エントリー

2011年06月24日の記事は以下のとおりです。

Bob Pease逝く

 ある日,ふと目にした記事に私は驚きました。

 米National SemiconductorのBob Pease氏が6月18日に亡くなったというのです。享年70歳。自動車事故だそうです。

 Bob Peaseは日本にも多くのファンがいる,アナログIC設計の大家の一人です。LM337をはじめ,多くのアナログICを手がけました。アナログICを作る事のみならず,使う事についても心を砕き,,彼がNational Semiconductorのホームページで主催していたアナログ回路の講座には,多くのファンがいました。

 世界を引っ張る技術力,独特の語り口に,個性的な風貌で,世界中の電子回路設計者の尊敬を集めた人でした。

 モノリシックOP-AMPの父と呼ばれ,バンドギャップリファレンスの発明者としても有名なBob Widlerは彼の数年先輩にあたり,その死が54歳という若さで突然訪れたとき,同じ仕事に取り組んだ同僚として,悲しみに暮れたといいます。Bob Peaseのページには,モノリシックICに革命をもたらしたBob Widlerを偲ぶ文章が掲載されています。

 日本にも何度か訪れ,熱心なファンがその一目見ようと駆けつけたと聞きますが,私は残念ながらご本人にお会いしたことはありません。

 誰にでも死は訪れます。しかし,今回の自動車事故はまさに驚きと言うほかありません。

 6月10日,伝説的なアナログIC設計者であるLinear TechnoligyのJim Williamsが亡くなりました。これだけでも大きなニュースなのですが,Bob Peaseは6月18日に行われたお葬式に参列した帰り,自ら事故を起こし帰らぬ人となったのです。

 わずか1週間の間に,我々は偉大な設計者を二人も失いました。特にBob Peaseは,多くのエンジニアに慕われ,また現在進行形で彼から学んでいましたから,特にその損失は大きいです。

 偉大な人が亡くなると,その度に時代の節目を意識しますが,NationalSemiconductorがTexasInstrumentに買収された後に続くBob Peaseの死去は,確実に1つの幕が下りたことを感じざるを得ません。

 ご冥福をお祈りするとともに,心から感謝したいと思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

過去ログ

Feed