エントリー

CLEの距離計を調整

 先日の写真で発覚したCLEの前ピン。

 現在いろいろ宿題がたまっているのですが,まずはこの件から片を付けようと考えました。距離計の調整は,前回かなり適当にやって,「なんとなくましになったかなあ」という感じで逃げていたのですが,結論から言うとこれは全然調整になっていませんでした。

 まず,フィルム面でピントをきちんとあわせないといけません。フォーカシングスクリーンをどうするか考えていたのですが,これまでFM3A用のものを使っていたのを,自作のものに変えました。自作のものは素性が分かって安心だからです。

 自作といっても簡単で,0.4mmのプラ板をサンドペーパーでこすって傷を付けただけです。

 フィルムと同じサイズにしてセロテープでガイドレールに貼り付けて,ルーペでのぞき込めば一応それなりにピントが見えてきます。近視に乱視があって,普段はだましだましメガネなしで過ごしている私も,さすがに今回ばかりはメガネをしないと駄目ですが。

 ピントがぴったり合ってるF3で一応試して,このピントグラスが使い物になることを確認した上で実践投入です。

 いろいろ試行錯誤をしたのですが,CLEの距離計の調整は,以下のように行います。

ファイル 9-1.jpg

 垂直調整は偏角レンズの周りにあるギザギザを回す形のものです。水平調整はただのビスなので問題はありません。同じようなビスでピント調整ってのがありますが,これは偏角レンズの光軸上の位置を前後させて,二重像のピントを調整するものだとわかりました。今までやや見にくかったのは,ここの調整がおかしかったんですね。今はばっちりです。

 不明というのが非常に気になるわけですが,ここをいじっても水平調整が狂うだけで目に見えた変化がなかった上に,何周でもぐるぐる回るんですね。怖くなって適当なところで止めておきました。

 この不明が気持ち悪く,世界中のサイトを検索してみたのですが,CLEの距離計の調整方法を書いたところは海外のBBSで2,3の書き込みを見つけたくらいで,結局分からなかったのです。

 だからといって後にはひけません。

 何度か調整を繰り返した結果,こんな感じになりました。

ファイル 9-2.jpg

 真ん中の石にフォーカスをあわせた結果です。40mmのF2でとりあえずこれだけの精度を出せたので,まあいいとしましょう。何度やってもあわない場合が出てきてしまって困ったのですが,本当にその被写体だけだったので,もうあきらめました。

 距離計はレンジファインダー式カメラの神髄です。これをきちんとあわせないと,面白さが半減です。自分で調整するのはかなり不安があって失敗するんじゃないかと思っていたのですが,まあやってみるものですね。古いカメラを実用品として使うには,やっぱりある程度のことが出来るようになっていた方がいいなと,つくづく思いました。


 

ページ移動

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed