,今回壊してしまったキーマトリクスに使われるポートAは出力専用のポートです。

 PIOのレジスタ($FFFEにマッピング)に値を書き込むと,それがそのままPA0からPA7に出力されるだけですので,このアドレスに書き込みが発生したらD-FFでデータバスをラッチすればいいはずです。

 そう思って数日頑張って見たのですが,うまくいきません。このアドレスへの書き込みは発生しているのですが,その時のデータバスがずっとLowのままで,スキャンを行う時のHighレベルにはなってくれません。

 クロックで同期させていないのが問題なのかもと思いましたが,バスマスタであるCPUはクロックに同期して動いているわけですし,非同期のSRAMなどは別にクロックで同期しなくてもいいわけですから,本当は動くはずです。

 いろいろ悩んだのですが,やっぱりわからず,心と体がくじけてしまったので,あきらめました。

 しかしこのまま終われません。

 八方手を尽くして,壊れたPC-1500とCE-150を手に入れました。ちょっと高かったのですが,CE-150は内蔵電池の液漏れで,復活不可能な状態でした。PC-1500もひどい状態ですが,これはなんとか復活出来るんじゃないでしょうか。

 ところで,なんでCE-150というプリンタの話が出てくるのよ,と思ったあなた,実はCE-150には本体と同じPIO,LH-5811が使われているんです。

 CE-150のシステムはちょっと面白くて,単純なパラレルやシリアルのインターフェースで本体と繋がるのではなく,CPUのバスに繋がるという無茶な仕様になっています。

 ですので,PC-1500のアドレスに,CE-150に内蔵されたPIOはもちろん,ROMもマッピングされて,あたかもPC-1500の一部として動作するわけです。さらに面白いのは,カナテープを読み込ませたり,カナROMをPC-1500に装着すると,表示用のビットマップデータに加えて,プロッタプリンタ用のベクトルデータが一緒にインストールされて,CE-150でカタカナが描ける(まさに描くです)ようになることです。

 実はPC-1600Kでは,カタカナに加えてなんと漢字までプロッタプリンタで印刷してしまうんですが,それはまあここではおいておきましょう。

 なんでこんな構造になってるのか,PC-1210やPC-1250ではシリアルインターフェースでプリンタを動かしていますし,当時一般的だったプリンタの制御は8ビットのパラレルでしたから,私も不思議な気がしています。

 ただ,バスにぶら下げてしまえば無敵で,なんでも出来ちゃうわけです。問題はピン数が増えることと,コストが上がってしまうことですけど,それが許されるならそりゃバスで繋ぐ方が,汎用性は高いです。

 そんなわけで,CE-150にPIOが入っていることは分かっていましたし,内蔵電池の液漏れがほぼ100%起きるものなので,壊れている可能性が高いことから,安く入手出来るとふんでいたのですが,残念ながらそんなに安くはありませんでした・・・

 届いて早速CE-150を分解,修理はあきらめてドナーになってもらいます。PIOを慎重に取り外し,ピンを整えます。この時,基板は壊れてもいいので,PIOの破損に最大の注意を払います。

 PC-1500の死んだPIOを取り外しますが,こちらは基板が壊れては困りますので,基板にダメージを与えないように作業をします。

 そして,PC-1500に取り外したPIOをマウントします。QFPとはいえ,ピン間隔が広いので作業は楽です。

 電源を入れると,あっさり動作しました。キーも問題なく動くようになっています。まあ,あっさり治ることは予想できていましたから,特に感動もなくほっとしただけなのですが,なにより不注意で壊してしまったことが,こんなに面倒な話になってしまうとは,つくづく情けないです。
 
 さて,ここまでだとなんということはないのですが,次のテーマとしてメモリの増設を考えています。PC-1500はメモリが3.5kバイトと大変少ないので,増設するのが基本です。RAMカートリッジで増設するんですが,私は本体改造することにしました。

 RAMカードリッジはバッテリーでバックアップされるので,外部記憶装置の代わりになりますから,これはこれで価値があるのですが,今さらそこま活用する事もないだろうということで,本体改造をすることにします。

 続きは後日。

ページ移動

ユーティリティ

2020年04月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

過去ログ

Feed