エントリー

2011年06月09日の記事は以下のとおりです。

Nintendo3DSのアップデート

 Nintendo3DSのアップグレードが6月7日に行われました。これによってソフトのダウンロード販売が可能になり,DSiウェアを購入することも出来るようになりました。

 私にしてみれば,この段階まで出荷すべきじゃなかったよなぁと思うのですが,発売から3ヶ月経過してようやく「使える」状態になったことを,素直に喜びたいと思います。

 任天堂は遊びの会社です。遊びを真面目に探求する姿勢は随一のものがあり,操作の1つ1つ,レスポンスの1つ1つに工夫の跡が見られます。これは本当に手間のかかる,すごいことだと思います。

 そんな会社が自前でインフラを持ち,ダウンロード販売をやっているわけですから,初代DSから買い換えをせずにきた私としては,3DSでどんなものか是非体験したいと思っていました。

 幸いにして,ダウンロード販売で買いたいものは決まっていました。プチコンです。

 レガシーなBASIC言語のインタプリタなのですが,現在活躍中の多くのソフト屋さんを育てた「マイコンBASICマガジン」への回帰を狙って,ショートプログラム,ゲーム作りに向けた設計が行われています。

 それは,

・構造化を意識していないプログラミングスタイル
・80年代丸出しのフォントに半角カタカナ
・256x192ドットというPC-6001やMSXでおなじみのグラフィック解像度
・カセットテープ時代を肯定するかのようなファイル操作命令の乏しさ
・業務用アプリ開発に必要なデバッグ命令やエラー処理関数を持たない潔さ
・プログラムの配布はメディアによらず,基本は手で打ち込む
・やたらと豪華なスプライトとBG

 というあたりに垣間見ることができます。ま,わざとですね。

 これに,MON,CONSOLE,DEFINT,OUT,EXECなどがあればさらに懐かしさ爆発です。雰囲気としてはMSXとM5のBASIC-Gのいいとこ取り,という感じもして,M5大好きな私としては好印象です。

 人間がプログラムを組むというのは,自動化したい処理があるからですが,自動化の究極に知性を持ち自律することを投影する人間の本質があります。自律した個体を作る事,それはつまり子孫を残すということであり,人間と言うより生物としての生存理由にまで昇華します。

 私は,これがプログラム作りが楽しい根本的な理由だろうと思っています。プログラムに限りません。メカでも電子回路でもいいのですが,勝手に動いてくれるものを見るのは,子供も大人も大好きなのです。

 1980年代に存在したパソコンには,例外なくBASICインタプリタが用意されていいました。100万円の高級機から2万円弱のオモチャの延長まで,BASICを覚えれば一通り「自動化」が行えた時代がありました。

 思うに,当時,一部の専門家を除いてコンピュータを扱える人は少なく,それが大人だろうと子供だろうと,等しく全くの初心者であったことが,初心者をターゲットにしたBASICインタプリタの普及した理由なのでしょう。

 10年もすると,プログラミング言語としては汎用性の高いC言語が一般化しますが,一方でC言語は別売になり,低価格機においては用意さえされない状況になりました。自動化は高度なものを専門的に作る階層と,作られたものの「実行」で十分な階層に,分かれてしまったのです。

 作る階層は,その高度な能力で使う階層のニーズを実現して,対価を求めます。そしていつしか,作る階層の目的はお金儲けになり,使う階層の目的は消費することになっていきます。

 初心者向きの言語がこうして衰退したことは,大変に不幸なことです。複雑なことは出来ず,高速動作して信頼性の高いプログラムを作ることは出来なくても,簡単に手を出す事の出来るBASIC言語には,「勝手に動く物」をとにかく作ってその楽しさをとにかく知ることへの,手軽さがありました。

 ネットがなかった時代,自動化を体験した初心者達が自分のプログラムを共有し,互いに高め合う場として,雑誌がその機能を担っていました。ベーマガはその最初の場であり,ある意味では最大の場であったと思います。

 プチコンには,こういう環境で育ち,やがてプログラム開発を生業とする人々の,感謝と尊敬を感じますし,さらに言えばかつての自分達に用意してもらった環境に対するお礼を,次の世代にも用意することで果たそうとしているのかも知れません。


 プチコンを触っていると,そういう優しい眼差しを意識するのですが,やっぱりとても楽しいのです。タッチパネルを使った入力はもどかしく,できればフルキーボードで使いたいのですが,行番号を打ち込むこともないですし,編集と実行をモードで分けるという概念はシャープのポケコンで一般的な方法で,私にはとてもしっくりきます。

 実際にこれでなにかを作ってみたいのですが,ゲーム&ショートプログラムをねらったものだけに,アイデアと工夫が試されます。私は昔からゲームではなく実用プログラムを作っていた人だったので,プチコンを前にしてなお,実用プログラムのアイデアばかりが出てきます。しかし,メモリやファイル操作の限界から,実用にならない実用プログラムになってしまうので,結局取りかかれません。

 ところで,3DS専用のゲームもダウンロード出来るようになっています。エキサイトバイクとゼビウスは,3Dでリメイクされています。どちらも3D化するのに特別な説明のいらないわかりやすさを持ち,かつ誰もが知っている名作ということで,私もダウンロードして遊んでみましたが,これがなかなか面白いです。

 ROMカートリッジのゲームを買うよりも,数百円でダウンロード出来るこの手のゲームの方が私には向いているように思います。

 ということで,3DS,いよいよ本格的に動き出しました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

過去ログ

Feed